【函館記念2019予想】追い切り・調教分析~本命馬&穴馬はこの馬たち!~

Pocket

今回は函館記念2019予想:追い切り・調教分析~本命馬&穴馬はこの馬たち!~を中心とした記事を書いていきます。

過去波乱続きの函館の名物重賞:函館記念。

今年はエアスピネルの8ヶ月ぶり復帰戦として注目を集める一戦ですね。

実績は断然のNo.1ながらもトップハンデ58kgを背負うということで抜けた人気にはならなそう。

対抗するのは重賞で安定した成績を残しているステイフーリッシュですが、これも斤量57.5kgとなかなか重いハンデ。

実績馬がこれだけ重いハンデを背負わされる中で、上がり馬レッドローゼスが56kg。

この辺りが人気を分け合う形になりそうですが、どのような結果になるか、追い切り・調教から検討していきます。

<第55回 函館記念>

結果を出し続けて創業22年競馬セブン

なんと七夕賞は1点的中で27万回収!!

今週の無料情報は函館記念

荒れるハンデ重賞の立役者とは!?

▼3点勝負買い目を無料公開▼
【URL】http://www.keiba7.net/

【函館記念2019予想】追い切り・調教分析

 

まずは確定した枠順配置を確認しておきましょう。

函館記念 枠順配置

 1- 1レッドローゼス   牡5 蛯名正義
 1- 2アメリカズカップ  牡5 北村友一
 2- 3ブラックバゴ    牡7 斎藤新
 2- 4マイスタイル    牡5 田中勝春
 3- 5ドレッドノータス  セ6 菱田裕二
 3- 6マイネルファンロン 牡4 丹内祐次
 4- 7カルヴァリオ    セ6 吉田隼人
 4- 8メートルダール   牡6 武藤雅
 5- 9ポポカテペトル   牡5 岩田康誠
 5-10ステイフーリッシュ 牡4 中谷雄太
 6-11マイネルサージュ  牡7 国分恭介
 6-12スズカデヴィアス  牡8 勝浦正樹
 7-13アーバンキッド   牡6 横山武史
 7-14ナイトオブナイツ  牡6 池添謙一
 8-15ゴールドギア    牡4 幸英明
 8-16エアスピネル    牡6 福永祐一

函館芝2000m

4コーナーポケット地点からスタートし、最初のコーナーまでは約480mと長くなっています。

そのままコースを1周して、最後の直線は約262mとJRA10競馬場の中で最も短い事が特徴のコース。

そしてもう1つの特徴は洋芝が使われており、非常に時計が掛かるという点。

さらに最後の直線はほぼ平坦ながらも、1コーナー~向こう正面~4コーナーにかけて緩やかながらも最大高低差3.5mのアップダウンがあります。

この最大高低差3.5mというのはJRAのローカル競馬場の中でも中京と並んで最大の数字。

意外なことに函館競馬場はコース全体の高低差が非常に大きくなっています。

つまり、最後の直線が非常に短いながらも、時計がかかる馬場+アップダウンのキツイコースという事で相当なスタミナが求められる舞台です。

その為、上がり時計は最速馬でも35秒~36秒台に突入することもあり、瞬発力よりも持続力が必要なコースです。

 

追い切り・調教から見る好走傾向

過去5年の好走馬の追い切り・調教から見る好走傾向まとめです。

基本的には〝函館W仕上げ〟と〝函館芝仕上げ〟の馬たちの戦い。

〝函館芝仕上げ〟の馬は『1週前追い切りor最終追い切りで強め以上の負荷』が必須というイメージ。

〝函館W仕上げ〟の馬は『1週前追い切りor最終追い切りで強め以上の負荷』に該当しない人気馬は凡走傾向にあります。

ここを嫌って高配当を狙うのがこのレースのポイントになりそうです。

詳しい好走傾向分析は下記の記事をご覧ください☟☟

⇒ 函館記念 追い切り・調教から見る好走傾向

 

