【レパードステークス2019予想】追い切り・調教から見る好走傾向

Pocket

今回はレパードステークス2019予想:追い切り・調教から見る好走傾向を中心とした記事を書いていきます。

3歳限定の中央ダート重賞は6月に行われるユニコーンステークスとこのレパードステークスの2戦のみ。

ユニコーンステークスの好走馬からは名馬が続出しており、このレパードステークスからも数多の名馬を輩出しています。

過去の好走馬にはケイティブレイブ・ホッコータルマエ・ミラクルレジェンド・トランセンドなどのGⅠ馬がいます。

昨年はグリムが勝利し、これ以降1年間で重賞3勝を積み上げています。

数少ない中央3歳ダート重賞という事で、力のある馬でないと好走出来ないレースとなっています。

そんな名馬輩出レースを追い切り・調教から傾向を探っていきます。

【レパードステークス2019予想】追い切り・調教から見る好走傾向

 

まずは登録馬を確認しておきましょう。

レパードステークス 登録馬
※騎手は現時点の想定

アッシェンプッテル 城戸義政
アヴァンセ     津村明秀
エルモンストロ   三浦皇成
カフジロッソ    中谷雄太
ゲンパチルシファー 中井裕二
サトノギャロス   川島信二
デルマルーヴル   吉田隼人
トイガー      宮崎北斗
ハヤブサナンデクン 大野拓弥
ハヤヤッコ     田辺裕信
ビルジキール    内田博幸
フーズサイド    武士沢友治
ブラックウォーリア 国分恭介
ブリッツェンシチー 北村宏司
ブルベアイリーデ  丸山元気
メスキータ     ??
リープリングスター 武藤雅
ロードリバーサル  野中悠太郎
ワシントンテソーロ 木幡巧也
ヴァイトブリック  戸崎圭太

フルゲート15頭に20頭が登録。

1勝クラス勝ち馬の12頭が8/12の抽選対象となっており、未勝利勝ちのみのフーズサイドが除外対象馬となっています。

続いて現時点の予想オッズを確認しておきましょう。

レパードステークス 予想オッズ

1 デルマルーヴル   2.4
2 ヴァイトブリック  3.5
3 サトノギャロス   5.5
4 アヴァンセ     6.8
5 ハヤヤッコ     15.5
6 ブラックウォーリア 20.1

ここまでが上位に推されそうな馬たちです。

全日本2歳優駿2着・UAEダービー4着・ジャパンダートダービー2着とGⅠ実績十分の「デルマルーヴル」が1人気想定。

2人気想定は「ヴァイトブリック」。

前走ユニコーンステークスこそ大敗を喫しましたが、それ以前はパーフェクト連対。

前々走ヒヤシンスステークスでは1人気想定のデルマルーヴルに先着しています。

3人気想定は「サトノギャロス」。

ユニコーンステークスを除外となりましたが、翌週の2勝クラスを快勝してこのレースに挑みます。

その他、抽選突破出来れば人気の一角に推されそうな「アヴァンセ」、白毛馬「ハヤヤッコ」などが人気を集めそうな一戦。

このレースを好走して後の名馬への道を進むのはどの馬になるでしょうか。

追い切り観点から検討していきます。

 

それでは、追い切り・調教から見る好走傾向ということで、過去5年の好走馬の最終追い切りを見ていきます。

数少ない3歳ダート央重賞というところで、ここを目標にしている馬も多いでしょう。

ダートかつ1800mという距離からウッド・坂路どちらの傾向が強く表れるか注目ですね。

2018年
1着 グリム
栗坂 54.3-39.6-25.3-12.3 強め
2着 ヒラボクラターシュ
栗坂 54.1-39.3-25.3-12.4 強め
3着 ビッグスモーキー
栗CW 83.0-67.1-52.2-38.4-12.0【6】一杯
2017年
1着 ローズプリンスダム
美坂 52.6-38.4-25.4-12.8 強め
2着 サルサディオーネ
栗坂 55.2-39.9-25.7-12.3 馬なり
3着 エピカリス
美南W 81.0-66.7-52.5-38.9-12.5【7】直強め
2016年
1着 グレンツェント
美南W 68.3-52.9-38.9-12.8【7】G前仕掛け
2着 ケイティブレイブ
栗坂 52.6-38.1-24.8-12.7 馬なり
3着 レガーロ
栗坂 52.0-38.4-24.7-12.4 一杯
2015年
1着 クロスクリーガー
栗CW 79.1-63.7-49.9-36.8-12.8【5】一杯
2着 ダノンリバティ
栗坂 50.8-37.2-24.6-12.5 一杯
3着 タマノブリュネット
美南W 68.7-52.5-39.3-12.9【6】馬なり
2014年
1着 アジアエクスプレス
美坂 52.8-38.5-25.5-12.7 馬なり
2着 クライスマイル
美坂 54.3-39.1-25.3-12.6 馬なり
3着 ランウェイワルツ
栗坂 53.0-38.9-25.8-13.4 一杯

