【京成杯オータムハンデ2019予想】追い切り・調教から見える中京記念組の不安

Pocket

今回は京成杯オータムハンデ2019予想:追い切り・調教から見える中京記念組の不安を中心とした記事を書いていきます。

サマーマイルシリーズの最終戦。

今年の出走馬の内、シリーズチャンピオンとなる可能性が残されているのは、

シリーズ初戦の中京記念を制して10Pを獲得しているグルーヴィット、中京記念2着で5Pのクリノガウディー。

そしてシリーズ第2戦関屋記念4着で3Pのディメンシオン、中京記念⇒関屋記念共に出走した2Pのロードクエストの4頭となっています。

優勝の可能性が最も高いのは10Pを獲得しているグルーヴィットですが、前走から斤量3Kg増というのは気になる材料ですね。

どの馬がシリーズチャンピオンに輝くのか、追い切り・調教観点から検討していきます。

【京成杯オータムハンデ2019予想】追い切り・調教分析

 

まずは確定した枠順配置を確認しておきましょう。

京成杯オータムハンデ 枠順配置

 1- 1プロディガルサン  牡6 三浦皇成
 1- 2ジャンダルム    牡4 藤井勘一郎
 2- 3カルヴァリオ    セ6 黛弘人
 2- 4クリノガウディー  牡3 戸崎圭太
 3- 5ストーミーシー   牡6 大野拓弥
 3- 6ヒーズインラブ   牡6 内田博幸
 4- 7ロードクエスト   牡6 デムーロ
 4- 8フローレスマジック 牝5 石橋脩
 5- 9グルーヴィット   牡3 松山弘平
 5-10トロワゼトワル   牝4 横山典弘
 6-11ディメンシオン   牝5 北村宏司
 6-12ヤングマンパワー  牡7 嶋田純次
 7-13プールヴィル    牝3 秋山真一郎
 7-14レインボーフラッグ 牡6 丸山元気
 8-15ハーレムライン   牝4 木幡巧也
 8-16キャプテンペリー  セ6 津村明秀

中山芝1600m

1~2コーナーの引き込み地点からスタートし、外回りを使用するコース。

スタート後すぐにコーナーになるため内枠が有利で、外枠はロスが大きく不利なコースとなっています。

2コーナー~3コーナーにかけて下り坂が続くのでペースは速くなる傾向にあります。

スローペースとミドルペース以上で半々というイメージ。

直線の長さは310mと短く、残り200mからは中山特有の急坂が待ち構えています。

直線が短いという事で基本的には逃げ・先行馬が有利ですが、ペースが速くなると差し・追込も比較的決まる傾向にあります。

むしろ先行馬は人気になりやすい傾向があるので、穴馬という観点から見ると差し馬が狙い目になるかもしれません。

 

過去5年の好走馬の追い切り・調教から見る好走傾向まとめです。

このレースの特注パターンは〝栗東CW仕上げ〟馬。

このレースはこれに尽きる印象です。

 

それでは本題、有力各馬の最終追い切り・調教を考察していきます。

【クリノガウディー】

《1週前追い切り》
森裕 栗坂 重 51.6 37.7 24.4 11.9 叩き一杯

《最終追い切り》
森裕 栗坂 良 54.7 39.7 25.1 12.1 馬なり

追い切り考察

坂路中心に乗り込まれてレースに臨むのがこの馬の追い切りパターン。

中6週で短期放牧明け。

坂路中心に乗り込まれるのはいつも通りで、本数としては6本を消化しています。

中6週で短期放牧に出すのはこの馬としては最も短い間隔となっています。

前走中京記念を2着に好走しましたが、当時の追い切り水準が破格の高さとなっていました。

1週前い切りでは4F50.9秒~1F11.8秒、最終追い切りでは4F54.8秒~1F11.5秒となっており、2週連続ラスト1F11秒台を記録していました。

今走は1週前追い切りで4F51.6秒~1F11.9秒と、ラスト1F11秒台を記録。

しかし、最終追い切りでは4F54.7秒~1F12.1秒と普通の水準。

1週前追い切りは高水準ではありますが、前走との比較で見ると明らかに仕上げ具合としては前走の方が上。

そして1週前追い切りで記録したラスト1F11.9秒は、実は破格という水準には物足りないものとなっています。

というのも、当週ラスト1F12.1秒以下を記録した馬は18頭おり、その内当週レースに出走した馬は12頭。

この12頭の内、馬券内に好走した馬は2頭のみという結果になっています。

このことから前走ほどの高い評価を与えられないという面があります。

追い切りからは評価を下げて考えたい一頭です。

 