追い切り・調教分析

それでは、有力各馬の最終追い切り・調教を考察していきます。

【エアスピネル】

《1週前追い切り》
助手 函館芝 稍 63.9 48.9 35.9 11.7【6】強め
エアミホーク(3歳未勝利)0.5秒追走0.8秒先着

《最終追い切り》
助手 函館ダ 良 83.7 68.2 53.4 39.0 12.3【8】馬なり
エアミホーク(3歳未勝利)0.4秒追走0.2秒先着

追い切り考察

この馬としては2度目の北海度遠征。

1度目は2年前の札幌記念。

当時は函館Wを中心に追い切りを消化していました。

今走は〝1週前函館芝追い⇒最終函館ダート仕上げ〟という追い切りパターンになっています。

内容に目を向けると併せ馬で追走先着を繰り返していますが、併せた馬は未勝利の格下馬。

当然の先着という感じで、これだけで走れる態勢は整ったとは言い切れない印象です。

やはり8ヶ月ぶりの実戦というのは気になる材料。

追い切り傾向からは1週前に強めの負荷を掛けているので好走傾向はクリアしています。

 

【ステイフーリッシュ】

《1週前追い切り》
中谷 栗坂 良 51.6 37.8 25.5 13.3 叩き一杯

《最終追い切り》
中谷 函館芝 良 63.0 47.8 35.4 11.5【6】強め
ドレッドノータス(古馬オープン)1.4秒追走0.1秒遅れ

追い切り考察

この馬としては初の函館遠征になります。

前走鳴尾記念後はグリーンウッドに短期放牧を挟んで、一度栗東トレセンを経由して函館入り。

押せ押せ輸送になっているのはマイナス材料でしょう。

それでも1週前には厩舎でビッシリ負荷を掛けて、最終追い切りでも強めの負荷を掛けてきました。

案外、輸送疲れというものはないのかもしれません。

最終追い切りではここにも出走するドレッドノータスと併せ馬で遅れ。

大きく追走してのものとは言え、これはマイナス材料。

追い切りからはマイナス面が目立つ一頭です。

 

【ポポカテペトル】

《1週前追い切り》
ナシ

《最終追い切り》
岩田康 函館芝 65.4 50.2 36.8 11.5【6】馬なり
ラプソディーア(古馬2勝)0.7秒追走0.1秒遅れ

追い切り考察

この馬としては初の函館遠征になります。

1週前追い切りはナシとなっていますが、帰厩後は厩舎で6/16から乗り出しを開始し4本の追い切りを消化。

そこから追い切りが一度休止されて、函館入り後2本の追い切りを消化されています。

乗り込み量としては問題はなさそう。

しかし、函館輸送のために1週前追い切りが行われなかったことはマイナス。

最終追い切りでは格下相手に遅れていることからも万全の態勢とはいかないはず。

1週前・最終追い切りで負荷を掛けていないという面で、追い切り傾向からもマイナスとなっています。

 

【メートルダール】

《1週前追い切り》
助手 美南P 良 69.9 54.0 39.3 11.6【7】馬なり
ネイビーブルー(古馬3勝)0.6秒追走0.4秒先着

《最終追い切り》
武藤 函館W 65.3 50.7 37.2 12.8【2】G前仕掛け

追い切り考察

新馬戦以来の北海シリーズの参戦となります。

当時は札幌ダート中心の追い切りを消化していました。

函館での追い切りは初。

厩舎での好走パターンとしては〝1週前ウッド5F追い⇒最終ウッド5F追い〟というのは好走パターンになっています。

この追い切りパターンを踏んだ時は【4-2-2-1】という好成績を残しています。

今走は美南Wとの違いはありますが、〝1週前5F追い⇒最終5F追い〟という点では好走パターンと一致しています。

3週前追い切りでの美南W追いで好時計を叩いており、この時点で走れる態勢は整っていた印象を受けます。

前週の七夕賞に出ていてもおかしくない仕上がり具合という面も含めて、追い切り面は良好です。。

 

