【レパードステークス2020追い切り・調教傾向】注目パターンは美浦坂路仕上げ!

Pocket

今回はレパードステークス2020追い切り・調教傾向:注目パターンは美浦坂路仕上げ!を中心とした記事を書いていきます。

3歳限定の中央ダート重賞は6月に行われるユニコーンステークスとこのレパードステークスの2戦のみ。

ユニコーンステークスの好走馬からは名馬が続出しており、このレパードステークスからも数多の名馬を輩出しています。

過去の好走馬にはケイティブレイブ・ホッコータルマエ・ミラクルレジェンド・トランセンドなどのそうそうたる顔ぶれが並んでいます。

数少ない中央3歳ダート重賞という事で、力のある馬でないと好走出来ないレースとなっています。

ここを制することが秋以降、さらには古馬になってからの飛躍ステップとなる一戦。

そんな超出世レースを追い切り・調教の傾向から探っていきます。

【レパードステークス2020追い切り・調教傾向】注目パターンは美浦坂路仕上げ!

 

まずは登録馬を確認しておきましょう。

レパードステークス 登録馬
※騎手は現時点の想定

アポロアベリア   武藤雅
エイシンアメンラー 石橋脩
エバンタイユドール 山田敬士
エピキュール    ??
キッズアガチャー  高倉稜
ケンシンコウ    丸山元気
ショウナンマリオ  三浦皇成
タイガーインディ  鮫島克駿
ダンツエリーゼ   ??
デュードヴァン   川田将雅
デルマオニキス   ??
テーオーケインズ  岩田康誠
ニュートンテソーロ 北村友一
ハギノアレグリアス ??
バンクオブクラウズ 藤井勘一郎
ヒロイックテイル  ??
フェイバリット   ??
ブランクチェック  戸崎圭太
フリーフロー    丸田恭介
フレイムウィングス 西村淳也
プロヴィデンス   斎藤新
ミヤジコクオウ   ??
メイショウカズサ  小崎綾也
メイショウダジン  幸英明
ライトウォーリア  岩田望来
ラインベック    デムーロ
ラストマン     福永祐一
ラブリーエンジェル ??

フルゲート15頭に28頭が登録。

出走が確定しているのはデュードヴァン・ミヤジコクオウ・ラインベック・タイガーインディ・ブランクチェック・ライトウォーリアの6頭。

残り9頭は22頭の中からの抽選となっています。

続いて現時点の予想オッズを確認しておきましょう。

レパードステークス 予想オッズ

1 デュードヴァン  2.0
2 ラインベック   3.4
3 ミヤジコクオウ  6.2
4 ブランチェック  14.8
5 ケンシコウ    19.2
6 ライトウォーリア 22.5