【ストーミーシー】

《1週前追い切り》
ナシ

《最終追い切り》
助手 美坂 稍 52.5 38.3 25.1 12.6 一杯
キングスバレイ(古馬1勝)0.9秒追走0.2秒遅れ

追い切り考察

今走は間隔を詰めて使うので、1週前追い切りは行われていません、

しかし、中間は本追い切りの最終追い切りを含めて3本の追い切りを消化し、体調面に関しては問題なさそうです。

前走は美南W閉鎖の影響で美浦坂路中心追い切りを消化されて久しぶりの快勝。

以前も美浦坂路中心の追い切りパターンを踏まれていたことがあり、その成績は【1-2-0-4】となっています。

好走パターンとまでは言えないですが、このパターンでも十分に好走を来た出来るものとなっています。

追い切りの水準は前走と同じで特にデキ落ちも感じません。

併せ馬で遅れた事は減点材料になりますが、ここでも好走には期待できるパターンです。

 

【ロードクエスト】

《1週前追い切り》
調教師 美坂 良 52.0 38.8 26.0 13.4 馬なり
ブラッドストーン(古馬1勝)0.2秒追走同入

《最終追い切り》
デムーロ 美南W 良 81.5 65.7 51.4 38.1 12.4【5】馬なり

追い切り考察

今週から美南Wが使えるという事で、1週前追い切りまでは美浦坂路で乗り込まれて、最終追い切りは美南Wでまとめるという内容。

関西圏のレースでは早めに栗東入りして栗東CWで乗り込まれるパターンもあり、これまでウッド中心の追い切りがメインとなっています。

そういう面では最後の1本美南Wを使えたことは御の字という印象です。

しかし、今週から美南Wが使えるというところでは、追い切りパターンとしては今までと異なるパターンになります。

これがどう影響するか。

個人的には今週は一貫してマイナス材料として考えたいと思っているところ。

改修前よりも明らかに時計が出る馬場になっていますし、今までの感覚とは違う面が見えます。

年齢面からも上積みもないでしょうし、ここは軽視して考えたい一頭です。

 

【グルーヴィット】

《1週前追い切り》
松山 栗CW 重 83.0 67.1 52.9 39.7 12.9【7】一杯

《最終追い切り》
松山 栗坂 良 51.6 37.5 24.1 12.1 馬なり
ギラーミン(古馬3勝)0.3秒追走0.4秒先着

追い切り考察

これまでは〝1週前栗東坂路追い⇒最終栗東坂路仕上げ〟というのがこの馬の追い切りパターンでした。

しかし、今走は〝1週前栗東CW追い⇒栗東坂路仕上げ〟という追い切りパターンを踏んできました。

過去NHKマイルカップの追い切りで1度だけ、当週の日曜追いに栗東CWを使っていますが、この馬の追い切りパターンとしては初のパターンとなりました。

松永幹夫厩舎なので、栗東CWを使うこと自体珍しくはないですが、ここで追い切りパターンを変更してくるのはイマイチ解せないところ。

ただ、〝1週前栗東CW追い⇒栗東坂路仕上げ〟はこの厩舎の代表馬ラッキーライラックの勝負パターンでもあるので、評価が難しいところです。

さらにこの馬自身ここまでの5戦全てで1週前追い切り・最終追い切り共に併せ馬を行われていましたが、今走は1週前追い切りで併せ馬ナシ。

追い切りの水準としても前走の最終追い切りでは4F52.2秒~1F11.7秒の高水準追い切りを消化しており、今走と比べると前走の方が水準は上。

斤量も3kg増になりますし、前走以上に推したい理由が少ない印象です。

 

【プールヴィル】

《1週前追い切り》
秋山 栗坂 重 54.5 39.7 25.2 12.3 馬なり
コカボムクイーム(古馬2勝)0.6秒追走同入

《最終追い切り》
助手 栗坂 良 50.3 36.7 24.2 12.2 強め

追い切り考察

坂路中心に併せ馬で乗り込まれるのが追い切りパターン。

今走も変わらず坂路中心に追い切りを行われて、併せ馬も3本消化されています。

休み明けでも順調に追い切りを消化してきた印象です。

最終追い切りでは自己ベストを更新する4F50.3秒を記録。

この辺りに成長を感じる内容となっているのも高評価できるポイントです。

追い切りパターン・水準としてはフィリーズレビュー1着時と似通っており、仕上がりはこの時と同等レベルにありそうです。

 

