【中山記念2019予想】最終追い切り・調教分析~追い切りNo.1馬を見極める~

Pocket

今回は中山記念2019予想:最終追い切り・調教分析~追い切りNo.1馬を見極める~を中心とした記事を書いていきます。

一昔前まではtheGⅡというようなメンバーが集まり、春のGⅠへ飛躍を誓う馬たちが集まるレースだった中山記念。

しかし近年は、GⅠへ昇格した大阪杯やドバイミーティングへの前哨戦としてGⅠクラスの好メンバーが出走してくるレースへと様変わり。

今年もGⅠ馬ディアドラ・エポカドーロ・ステルヴィオ・スワーヴリチャード・ラッキーライラックの5頭に加えて、重賞4勝馬の昨年覇者ウインブライトと豪華メンバーが顔を揃えました。

それゆえ11頭立てですが、上位勢と下位勢の能力差が激しい一戦となり、実質6頭立てのレースになりそうですね。

今後を占う上でも非常に注目度の高いレース。

それでは、中山記念2019予想:最終追い切り・調教分析~追い切りNo.1馬を見極める~に入っていきましょう。

メールアドレスだけで予想が届く!

特徴はただ1つ!

とにかくシンプルな

〝1点勝負馬券〟

好配当を狙い撃つチャンスは☟こちら☟

表に出ることがない関係者の生の声、すなわち〝本音〟を入手できるからこその穴情報。

今年の参戦予定馬にはスワーヴリチャード、ディアドラ、ステルヴィオ、エポカドーロ、ラッキーライラックなどGI馬の名前がズラリ。

ただ、留意しておかねばならないのは、多くの陣営にとって、ココはあくまでも〝前哨戦〟であるということ。

GI馬を始め、既に賞金を持っている実績馬にとって、あくまでも目標はこの先で、前哨戦の結果に拘る必要はないレース。

しかし、公正競馬を謳う以上、レースに出走するからには「ココは叩き台で次が勝負」「結果には拘っていない」という本音を、公に伝えるわけにはいかない。

中山記念でも、既にマスコミが報じることのない内部情報を入手。
高配当馬券の使者となり得る【激走穴馬】の存在も既にマーク済み。

本来であればこういった情報を無料で公開することは容易ではないのですが、

今回は特別に中山記念【◎-穴・1点馬券】を、当社を初めてご利用される方に限り無料公開することが決定。

この機会に是非【激走穴馬】情報を手に入れてみてください。

【中山記念2019予想】最終追い切り・調教分析

 

まずは確定した枠順配置を確認しておきましょう。

中山記念 枠順配置

 1- 1ウインブライト   牡5 松岡正海
 2- 2マルターズアポジー 牡7 武士沢友治
 3- 3ラッキーライラック 牝4 石橋脩
 4- 4シベリアンスパーブ 牡10田中勝春
 5- 5ディアドラ     牝5 ルメール
 6- 6トルークマクト   牡9 大野拓弥
 6- 7ステルヴィオ    牡4 丸山元気
 7- 8ハッピーグリン   牡4 ミナリク
 7- 9エポカドーロ    牡4 戸崎圭太
 8-10スワーヴリチャード 牡5 デムーロ
 8-11マイネルサージュ  牡7 津村明秀

中山芝1800m

内回りを使用するコースでコーナー4つ。

スタンド前からスタートし、最初のコーナーまでの距離が短いのでやや内枠有利の舞台となっています。

スタートから第2コーナー入り口まで上り坂が続くので、前半のペースが極端に速くなることは少なく、流れが落ち着きやすいコースとなっています。

そのため、スタート後に好位を取れる内枠の逃げ・先行馬が有利なコースと言えるでしょう。

最後の直線は約310mと短く、中山特有の急坂が待ち構えています。

パワーとスタミナに加えて小回り適性が必要なコースで、他場とは一線を画すコースとなっています。

 

各追い切り場の馬場状態考察

続いて、各追い切り場の馬場状態を考察していきます。

時計が出やすい〝A>B>C〟時計がでにくい

3段階評価でまとめていきます。

《栗東CW 重馬場》【B】

当週1番時計 クリノヤマトノオー(古馬オープン)

和田竜 栗CW 重 78.8 64.2 50.2 36.9 12.5【5】一杯

馬場が重くなったことにより先週に比べると時計は出にくくなっている印象です。

それでも一気に重たくなったわけではなく、重馬場にしては時計はそれなりに出ているかなという感じ。

重馬場が得意な馬や力のある馬なら時計は出せる馬場。

水準通りの時計の出方という感じですね。

 

《栗東坂路 重馬場》【B】

当週1番時計 タイセイプライド(古馬オープン)

