【兵庫ゴールドトロフィー2019予想】本命は好追い切り馬を狙い撃ち!追い切り・調教分析

Pocket

今回は兵庫ゴールドトロフィー2019予想:本命は好追い切り馬を狙い撃ち!追い切り・調教分析を中心とした記事を書いていきます。

12/27(金)園田競馬10R 16:00発走

園田競馬場ダート1400mで行なわれるJpnⅢハンデ戦になります。

年末に向けて地方・中央含めて重賞は残すところラスト3戦となりました。

地方交流重賞:兵庫ゴールドトロフィー⇒中央GⅠ:ホープフルステークス⇒地方GⅠ:東京大賞典と続いていきます。

まずはその第1戦となる兵庫ゴールドトロフィー。

ダート1400mという距離からJBCスプリントからの臨戦も多く、メイチ仕上げのJpnⅠからの臨戦という事で各馬の余力という点が重要なレースでもありますね。

そんな兵庫ゴールドトロフィーを追い切り・調教観点から検討していきます。

【兵庫ゴールドトロフィー2019予想】追い切り・調教分析

 

まずは確定した枠順配置を確認しておきましょう。

兵庫ゴールドトロフィー 枠順配置

 1- 1ラブバレット    牡8 山本聡哉 川崎
 2- 2ナチュラリー    牡5 笹田知宏 兵庫
 3- 3デュープロセス   牡3 北村友一 栗東
 4- 4キヨマサ      牡7 川原正一 兵庫
 5- 5ブラゾンドゥリス  セ7 田中学 兵庫
 6- 6テーオーエナジー  牡4 岩田康誠 栗東
 6- 7イルティモーネ   セ6 下原理 兵庫
 7- 8ノボバカラ     牡7 吉村智洋 栗東
 7- 9サクラレグナム   牡10赤岡修次 高知
 8-10ランスオブプラーナ 牡3 松山弘平 栗東
 8-11ハヤブサマカオー  牡4 佐藤友則 大井

園田ダート1400m

4コーナー奥のポケット地点からスタートするコースで、最初のコーナーまでが約377mと長いので、さほど枠順による有利不利は無いと考えていいコースです。

園田競馬場は1周距離1051mなので1400mの短距離戦ですが、コースを1周するコース。

その為、小回り適正も非常に重要なコースとなています。

園田競馬はスパイラルカーブを採用されているので、コーナーが非常にきつくなっています。

基本的には逃げ・先行有利ではありますが、スパイラルカーブの為に内を回る馬よりも外を回す馬の方がスムーズに加速できるので、意外と差しも決まるコースです。

 

それでは、有力各馬の最終追い切り・調教を考察していきます。

【デュープロセス】

《1週前追い切り》
北村友 栗坂 稍 51.6 37.5 24.3 12.1 叩き一杯
ヴェッラ(古馬1勝)1.0秒追走アタマ遅れ

《最終追い切り》
助手 栗坂 稍 54.3 38.5 24.2 11.9 馬なり

追い切り考察

今走は〝1週前栗東坂路追い⇒最終栗東坂路仕上げ〟という追い切りパターンを踏んできました。

ここまでの追い切りパターンとしては〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東CW仕上げ〟・〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東坂路仕上げ〟の2パターンが中心となっています。

中間坂路のみという追い切りパターンはこの馬としては未勝利戦以来2度目のパターンとなります。

当時は中2週と間隔が詰まるという理由付けができました。

そういう面では今回初めての追い切りパターンと考えることもできます。

近2戦がこれまでの追い切りパターンで凡走しているので、心機一転という意味合居もあるかもしれません。

追い切りの水準は申し分ないものとなっています。

1週前追い切りは4F51.6秒の自己ベストを更新する好時計を記録。

その中で、4F目が最速になる加速ラップ。

最終追い切りは終い重点の追い切りでラスト1F11.9秒。

火曜追いで馬場がいつもより走りやすいという面があるので過大評価は禁物も上々と言える好時計を記録しています。

間隔を空けてしっかり立て直されている内容で、この相手関係でこの高水準追い切りというところではここは試金石の一戦になりそうです。

 

【テーオーエナジー】

《1週前追い切り》
助手 栗坂 稍 52.9 37.9 24.7 12.6 馬なり

《最終追い切り》
助手 栗坂 良 53.2 38.4 24.5 12.3 強め
ウインシュトローム(2歳未勝利)1.6秒追走0.6秒先着

追い切り考察

坂路で乗り込まれて馬を作ってくるのがこの馬の追い切りパターンとなっています。

今走もこれまで通り坂路で調整されています。

その中で最終追い切りで加速ラップを踏んできた時は好走率が高くなっています。

【2-1-1-2】という成績で、着外の2度は日本ダービー&ジャパンダートダービーで度外視可能の一戦。

この追い切りパターンであれば要注目になります。

今回はどうかというと、

14.8-13.9-12.2.-12.3というラップで加速ラップにはならず。

近走は加速ラップを踏めずの凡走が続いており、ここは評価を下げたいいポイントになります。

それでも近走の中では3F目〜4F目のラップの差異が最も少なくなっています。

そういう面では近走の中では最も追い切りの水準は高いと言えます。

 

