【中山牝馬ステークス2019予想】最終追い切り・調教分析~絶対に押さえておきたい穴候補3頭~

Pocket

今回は中山牝馬ステークス2019予想:最終追い切り・調教分析~絶対に押さえておきたい穴候補3頭~を中心とした記事を書いていきます。

牝馬限定のハンデ戦という事で、いかにも荒れそうな条件で行われる中山牝馬ステークス。

そのイメージ通り、過去10年の内3連単10万馬券超を5度記録し、内2回は100万馬券超という波乱傾向が非常に強いレースです。

注目は秋華賞以来の復帰戦になるミッキーチャームになるでしょうか。

秋華賞で見せ場十分の逃走劇を見せて、直線半ばでは一瞬勝ったと思わせたほど。

アーモンドアイを脅かした逃げ脚をこの舞台でも発揮できるか。

それ以下も大混戦、というわけでいつも通り追い切り・調教から好走馬を検討していきます。

それでは、中山牝馬ステークス2019予想:最終追い切り・調教分析~絶対に押さえておきたい穴候補3頭~に入っていきましょう。

メールアドレスだけで予想が届く!

特徴はただ1つ!

とにかくシンプルな

〝1点勝負馬券〟

好配当を狙い撃つチャンスは↓↓↓こちら↓↓↓

桜花賞と同じ舞台で行われる前哨戦・チューリップ賞が昨年からGⅡと格上げ。

フィリーズレビューと同じ格付けになったこともあり、あえて本番より距離が1ハロン短いココを前哨戦として選ぶからには、

「本番はまず厳しいから、メンバーが手薄なココで稼いでおきたい」
「マイルは正直ちょっと長い。この馬は1400mまでの馬だから」
「本当はチューリップ賞を使いたかったんだけど、オーナー側の意向でココになった」
「とにかく本番前にひと叩きしておきたい」
「そんなに強い馬いなさそうだから、挑戦してみることにした」

などなど、各陣営には様々な思惑が存在する。

しかし、公正競馬を謳う以上、レースに出走するからには「ココは叩き台で次が勝負」「結果には拘っていない」という本音を、公に伝えるわけにはいかない。

このフィリーズレビューでは、既にマスコミが報じることのない各陣営の思惑を入手。
高配当馬券の使者となり得る【激走穴馬】の存在も既にマーク済み。

本来であればこういった情報を無料で公開することは容易ではないのですが、

今回は特別にフィリーズレビュー【◎-穴・1点馬券】を、当社を初めてご利用される方に限り無料公開することが決定。

この機会に是非【激走穴馬】情報を手に入れてみてください。

【中山牝馬ステークス2019予想】最終追い切り・調教分析

 

まずは確定した枠順配置を確認しておきましょう。

中山牝馬ステークス 枠順配置

 1- 1アドマイヤリード  牝6 横山典弘
 2- 2ノームコア     牝4 田辺裕信
 3- 3カワキタエンカ   牝5 池添謙一
 3- 4アッフィラート   牝6 武藤雅
 4- 5クロコスミア    牝6 岩田康誠
 4- 6ランドネ      牝4 戸崎圭太
 5- 7フロンテアクイーン 牝6 三浦皇成
 5- 8レイホーロマンス  牝6 内田博幸
 6- 9ウラヌスチャーム  牝4 ミナリク
 6-10デンコウアンジュ  牝6 蛯名正義
 7-11フローレスマジック 牝5 石橋脩
 7-12ウインファビラス  牝6 松岡正海
 8-13ミッキーチャーム  牝4 川田将雅
 8-14ワンブレスアウェイ 牝6 津村明秀