助手 栗坂 重 48.9 36.3 24.7 12.8 強め

元々坂路で時計は出る馬ですが、破格の超時計を叩いたのはこの馬。

しかし、これに続く馬は全て50秒台とこの馬だけ抜けて速かったということ。

先週は好時計が連発する馬場であったので、それに比べれば重馬場の分時計は出にくくなっている印象です。

それでも水準以上の時計が出ている馬が多く、全体時計はあまり当てにならないかなと。

それよりも気にするべきは4ハロン目に最速になる加速ラップを踏まえているかに注目。

スピードに長けた馬はこれが最低基準になる馬場という感じ。

 

《美浦南W 稍重~重馬場》【B】

当週1番時計 ペイシャニンフ(3歳未勝利)

助手 美南W 重 79.6 64.6 49.8 36.9 14.1【3】強め

スタートから飛ばした分ラストは垂れていますね。

未勝利馬でも飛ばせば全体としては時計を出せる馬場ということですね。

馬場が重くなった分、全体にラスト1ハロンの時計が掛かっている印象で、加速ラップでまとめることは困難な馬場。

この馬場で加速ラップを踏めている馬がいれば、要注目ということになるでしょう。

 

《美浦坂路 稍重馬場》【B】

当週1番時計 レジーナフォルテ(古馬オープン)

助手 美坂 稍 51.0 37.7 24.9 12.8 強め

51秒台の馬が14頭と、力があればいつも通りの時計が出せる馬場。

稍重表記ですが、先週と比べてもさほど変わりない馬場と考えて良さそうです。

坂路なりのタフな馬場でラスト1ハロン時計を要す馬が数多く、加速ラップを踏める馬は入りがかなりゆったり入っている馬ですね。

52秒台~12秒前半の加速ラップでまとめられている馬がいれば、素直に評価して良いでしょう。

 

最終追い切り・調教分析

それでは、有力各馬の最終追い切り・調教を見ていきます。

ウインブライト

松岡 美南W 重 85.0 69.2 53.7 39.0 12.8【7】馬なり

コスモアドム(3歳未勝利)同入

昨年と同じローテーションで、追い切り本数は4本と同じだけの追い切りを消化してきました。

違う点は昨年の1週前追い切りは5ハロン追いで、今年は6ハロン追い。

そして、昨年は2週前⇒1週前併せ馬でしたが、今年は1週前⇒最終併せ馬。

内容としては昨年と比べると、今年の方が軽めの印象です。

前走中山金杯での追い切りは昨年よりも1段階緩められている雰囲気も感じました。

松岡騎手もこの馬にはかなりの手応えがあるという話もありますし、もしかすると大阪杯に100%メイチに持ってくるように調整している可能性を感じますね。

この相手でどこまでやれるか、という試金石部分もありますが、賞金は持っているのでここメイチに作る必要もない場面。

デキに関しては8割仕上げという印象です。

 

ラッキーライラック

助手 栗坂 重 50.8 36.9 24.4 12.6 一杯

ジャコマル(古馬500万)0.6秒追走0.6秒先着

1週前追い切りでビッシリ負荷を掛けてくるのはこれまでの追い切りパターンと同じ。

僚馬を大きく追走して、ラストキッチリ差し切るというのもこれまでと変わらない追い切り水準。

と、1週前追い切りまではこれまで通りの追い切りを消化していましたが、最終追い切りでは坂路を選択。

ウッド仕上げを想定していたのでこれは意外。

この馬としては初の坂路仕上げ。

さて、この仕上げがどうなのか。

調教駆けするタイプで、坂路での追い切りも素晴らしい動きを披露。

追い切りの動きとしては上々でしょう。

ここで仕上げ方を変えてくるというのは、次に向けての試し仕上げという感じもしますので、やはりMAX仕上げとはいかないか。

これで結果が出るようならこの仕上げがこの馬の好走仕上げパターンになるかも。

エスティタート・ピオネロに代表されるように松永厩舎は坂路仕上げが主流パターンですしね。

短距離馬・ダート馬という違いはありますが( ̄▽ ̄;)

 

ディアドラ

ルメール 栗坂 重 55.5 39.6 25.6 12.7 馬なり

1週前追い切りウッドで超絶猛時計を叩いたディアドラ。

この最終追い切りでtotal12本の追い切りを消化しています。

これだけの乗り込み+1週前の猛時計を考えれば、最終追い切りは坂路軽めで十分。

府中牝馬ステークスと同じ追い切り過程できており、前哨戦仕上げでもその中でのMAX仕上げという雰囲気ですね。

 

ステルヴィオ

丸山 美南W 重 53.9 38.4 12.6【4】馬なり

ランガディア(古馬オープン)0.3秒追走同入

これまで中3週の皐月賞を除く全てのレースでノーザンF天栄を経由してきており、今走も同じくノーザンF天栄経由。

その為、追い切りで負荷を掛けてくることは少なく、馬なりor終い重点中心の追い切り過程となっています。

今回は7本の追い切りを消化してレースに臨むことになり、ここもいつも通り。

追い切り過程からのピックアップとしては、1週前追い切りを長めに追って、最終追い切り半マイル追い仕上げ。

この追い切り仕上げは、朝日杯・皐月賞・ダービーと同じ仕上げパターン。

休み明けかつ次に向けての前哨戦仕上げ濃厚の場面ですが、仕上げパターンとしてはメイチ仕上げを施しています。

前哨戦としてはMAX仕上げになっていますね。

 

