【七夕賞2019予想】追い切り・調教分析~荒れる重賞は穴から攻める~

Pocket

今回は七夕賞2019予想:追い切り・調教分析~荒れる重賞は穴から攻める~を中心とした記事を書いていきます。

毎年のように二桁人気の人気薄が馬券に絡む活躍を見せる波乱傾向の強いレース。

今年も抜けた馬はおらず、混戦模様で波乱決着もありそうな一戦。

さらには梅雨時期で今週は終始雨模様で、レース当日も一雨降りそうな予報となっています。

ローカル・ハンデ戦に加えて馬場状態も不透明という例年通り難解なレース。

そういう難しいレースこそ、追い切り・調教から好調馬を探していきましょう。

<第55回 七夕賞>

結果を出し続けて創業22年競馬セブン

エプソムカップで特大万馬券を的中!!

今週の無料情報は七夕賞

荒れるハンデ重賞の立役者とは!?

▼3点勝負買い目を無料公開▼
【URL】http://www.keiba7.net/

【七夕賞2019予想】追い切り・調教分析

 

まずは確定した枠順配置を確認しておきましょう。

七夕賞 枠順配置

 1- 1エンジニア     牡6 津村明秀
 1- 2アウトライアーズ  牡5 野中悠太郎
 2- 3ロシュフォール   牡4 三浦皇成
 2- 4ソールインパクト  牡7 大野拓弥
 3- 5ストロングタイタン 牡6 戸崎圭太
 3- 6マルターズアポジー 牡7 武士沢友治
 4- 7カフェブリッツ   牡6 蛯名正義
 4- 8タニノフランケル  牡4 福永祐一
 5- 9ロードヴァンドール 牡6 横山典弘
 5-10ベルキャニオン   牡8 丸山元気
 6-11ゴールドサーベラス 牡7 藤田菜七子
 6-12ミッキースワロー  牡5 菊沢一樹
 7-13ウインテンダネス  牡6 柴田大知
 7-14ブラックスピネル  牡6 石橋脩
 8-15クレッシェンドラヴ 牡5 内田博幸
 8-16クリノヤマトノオー 牡5 和田竜二

福島芝2000m

4コーナーのポケット地点からスタートするコースで、最初のコーナーまでが長く枠順による有利不利は少ないコースです。

少ないと言ったのは、小回りな競馬場なので内枠がやや有利になります。

スタート直後は下り坂になるのでペースは多少上がりやすいコース。

小回りコースなので逃げ・先行馬が有利という騎手心理も相まって先行争いは意外と激しくなり、先行馬には厳しい流れになることも。

基本的な狙いは前々で競馬できる馬になりますが、穴を狙うなら差し馬というコースです。

 

追い切り・調教から見る好走傾向

過去5年の好走馬の追い切り・調教から見る好走傾向まとめです。

仕上げパターンから好走率に大きな差はありません。

〝栗東CW仕上げ〟・〝美浦坂路仕上げ〟からは特に目立った好走パターンというのはないように見えます。

最も好走数の多い〝美南W仕上げ〟からは人気で凡走・人気薄で好走が目立ちます。

しかし、今年は美南W閉鎖に伴い、美南W仕上げ馬がナシ。

〝栗東坂路仕上げ〟は人気に推されることも少ない追い切りパターンで、好走馬も1頭のみと強調できる追い切りパターンではなさそうです。

特注パターンとしては〝栗東坂路仕上げ〟で最終追い切りビッシリ負荷を掛けてくること、という印象です。

詳しい好走傾向分析は下記の記事をご覧ください☟☟

⇒ 七夕賞 追い切り・調教から見る好走傾向

 

追い切り・調教分析

それでは、有力各馬の最終追い切り・調教を考察していきます。

【ロシュフォール】

《1週前追い切り》
助手 美南芝 良 67.1 52.2 38.1 11.4【2】馬なり
グロリアーナ(3歳未勝利)0.6秒追走0.1秒先着

《最終追い切り》
助手 美坂 稍 51.6 38.2 25.3 12.7 強め
グロリアーナ(3歳未勝利)0.2秒先着

追い切り考察

これまでは〝1週前美南W追い⇒日曜坂路追い⇒最終美南W仕上げ〟という追い切りパターンが続いていました。

新馬戦から一貫してこの追い切りパターンを踏んでおり、今走は美南W閉鎖の影響をモロに受けそうな一頭です。

その中で〝1週前美南芝追い⇒日曜坂路追い⇒最終坂路仕上げ〟という追い切りパターンになりました。

この馬としてはもちろん、木村哲也厩舎としてもほぼ初めてなのでは?という追い切りパターン。

追い切りからは何とも言えないというのが正直なところ。

外厩先はノーザンF天栄で元々厩舎で負荷を掛ける馬ではないので、大きな減点にはならないか。

 