【ノボバカラ】

《1週前追い切り》
助手 栗坂 良 51.7 37.7 25.4 13.3 一杯

《最終追い切り》
見習 栗坂 稍 50.0 36.5 24.1 12.2 一杯

追い切り考察

元々は美浦の天間厩舎に所属しており、美南Wで追い切りを敢行されていました。

当時から追い切りでは上々の動きを見せるも結果に繋がらないという競馬になっていました。

そして昨年末栗東の森秀行厩舎に転厩され、栗東坂路で調整されています。

そこでも追い切りでは高水準の追い切りを消化しており、6走前⇒5走前と連続好走という結果になりました、

今走も栗東坂路中心の追い切りになっており、時計もしっかり出されています。

最終追い切りは54F50.0秒の自信の準ベスト時計となる超好時計を叩いてきました。

近走は中間に4F50秒台を一度は記録する追い切りが続いているのでいつも通りといえばいつも通りではありますが、近走の中では最も評価できる内容と考えられます。

それはラップ推移。

13.5-12.4-11.9-12.2

と、3F目に11秒台を記録する好内容となっています。

前走比全体時計を詰めつつ、ラスト2Fでも好ラップというところでは、前走よりも期待できる内容となっています。

 

【ランスオブプラーナ】

《1週前追い切り》
助手 栗東CW 良 84.8 68.2 52.9 38.9 12.4【6】末強め

《最終追い切り》
助手 栗坂 稍 53.1 38.4 24.8 12.3 叩き一杯

追い切り考察

これまではほとんど全て栗東CW中心の追い切りパターンとなっています。

今回は自身初の〝最終追い切り栗東坂路仕上げ〟という追い切りパターンになりました。

本追い切りで坂路を使うのは初めてと言ってよく、坂路で時計を出してくるのは初めて。

しっかり負荷を掛けて4F53.1秒というところでは、まずまずという内容。

尻上がり加速ラップは評価できますが、追い切りからは可もなく不可もなくという内容です。

――――――――――――――――――――

※おすすめサイトの紹介※

メールアドレスの登録のみで、無料登録完了です。

【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

【あしたの万馬券】

「競馬情報サイトって怪しいところが多い」これは紛れもない事実です。
しかし、重要なのはどのようなサイトでも「きっちりと予想が当たること」

このサイトの特徴は極めてシンプル。とにかく当たる!!
そもそも競馬サイトにそれ以外の特徴って必要ですか?

あしたの万馬券では独自ルートから当たる予想を提供を提供しています。

まずは、無料登録でこのサイトの実力を確認してみてください!
【URL】https://www.manbaken.info/

――――――――――――――――――――

兵庫ゴールドトロフィー2019 最終見解

JRA勢は近走馬券内の好走がない馬たちが揃い、人気も読みづらい一戦。

追い切りの水準は各馬上げてきている印象で、追い切りからはランスオブプラーナが一枚減点というイメージです。

ただ、初ダートという未知の魅力があるのも事実。

過去10年の人気別データでは、

1人気【3-1-3-3】
2人気【3-3-0-4】
3人気【3-2-2-3】
4人気【1-3-1-5】
5人気【0-0-3-7】
6人気以下【0-1-1-60】

という結果になっており、連対は基本的には4人気以内からとなっており、上位人気が強いレースとなっています。

また、過去10年で地方馬は勝ち馬こそ輩出していませんが9頭馬券に絡む活躍を見せています。

ハンデ差を活かして地方馬の台頭もあるレースとなっています。

 

それでは最後に、本命馬と割って入りそうな地方馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

本命は前走比追い切り水準を上げてきたこの馬。

馬券に食い込んできそうな地方馬は素直にこれ。

近走も堅実に走っており、年齢による衰えもなさそうです。

 

最近勢いに乗る口コミで話題沸騰の注目の競馬サイトを紹介!

下記サイトはメールアドレスの登録のみで、見る事が出来るサイトとなっています。
是非参考にしてみて下さい!

【docomo・Softbank・icloud】メールですと届かない可能性がありますので、【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

――――――――――――――――――――

血統ウィナーズ
オススメ度★★★★★

競馬には様々なカテゴリーがありますがそれらの得手不得手を見分ける指標として血統があります。

・芝専用血統
・ダート専用血統
・芝ダート兼用血統
・短距離専用血統
・長距離専用血統
・オールマイティ血統

というように父系、母系の血脈から受け継がれるDNAはそのままその馬自身の得意分野に反映されます。

またこれに加え、その血統がヨーロッパ系なのか?アメリカ系なのか?はたまた品種改良を重ねた日本国内血統なのか?

↓↓↓気になる続きはこちらからの無料登録で↓↓↓
【URL】https://t-winners.jp/