【ローズステークス2018】無料予想と最終追い切り・調教分析

Pocket

今回はローズステークス2018の無料予想と最終追い切り・調教分析を中心とした記事を書いていきます。

1996年に秋華賞が創設されて以来、秋華賞トライアルとして最重要ステップレースとなったローズステークス。

秋華賞では、ここをステップにした馬が馬券圏内の半数以上を占めるレースであり、要注目の一戦になること間違いなし。

先週行われた紫苑ステークスが重賞に格上げ後の近2年は、

本番で紫苑ステークス組>ローズステークス組という結果となっており、紫苑ステークスにお株を奪われる形となっていますが、、、

サトノワルキューレ・サラキア・カンタービレなど、ここの勝ち方次第では打倒アーモンドアイ筆頭候補に。

まずはこの一戦に注目しましょう。

それでは、ローズステークス2018の無料予想と最終追い切り・調教分析に入っていきます。

 

 

━【PR】━━━━━━━━━━━━━━
業界最高水準!規格外の的中率!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【本当に儲かる次世代競馬サイトです】

みんなの万馬券では
確かな情報筋からの独占情報!
独自ルートからの綿密なリサーチから

競馬をギャンブルから
安定した投資へ引き上げました

競馬で勝ちたい!回収率を上げたい!!という方は、
この機会に体感してみてください!!

▼無料情報はこちら▼
※メールアドレスだけで無料で簡単に登録できます\(^o^)/

【ローズステークス2018】無料予想と最終追い切り・調教分析

 

それでは早速各馬の追い切り内容を見ていきましょう。

アンコールプリュ

藤岡康 栗CW 稍 65.7 50.6 37.6 12.2【7】馬なり

アドマイヤキング(古馬500万)0.8秒追走0.1秒先着

1週前追い切りではウッドで長めを追われて、馬場が悪い中でも好時計。

そして最終追い切りでは、軽く追われて好時計。

僚馬にもあっさり先着しているところを見ると、休み明けでも仕上がり良好でしょう。

ここまでの追い切り過程とさほど変わりはないものの、時計は出ていますし、成長も窺えますね。

あとは距離をこなせるかどうか。

個人的には短距離馬だという認識ですので、馬券内までは厳しい印象を持っていますが、、、

 

ウスベニノキミ

和田竜 栗坂 稍 53.9 38.9 25.1 12.7 強め

これまで通りのこの馬の水準という感じ。

裏を返せば、春先から特に変わり見なく、というところ。

まだまだ良化途上という印象です。

 

ウラヌスチャーム

助手 美南W 良 86.7 70.5 55.3 40.7 13.1【5】直強め

1週前追い切り&最終追い切りで6ハロン追いを敢行してきました。

熱心な乗り込みという点では高評価。

そして、1週前追い切りではベスト時計を更新してくる好時計。

僚馬にも先着しており、デキは良さそうな雰囲気。

前走は1000万条件で2着に敗れはしましたが、新潟1800mで上がり33.2秒を使って勝ち馬にハナ差まで迫りました。

ルーラーシップ産駒とは思えないキレ味が持ち味。

上がりを使えるという面で見てもデータ的にはマッチしていますし、面白い一頭。

 

オールフォーラヴ

助手 栗CW 稍 52.9 38.7 12.2【6】一杯

1週前追い切りではジョッキー騎乗、7ハロンの長めを追われて、スト11秒台でまとめる好時計。

それを踏まえての最終追い切りと言うことを考えれば、十分と言える内容でしょう。

休み明けだった3走前アルメリア賞~2走前忘れな草賞以上の水準であり、成長も感じます。

オークスでの大敗は輸送の影響もあったでしょうし、関西圏のレースなら見直し可。

 

カンタービレ

ルメール 栗CW 稍 88.9 71.8 55.1 40.5 12.0【6】馬なり

エアウィンザー(古馬1600万)1.0秒追走クビ差先着

前回の記事で、

『この馬の勝負パターンとしては、1週前追い切りウッド強め⇒最終追い切り坂路馬なりというパターン。

そういう面では、ここまでの印象としてMAX仕上げとはいかないかな、というところ。

逆に最終追い切りでしっかり追ってくるようならそれはそれで高評価として良いかも。』

としましたが、最終追い切りでも軽め調整。

併せ馬で先着したことはまずまずですが、時計が全く出ていないことに不満が残る内容となりました。

休み明けの叩き台の仕上げ、という印象が拭えない追い切り内容。

追い切りからは一枚評価を下げたい一頭となりました。

ルメールさんを確保している辺りに勝負気配は感じましたが、、、違うのかもww

 