【ストロングタイタン】

《1週前追い切り》
助手 栗坂 良 51.5 37.3 24.4 11.9 一杯

《最終追い切り》
助手 栗坂 良 54.2 39.8 25.6 12.3 馬なり

追い切り考察

ここまでは坂路中心の追い切りになっています。

1週前には負荷を掛けて最終追い切りでは馬なり調整といういつもの追い切りパターンを踏んでいます。

1週前追い切りでは14.2-12.9-12.5-11.9という、高水準の加速ラップを踏んでおりデキに関しては問題なさそう。

しかし、元々坂路では超高水準のハイラップを刻める馬ですので過大評価は禁物。

追い切りに関してはこの馬なりの水準というイメージです。

 

【タニノフランケル】

《1週前追い切り》
助手 栗CW 良 88.5 70.4 54.0 38.9 11.4【8】馬なり
ロードラウレア(3歳未勝利)0.7秒先行同入

《最終追い切り》
助手 栗坂 良 56.4 40.4 25.9 12.4 馬なり
ブルーミングスカイ(新馬)0.2秒先行0.1秒先着

追い切り考察

今走は〝1週前ウッド追い⇒最終坂路仕上げ〟という追い切りパターンを踏んできました。

これは前走と同じ追い切りパターンです。

好走パターンとしては、強い負荷の追い切りを行うか併せ馬で本数をこなす、このどちらか。

今走は中間馬なり調整のみですが、併せ馬を2本行われています。

この馬の好走パターンとしてはギリギリクリアといったところ。

しかし、強気に推すには中間の負荷の掛けた追い切りか併せ馬の本数は増えてほしいという印象です。

あくまでこの馬なりという印象です。

 

【ミッキースワロー】

《1週前追い切り》
菊沢 美北C 良 69.0 53.3 39.0 12.3【6】馬なり
クイーンズテイスト(古馬1勝)0.8秒追走0.2秒先着

《最終追い切り》
菊沢 美南P 良 67.0 51.8 38.2 12.1【5】馬なり

追い切り考察

2走前からからウッド中心の中に、中間にプール調整を挟むという追い切り内容になっています。

この馬が好走するパターンとしては、中間に併せ馬を3本以上こなすか、1週前追い切りor最終追い切りで負荷を掛けてくるかのどちらかのパターン。

今走は、併せ馬は最終追い切りの1本のみ。

負荷としては中間馬なり調整のみとなっています。

いずれも好走パターンとは合致していないのが気になるところ。

内容としては前走に続いて軽めにまとめられているのもマイナスポイントという印象です。

美南W閉鎖の影響でポリトラックやダートで追い切りを行われているのマイナス。

追い切りからはマイナス面が目立つ一頭です。

 

【ブラックスピネル】

《1週前追い切り》
助手 栗坂 良 52.0 38.2 25.0 12.6 一杯
ネクストステップ(古馬1勝)0.2秒追走クビ先着

《最終追い切り》
助手 栗坂 良 52.0 37.7 24.9 12.7 一杯
ネクストステップ(古馬1勝)0.4秒追走0.2秒先着

追い切り考察

中間の追い切りは坂路のみ。

音無厩舎らしい追い切りパターンを踏まえれています。

その中で、ビッシリ負荷を掛けてくるのもこの厩舎の追い切りパターンです。

今走もいつも通りの追い切りパターンを踏まれて追い切り過程は順調に見えます。

格上馬と併せ馬を行われる場合は遅れることもありますが、今回は格下との併せ馬という事でしっかり先着。

時計面を見ても近走と変わりなく、順調な追い切りを消化出来ているという印象です。

 