中山芝1800m

内回りを使用するコースでコーナー4つ。

スタンド前からスタートし、最初のコーナーまでの距離が短いのでやや内枠有利の舞台となっています。

スタートから第2コーナー入り口まで上り坂が続くので、前半のペースが極端に速くなることは少なく、流れが落ち着きやすいコースとなっています。

そのため、スタート後に好位を取れる内枠の逃げ・先行馬が有利なコースと言えるでしょう。

最後の直線は約310mと短く、中山特有の急坂が待ち構えています。

パワーとスタミナに加えて小回り適性が必要なコースで、他場とは一線を画すコースとなっています。

 

各追い切り場の馬場状態

続いて、各追い切り場の馬場状態(3/6・7)を考察していきます。

時計が出やすい〝A>B>C〟時計がでにくい

3段階評価でまとめていきます。

《栗東CW 良~重馬場》【B】

当週1番時計 クリノイダテン(古馬500万)
助手 栗CW 良 62.0 47.6 35.5 12.4【1】一杯

時計自体は速いですが、最内を通ってのものなの過大評価は禁物という感じ。

先週と比べてもさほど変わりない馬場かなという印象です。

力のある馬・調教駆けする馬なら時計は出せるという馬場状態。

当週6F80秒を切った馬は計8頭と、少なからず多からずというイメージ。

この辺りを踏まえても、水準通りの時計の出方という感じですね。

テンの入りがゆっくりであったり、4F追いの馬ならラスト1F11秒台も割と簡単に出せる、というのも押さえておきたいポイントです。

 

《栗東坂路 良~重馬場》【B】

当週1番時計 タイセイプライド(古馬オープン)
助手 栗坂 良 49.2 36.5 24.6 12.9 一杯

先週と変わりなく水準通りの時計というイメージです。

先週同様全体時計よりも、気にするべきは4ハロン目に最速になる加速ラップを踏まえているかに注目。

 

《美浦南W 良~重馬場》【B】

当週1番時計 インペリオーソ(障害未勝利)
石神 美南W 良 79.7 64.4 50.0 37.1 13.1【4】馬なり

時計の出方としては先週と変わらず、美浦ウッドらしいタフな馬場という印象です。

基準としては、5F66秒台・67秒台~1F12秒台でまとめてくるようなら優秀、ラスト1F13秒前半ならベターというイメージ。

 

《美浦坂路 稍~重馬場》【C】

当週1番時計 プロディガルサン(古馬オープン)
助手 美坂 稍 51.3 37.8 25.2 12.9 馬なり

美浦坂路らしいのタフな馬場で、ラスト1Fは時計を要す馬が多くなっています。

テンにゆったり入って⇒加速ラップは、それなりに力のある馬なら当然出せるのでそこはそれなりの評価に留めておきたい。

それよりも、53秒台~12秒前半の加速ラップでまとめられている馬がいれば優秀と判断していきたいところ。

 

最終追い切り・調教分析

それでは、有力各馬の最終追い切り・調教を考察していきます。

アドマイヤリード

《1週前追い切り》
畑端 栗坂 良 52.8 37.4 24.5 12.6 一杯
ブランノワール(3歳500万)0.2秒先行アタマ遅れ

《最終追い切り》
畑端 栗坂 良 53.8 38.6 24.7 12.1 馬なり

追い切りパターン

坂路でじっくり乗り込まれて最終追い切りはジョッキー騎乗でまとめてくるののがこの馬の追い切りパターン。

間隔が空く場合は、乗り込み本数多めで仕上げてきます。

近走は1週前追い切り~最終追い切りの間に4本程度追い切りを重ねることもあります。

これは急仕上げという事ではなく、この馬がこういう追い切りパターンという事ですね。

最終追い切りでジョッキー騎乗+加速ラップでまとめてくることが好調のポイント。

追い切り考察

今走もこれまで通り、坂路中心にじっくり乗り込まれています。

total本数16本といつも以上の乗り込み量は豊富。

そして、近走の追い切りパターン通り1週前追い切り~最終追い切りの間に4本時計を出しています。

最終追い切りではジョッキー騎乗で加速ラップという内容をこなしており、この馬としては順調そのものという雰囲気ですね。

特に推せる材料としては、〝1週前追い切り強め以上⇒最終追い切り馬なり調整〟。

これは須貝厩舎の勝負パターンの追い切り過程になります。

この馬としても3歳秋以降この追い切りパターンを踏んだ時は【3-2-0-1】という成績になっています。

追い切り内容は申し分ナシですね。

 