このような結果になっています。

過去5年totalで見ると、

栗東CW仕上げ:13頭中2頭好走。

栗東坂路仕上げ:24頭中7頭好走。

美南W仕上げ:22頭中3頭好走。

美浦坂路仕上げ:7頭中3頭好走。

その他仕上げ:7頭中0頭好走。

まず目に付くのはどの仕上げパターンからも好走があるというところですね。

しかし、好走率で見れば栗東・美浦問わず坂路>ウッドという傾向になっており、このレースで注目すべきは〝坂路仕上げ〟であることが分かります。

それでは1つずつ見ていきます。

〝栗東CW仕上げ〟をからは2頭の好走馬を輩出しています。

この好走馬に共通する点としては、1週前・最終追い切り共に栗東CWで追い切りを行われて、かつ『一杯』の負荷を掛けられていました。

2018年1人気6着グレートタイム

2014年3人気5着アスカノロマン

この2頭は〝栗東CW仕上げ〟で人気に推されて凡走しています。

この2頭は最終追い切りが『馬なり』で仕上げられていることからも、この〝栗東CW仕上げ〟では1週前・最終追い切り共に『一杯』に負荷を掛けられていることが注目パターンとなりそうです。

〝栗東坂路仕上げ〟からは7頭と、最も好走数の多い仕上げパターンとなっています。

好走率で見ても29%と高い好走率を誇っています。

この7頭の内、近2年で好走した3頭は4F目が最速になる『加速ラップ』を踏んでいました。

そしてこの7頭の内、ケイティブレイブを除く6頭は1週前追い切りor最終追い切りで『強め以上』の負荷を掛けていたこともポイントです。

好走率の高さが目立ちますが、人気での凡走が目立つのもこの仕上げパターンです。

2018年2人気4着ドンフォルティス・3人気9着アドマイヤビクター

2017年2人気12着タガノディグオ・3人気7着テンザワールド

2016年3人気7着ネクストムーブ

2014年2人気4着レッドアルヴィス

ほとんど毎年のように人気に推されて凡走する馬がおり、ここの取り捨てがこのレースのポイントになりそうです。

〝美南W仕上げ〟から好走したのは3頭。

2017年1人気3着エピカリス

2016年2人気1着グレンツェント

2015年11人気3着タマノブリュネット

タマノブリュネットはイレギュラー感がありますが、基本的には人気に推されれば、というところ。

それでも2017年のエピカリスは単勝オッズ1.5倍で3着ということを考えれば、人気を裏切っている形になります。

あまり重視したいとは思えない仕上げパターンですね。

この仕上げパターンからはあくまで押さえ候補という位置付けていいかもしれません。

好走率42%を誇る大注目パターンの〝美浦坂路仕上げ〟。

過去5年で3人気以内に推されたのは2014年のアジアエクスプレスのみ。

そのアジアエクスプレスはしっかり勝ち切っています。

2017年1着ローズプリンスダムは11人気、2014年2着クライスマイルは7人気と、穴馬の一撃が期待できる仕上げパターンとなっています。

そもそもの出走頭数が少ないので、ベタ買いでもOKな印象を受けますね。

好走した3頭の内、2頭は4F目が最速になる『加速ラップ』を踏んでいることにも注目。

これがこのレースの特注パターンと見ることもできます。

加速ラップを踏めなかったローズプリンスダムはラスト2F12.6ー12.8と、スタートから負荷を掛けたわりに粘っていました。

この点を加味すれば、加速ラップは踏めずとも評価は出来る内容となっていました。

 

