【マリーンカップ2021予想】全頭診断~追い切り・調教分析~

Pocket

今回はマリーンカップ2021予想:全頭診断~追い切り・調教分析~を中心とした記事を書いていきます。

4/7(水)船橋競馬11R 20:05発走

船橋競馬場ダート1600mで行なわれるJpnⅢになります。

ここを制した馬の中には、アンジュデジール・ホワイトフーガ・サンビスタ・メーデイア・ミラクルレジェンド等、牝馬ダート路線で一時代を築いた馬たちが名を連ねています。

近2年はサルサディオーネ・ラーゴブルーと地方馬が2年連続制しており、地方馬にも注目が外せない一戦です。

出世レースとして名を上げる本レースで今年はどの馬が牝馬ダート路線の主役にに名乗りを挙げるか、追い切り・調教から検討していきます。

LINE@では追い切りピックアップ馬配信中!

☟☟友達追加待っています☟☟

【マリーンカップ2021予想】追い切り・調教分析~追い切り分析表~

 

まずは確定した枠順配置を確認しておきましょう。

マリーンカップ 枠順配置

 1- 1サルサディオーネ  牝7 矢野貴之 大井
 2- 2アブソルートクイン 牝5 本田正重 船橋
 3- 3テオレーマ     牝5 川田将雅 栗東
 4ー 4フェアリーポルカ  牝5 和田竜二 栗東
 5- 5マドラスチェック  牝5 森泰斗 美浦
 6- 6レッドアネモス   牝5 吉田隼人 栗東
 7- 7シーアフェアリー  牝6 笹川翼 愛知

船橋ダート1600m

正面スタンド前からスタートして、コースをぐるりと1周ちょっと回るコースです。

最初のコーナーまでが約254mと短めになっており基本的には枠による有利不利はあまりないコースですが、多頭数になると外枠はやや割り引きというイメージ。

コーナーが4つあるコースなので、コーナリングの上手さも重要なコース。

スパイラルカーブを採用しており、スピードにのったまま3コーナーに進入できるので、直線では馬群がばらけやすくなります。

基本的には先行馬が有利ですが、最後の直線は約308mで差し・追い込みもまずまず決まるコース設定となっています。

展開次第で先行有利・差し有利どちらのレース性質にもなりますが、能力の絶対値も必要なコースです。

 

YouTubeリスタートしました。是非ご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

有力各馬の追い切り・調教考察。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

1枠1番 サルサディオーネ

《1週前追い切り》
小林外 稍 68.8 51.6 38.5 馬なり

《最終追い切り》
小林外 良 66.0 49.7 36.9 馬なり

この馬のポイントはJRA時代から変わっていません。

それは中間の追い切りでどれだけ好時計を記録できるか、というところ。

好時計=好調という図式が成り立つ馬で、自己ベストに近い時計を叩いてきた時は素直に買いでOKという馬です。

そういう面では今回の追い切りは自己ベストには届いておらず、ベストではなくベターというイメージです。

総合評価は追い切り分析表にて。

 

3枠3番 テオレーマ

《1週前追い切り》
藤井 栗CW 良 83.0 66.8 51.6 37.3 12.1[7]馬なり
サンライズナイト(古馬3勝)0.7秒追走0.1秒先着

《最終追い切り》
助手 栗坂 良 55.8 40.1 25.5 12.4 末強め
ワンダーラジャ(古馬2勝)0.1秒追走0.2秒先着

中間に栗CWを挟みようになってからレースでの成績も安定するようになりました。

今回も中間に栗CWを挟まれており、調整パターンとしては順調と見て取れます。

水準としても変わりなく順調という雰囲気で、いつも通りの末脚を出せるデキにあるでしょう。

総合評価は追い切り分析表にて。

 