ノームコア

《1週前追い切り》
助手 美南W 良 67.0 51.5 37.8 13.1【7】一杯
フェイズベロシティ(古馬1600万)1.2秒追走同入

《最終追い切り》
助手 美南W 良 67.2 51.5 38.7 12.6【8】強め
チェスターコート(3歳未勝利)1.0秒追走0.6秒先着

追い切りパターン

放牧先はノーザンF天栄。

その為、厩舎での乗り込み量は少なめ。

ノーザンF天栄経由で3本~5本の追い切りを消化してレースに臨んできます。

近走は1週前追い切りでしっかり負荷を掛けてくるのがこの馬の追い切りパターンになっていますね。

追い切り考察

今走も追い切り本数は少なめで3本となっています。

1週前にはしっかり負荷を掛けられており、いつも通りの追い切りを消化されています。

この馬の場合、厩舎での乗り込み量が少なくて追い切りから判断出来る事が少ないです。

いつも通り順調という以外に言葉が見つからないですね( ̄▽ ̄;)

 

ミッキーチャーム

《1週前追い切り》
川田 栗CW 良 86.2 68.5 53.1 38.9 12.0【7】強め

《最終追い切り》
川田 栗CW 良 80.4 65.2 51.4 37.9 12.3【6】馬なり

追い切りパターン

坂路とウッドで乗り込まれて〝1週前ウッド追い⇒最終ウッド仕上げ〟がこの馬の追い切りパターンになっています。

前走の秋華賞がメイチ仕上げと考えるなら、〝1週前ウッド6F一杯追い⇒さ週前ウッド6F一杯追い〟。

好時計も必須で、6F81秒台~4F51秒台~1F11秒台でまとめられています。

特にラスト1Fは1週前追い切りが11.5秒、最終追い切りが11.4秒と素晴らしいキレを見せていました。

追い切り考察

1週前&最終追い切りの本追い切りはウッドで、中間に坂路を挟むという追い切り過程はこれまで通り。

やはりと言うべきか、、、中身は軽め。

負荷もそれほど掛けられておらず、時計面でも軽めにまとめられています。

GⅠ⇒GⅢという臨戦でここは7分仕上げ濃厚という感じですね。

 

【金鯱賞】3連単買目・無料公開

今週は大阪杯の最終トライアル

第55回 金鯱賞 (GⅡ)

◎スワーヴリチャード
穴サトノノブレス(8人気)
○サトノダイヤモンド

3連単【2万4410円】的中
3連複【4000円】的中
馬 連【5860円】的中

昨年は大本線で大回収に至った金鯱賞。

今年も期待十分の勝負ヤリ情報を入手済。

無料入手はコチラ!!↓↓↓↓↓↓↓

3連単&3連複の売上は券種全体の6割超え。

それだけ需要があるにもかかわらず、スポーツ紙や専門紙等の大手メディアは、3連単といえばBOXでお茶を濁しているところがほとんど。
チャンスのある馬を5頭~6頭並べて、後は3連単BOXで競馬ファンにお任せ状態。

なぜか??

フォーメーションや軸1頭マルチのような軸を決める形で予想をすると、外れるリスクが大きくなるのでそこから逃げているのです。

しかし、実際に馬券を買う競馬ファンにとっては、勝馬や上位に割って入る穴馬を最も知りたいところではないでしょうか?