【アメリカズカップ】

《1週前追い切り》
ナシ

《最終追い切り》
北村友 函館W 良 69.2 53.9 39.4 12.9【8】G前仕掛け

【アーバンキッド】

《1週前追い切り》
ナシ

《最終追い切り》
横山武 函館W 良 68.6 53.7 39.4 12.9【8】直強め

【カルヴァリオ】

《1週前追い切り》
ナシ

《最終追い切り》
吉田隼 函館W 良 55.8 39.8 13.1【6】馬なり

【スズカデヴィアス】

《1週前追い切り》
ナシ

《最終追い切り》
勝浦 函館W 良 69.4 54.3 39.3 12.8【7】馬なり

【ドレッドノータス】

《1週前追い切り》
ナシ

《最終追い切り》
菱田 函館芝 良 64.3 49.1 36.4 11.5【5】馬なり
ステイフーリッシュ(古馬オープン)1.4秒先行0.1秒先着

【ナイトオブナイツ】

《1週前追い切り》
ナシ

《最終追い切り》
助手 函館W 良 67.8 52.9 39.3 12.3【8】馬なり

【マイスタイル】

《1週前追い切り》
ナシ

《最終追い切り》
田中勝 函館W 良 54.5 39.3 12.2【6】馬なり

【マイネルサージュ】

《1週前追い切り》
ナシ

《最終追い切り》
助手 函館W 良 69.8 54.3 39.6 13.2【8】馬なり
スワーヴカール(3歳未勝利)0.4秒追走0.1秒先着

【マイネルファンロン】

《1週前追い切り》
ナシ

《最終追い切り》
丹内 函館W 良 66.7 52.0 38.1 12.4【8】馬なり

追い切り考察

以上が前走巴賞組の追い切り。

追い切り傾向も踏まえると、最終追い切り4F追いのカルヴァリオ・マイスタイルは軽視して考えたいところ。

その他は大きな差はないですね。

強いて言うなら、中1週でも併せ馬で負荷を掛けてきたドレッドノータス・マイネルサージュには穴で注目といったところ。

 

函館記念2019 本命馬&穴馬

それでは最後に本命馬&穴馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

【本命馬】

《1週前追い切り》
助手 函館W 稍 70.0 54.4 39.4 12.5【7】G前仕掛け
ベルクワイア(3歳未勝利)1・1秒追走同入

《最終追い切り》
助手 函館W 良 65.5 50.4 37.1 12.2【5】G前仕掛け
ベルクワイア(3歳未勝利)0.8秒追走0.1秒先着

追い切り考察

昨年以来、2度目の函館滞在。

当時は函館Wを中心に追い切りられており、今走も変わらない追い切りパターンを踏んでいます。

前走後は放牧に出されて直接函館入り。

6/16から乗り出しを開始し、じっくりと乗り込まれています。

徐々に時計を詰めつつ、最終追い切りは昨年記録したベスト時計を更新してきました。

デキはここに向けてしっかり上げてきている印象です。

 

【穴馬】

《1週前追い切り》
ルメール 函館ダ 重 73.0 56.5 40.4 12.3【5】馬なり

《最終追い切り》
黛 函館ダ 良 66.8 52.0 38.7 12.3【7】G前仕掛け
ハクナマタタ(古馬1勝)0.8秒追走0.4秒先着

追い切り考察

1年前に函館遠征で条件戦時代に勝利を収めています。

当時は函館W中心の追い切り。

それに比べると今走は函館ダート中心の追い切りとなっており、その点はプラスではないです。

しかし、内容としては上々で格下相手とは言え、僚馬を子ども扱いした内容は評価できるものとなっています。

そして注目ポイントとしては血統面。

当馬も函館1戦1勝なら、母も函館と札幌で勝利を挙げる洋芝巧者でした。

そして前走比5kg減の52kgというメンバー最軽量で出走出来るところもプラスポイント。

ハンデ戦でありますし、穴として魅力的な一頭。

 

新サイト入稿しました!!

今回ご紹介するのは「オアシス」と「J.H.A」というサイト。

この2サイトはご存知の方も多いかもしれません。

他のブログでも数多く紹介されているサイトです。

「登録者数が多い=オッズが低下する」という理由から、登録者数が増えすぎて募集人数を制限していたサイト。

そんな中、ようやく再募集がかかり、
この度、当ブログでも紹介することが出来るようになりました。

いずれのサイトも今回は人数限定募集になるので、是非、今のうちに無料登録をオススメします!

いずれのサイトもメールアドレスの登録のみで、無料登録完了です。

――――――――――――――――――――

【オアシス】
オススメ度★★★★★
限定人数 50人

このサイトの特徴は極めてシンプル。とにかく当たる!!
そもそも競馬サイトにそれ以外の特徴って必要ですか?

OASISでは独自ルートから当たる予想を提供を提供しています。
いつも高配当の3連単や3連複を少点数で的中!

まずは、無料情報でこのサイトの実力を確認してみてください!
【URL】http://www.successoasis.net/

――――――――――――――――――――

【J.H.A】
オススメ度★★★★★
限定人数 30人

このサイトの特徴は「少点数」で的中を狙うというハイレベルな予想にあります。

的中実績を見ても3連単10点以内というのが数多く見られます。
まさに「ローリスクハイリターン」。

毎週無料予想が提供されるので参考にしてみては!?
【URL】http://www.j-h-a.net/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。