ここまでが上位に推されそうな馬たちです。

想定1人気はユニコーンステークス2着の「デュードヴァン」。

カフェファラオには離されまたが、上がり最速で2着を確保。

東京ダート1600mではこのユニコーンステークス2着に加えて3勝を挙げる得意舞台でした。

距離が1ハロン延長される事と先行有利の舞台が課題に。

想定2人気は父母3冠配合の超良血馬「ラインベック」。

前走初ダートで古馬の2勝クラスを快勝。

ダート替わりで良血開花となるか、ここが試金石でしょう。

昨年以降、オープン特別~GⅢを9戦して全て4着以内に好走しています。

安定感はあるものの、勝ち味に遅いのは課題。

6歳を迎えて初タイトル奪取なるかに注目。

想定3人気は「ミヤジコクオウ」。

前走ジャパンダートダービーでは2人気に推された素質馬で、デビューから掲示板を外していない安定感が魅力の一頭です。

ユニコーンステークス3着の「ケンシコウ」なども出走できれば人気に推されそうな一戦です。



それでは、追い切り・調教から見る好走傾向ということで、過去5年の好走馬の最終追い切りを見ていきます。

数少ない3歳ダート央重賞というところで、ここを目標にしている馬も多いでしょう。

ダート戦かつ1800mという距離からウッドコース・坂路どちらの傾向が強く表れるか注目です。

2019年
1着 ハヤヤッコ
新潟ダ 66.2-51.6-38.4-12.6【6】馬なり
2着 デルマルーブル
美南P 65.1-51.1-37.8-11.9【7】馬なり
3着 トイガー
美南P 67.7-51.8-38.0-11.6【7】馬なり
2018年
1着 グリム
栗坂 54.3-39.6-25.3-12.3 強め
2着 ヒラボクラターシュ
栗坂 54.1-39.3-25.3-12.4 強め
3着 ビッグスモーキー
栗CW 83.0-67.1-52.2-38.4-12.0【6】一杯
2017年
1着 ローズプリンスダム
美坂 52.6-38.4-25.4-12.8 強め
2着 サルサディオーネ
栗坂 55.2-39.9-25.7-12.3 馬なり
3着 エピカリス
美南W 81.0-66.7-52.5-38.9-12.5【7】直強め
2016年
1着 グレンツェント
美南W 68.3-52.9-38.9-12.8【7】G前仕掛け
2着 ケイティブレイブ
栗坂 52.6-38.1-24.8-12.7 馬なり
3着 レガーロ
栗坂 52.0-38.4-24.7-12.4 一杯
2015年
1着 クロスクリーガー
栗CW 79.1-63.7-49.9-36.8-12.8【5】一杯
2着 ダノンリバティ
栗坂 50.8-37.2-24.6-12.5 一杯
3着 タマノブリュネット
美南W 68.7-52.5-39.3-12.9【6】馬なり

このような結果になっています。

過去5年totalで見ると、

栗東CW仕上げ:【1-0-1-12/14】

栗東坂路仕上げ:【1-4-1-20/26】

美南W仕上げ:【1-0-2-16/19】

美浦坂路仕上げ:【1-0-0-3/4】

その他仕上げ:【1-1-1-7/10】

まず目に付くのはどの仕上げパターンからも好走があるというところですね。

好走率としては、その他仕上げ>美浦坂路仕上げ>栗東坂路仕上げ>栗東CW仕上げ>美南W仕上げなっています。

好走率では栗東・美浦問わず、坂路>ウッドという傾向になっており、このレースで注目すべきは【坂路仕上げ】であることが分かります。

それでは1つずつ見ていきます。

【栗東CW仕上げ】からは2頭の好走馬を輩出しています。

この好走馬に共通する点としては、1週前・最終追い切り共に栗東CWで追い切りを行われて、かつ『一杯』の負荷を掛けられていました。

2018年1人気6着グレートタイム

2014年3人気5着アスカノロマン

この2頭は【栗東CW仕上げ】で人気に推されて凡走しています。

この2頭は最終追い切りが『馬なり』で仕上げられていることからも、この〝栗東CW仕上げ〟では1週前・最終追い切り共に『一杯』に負荷を掛けられていることが注目パターンとなりそうです。

【栗東坂路仕上げ】からは6頭と、最も好走数の多い仕上げパターンとなっています。

好走率で見ても23.1%と高い好走率を誇っています。

この6頭の内、近3年で好走した3頭は4F目が最速になる『加速ラップ』を踏んでいました。

そしてこの5頭の内、ケイティブレイブを除く5頭は1週前追い切りor最終追い切りで『強め以上』の負荷を掛けていたこともポイントです。

好走率の高さが目立ちますが、人気での凡走が目立つのもこの仕上げパターンです。

2019年3人気5着サトノギャロス

2018年2人気4着ドンフォルティス・3人気9着アドマイヤビクター

2017年2人気12着タガノディグオ・3人気7着テンザワールド

2016年3人気7着ネクストムーブ

2014年2人気4着レッドアルヴィス

ほとんど毎年のように人気に推されて凡走する馬がおり、ここの取り捨てがこのレースのポイントになりそうです。

【美南W仕上げ】から好走したのは3頭。

2017年1人気3着エピカリス

2016年2人気1着グレンツェント

2015年11人気3着タマノブリュネット

タマノブリュネットはイレギュラー感がありますが、基本的には人気に推されれば、というところ。

それでも2017年のエピカリスは単勝オッズ1.5倍で3着ということを考えれば、人気を裏切っている形になります。

あまり重視したいとは思えない仕上げパターンですね。

この仕上げパターンからはあくまで押さえ候補という位置付けていいかもしれません。

【美浦坂路仕上げ】から好走したのは2017年11人気1着ローズプリンスダム。

そもそもの出走頭数が少ないので、ベタ買いでもOKな印象を受けますね。

【その他仕上げ】からの好走は2019年にまとめて3頭が好走しています。

これには理由があり、2019年のこの時期は美南Wが改修工事の為、閉鎖されていました。

この為、美南Pを美南Wの代用として使うパターンとなっていました。

また、美南Wが使えないならという事で、早めに新潟ダート入りして調整される馬も多くなっていました。

これが2019年にまとめて好走した理由。

それ以外の年から好走はなく、基本的には重視できないパターです。

――――――――――――――――――――

※おすすめサイトの紹介※

新サイト入稿しました!!

