【京都金杯2021予想】追い切り・調教から見る好走傾向

Pocket

今回は京都金杯2021予想:追い切り・調教から見る好走傾向を中心とした記事を書いていきます。

こちらも中山金杯と同じく、ハンデ戦。

過去10年で10万馬券超えは1度とハンデ戦の割にはイメージほどの波乱は少ない傾向にあります。

今年は前走オープン特別を勝利してここに臨むシュリ・ピースワンパラディが人気を集めそうな一戦となっています。

『一年の計は金杯にあり』

という競馬の格言もありますし、スカッと的中させて競馬新年をスタートさせたいですね!

今年の飛躍を誓う馬たちが集まった京都金杯を追い切り・調教の傾向から検討していきます。

【京都金杯2021無料予想】追い切り・調教から見る好走傾向

 

それでは、追い切り・調教から見る好走傾向ということで、過去5年の好走馬の最終追い切りを見ていきます。

年明け初戦で賞金加算したい馬たちの戦い。

距離1600mという事で坂路優勢イメージがありますが、どういう傾向がでるか見ていきましょう。

※今年は中京開催なので傾向が変わるかもしれない点は注意が必要です。

2020年
1着 サウンドキアラ
栗坂(単) 54.9-39.2-25.1-12.4 馬なり
栗坂(単) 53.1-38.8-25.3-12.5 強め
2着 ダイアトニック
栗坂(併) 52.0-37.5-24.0-12.0 一杯
栗坂(併) 52.5-37.8-24.3-12.0 馬なり
3着 ボンセルヴィーソ
栗CW(併) 82.0-66.0-51.6-37.8-11.9【8】直強め
栗坂(単) 53.3-38.7-25.0-12.3 馬なり
2019年
1着 パクスアメリカーナ
栗CW(併) 69.1-53.2-38.0-11.9【7】馬なり
栗CW(単) 68.3-52.2-37.4-11.8【5】馬なり
2着 マイスタイル
栗CW(併) 82.4-66.0-51.2-38.2-12.3【9】一杯
栗坂(単) 54.2-39.4-25.4-12.8 馬なり
3着 ミエノサクシード
栗CW(単) 72.4-54.5-39.7-11.7【7】馬なり
栗坂(単) 57.8-40.9-26.2-12.9 馬なり
2018年
1着 ブラックムーン
栗坂(単) 55.1-40.0-25.8-12.6 一杯
栗CW(併) 83.2-66.6-51.8-38.3-11.9【6】叩一杯
2着 クルーガー
栗坂(単) 53.2-38.7-25.2-12.1 一杯
栗坂(単) 53.3ー38.9ー24.9ー11.7 一杯
3着 レッドアンシェル
栗CW(併) 69.5-52.9-38.4-11.8【7】馬なり
栗CW(併) 87.4-70.5-54.8-39.4-11.4【5】馬なり
2017年
1着 エアスピネル
栗坂(単) 50.8-36.9-24.2-12.2 馬なり
栗坂(単) 56.2-40.9-26.5-12.9 馬なり
2着 ブラックスピネル
栗坂(単) 52.1-38.6-25.3-12.8 馬なり
栗坂(併) 52.1-37.8-24.2-12.1 一杯
3着 フィエロ
栗坂(単) 62.5-44.2-27.4-13.1 馬なり
栗坂(単) 54.2-39.0-25.1-12.3 馬なり
2016年
1着 ウインプリメーラ
ナシ
栗坂(併) 53.0-38.4-24.7-12.2 一杯
2着 テイエムタイホー
ナシ ナシ
栗坂(単) 63.2-45.6-29.3-14.1 馬なり
3着 ミッキーラブソング
栗坂(併) 54.2-39.6-26.1-13.1 馬なり
栗坂(単) 56.6-41.1-26.1-12.5 馬なり

※上部:1週前追い切り・下部:最終追い切り

このような結果になっています。

過去5年の最終追い切りをトータルで見ると、

栗東CW仕上げ:【2-0-1-18/21】

栗東坂路仕上げ:【3-5-4-30/42】

美南W仕上げ:【0-0-0-12/12】

美浦坂路仕上げ:【0-0-0-4/4】

その他仕上げ:【0-0-0-4/4】

好走率が高い順に、その他仕上げ>栗東坂路仕上げ>美南W仕上げ>栗東CW仕上げ=美浦坂路仕上げとなっています。

基本的には【栗東CW仕上げ】vs【栗東坂路仕上げ】という構図。

美浦所属の有力馬は多少距離適性が違えど中山金杯に向かう為にこのような傾向となっています。

そして、中でも中心は馬券内の約8割を占める【栗東坂路仕上げ】になるでしょう。

人気で凡走した馬たちを見ると、

2019年1人気17着カテドラル

2017年3人気9着ブラックムーン

となっており、出走頭数から考えると堅実に走ってくる傾向にあります。

反対に【栗東CW仕上げ】は、

2019年2人気7着サラキア・3人気8着カツジ

2018年2人気8着ラビットラン

2016年1人気10着トーセンスターダム・2人気12着オメガヴェンデッタ

となっており、人気での信頼度が低くなっています。

好走した馬の人気を見ると、

2019年1人気1着パクスアメリカーナ

2018年4人気1着ブラックムーン・1人気3着レッドアンシェル

となっており、人気薄からの好走はありません。

穴を狙うのであれば、【栗東坂路仕上げ】が狙い目となります。

京都金杯 追い切り分析表

この好走傾向を踏まえて、全馬を分析しているのが追い切り分析表。

「買い」か「ダメ」か「普通」の3段階評価を多方面から分析している表になります。

外厩・追い切り傾向・追い切り水準・厩舎勝負パターンから狙える馬をピックアップ。

「買い」が2つ以上になれば好走資質のある馬になります。

追い切り評価の高い馬のみを参考にしてもらってもOK、活用方法は様々です。

※主な過去実績

【有馬記念】
1人気1着クロノジェネシス

【チャンピオンズカップ】
4人気1着チュウワウィザード
3人気2着ゴールドドリーム

【チャレンジカップ】
1人気1着レイパパレ
2人気2着ブラヴァス
3人気3着ヒンドゥタイムズ

【京阪杯】
3人気1着フィアーノロマーノ

など好走歴多数です。

※追い切り分析表の販売ついて

3年間の集大成として完成したシートです。

興味がある方は完全版を下記リンクより購入お願いします。

追い切り分析表 購入リンク

 

最後に競馬サイトの紹介。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

※新サイト入稿しました!お試し下しさい!※

メールアドレスの登録のみで、無料情報を閲覧できます。

【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

【Carry Over】

無料登録で毎週4鞍分の予想が無料提供されます!
今なら毎日南関競馬1レースを無料提供中!

さらに加えて、今だけの特典付き!!

1.毎週重賞情報無料
2.特別保証
3.豪華特典

詳しくは下記URL内をチェック!!
【URL】https://keibaover.jp/







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。