京成杯オータムハンデ2019 本命馬と穴馬

それでは最後に狙いたい本命馬と穴馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

【本命馬】

《1週前追い切り》
助手 美坂 稍 51.2 37.6 25.3 13.2 馬なり
カレンブーケドール(古馬オープン)0.5秒追走同入

《最終追い切り》
助手 美坂 稍 52.3 38.1 24.5 11.9 末一杯
アンティノウス(古馬3勝)0.5秒追走0.5秒先着

追い切り考察

追い切りパターンとしては、坂路なら坂路のみ、美南Wなら美南Wのみで仕上げるというパターンが多くなっています。

今走は〝1週前美浦坂路追い⇒最終美浦坂路仕上げ〟という追い切りパターンになっています。

前走は〝1週前美浦坂路追い⇒最終美南W仕上げ〟という追い切りパターンを踏まれおり、いつもとは異なる追い切りパターンでした。

前走の敗因をこれとするなら、今走は一貫戦のある追い切りになっており、前走より買える条件は揃った印象を受けます。

そしてこの〝1週前美浦坂路追い⇒最終美浦坂路仕上げ〟という追い切りパターンは3走前六甲ステークス2着⇒2走前谷川岳ステークス2着と同じ追い切りパターン。

この馬の好走パターンになっています。

内容に目を向けても最終追い切りで記録したラスト1F11.9秒というのは当週のNo.1時計。

美浦坂路で11秒台のラップを記録することは珍しく、価値が高いと考えて良いものです。

終いは素晴らしくキレたので、これをレースで発揮できれば勝ち負けまで考えられる一頭です。

 

【穴馬】

《1週前追い切り》
藤井 栗CW 稍 81.1 65.5 51.0 37.5 11.6【5】強め
サトノルークス(古馬オープン)1.5秒追走0.3秒先着

《最終追い切り》
助手 栗CW 良 84.0 68.5 52.8 38.6 12.0【7】直強め
アルジャンナ(新馬)1.0秒先行アタマ先着

追い切り考察

この馬を推したい理由は、このレースの特注パターン〝最終追い切り栗東CW仕上げ〟であるという事。

この特注パターンに該当するのはこの1頭のみなので、押さえておいて損はないでしょう。

追い切りの水準としても上々で、1週前追い切りでは自己ベストを更新しており、変わり身がある可能性も十分。

穴資質はある一頭と考えます。

 

今だけの特別なお知らせ!!

今、登録するだけで有料ポイントが無料で手に入るお得サイト

無料でも十分な情報量と予想を提供しているサイトですが、
期間限定で本来なら有料でしか手に入らない情報が無料で見ることが出来ます。

もらえる有料ポイントが多い競馬サイトをランキング形式でご紹介します!
いずれのサイトもメールアドレスの登録のみで、見る事が出来るサイトとなっています。
登録するなら今がチャンスです!

【docomo・Softbank・icloud】メールですと届かない可能性がありますので、【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

――――――――――――――――――――

【第1位】キングダム
オススメ度★★★★★
もらえるポイント★★★★★

なんと!!無料登録で
約50万円分のポイント、5000ポイントが受け取れます!!

元JRA厩務員「笹原正行」監修の競馬サイト。

元JRA関係者だからできる情報を提供してくれるサイトです。

いかに勝てるかに重きを置いた情報収集しているおすすめサイトです!
【URL】http://king-dom.net/

――――――――――――――――――――

【第2位】勝馬定石
オススメ度★★★★★
もらえるポイント★★★★

無料登録で約10万円分のポイント、1000ポイントが受け取れます。

無料の3連複情報がどのサイトよりも!強烈!

重賞解析/トレセン生情報/など
勝馬の定石でしか手に入らない
詳細データがよりどりみどり!

無料で有益な情報が手に入るこのサイトはオススメ度No.1
【URL】http://katiuma-no-jyouseki.com/

――――――――――――――――――――

【第3位】競馬報道
オススメ度★★★★
もらえるポイント★★★★

無料登録で約5万円分のポイント、500ポイントが受け取れます。

今話題沸騰中のサイト!『競馬報道』がアツイ

『血統』や『調教』、『騎手』にスポットライトを当て
コース別徹底分析と充実したコンテンツに注目。

重賞情報も随時更新されるので登録しておいて損はナシ!
【URL】http://keibahoudou.com/