リスクを負っても3連単勝負買い目を提供するのが関西情報社チェックメイトです。

★★★★★★★★★★★★★★★★
的中実績

2/10 小倉3R 【11万8090円】的中
2/2 京都11R 【6万2900円】的中
2/16 京都12R 【3万0010円】的中
2/24 阪神12R 【2万1790円】的中
★★★★★★★★★★★★★★★★

追い切り・調教から見る中山牝馬ステークスの傾向

過去5年の好走馬の最終追い切りを見ていきます。

2018年
1着 カワキタエンカ
栗坂 56.4-41.7-27.2-13.1 馬なり
2着 フロンテアクイーン
美南W 69.0-53.4-38.9-13.0【8】直強め
3着 レイホーロマンス
栗坂 56.1-40.3-25.9-12.9 馬なり
2017年
1着 トーセンビクトリー
栗CW 82.3-66.9-52.1-37.9-12.0【4】馬なり
2着 マジックタイム
美南W 70.3-54.8-40.7-13.6【7】馬なり
3着 クインズミラーグロ
美南P 66.8-52.2-37.2-11.7【7】馬なり
2016年
1着 シュンドルボン
美南W 53.0-38.3-12.6【7】馬なり
2着 ルージュバック
美南W 53.0-38.5-12.2【3】馬なり
3着 メイショウスザンナ
栗CW 54.6-39.9-12.5【4】一杯
2015年
1着 バウンスシャッセ
美南W 68.5-52.7-38.0-12.7【5】馬なり
2着 アイスフォーリス
美南W 65.0-50.8-37.1-13.1【3】強め
3着 パワースポット
美坂 56.1-41.4-27.3-13.7 馬なり
2014年
1着 フーラブライド
栗CW 79.2-65.7-52.5-38.5-12.4【5】一杯
2着 ケイアイエレガント
美坂 53.2-38.1-24.9-12.1 末一杯
3着 キャトルフィーユ
栗CW 82.3-66.4-51.7-38.2-12.0【6】馬なり

このような結果になっています。

1800mという距離もあってか、追い切り内容は多彩。

特に目立った傾向はないように見えますが、ポイントを絞って見ていきます。

まず2015年は美浦調整馬のワンツスリー決着となっていますが、これはそもそも15頭出走中11頭が美浦調整馬でした。

例年、美浦・栗東半々~やや栗東調整組が多いという出走頭数になります。

というところでは、この年はあまり参考にならないかもしれません。

2018年:美浦W調整馬6頭中1頭好走。

2017年:美浦W調整馬4頭中1頭好走。

2016年:美浦W調整馬2頭中2頭好走。

近年は美浦W調整馬が最も高確率で好走馬を輩出しています。

これは1つ目の注目ポイント。

栗東坂路組は昨年こそ2頭の好走馬を輩出しましたが、それ以前は凡走傾向。

2018年:栗東坂路調整馬4頭中2頭好走。

2017年:栗東坂路調整馬4頭中0頭好走。

2016年:栗東坂路調整馬6頭中0頭好走。

2015年:栗東坂路調整馬2頭中0頭好走。

2014年:栗東坂路調整馬4頭中0頭好走。

基本的には栗東・美浦問わずウッドで調整してきた馬を中心視するのが良さそうです。

 

絶対に押さえておきたい穴候補3頭

追い切り傾向にも合致する美浦W調整組から3頭をピックアップします。

絶対に押さえておきたい穴候補3頭をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

穴候補1(ワンブレスアウェイ)

《1週前追い切り》
助手 美南W 良 68.6 53.2 39.5 13.5【6】馬なり

《最終追い切り》
助手 美南W 良 66.9 51.9 37.9 12.7【6】馬なり
フリージングレイン(古馬1000万)0.8秒追走同入

追い切りパターン

坂路とウッドの併用で馬を作ってきます。

1週前&最終追い切りの本追い切りはウッド追いが中心。

外厩先がノーザンF天栄ということもあり、厩舎では馬なり調整が中心となっています。

この馬には好走パターンがあって、〝1週前or最終追い切りウッド5F66秒台以下~4F51秒台以下〟。

この時計を叩いた時の成績は【3-3-1-0】とパーフェクト成績となっています。

追い切り考察

いつも通り、ウッドと坂路の併用で馬なり調整が中心に乗り込まれています。

ポイントは最終追い切りで〝ウッド5F66秒台以下~4F51秒台以下〟の好走パターンの追い切りを消化してきたこと。

これは素直に高評価。

これだけで買い材料ですね。

前走もこの水準をクリアしての好走劇でしたので、前走のデキはキープできていると判断して良いでしょう。

前走がフロック視されるなら人気的にも狙い目。

引退レースで有終の美を飾るか注目ですね。

 