【クレッシェンドラヴ】

《1週前追い切り》
内田博 美坂 良 51.6 37.1 24.5 12.1 強め
ラージヒル(古馬1勝)1.4秒追走0.4秒先着

《最終追い切り》
助手 美坂 稍 51.5 37.9 25.2 13.0 末強め
マイウェイアムール(古馬3勝)0.9秒追走同入

追い切り考察

ここまでは美南W中心に追い切りを行われていました。

しかし、今走は美南W閉鎖の影響により初めて坂路中心の追い切りとなりました。

追い切りパターンとしては初めてになるのでここからは何とも言えないですね。

1週前・最終共に併せ馬で負荷は掛けられているので、その点はこれまでの追い切りと変わりません。

やはり気になるのは追い切り馬が変わったことですね。

追い切りの内容としてはまずまずという印象で、追い切りからは可もなく不可もなくといったイメージです。

 

七夕賞2019 穴本命

それでは最後に穴本命馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

《1週前追い切り》
和田竜 栗CW 良 68.6 52.1 37.6 11.8【9】稍一杯
ノーウェイ(古馬3勝)0.8秒先行0.4秒先着

《最終追い切り》
和田竜 栗CW 稍 85.0 67.3 51.6 37.9 12.0【5】馬なり

追い切り考察

近走は最終追い切りでビッシリ負荷を掛けてくる追い切りになっていました。

しかし、今走は最終追い切りを軽めにまとめてくる追い切りパターンになりました。

中間の追い切りパターンを見ても近走とはガラッと変えた追い切りパターンになっています。

オープン昇級後なかなか結果が出ないという中で、追い切りパターンを変えてきたことはプラスに捉えたいと思います。

元々条件戦時代は〝1週前ウッド追い⇒最終ウッド仕上げ〟という追い切りパターンで好走していたことも後押し。

キレを必要とするレースよりも上がりが掛かる競馬の方が得意というところでは前走よりも条件好転の場面。

ここは穴としての期待十分。

 

最近勢いに乗る口コミで話題沸騰のオススメ競馬予想サイトを紹介!

最近は競馬情報サイトが乱立しすぎて、

「どのサイトを参考にすればいいのかわからない!」
「本当に役立つ競馬予想サイトはどれ?」

という疑問を持たれる方が増えてきています。
確かに無料で使えたとしても予想が当たらなければ意味が無いですよね。
そんな皆様のために、今回は

「しっかりと儲かる情報を提供してくれる!」
「信頼して長く使える!」

おすすめ予想サイトをランキング形式でご紹介します!
いずれのサイトもメールアドレスの登録のみで、見る事が出来るサイトとなっています。
是非参考にしてみて下さい!

――――――――――――――――――――

【第1位】うまとみらいと
オススメ度★★★★★

3つのコンテンツを集結させた競馬予想サイト。

■競走馬の実力が一瞬でわかる【うまコラボ】
■的中率90%の反則技【競馬の殿堂】
■穴馬一筋15年が魅せる穴馬【ヒットメイク】

データ派も、本命党も、穴党も、競馬ファンが予想に必要な情報が無料で受け取れます!

無料で有益な情報が多いこのサイトがオススメ度No.1。
【URL】https://miraito.collabo-n.com/

――――――――――――――――――――

【第2位】ギャロップジャパン
オススメ度★★★★★

このサイトの魅力は無料コンテンツが充実していることに尽きます。

開催レースから勝負の1鞍❝鉄板レース❞
開催レースから勝負の1鞍❝穴超注目馬❞

この2コンテンツは要注目!

重賞情報も随時更新されるので登録しておいて損はナシ!

<<重賞情報提供のみ先着順になります>>
【URL】http://gallopjapan.jp/

――――――――――――――――――――

【第3位】キメルケイバ
オススメ度★★★★

【当てるため・稼ぐため・勝つため】の競馬サイト。

元馬主、元厩務員、元騎手、元調教師、現役トラックマン
など、数々の情報元と独自の繋がりを持っています。

だからこそ当たる情報を無料で提供してくれるサイトです。

◯ 競馬初心者でもOK
◯ 競馬の知識が無くてもOK

指定の買い目通りに買うだけで、的中を目指せるので初心者に特にオススメです!
【URL】http://kimerukeiba.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。