4枠4番 フェアリーポルカ

《1週前追い切り》
助手 栗坂 良 55.2 39.2 24.7 12.1 一杯

《最終追い切り》
助手 栗坂 良 54.0 37.7 24.3 12.1 末強め

この中間は坂路のみの調整となっています。

基本的には栗CWを挟む方が成績は良くなる傾向にあるのでこの点が多少減点が必要かもしれません。

それでも2週連続加速ラップを踏めたという点では好走水準はクリアしています。

総合評価は追い切り分析表にて。

 

5枠5番 マドラスチェック

《1週前追い切り》
助手 美坂 良 56.5 41.5 26.9 13.2 馬なり

《最終追い切り》
助手 美坂 良 52.6 38.8 25.3 12.8 馬なり

今回は〝1週前美浦坂路追い⇒最終美浦坂路仕上げ〟という追い切りパターンを踏んできました。

元々追い切りパターンは様々なので、パターンからは特に可もなく不可もなくといったところ。

気になるのは追い切り水準。

これまでの高いレベルの追い切り水準に比べると、ここは相当軽めにまとめられている印象を受けます。

多少の疲れも懸念される場面ではあります。

総合評価は追い切り分析表にて。

 

6枠6番 レッドアネモス

《1週前追い切り》
藤岡康 栗CW 良 86.9 69.7 53.7 39.0 11.5[8]馬なり
アドマイヤビルゴ(古馬オープン)0.4秒先行アタマ遅れ

《最終追い切り》
助手 栗CW 良 82.5 67.3 52.4 38.2 12.3[6]一杯
デゼル(古馬オープン)0.6秒先行0.4秒遅れ

追い切りは動くタイプ。

今回も追い切りはしっかり動いてきました。

ただ、この追い切りの良さをレースで活かせないというのが現状ではあります。

今回はダート替わり。

中間のダートでの追い切りはしっかりと動いており、意外とこなせそうな雰囲気も感じます。

総合評価は追い切り分析表にて。

――――――――――――――――――――

※おすすめサイトの紹介※

メールアドレスの登録のみで、無料登録完了です。

【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

一撃万馬王
オススメ度★★★★★

競馬には様々なカテゴリーがありますがそれらの得手不得手を見分ける指標として血統があります。

・芝専用血統
・ダート専用血統
・芝ダート兼用血統
・短距離専用血統
・長距離専用血統
・オールマイティ血統

というように父系、母系の血脈から受け継がれるDNAはそのままその馬自身の得意分野に反映されます。

またこれに加え、その血統がヨーロッパ系なのか?アメリカ系なのか?はたまた品種改良を重ねた日本国内血統なのか?

↓↓↓気になる続きはこちらからの無料登録で↓↓↓
【URL】http://ichigeki-manbaou.jp/

――――――――――――――――――――

マリーンカップ2021 追い切り分析表

今年は7頭立てと超小頭数の一戦で波乱の余地は少ないか。

買い方勝負の一戦ですね。

以上を踏まえての最終見解。

『地方版 追い切り分析表』

「買い」か「ダメ」か「普通」の3段階評価を多方面から分析している表になります。

追い切り水準・好走パターンから狙える馬をピックアップ。

追い切り評価の高い馬のみを参考にしてもらってもOK、活用方法は様々です。

今回は『マリーンカップ:地方版 追い切り分析表』に加えて『10R京葉スプリント:追い切り分析表』をセットで下記リンクより【330円】で販売中です。

追い切り分析表 購入リンク

※銀行振込・コンビニ決済・キャリア決済・楽天ペイなど対応しています。
ご希望の方はLINEに連絡ください。

LINEアカウント
https://lin.ee/LrKfSct

 

最後に競馬サイトの紹介。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

※新サイト入稿しました!お試し下しさい!※

メールアドレスの登録のみで、無料情報を閲覧できます。

【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

【宝馬】

今なら、無料登録するだけで5000ポイントをゲットできるお得期間!

宝馬はある一定のファクターに絞った予想スタイルではなく、
競馬の本質を知る全ての分野のスペシャリストが
それぞれで情報を持ち寄った提供を行う情報サイトです。

まずは、無料情報でお得にポイントをゲットしてみてください!
【URL】http://takara-uma.net/