ゴージャスランチ

助手 美南W 良 69.9 53.7 40.0 13.7【6】馬なり

時計は目立つものでないですが、動きとしては重心を低く下げてスピード感抜群という印象。

元々時計が出るタイプではないですし、追い切り内容としては上々でしょう。

良くも悪くもセンス良く相手なりに走れるタイプですし、仕上がりの良さを活かせればここでもチャンスあり。

とは言え、センスの良さを活かせる舞台ではないのが気掛かりです。

 

サトノワルキューレ

助手 栗坂 稍 53.2 38.7 25.4 13.2 馬なり

やっぱり仕上がり具合としては7割~8割仕上げという印象ですね。

先週紫苑ステークスのマウレアさんよろしく、取りこぼす可能性は大いにありそうな雰囲気。

と言っても、フローラステークス1着時の追い切り内容と近い水準にありますし、力の違いであっさりなんてことも。

そうなれば、打倒アーモンドアイ筆頭候補に名乗りを挙げることになるでしょうね。

馬券的妙味は取りこぼす可能性に賭けた方が面白いでしょうが。

まぁ、追い切りからは評価を下げるでもなく、上げるでもなく、、、というお茶を濁す感じでまとめますww

 

サラキア

助手 栗CW 稍 85.5 69.4 53.8 39.5 11.5【9】馬なり

先に結論から言うと、『ビミョー・・・』という感じ。

微妙と言っても、悪いという意味でなく、良くとればいいのか悪くとればいいのか分かりづらいという意味合い。

個人的には1週前追い切りより時計を詰めてきてくれれば、『素直に買いですね』という評価で完結していたのですが、

1週前追い切りより時計は遅く、終い重点の追い切り内容を施してきました。

秋華賞に出るためには3着以内必須という場面で、MAX仕上げ!という感じではないのが残念。

正直、馬体維持に努めた、という印象がぬぐえない追い切り内容。

これで今までも好走してきているので一概に軽視!とはいかないですが、個人的には評価を下げたい一頭となりました。

 

スカーレットカラー

太宰 栗CW 稍 85.3 67.5 51.6 37.7 12.1【7】直強め

ナリタスターワン(古馬オープン)0.5秒追走同入

2週に渡り、古馬オープン馬と併せ馬を行い、追走から同入に持ち込む好内容。

そして2週続けてジョッキー騎乗で長めをしっかり追われており、熱心な乗り込み。

この追い切りの水準は、2戦目の未勝利1着と4戦目のフェアリーステークス2着の追い切り内容と酷似。

ここに向けての仕上げ具合は目を見張るものがあります。

このデキならワンチャンある。

 

センテリュオ

北村友 栗坂 稍 55.5 39.0 25.0 12.3 馬なり

いつも通りこの馬なりの調整。

良くも悪くも平行線という印象です。

加速ラップは踏めているので、まぁ悪くはないですね。

ただ、追い切りから評価を上げるほどでもなく。

素質でどこまで迫れるか、という評価ですね。

 

トーセンブレス

助手 美南W 良 53.1 39.0 13.2【6】馬なり

前回記事で、

『まずまずという感じ。

追い切りの水準としては、新馬戦の時が最も高かった。

そこから考えると可もなく不可もなくという追い切りが続いています。

ここでも僚馬を突き放してきましたが、イマイチ時計出ず、という内容。

桜花賞4着と言えど、この舞台が合う印象もないですし、、、

末脚はしっかりしたものを持っているので、ハマり待ちにはなるか。』

としました。

最終追い切り後も特に評価変わりなく。

特に目立った買い材料はないかな。

 

フィニフティ

助手 栗坂 稍 55.0 40.2 25.7 12.7 強め

藤原調教師からの『もう1週あれば、しっかり態勢が整うと思う』発言。

その割には、、、軽いな!おい!!という印象ww

やっぱり前週で仕上がってたんじゃないの!?という印象。

そもそも藤原厩舎と言えばメイチ仕上げに定評のある厩舎

それがこのドタバタ劇。

ステファノスや古くはストレイトガールなど、前哨戦凡走⇒本番好走を多発させる厩舎。

正直、狙うなら本番、という印象ですが、、、どうでしょう。

この追い切り自体に意味はなかったと、個人的には思います。

 

