【全日本2歳優駿2020予想】追い切り・調教分析~追い切り評価順位~

Pocket

今回は全日本2歳優駿2020予想:追い切り・調教分析~追い切り評価順位~を中心とした記事を書いていきます。

12/16(水)川崎競馬11R 20:10発走

川崎競馬場ダート1600mで行なわれる2歳JpnⅠになります。

2歳ダートの頂上決戦。

中央では、阪神JF⇒朝日杯FS⇒ホープフルステークスと、芝の2歳GⅠが続きます。

そんな中、早くからダートに矛先を向けた馬のトップを決めるレースは地方で行われるこの全日本2歳優駿。

2017年優勝馬ルヴァンスレーヴはダートチャンピオンまで駆け上がりましたが、このレースから飛躍を遂げる馬は少なくなっています。

そういうところでは「仕上がりの早さ」も重要な一戦、注目の全日本2歳優駿を追い切り・調教観点から検討していきます。

【全日本2歳優駿2020予想】追い切り・調教分析~追い切り評価順位~

 

まずは確定した枠順配置を確認しておきましょう。

全日本2歳優駿 枠順配置

 1- 1トランセンデンス 牡2 森泰斗 北海道
 2- 2デュアリスト   牡2 北村友一 栗東
 3- 3アークエンジェル 牡2 笹川翼 川崎
 3- 4タイセイアゲイン 牡2 福永祐一 栗東
 4- 5ラストリージョ  牝2 柴田大知 美浦
 4- 6ルーチェドーロ  牡2 戸崎圭太 美浦
 5- 7ギガキング    牡2 服部茂史 北海道
 5- 8ラッキードリーム 牡2 御神本訓史 北海道
 6- 9アイバンホー   牡2 中島龍也 金沢
 6-10ランリョウオー  牡2 本橋孝太 浦和
 7-11アランバローズ  牡2 左海誠二 船橋
 7-12リーチ      牡2 桑村真明 北海道
 8-13バクシン     牡2 斉藤新 美浦
 8-14ナインボール   牝2 藤江渉 川崎

川崎ダート1600m

正面スタンド前の4コーナーの奥ポケット地点からスタートするコースで、最初のコーナーまでの距離が長ので枠順による有利不利は少ないコースです。

特徴としては、コーナーがきついコース形態。

その為、ペースが落ち着きやすく、基本的には逃げ先行が有利となっています。

基本的にと書いたのは、逃げ・先行有利というコース形態から騎手の意識が前掛かりになり、スタート後のホームストレッチで先行争いが激化することも。

そうなった場合、先行勢には息が入らない展開になる事も、

こういう展開になれば差しが決まるケースも起こります。

そういうところでは脚質も展開次第の面があり、メンバー次第で差し馬にもチャンスはあるコースとなっています。

 

それでは、有力各馬の最終追い切り・調教を考察していきます。

【トランセンデンス】

《1週前追い切り》
門別坂 良 36.3 24.1 12.1

《最終追い切り》
門別坂 良 38.6 24.7 12.4

追い切り考察

前走は地元でのレースという事で乗り込み量も今回よりも多かったです。

それを踏まえるとやはり輸送がある分手控えられているのかなと。

これまで中間に1本は本馬場での追い切りがありましたが、今回は坂路のみというのも気になります。

 

【デュアリスト】

《1週前追い切り》
ナシ

《最終追い切り》
北村友 栗坂 良 59.8 43.1 27.4 13.3 馬なり

追い切り考察

今回は間隔が詰まるので中間は軽めの調整のみ。

軽めでも中1週で2本の追い切りを消化できているのはまずまずということろですね。

追い切りからのコメントは特にありません。

 

【タイセイアゲイン】

《1週前追い切り》
助手 栗坂 良 57.5 42.3 27.4 13.6 一杯

《最終追い切り》
助手 栗坂 良 54.9 40.4 26.3 12.6 一杯

追い切り考察

中間は坂路のみで調整されています。

元々追いきりは目立つタイプではなく、今回も負荷を掛けた割には時計は出ないという内容になりました。

水準的には物足りないと言わざるを得ませんが、まだ成長途上という事もあるのでしょう。

追い切り的に加点はなし。

 