メールアドレスの登録のみで、無料情報を閲覧できます。

【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

【競馬大陸】
オススメ度★★★★★

今なら、無料登録するだけで3000円分のポイントをゲットできるお得期間!

「競馬情報サイトって怪しいところが多い」これは紛れもない事実です。
しかし、重要なのはどのようなサイトでも「きっちりと予想が当たること」

このサイトの特徴は極めてシンプル。とにかく当たる!!
そもそも競馬サイトにそれ以外の特徴って必要ですか?

競馬大陸では独自のノウハウで当たる予想を提供を提供しています。

まずは、無料情報でこのサイトの実力を確認してみてください!

【URL】https://www.kb-tairiku.net/

――――――――――――――――――――

レパードステークス2020 まとめ

【栗東CW仕上げ】は1週前・最終追い切り共に『一杯』に負荷を掛けられていることが注目パターン。

【栗東坂路仕上げ】は好走率23.1%と高い数字を残しています。

しかし、人気に推されての凡走も目立つ追い切りパターン。

好走パターンとしては1週前追い切りor最終追い切りで『強め以上』の負荷を掛けていること。

近年は4F目が最速になる『加速ラップ』を踏めているかどうかにも注目。

【美南W仕上げ】は好走率が低くなっており、人気を裏切るパターンが目立ちます。

あまり重視したいとは思えない仕上げパターンとなっています。

【美浦坂路仕上げ】穴をあけるパターンとして狙える仕上げパターンです。

出走頭数が少ないので、全て押さえておいても損はないパターンです。

 

「デュードヴァン」はここまで美南W坂路仕上げ中心の調整パターンを踏まれています。

ここでも美南W仕上げが濃厚と考えられます。

人気で信頼できなパターンになるのは気になるところです。

「ラインベック」は栗東CW・栗東坂路に加えて、ポリトラックや芝での仕上げパターンを経験しています。

今回はどのパターンでくるか、まずは最終追い切りに注目です。

「ミヤジコクオウ」はここまで栗東坂路仕上げが中心。

ここでも栗東坂路仕上げが濃厚と考えられます。

4F目が最速になる加速ラップを踏めるかに注目。

「ブランチェック」はここまで美南W仕上げ・美浦坂路仕上げを経験しています。

今回はどちらのパターンでくるか、まずは最終追い切りに注目

好走傾向からは美浦坂路仕上げがベストの印象です。

「ケンシコウ」はここまで美浦坂路仕上げが中心となっています。

ここでも美浦坂路仕上げが濃厚と考えられます。

好走傾向からは注目パターンに合致してきそうな一頭です。

 

それでは最後に、1週前時点の穴注目馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

ここまでは美浦坂路中心の追い切りを消化しています。

今回も同じパターンになる事が濃厚でしょう。

好走傾向からの注目パターン。

ここでも人気に推されそうな馬に先着している実績もありますし、出走できれば面白い一頭になりそうです。

 

本当にできるオススメ競馬予想サイトを紹介!

最近は競馬情報サイトが乱立しすぎて、

「どのサイトを参考にすればいいのかわからない!」
「本当に役立つ競馬予想サイトはどれ?」

という疑問を持たれる方が増えてきています。
確かに無料で使えたとしても予想が当たらなければ意味が無いですよね。
そんな皆様のために、今回は

「しっかりと儲かる情報を提供してくれる!」
「信頼して長く使える!」

おすすめ予想サイトをランキング形式でご紹介します!
いずれのサイトもメールアドレスの登録のみで、見る事が出来るサイトとなっています。
是非参考にしてみて下さい!

【docomo・Softbank・icloud】メールですと届かない可能性がありますので、【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

――――――――――――――――――――

【第1位】競馬報道
オススメ度★★★★★

無料登録で約5万円分のポイント、500ポイントが受け取れます。

今話題沸騰中のサイト!『競馬報道』がアツイ

『血統』や『調教』、『騎手』にスポットライトを当て
コース別徹底分析と充実したコンテンツに注目。

重賞情報も随時更新されるので登録しておいて損はナシ!
【URL】http://keibahoudou.com/

――――――――――――――――――――

【第2位】馬生
オススメ度★★★★

根拠をある極秘情報を無料で届けてくれる競馬予想サイト。

■生情報だからこそどこよりも速く情報を入手し提供できる
■各メディアの注目箇所でも間違えた情報を見極める
■騎手の乗り替わり情報、移動でのコンディションなど

データ派も、本命党も、穴党も、競馬ファンが予想に必要な情報が無料で受け取れます!

無料で競馬のすべてを最初から最後まで全面サポート!
【URL】http://umanama.com/