レパードステークス2019 まとめ

〝栗東CW仕上げ〟は1週前・最終追い切り共に『一杯』に負荷を掛けられていることが注目パターン。

〝栗東坂路仕上げ〟は好走率29%と高い数字を残しています。

しかし、人気に推されての凡走も目立つ追い切りパターン。

好走パターンとしては1週前追い切りor最終追い切りで『強め以上』の負荷を掛けていること。

近年は4F目が最速になる『加速ラップ』を踏めているかどうかにも注目。

〝美南W仕上げ〟が好走率が低く、人気を裏切るパターンが目立ちます。

あまり重視したいとは思えない仕上げパターンとなっています。

〝美浦坂路仕上げ〟は好走率42%を誇る大注目パターン。

穴をあける馬としても狙える仕上げパターンです。

特に4F目が最速になる『加速ラップ』を踏んだ馬はこのレースの特注パターンです。

例年であれば全て押さえてもいいレベルですが、今年は美南W閉鎖の影響でどれだけ美浦坂路仕上げの馬が増えるか。

今年は例年とは違う、という事は覚えておきたいですね。

 

「デルマルーヴル」はここまで美南P仕上げが中心となっています。

前走ジャパンダートダービーは初の美浦坂路仕上げでレースに臨んでいました。

ここでは美南P仕上げなら傾向からは凡走パターン、美南坂路仕上げなら好走パターンというところで最終追い切りに注目ですね。

「ヴァイトブリック」はここまで美南Wを中心に追い切りを敢行されています。

美南W閉鎖の影響がモロに出そうな馬ですね。

ここでは早めに新潟入りしており、新潟滞在競馬というレアパターンになりそう。

果たしてこれがどういう結果を及ぼすか、注目の一頭です。

「サトノギャロス」はここまで栗東坂路を中心に追い切りを敢行されています。

西園厩舎ということもあり、ここでも栗東坂路仕上げが濃厚でしょう。

負荷の面では強め以上に負荷を掛けてくる厩舎ですし、ここはクリアしてきそうです。

あとは加速ラップを踏めるかどうかに注目です。

 

それでは最後に、1週前時点の穴注目馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

ここまで栗東坂路中心に行われており、栗東坂路仕上げになる事が濃厚のこの馬。

近走は高水準の加速ラップを踏んでいますし、ここでも加速ラップを踏んでくるようなら穴でも注目の一頭でしょう。

 

新サイト入稿しました!!

今回ご紹介するのは「オアシス」と「J.H.A」に続いて「グロリア」というサイト。

これらのサイトはご存知の方も多いかもしれません。

他のブログでも数多く紹介されているサイトです。

「登録者数が多い=オッズが低下する」という理由から、登録者数が増えすぎて募集人数を制限していたサイト。

そんな中、ようやく再募集がかかり、
この度、当ブログでも紹介することが出来るようになりました。

いずれのサイトも今回は人数限定募集になるので、是非、今のうちに無料登録をオススメします!

いずれのサイトもメールアドレスの登録のみで、無料登録完了です。

【docomo・Softbank・icloud】メールですと届かない可能性がありますので、【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

※オアシス・J.H.Aは募集終了となりました。グロリアもすぐに募集終了となると思いますので登録はお早めに!

――――――――――――――――――――

【グロリア】
オススメ度★★★★★
限定人数 50人

投資競馬の最高峰とも言えるサイト。

リピート率90%というところにこのサイトがいかに有益化を物語っています。

今なら無料登録で厳選買い目情報を毎週提供してくれます。

他サイトで満足できなかった方は試す価値あり!

口コミ情報でも評価の高いグロリアは必見です!
【URL】http://glo-ria.com/

――――――――――――――――――――

【J.H.A】
オススメ度★★★★★
限定人数 30人

このサイトの特徴は「少点数」で的中を狙うというハイレベルな予想にあります。

的中実績を見ても3連単10点以内というのが数多く見られます。
まさに「ローリスクハイリターン」。

毎週無料予想が提供されるので参考にしてみては!?
【URL】http://www.j-h-a.net/

――――――――――――――――――――

【オアシス】
オススメ度★★★★★
限定人数 50人

このサイトの特徴は極めてシンプル。とにかく当たる!!
そもそも競馬サイトにそれ以外の特徴って必要ですか?

OASISでは独自ルートから当たる予想を提供を提供しています。
いつも高配当の3連単や3連複を少点数で的中!

まずは、無料情報でこのサイトの実力を確認してみてください!
【URL】http://www.successoasis.net/