【京都記念2019予想】最終追い切り・調教に向けて押さえておきたいポイント

Pocket

今回は京都記念2019予想:最終追い切り・調教に向けて押さえておきたいポイントを中心とした記事を書いていきます。

大阪杯がGⅠに昇格したことに伴い、その前哨戦として注目度が増したこの京都記念。

他にもこのレースをステップに、ドバイ国際競走やクイーンエリザベスⅡ世カップなどの海外レースへ向かう馬もいるレース。

芝中距離路線のトップホースたちにとって国内外春のGⅠシリーズに向けた始動戦となっており、目が離せない一戦ですね。

それでは、京都記念2019予想:最終追い切り・調教に向けて押さえておきたいポイントに入っていきましょう。

 

【京都記念2019予想】最終追い切り・調教に向けて押さえておきたいポイント

 

まずは登録馬を確認しておきましょう。

京都記念 登録馬
※騎手は現時点の想定

アクションスター  ??
カフジプリンス   坂井瑠星
ケントオー     幸英明
ステイフーリッシュ 藤岡佑介
タイムフライヤー  和田竜二
ダッシングブレイズ 松山弘平
ダンビュライト   松若風馬
ノーブルマーズ   高倉稜
ハートレー     川田将雅
パフォーマプロミス 福永祐一
ブラックバゴ    池添謙一
マカヒキ      岩田康誠

フルゲートは18頭に12頭が登録とフルゲート割れ。

全馬出走可能ですね。

続いて現時点の予想オッズを確認しておきましょう。

京都記念 予想オッズ

1 ステイフーリッシュ 2.7
2 パフォーマプロミス 4.1
3 マカヒキ      4.6
4 ノーブルマーズ   6.0
5 ダンビュライト   7.0
6 タイムフライヤー  7.1
7 ハートレー     31.0

ここまでが上位に推されそうな馬たちです。

4歳馬ステイフーリッシュが1人気に推される想定となっていますね。

今年の古馬重賞9戦中5戦を制しているハイレベルの4歳世代の一角を担う馬というところでは、当然と言えば当然か。

適距離に戻した近2戦は古馬重賞を3着⇒2着とまとめており、ここは勝ちがほしいところでしょう。

パフォーマプロミスは暮れの有馬記念で14着と振るわなかったが、日経新春杯&アルゼンチン共和国杯と2勝を挙げるGⅡなら地力は上位。

あとはおよそ2年半勝ち鞍のないダービー馬マカヒキ

札幌記念ハナ差2着で復活への足がかりをつかんだかに見えましたが、その後のGⅠ2戦がイマイチな結果に。

戦ってきた相手はこのメンバーより遥かに高いので、相手関係が落ちるここで復活の勝利を期待したいところ。

というところで、有力各馬の1週前追い切り・調教を確認していきましょう。

 

ステイフーリッシュ

中谷 栗坂 良 52.3 38.1 25.2 12.6 強め

適距離に戻してきた近2戦の追い切りはチャレンジカップではビッシリ仕上げて、中山金杯ではそれをキープしたというような追い切りでした。

それを踏まえて今走。

陣営から『目標は大阪杯』というコメントが出ているようにここでどれくらいの仕上げで臨んでくるかがポイントですね。

それでも、ここから大阪杯までは中2ヶ月空くことになりますし、ここでもある程度仕上げて格好悪い競馬はしてこないはず。

そういう憶測も見え隠れする中、1週前追い切りでは好時計を叩いてきました。

しっかり負荷を掛けられて、ラストまで持続ラップでまとめている辺りにも好感が持てます。

仕上げてくる場合、最終追い切りでもビッシリ負荷を掛けてくると想定します。

そこに好時計も加われば、追い切りに関しては文句ナシでレースに臨めるでしょう。

 

パフォーマプロミス

福永 栗CW 良 85.6 69.1 54.0 39.1 12.1【8】一杯

エポカドーロ(古馬オープン)1.4秒追走0.2秒先着

体質が弱かった馬がこれだけ使い続けられるようになったことは素直に評価できるポイントですね。

1週前追い切りではラスト重点でしっかり負荷を掛けられており、使い詰めの影響もなさそう、、、

それでも、いつもと比べると多少緩めにまとめられている雰囲気も感じます。

最終追い切りでは時計面でもしっかり裏付けが欲しいところ。

 

