【ヴィクトリアマイル2019予想】追い切り・調教から見る好走傾向

Pocket

今回はヴィクトリアマイル2019予想:追い切り・調教から見る好走傾向を中心とした記事を書いていきます。

ヴィクトリアマイルと言えば、2015年3連単2000万馬券超えが飛び出したことがいまだに忘れられないレースです。

このレース自体、近5年の勝ち馬の人気は8人気⇒6人気⇒7人気⇒5人気⇒11人気と波乱傾向の強いレースとなっています。

それ以前はアパパネ・ブエナビスタ・ウオッカと牝馬の頂点を極めた馬たちが名を連ねており、近5年とそれ以前ではレースが変わったような波乱が続いています。

今年はどのような決着になるのか。

それでは、ヴィクトリアマイル2019予想:追い切り・調教から見る好走傾向に入っていきましょう。

【ヴィクトリアマイル2019予想】追い切り・調教から見る好走傾向

 

まずは登録馬を確認しておきましょう。

ヴィクトリアマイル 登録馬
※騎手は現時点の想定

アエロリット    横山典弘
アマルフィコースト 坂井瑠星
カンタービレ    デムーロ
キャナルストリート ??
クロコスミア    戸崎圭太
サウンドキアラ   ??
サトノワルキューレ 内田博幸
ソウルスターリング 武豊
デンコウアンジュ  柴田善臣
ノームコア     ??
フロンテアクイーン 三浦皇成
プリモシーン    福永祐一
ミエノサクシード  川島信二
ミッキーチャーム  川田将雅
メイショウオワラ  ??
ラッキーライラック 石橋脩
レッツゴードンキ  岩田康誠
レッドオルガ    北村友一
ワントゥワン    中谷雄太

フルゲート18頭に19頭が登録。

サウンドキアラが除外対象となっています。

続いて現時点の予想オッズを確認しておきましょう。

ヴィクトリアマイル 予想オッズ

1 ラッキーライラック 4.0
2 アエロリット    4.1
3 ミッキーチャーム  5.7
4 レッドオルガ    5.9
5 プリモシーン    8.3
6 カンタービレ    11.9

ここまでが上位に推されそうな馬たちです。

今年は抜けた馬がおらず、オッズは割れそうな雰囲気。

そんな中、人気に推されそうなのは昨年アーモンドアイとライバル関係にあった「ラッキーライラック」になりそうです。

今年初戦はGⅠ馬5頭が揃った豪華メンバーの中山記念で2着と好走し、改めて地力の高さを感じさせました。

その為前走の阪神牝馬ステークスでは圧倒的1人気を推されて勝ち方に注目が集まりましたが、見せ場なく大敗。

内へ大きくもたれてる面を見せて、気性難を露呈する形となりました。

立て直されれば能力は当然上位なので、レース間隔が短い中どう立て直してくるか、これに尽きる印象ですね。

「アエロリット」も人気を分け合う一頭になりそうです。

昨年は牡馬相手の安田記念で2着、秋初戦毎日王冠では逃げて牡馬を抑え込む勝利とポテンシャルは十分。

海外遠征明けの一戦になるので状態面を見極めて取り捨てを決めたいところ。

「ミッキーチャーム」は秋華賞でアーモンドアイの2着に好走。

期待を背負って出走した今年初戦の中山牝馬ステークスは見せ場なく大敗しました。

しかし一転、前走の阪神牝馬ステークスで中山牝馬ステークスの大敗が嘘のような快勝。

それも逃げる競馬ではなく、脚を溜める番手の競馬での勝利と好位からの自在性も見せつけました。

前走のような競馬が出来るならここでも期待十分ですね。

その他東京が大得意の「レッドオルガ」、マイル重賞2勝の「プリモシーン」、一昨年のオークス馬「ソウルスターリング」など多彩なメンバーが集まりました。

例年通り、一筋縄ではいかないレースになりそうですね。

どの馬が春の女王に輝くか、追い切り観点から検討していきます。

 