穴候補2(フローレスマジック)

《1週前追い切り》
助手 美南W 良 84.3 69.0 53.8 39.5 13.2【4】馬なり
サラーブ(古馬1000万)0.4秒先行同入

《最終追い切り》
石橋脩 美南W 良 53.9 38.3 12.2【4】直一杯
サラーブ(古馬1000万)0.8秒先行0.4秒先着

追い切りパターン

これまでのレース全てノーザンF天栄を経由しています。

外厩先で馬を作ってくるのがメイン。

その為、厩舎での乗り込みは少なめで、4~5本サラッと乗り込まれてレースに臨むのが追い切りパターンとなっています。

1週前&最終追い切りの本追い切りはウッド追いが中心。

勝負パターンとしては〝1週前ウッド6F追い⇒最終ウッド4F追い仕上げ〟。

このパターンでの成績は【2-1-1-1】となっており、唯一の着外は4着とほぼパーフェクトとなっています。

追い切り考察

いつも通り、ノーザンF天栄経由で〝1週前ウッド6F追い⇒最終ウッド4F追い仕上げ〟という勝負パターンの追い切りが消化されました。

この勝負パターン追い切りでの成績は全て条件戦時代のもの。

それを考えると、ここが試金石のレースになりそうです。

帰厩後の乗り込み本数は9本と過去最高となっており、仕上げてきた感は漂いますね。

 

穴候補3(フロンテアクイーン)

《1週前追い切り》
北村宏 美南W 良 82.0 65.7 50.5 37.0 12.8【2】一杯
レッドローゼス(古馬オープン)0.4秒追走同入

《最終追い切り》
助手 美南W 良 67.6 52.3 38.3 13.0【7】馬なり
ダイワメモリー(古馬500万)0.6秒追走同入

追い切りパターン

イマイチ追い切りパターンが読めない馬です。

坂路仕上げになる事もあれば、ウッド仕上げになる事もある。

そして、1週前に坂路を使うこともあればウッドを使うこともあるという追い切り過程になっています。

追い切り考察

今走は坂路・ウッド・プール調整の併用で乗り込まれています。

その中で〝1週前ウッド6F追い⇒最終ウッド5F追い仕上げ〟という追い切り過程を踏んできました。

これは昨年の本レースと同じ内容。

この追い切りパターンはこの時以来の2度目という事になります。

特に嫌うところもなく、順調な追い切り過程を踏めて、かつ人気も手ごろなら普通に押さえておくべき馬になると思います。

 

【今話題沸騰中のサイト!『競馬報道』がアツイ】

担当の馬券師が昼夜問わず
駆けずり回った情報を公開!
だからこそ得られる万馬券の数々!

『血統』や『調教』、『騎手』にスポットライトを当て
充実したコンテンツ、競馬初心者に優しいサービス。

先日も3連単12点という小点数で高額回収!

更に帯封回収も実際に的中しているわけですからさすがです。

まだ立ち上がってから間もないサイトであるにも関わらず、
飛ぶ鳥を落とす勢いで的中を連発しています!

これなら当然、今週の重賞にも注目が集まるわけですが、

なんと!今なら無料登録で!厳選買い目も無料公開!

今週も期待が高まるばかりで、
どうやら厳選情報を手に入れているようですよ!

是非この機会にご活用ください。

>>無料情報はこちら<<







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。