マカヒキ

助手 栗CW 良 97.1 81.3 66.3 51.7 37.9 12.5【3】馬なり

長めの7ハロンを追われて意欲的な追い切り。

近走は1週前追い切りor2週前追い切りで7ハロン追いを入れてくるのがこの馬のパターン化しています。

時計面にしてもまずまずというところ。

内目を通っての時計だけに高評価とはいかないですね。

ただ単走追いというのは気になります。

仕上げパターンなら併せ馬を敢行してきていたはず。

ここは評価を下げざるを得ないですね。

最終追い切りとしては、〝坂路馬なり好時計〟がベスト。

これ以外なら検討ですね。

まぁいずれにせよここが目標という事はないでしょうから、追い切りから推し材料が上積み、というのは少なそうですが、、、

 

ノーブルマーズ

助手 栗坂 良 53.7 39.1 25.3 12.5 馬なり

中間はプールを挟みつつ、坂路での調整といういつも通りの追い切り過程。

追い切りでの動きがレースに直結しやすいタイプなので、追い切り内容には注視していきたい馬です。

昨秋は春の良い頃よりも内容が悪く、レースでも凡走続きでした。

前走はようやく少し変わり身を見せた中での今走。

14.6-13.8-12.8-12.5という加速ラップでまとめてきました。

これは高評価。

この馬の好走パターンに持ってきました。

欲を言えば、全体時計としては51秒台~52秒台でまとめてくれれば、というところ。

最終追い切りもおそらく坂路で追い切りを敢行されるでしょうから、〝52秒台+加速ラップ〟で持ってくれば申し分ナシの評価を与えられます。

 

タイムフライヤー

和田竜 栗CW 良 79.8 63.7 49.2 36.5 12.1【8】一杯

レッドアトゥ(古馬1600万)2.6秒追走0.5秒先着

相変わらず、追い切りでは超絶な動きを披露してきました。

時計は文句ナシに超好時計。

併せ馬でも大きく追走からアッサリ先着という、、、もの凄いと言うしかない内容。

追い切りからケチを付けるところはないですね。

最終追い切りでも抜群の動きを見せてくるんでしょう、、、

けど、悲しいかな、追い切りの動きがレースに反映されない結果が続いています。

追い切りでこの動きを披露しているからと言って、軸にするには危険としか言いようがないですねww

 

『ギャロップジャパン』
3連系の馬券攻略をお届けする情報サイト!

独自に入手した情報から
◎○▲ そして特注馬まで限定配信!

会員のみが閲覧可能の無料コンテンツが自慢!

開催レースから勝負の1鞍❝鉄板レース❞
開催レースから勝負の1鞍❝穴超注目馬❞

何と言っても、この2コンテンツは要注目!

《先日も高配当が続出》

■2月3日 京都6Rメイクデビュー
3連単:1,486,600円 獲得!

■2月2日 東京5R3歳未勝利
3連単:587,680円 獲得!

※これだけの実績を無料情報でもバンバン配信中!

【今週も3連複3点~15点の勝負馬券を提供】

今週は『京都記念』の予想を限定配信!!

>>無料登録はこちら<<

京都記念2019 まとめ

あとは各馬の最終追い切りを待ちましょう。

上位勢にも不安点が見え隠れします。

ステイフーリッシュはここ2戦好走を続けているとはいえ、前走中山金杯は11着までが0.3秒差以内の大混戦レース。

ちょっとしたことで着順が入れ替わっていたことは考えておかなければいけないところ。

パフォーマプロミスは、56kg以下で【6-2-1-0】に対し、57kg以上では【1-0-1-5】という斤量面でも不安を残します。

マカヒキはダービー馬という肩書がありますが、約2年半勝ち鞍ナシ。

という中での一戦。

波乱の目もあるかも、、、

というところで、1週前段階追い切りから推奨できる馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

ここまでの追い切り過程には成長も感じられる追い切りとなっています。

自力強化も窺えますし、ここが試金石とはいえ、十分勝機あり。

 

『元JRA厩務員「笹原正行」監修』

元JRA関係者だからできる情報を提供

そしてすごいのは、その無料情報が初回だけでなく
半永久的に「関係者情報」を提供してくれること!!

無料でここまでしてくれるサイトは他にないでしょう。

そして何と言っても、このサイトの魅力はシンプルに
『とにかく当たること』

【2/3東京11R東京新聞杯】

<<3連単12点で大的中!>>

18万1900円を払い戻し!

あなたもこの情報を無料でゲットしましょう。

>>元厩務員無料情報を入手<<

そして最後に、、、
サポートも手厚いことを付け加えておきます(^^)/