それでは、追い切り・調教から見る好走傾向ということで、過去5年の好走馬の最終追い切りを見ていきます。

古馬牝馬にとっては春の大目標。

マイルという距離からウッドでも坂路でもOKなイメージがありますがどういう傾向がでるか。

ここをメイチに仕上げている馬が多いでしょうから、厩舎の勝負パターンも考えていきたいところですね。

2018年
1着 ジュールポレール
栗坂 51.3-37.0-24.4-12.3 末強め
2着 リスグラシュー
栗坂 54.4-39.9-25.6-12.2 馬なり
3着 レッドアヴァンセ
栗坂 53.0-37.9-24.5-12.2 強め
2017年
1着 アドマイヤリード
栗坂 53.4-39.0-25.5-12.7 馬なり
2着 デンコウアンジュ
栗坂 54.9-39.9-25.7-12.7 馬なり
3着 ジュールポレール
栗坂 53.1-38.4-25.0-12.3 一杯
2016年
1着 ストレイトガール
栗CW 64.8-49.9-36.9-12.1【6】馬なり
2着 ミッキークイーン
栗CW 53.3-38.2-12.2【6】馬なり
3着 ショウナンパンドラ
栗坂 54.8-39.3-25.5-12.5 末強め
2015年
1着 ストレイトガール
栗CW 65.4-49.9-36.9-12.0【7】G前仕掛け
2着 ケイアイエレガント
美坂 55.9-39.9-25.9-13.0 馬なり
3着 ミナレット
美南W 54.0-39.9-13.0【6】馬なり
2014年
1着 ヴィルシーナ
栗CW 99.3-83.3-67.9-52.5-38.6-11.5【7】一杯
2着 メイショウマンボ
栗CW 85.1-68.5-53.0-38.8-11.5【6】G前仕掛け
3着 ストレイトガール
栗CW 66.7-51.1-36.8-11.9【7】馬なり

このような結果になっています。

過去5年totalで見ると、

栗東CW仕上げ:20頭中6頭好走。

栗東坂路仕上げ:35頭中7頭好走。

美南W仕上げ:23頭中1頭好走。

美浦坂路仕上げ:8頭中1頭好走。

その他仕上げ:3頭中0頭好走。

2018年・2017年の近2年と2016年・2015年・2014年の3年では傾向が様変わりしていることが見て取れます。

特に栗東CWと栗東坂路仕上げの馬たちの好走数が全く持って違います。

栗東CW仕上げから好走としては2014年は1~3着を独占。

2015年はストレイトガール、2016年はストレイトガール・ミッキークイーンの計6頭となっています。

2014年は栗東CW仕上げの馬が最多7頭の出走がありました。

そこからの独占というところでは納得できるものではあります。

2015年・2016年は藤原厩舎のストレイトガール・2016年は池江厩舎のミッキークイーン。

両厩舎ともに勝負仕上げとして栗東CWを使ってくる厩舎でもあります。

そして傾向が変わって近年独占が続いている栗東坂路仕上げ組。

好走馬7頭の内6頭に共通するのが、4F目が最速になる加速ラップを踏んでいること。

唯一加速ラップを踏むことが出来なかった2018年ジュールポレールも3F目~4F目にかけて12.1-12.3と極端に脚が上がっているわけではありません。

東京1600mという舞台設定を踏まえても、ラストまでしっかり伸び切るというが重要であると考えられます。

近年傾向が変わりつつあることを考えても、栗東坂路仕上げで加速ラップを踏んでいる馬は要注目でしょう。

美南W・美浦坂路仕上げから好走したのは2015年2着ケイアイエレガント・3着ミナレットのみ。

この年は3連単2000万馬券超になるような超大波乱が起こった年。

完全にイレギュラーな年であったと見放していいでしょう。

この美南W・美浦坂路仕上げ馬には人気馬もいるものの、他の年では好走することが出来ていません。

2018年3人気アエロリット・5人気ソウルスターリング

2017年2人気ルージュバック

2016年4人気ルージュバック

2015年1人気ヌーヴォレコルト・4人気カフェブリリアント

2014年2人気ホエールキャプチャ

このように人気に推されるような馬でも好走出来ていないので、この仕上げパターンはマイナス材料として考えていいかもしれません。

 