ラテュロス

助手 栗坂 稍 56.2 40.5 26.1 12.7 末強め

レーヌルネサンス(3歳未勝利)0.1秒先行0.2秒先着

追い切りから良化は窺えず。

能力的にもいったいったの逃げ残りに賭けるくらいしか残り目はなさそう、、、

 

レオコックブルー

浜中 栗坂 稍 53.3 39.1 25.8 13.1 馬なり

追い切りからは特に変わり見なく。

さすがに厳しい印象です。

 

レッドランディーニ

助手 栗坂 稍 53.4 39.4 26.4 13.8 一杯

シェアザモーメント(古馬500万)0.2秒先行クビ差遅れ

全体時計としてはまずまずですが、ラスト脚が上がって僚馬に差されるという内容。

良くはないですね。

ここまでラスト脚が上がるようではさすがにまだ仕上がり途上でしょう。

2走前はゴージャスランチとタイム差なし。

3走前はチューリップ賞でサラキアとタイム差なし。

この比較から全く能力が足りないわけではないでしょうが、、、

よっぽど人気が無ければ押さえておいても、くらいの評価ですね。

 

ローズステークス2018 まとめ

全頭追い切り分析行いました。

頭数が多かったのでなかなか大変でした( ̄▽ ̄;)

という個人的な事情は置いといて、、、

個人的な印象としては、上位勢どれも万全とはいかず!という印象。

となれば、横の比較で普通にサトノワルキューレが良く見えてきましたww

上位勢ではカンタービレ・サラキア辺りは評価を下げたい追い切り内容でしたからね。

 

それも踏まえて考えるなら、サトノワルキューレ逆転第一候補はこの馬か(/・ω・)/

この馬⇒ 人気ブログランキングへ(オールフォーラヴ)

仕上がり具合でいうならこの馬としては文句なし。

追い切り評価はメンツNo.2( ✧Д✧)

な、No.2!?

と思ったそこのあなた!!

そうです!!!

そうなんです!!!!

No.1馬は大穴候補でいるのですww

それでは、追い切りから穴候補馬も合わせてランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ(スカーレットカラー)

間違いなく追い切り内容としてはこのレースに向けて仕上げてきていいる印象を受けました。

そして、能力面。

前走:桜花賞-マウレアとタイム差なし。

2走前:チューリップ賞-サラキアから0.3秒差。

3走前:フェアリーステークス-プリモシーンから0.2秒差。

馬柱は汚れており、見栄えしませんが、この比較なら十分ワンチャンあるはず(ノ≧ڡ≦)

 

ローズステークスデータ分析はこちらでまとめています☟☟

【ローズステークス2018】無料予想と過去傾向・データ分析

 

無料メルマガ結果

土曜追い切りピックアップ【1-2-1-3】

日曜追い切りピックアップ【1-1-1-2】

2日連続複勝率50%超え。

この土日の2勝は、紫苑ステークス:ノームコア&京成杯オータムハンデ:ミッキーグローリーをピックアップしたもの。

先週はルメールさん様様でしたねww

というわけで、秋競馬は好スタート発進。

このまま年末まで猪突猛進でいきたいですね\(^o^)/

是非こちらも登録お願いします!!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
⇓⇓⇓ 無料メルマガ登録 ⇓⇓⇓

登録はこちらから

追い切り・調教重視の無料メルマガ
中央レースの予想・交流重賞の最終予想を無料で提供しています。
新馬戦他、好追い切り馬をピックアップしています。
是非、参考にして頂ければ(●´ω`●)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

―【PR】―――――――――――――――
利益直結高精度”的中タイムズ”
━━━━━━━━━━━━━━━━━
競馬で勝ちたい!小点数で万馬券狙いたい!!という方に朗報です!

❝今❞ご登録の方だけに!!
【3連複勝負馬券】の厳選勝負情報!!
これを完全無料でご提供!!

>>無料登録はこちら!<<
※メールアドレスだけで無料で簡単に登録できます\(^o^)/
━━━━━━━━━━━━━━━━━

■近走の的中実績も確かなもの!
08/11・新潟03R   82万9080円的中
08/05・札幌03R   132万3900円的中
07/29・小倉11R   823万7600円的中
07/07・中京01R   89万7200円的中
07/07・中京04R   10万5450円的中
06/24・阪神11R   197万0240円的中
その他的中実績はこちら
━━━━━━━━━━━━━━━━━