【ラストリージョ】

《1週前追い切り》
柴田大 美南W 稍 66.9 51.5 37.9 11.8【9】直強め

《最終追い切り》
柴田大 美南W 稍 67.1 52.2 38.2 12.2【8】馬なり

追い切り考察

今回は美南W中心の追い切りを消化しました。

これまでスプリント中心の臨戦過程で、追い切りでもしっかり時計を出せました。

2歳としては上々の水準で、スピード能力は一定以上あると言えそうです。

そしてもう1つの強調材料としては、美南W中心の追い切りを消化できたことでしょう。

これまでポリトラックやダート追いが中心でしたので、追い切り場をウッド―コースに変えてきた事は加点ポイントになります。

距離持ちはわからない部分がありますが、追い切りの評価は高いです。

 

【ルーチェドーロ】

《1週前追い切り》
ナシ

《最終追い切り》
助手 美南W 稍 67.3 52.6 38.5 12.8【6】一杯
マイネルイリャルギ(古馬1勝)0.3秒先行0.1秒遅れ

追い切り考察

兵庫ジュニアグランプリから中1週。

それでもこの中間は美南Wと坂路の併用でトータル3本の追い切りを消化しました。

その中で、本追い切りの美南Wでの追い切りは古馬と合わせてしっかり負荷を掛けてきました。

間隔を詰めるからと言って手控えられている雰囲気は全く感じません。

元々しっかり乗り込んで馬を作るタイプですので、大きな加点にはなりませんが、それでもこの意欲の乗り込みはプラスポイントです。

併せ馬で遅れはしましたが、古馬が相手ですからね。

致し方ないという評価でいいと思います。

 

【ギガキング】

《1週前追い切り》
門別坂 良 37.0 24.7 12.6

《最終追い切り》
門別坂 良 41.7 27.5 13.7

追い切り考察

1週前にしっかり追って、最終追い切りは輸送が控えているので軽めの調整。

追い切り的にはいつも通り。

 

【ラッキードリーム】

《1週前追い切り》
門別坂 良 38.3 25.2 12.3

《最終追い切り》
門別坂 良 37.9 25.0 12.3

追い切り考察

この中間は門別坂路で乗り込まれています。

門別からの臨戦馬は長距離輸送が控えるので最終追い切りで手控えられるのがデフォルトですが、この馬は最終追い切りまでしっかり時計を出されています。

この点は評価が高いです。

こういう場合は当日の馬体重と雰囲気に注意は必要ですが、(減りすぎている、攻めすぎて馬が走る気をなくしている)

それでも追い切り的に言えば意欲の追い切りと捉えていいでしょう。

 

【ランリョオー】

《1週前追い切り》
情報ナシ

《最終追い切り》
浦和調教場 良 53.7 39.1 12.8 馬なり

追い切り考察

追い切り的にはいつも通り変わりなく、順調。

 

【アランバローズ】

《1週前追い切り》
船橋外 稍 70.9 53.4 38.8 馬なり

《最終追い切り》
船橋外 良 68.1 49.8 35.3 馬なり

追い切り考察

過去の追い切りを見ると、元々時計は出るタイプのように感じます。

そんな中でも最終追い切りでは長めを追われて自己ベストとなる好時計を記録してきました。

追い切り的にはますます快調という雰囲気です。

 

【リーチ】

《1週前追い切り》
門別坂 良 36.9 24.2 12.2

《最終追い切り》
門別坂 良 37.2 24.2 12.1

追い切り考察

この中間は門別坂路で乗り込まれています。

この馬もラッキードリームと同じく、最終追い切りまでしっかり負荷を掛けてきました。

前走で輸送をクリアしているというのが大きいですね。

2回目になるので、ここでも緩められずしっかり負荷を掛けてきた印象です。

時計もしっかり出ており、好調キープという見方でいいでしょう。

 

【バクシン】

《1週前追い切り》
助手 美南W 良 66.9 52.8 39.6 12.9【4】一杯
オンリーワンボーイ(古馬1勝)0.8秒追走0.3秒遅れ

《最終追い切り》
助手 美南W 良 67.9 53.1 39.3 13.0【7】強め

追い切り考察

いつも通り、美南Wと美浦坂路の併用で調整を進められています。

1週前追い切りでは古馬相手の併せ馬で遅れを見せていますが、まだまだ成長途上なので致し方なしという印象です。

追い切り的には負荷も掛けられていつも通りの調整という印象です。

――――――――――――――――――――

※新サイト入稿しました!お試し下しさい!※

メールアドレスの登録のみで、無料情報を閲覧できます。

【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

【Carry Over】

無料登録で毎週4鞍分の予想が無料提供されます!
今週の地方重賞対象レースは全日本2歳優駿です。

さらに加えて、今だけの特典付き!!