ヴィクトリアマイル2019 まとめ

栗東CW仕上げ馬は厩舎の勝負パターンで重視。

しかし、近年は好走率が下がっていることは覚えておきたいポイント。

このレースの特注パターンは栗東坂路仕上げになります。

中でも、4F目が最速になる加速ラップを踏んでいる馬は特注馬。

近2年の好走馬6頭中、7頭がこれに該当しています。

美南W・美浦坂路仕上げ馬はマイナスポイント。

人気馬でも凡走率が高く、軸に置くにはリスキーな印象です。

 

「ラッキーライラック」は3歳時栗東CW仕上げが中心でしたが、4歳になった近2戦は坂路仕上げになっています。

坂路仕上げの方が好成績を残しているという点では、この仕上げを継続してくるのがベスト。

最終追い切りに注目です。

「アエロリット」はこれまで美南W仕上げ・美浦坂路仕上げの両方を経験しています。

いずれにせよ、美浦での仕上げになるのでこのレースの傾向からはマイナスポイント。

他に強い要素がないと、、、というところ。

「ミッキーチャーム」はここまでは栗東CW仕上げが中心。

ただし、この春の中内田厩舎は最終追い切り芝を使うことが勝負パターンとなっています。

このミッキーチャーム自身、前走阪神牝馬ステークスでは初の芝追いで1着と結果を出してきました。

ここでどの仕上げを選んでくるか要注目です。

「レッドオルガ」はここまで栗東坂路中心の追い切りになっており、好走傾向に合致します。

ここでも栗東坂路仕上げになる事が濃厚。

あとは特注パターンの加速ラップを踏んでくるかどうか。

 

それでは最後に、1週前時点の注目馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ(レッドオルガ)

最終追い切りが栗東坂路仕上げになりそうなこの馬をチョイス。

あとは4F目が最速になる加速ラップを踏んでくるかどうか( >д<)

 

本当にできるオススメ競馬予想サイトを紹介!

最近は競馬情報サイトが乱立しすぎて、

「どのサイトを参考にすればいいのかわからない!」
「本当に役立つ競馬予想サイトはどれ?」

という疑問を持たれる方が増えてきています。
確かに無料で使えたとしても予想が当たらなければ意味が無いですよね。
そんな皆様のために、今回は

「しっかりと儲かる情報を提供してくれる!」
「信頼して長く使える!」

おすすめ予想サイトをランキング形式でご紹介します!
いずれのサイトもメールアドレスの登録のみで、見る事が出来るサイトとなっています。
是非参考にしてみて下さい!

――――――――――――――――――――

【第1位】馬生
オススメ度★★★★★

根拠をある極秘情報を無料で届けてくれる競馬予想サイト。

■生情報だからこそどこよりも速く情報を入手し提供できる
■各メディアの注目箇所でも間違えた情報を見極める
■騎手の乗り替わり情報、移動でのコンディションなど

データ派も、本命党も、穴党も、競馬ファンが予想に必要な情報が無料で受け取れます!

無料で競馬のすべてを最初から最後まで全面サポート!
【URL】http://umanama.com/

――――――――――――――――――――

【第2位】競馬セブン
オススメ度★★★★★

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブン

紙面上には載らない競馬セブン独占の関係者情報がウリ
今話題の外厩情報も無料で見られます!

超有名サイトですが、このサイトは本当に馬券に役立つ情報を提供してくれます。

競馬セブンが無料公開する3点勝負買い目は馬券購入前に是非ご確認ください!
【URL】http://www.keiba7.net/

――――――――――――――――――――

【第3位】キングダム
オススメ度★★★★

元JRA厩務員「笹原正行」監修の競馬サイト。

元JRA関係者だからできる情報を提供してくれるサイトです。

いかに勝てるかに重きを置いた情報収集しているおすすめサイトです!
【URL】http://king-dom.net/