エポカドーロ

岡田祥 栗CW 重 85.9 69.0 53.3 38.3 11.9【8】馬なり

ルペールノエル(障害オープン)0.4秒追走クビ先着

1週前追い切りでは長めを追って、キレイなラップで加速して好時計をまとめていました。

その中で最終追い切りも同じく6ハロンの長め追いで仕上げてきました。

1週前追い切り6ハロン追い⇒最終追い切り6ハロン追いという追い切り過程は皐月賞&ダービーと同じ仕上げパターン。

あくまで大目標は次としても、ここでもそれなりの仕上げで臨んできている雰囲気を感じますね。

 

スワーヴリチャード

助手 栗CW 重 83.3 キリ 38.4 12.0【7】馬なり

ドンアルゴス(古馬1000万)0.6秒追走同入

デムーロさんに乗り替わりになった一昨年のアルゼンチン共和国杯以来、初めて最終追い切りでデムーロさんが追い切りに跨らないという事態。

乗り込み本数も8本と、これまでよりも少ない乗り込み。

1週前追い切りではデムーロさんが跨って、ゆったり目の時計。

最終追い切りは道中キリでラップを見れない部分がありますが、全体を通して見るとこれもかなりゆったり目の時計になっている印象です。

果たしてこれをどう読み解くかで、この馬の評価は大きく変わりそうな状況です。

追い切り過程を見る限りは、明らかな前哨戦仕上げという雰囲気ですね。

1週前追い切り時点では馬が完成の域に入った為、それほど速い時計も乗り込みも必要ない、と考えていましたが、、、

デムーロさんが追い切りに跨らないというイレギュラーな点が一番不安な点となりました。

 

<第93回 中山記念>

GI馬5頭が参戦する豪華メンバー危険な人気馬の存在とは?

競馬セブンは常日頃から東西トレセンで密な情報収集を行っており、そのジャッジの正確性は業界内でも随一。

競馬セブンが無料公開する3点勝負買い目は馬券購入前に必ずご確認頂きたい!

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこその極秘情報。

叩き台で使う陣営、ココが目イチ勝負の陣営など、勝負度合いは明白。

今年も5頭のGI馬が出走するが危険な人気馬の存在を独占入手!

各陣営の思惑を知っている競馬セブンに買っていい、買ってはいけない実績馬のジャッジはお任せ!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

まとめ 追い切りNo.1馬は・・・

マルターズアポジーが出走してくることによって展開面も重要になりそうなレースですね。

この馬がいるかいないかによって展開は大きく変わるでしょうから。

前走小倉大賞典ばりの出遅れをかまして最後方追走なんていう暴挙に出なければww

怒りの連闘というところで逃げるのは間違いなくこれでしょうから、開幕週の前残り馬場になれば3着内に残る可能性も、、、

普通に予想を進めれば何度も言うように6頭立てのレース。

勝負の分かれ目は馬券の買い方になるでしょう。

やはり3着内という見方ではディアドラの安定感が一枚上でしょうか。

巷で言われている通り、54kgは他のメンバーと比べても軽い印象を受けますし、鞍上はこれまた安定感のあるルメールさんですからね。

仕上がりに関しても前哨戦仕上げの中ではじっくり乗り込まれて十分なデキでレースに臨めそうです。

 

それでは最後に、追い切りNo.1馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ(ステルヴィオ)

追い切り過程は前哨戦仕上げとは思えない内容になっています。

騎手としても次走の継続騎乗が決まっているとはいえ、勝負の一鞍。

勝ちに来ることを期待していますよ( ✧Д✧)

 

過去5年の3連単平均は8万円【中山記念】3連単買目・無料公開

今週はG1馬も出走する注目の1戦

第92回 中山記念 (GⅡ)

過去5年の3連単平均は【8万1220円】

今年も勝負の関西馬&人気薄関西馬で万馬券濃厚!?

最強の関西情報社チェックメイトが導き出した

中山記念の3連単勝負買目

〝万馬券を狙い撃つ〟

無料入手はコチラ!!

↓↓↓↓↓↓↓

★★★★★★★★★★★★★★★★
最強の関西情報社チェックメイトは
勝負の関西馬情報で

2/10 小倉3R
3連単【11万8090円】的中
3連複【3万1740円】的中

2/3 東京新聞杯(G3)
3連単【1万8190円】的中

2/2 アルデバランS
3連単【6万2900円】的中
3連複【1万3150円】的中

2019年も毎週のように
万馬券的中を仕留めています!
★★★★★★★★★★★★★★★★







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。