1.毎週重賞情報無料
2.特別保証
3.豪華特典

詳しくは下記URL内をチェック!!
【URL】https://keibaover.jp/


――――――――――――――――――――

全日本2歳優駿2020 追い切り分析表

今年の本レースは大混戦。

例年であれば、JRA勢から無敗の勝ちっぷりが良い馬2~3頭がいたり、このレースを目標に仕上げてきたノーザンファームの馬がいたりしますが、

今年はルメール騎手が騎乗していない事もポイントで、JRA勢からも抜けているような馬は見当たりません。

強いて言えば、デュアリストが無敗で多少抜けた人気になるかも。

しかし、この馬もスプリント寄りという事に加えて間隔が詰まる点がどうか、という不安も付きまといます。

今年からJBC2歳優駿が始まりましたが、このレースではJRA勢総崩れで北海道勢のワンツーフィニッシュ。

昨年は地方馬のヴァケーションが制したように、今年も一筋縄ではいかないレースになるでしょう。

過去10年の人気別データでは、

1人気【5-1-2-2】
2人気【0-5-0-5】
3人気【3-1-2-4】
4人気【0-1-1-8】
5人気【2-1-1-6】
6人気以下【0-1-4-76】

となっており、波乱の要素も十分に含んでいます。

過去10年の所属別データでは、

JRA【8-9-4-29】
地方馬【2-1-7-72】

となっており、まだ力差が大きくついていない2歳の交流重賞という事で地方馬の一発にも十分期待できるレースです。

特に今年はJRA勢からも抜けているような馬も見当たらず、非常に難解かつ波乱含みの一戦になると考えています。

これらを踏まえての地方馬を含めた~最終見解~

『地方版 追い切り分析表』~追い切り評価順位~

追い切り評価1位は地方馬からのピックアップになっています!!

直近、地方版追い切り分析表は好調です。

「買い」か「ダメ」か「普通」の3段階評価を多方面から分析している表になります。

追い切り水準・好走パターンから狙える馬をピックアップ。

追い切り評価の高い馬のみを参考にしてもらってもOK、活用方法は様々です。

完全版は下記リンクより購入お願いします。

地方版追い切り分析表 購入リンク

※銀行振込・コンビニ決済・キャリア決済・楽天ペイなど対応しています。
ご希望の方はLINEに連絡ください。

LINEアカウント
https://lin.ee/LrKfSct

※地方重賞直近実績

【名古屋グランプリ】
1人気1着マスターフェンサー(評価1位)
2人気2着ロードゴラッソ(評価3位)
6人気3着ダイシンインディー(評価2位)

【勝島王冠】
4人気1着カジノフォンテン(評価1位)
2人気2着ノンコノユメ(評価3位)
1人気3着モジアナフレイバー(評価2位)
単勝990円
馬単4,950円
3連単12,210円

【サンタアニタトロフィー】
3人気1着ワークアンドラブ(評価1位)
1人気2着グレンツェント(評価3位)
2人気3着コパノジャッキー(評価4位)
単勝660円
馬連740円
馬単2,080円
3連単7,570円

【南部杯】
6人気1着アルクトス(評価1位)
2人気2着モズアスコット(評価2位)
単勝690円
馬連2,980円
馬単7,280円

【東京記念】
買える5頭で3着内独占
3人気1着サウンドトゥルー
7人気2着サブノクロヒョウ
5人気3着リンゾウチャネル
3連複22,570円
3連単160,480円
の大万馬券を記録しています。

 

最近勢いに乗る口コミで話題沸騰の注目の競馬サイトを紹介!

※メディア掲載実績
【TV】
金曜競馬CLUB
【鉄道看板】
府中競馬場正門前駅看板
東京メトロ西船橋駅看板
京都淀駅臨時改札看板
【新聞】
東スポ
日刊スポーツ
サンスポ
スポニチ

メールアドレスの登録のみで、見る事が出来るおすすめサイトのご紹介です!

【docomo・Softbank・icloud】メールですと届かない可能性がありますので、【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

【超オススメ】うまとみらいと

うまとみらいと

3つのコンテンツを集結させた競馬予想サイト。

■競走馬の実力が一瞬でわかる【うまコラボ】
■的中率90%の反則技【競馬の殿堂】
■穴馬一筋15年が魅せる穴馬【ヒットメイク】

データ派も、本命党も、穴党も、競馬ファンが予想に必要な情報が無料で受け取れます!

無料で有益な情報が多いこのサイトがオススメ度No.1。
【URL】https://miraito.collabo-n.com/