【函館2歳ステークス2019予想】追い切り・調教から見る好走傾向

Pocket

今回は函館2歳ステークス2019予想:追い切り・調教から見る好走傾向を中心とした記事を書いていきます。

世代最初のJRA2歳重賞となる函館2歳ステークス。

キャリア1戦の馬が大半を占める中での戦いという事で力関係の把握が難しいレースです。

後々に繋がるレースというわけでもなく、兎に角仕上がり早の馬を狙うのがセオリーとなっています。

ということは、追い切りの動きの良い馬をチョイスすれば的中に近付きそうな気はしますね。

まずは、追い切り・調教からどのような傾向が現れるか、見ていきましょう。

【函館2歳ステークス2019予想】追い切り・調教から見る好走傾向

 

まずは登録馬を確認しておきましょう。

函館2歳ステークス 登録馬
※騎手は現時点の想定

アザワク      桑村真明
イーサンティラノ  古川吉洋
ケープコッド    吉田隼人
ゴッドスター    池添謙一
スマートカーリー  武豊
タイセイビジョン  ルメール
ニルカンタテソーロ 横山武史
バブルガムダンサー 岩田康誠
パフェムリ     菱田裕二
ビアンフェ     藤岡佑介
ブルーパピヨン   丹内祐次
プリモジョーカー  阿部龍
プリンスリターン  原田和真
マンバー      ??
メイショウナパワン 四位洋文
ヤマメ       藤岡康太
リュウノゲキリン  松岡正海
レッドヴェイパー  北村友一

フルゲート16頭に18頭が登録。

ケープコッド・ニルカンタテソーロ・ビアンフェ・メイショウナパワンの4頭が2/4の抽選対象となっています。

続いて現時点の予想オッズを確認しておきましょう。

函館2歳ステークス 予想オッズ

1 タイセイビジョン 2.9
2 レッドヴェイパー 3.3
3 スマートカーリー 5.1
4 ケープコッド   5.7
5 ビアンフェ    8.2

ここまでが上位に推されそうな馬たちです。

新馬勝ちした馬&2戦1勝馬が顔を揃える一戦という事で人気も読めないですね。

そんな中1人気想定は「タイセイビジョン」。

阪神1400mの新馬戦に出走し、中団から早めに抜け出し完勝しています。

JRA勢からは唯一前走函館以外からの臨戦で、ルメール騎手が騎乗することも人気の後押しとなりそうです。

2人気想定は今年の函館芝1200m2歳戦を最も速い時計を記録した「レッドヴェイパー」。

好スタートから2番手で競馬を進めて鮮やかに抜け出したレースセンスはこの時期において大きな武器になるでしょう。

そして、そのレッドヴェイパーに鼻差まで詰め寄った「ケープゴッド」も人気の一角。

2戦目は単勝1.1倍の圧倒的人気に推されて5馬身差の圧勝と文句なしの競馬。

抽選対象ではありますが、出走してくれば注目の一頭になるでしょう。

初年度産駒から初重賞挑戦となるエピファネイア産駒「スマートカーリー」、キズナ産駒「ビアンフェ」も抽選突破出来れば人気になりそう。

初年度産駒からいきなりの重賞制覇となるか、注目ですね。

世代最初の重賞を追い切り観点から検討していきます。

 

それでは、追い切り・調教から見る好走傾向ということで、過去5年の好走馬の最終追い切りを見ていきます。

仕上がり早の馬をチョイスするというところでは、タイム重視になるか!?

2歳最初の重賞でどういう傾向が出るか注目ですね。

2018年
1着 アスターペガサス
函館W 65.3-51.5-37.4-12.4【3】直一杯
2着 ラブミーファイン
函館W 55.0-39.8-13.1【7】馬なり
3着 カルリーノ
函館W キリ 馬なり
2017年
1着 カシアス
函館W 70.8-55.0-41.0-13.3【7】馬なり
2着 ウインジェルベーラ
函館W 67.9-53.5-39.5-13.4【3】強め
3着 アリア
函館W 69.2-53.9-39.5-12.4【7】馬なり
2016年
1着 レヴァンテライオン
函館W 69.6-53.8-39.5-12.3【8】G前仕掛け
2着 モンドキャンノ
函館芝 64.2-49.4-36.3-12.4【6】馬なり
3着 タイムトリップ
函館芝 67.1-51.6-38.0-12.4【6】強め
2015年
1着 ブランボヌール
函館W 68.5-53.3-40.3-13.0【9】馬なり
2着 メジャータイフーン
函館W 54.8-38.7-12.6【8】G前仕掛け
3着 ヒルダ
函館W 71.7-55.0-40.4-12.7【8】馬なり
2014年
1着 アクティブミノル
連闘 中間軽め
2着 タケデンタイガー
函館芝 64.7-49.1-36.4-12.2【7】一杯
3着 トウショウピスト
函館W 67.9-53.3-39.7-12.7【7】G前仕掛け

このような結果になっています。

過去5年totalで見ると、

函館W仕上げ:51頭中11頭好走。

函館芝仕上げ:9頭中3頭好走。

函館ダート仕上げ:1頭中0頭好走。

門別仕上げ:11頭中0頭好走。

連闘:7頭中1頭好走。

その他仕上げ:1頭中0頭好走。

〝函館W仕上げ〟が出走頭数・好走馬ともにダントツとなっています。

中心となるのはこの仕上げを施してきた馬になるでしょう。

このウッドでの追い切りであれば超好時計というのは必要ない印象です。

4F53秒台~1F12秒台であれば好走圏内というイメージ。

毎年この水準をクリアしてきた馬が一頭はいるので、ここから軸馬を選ぶのが良い印象です。

〝函館芝仕上げ〟は好走率が高くなっており、これも注目の仕上げパターンとなっています。

特にこの仕上げパターンの場合は好時計は必須というイメージ。

4F50秒切り~1F12秒台の好時計が条件となりそうです。

〝門別仕上げ〟からの臨戦は過去には好走馬も散見されましたが、近年は通用していないという傾向となっています。

〝連闘〟から好走したのはアクティブミノルの一頭のみ。

このアクティブミノルは新馬戦で函館芝1200mを1.09.8という2歳新馬戦では水準以上の好時計を叩いていました。

同舞台を好時計で走った馬は押さえるというスタンスでいいでしょう。

 

函館2歳ステークス2019 まとめ

〝函館W仕上げ馬〟は最も好走馬を輩出しています。

中でも4F53秒台~1F12秒台の時計を叩いている馬には注目。

〝函館芝仕上げ〟から臨む馬は最終追い切りでの好時計が必須。

4F50秒切り~1F12秒台の好時計が好走条件というイメージです。

〝門別仕上げ〟からの臨戦は過去には好走馬も散見されましたが、近年は通用していないという傾向となっています。

〝連闘〟からは前走函館芝1200mを1.10.0を切るような好時計を叩いた馬に注目という傾向になっています。

 

2歳戦という事で、まだ各馬の最終追い切りパターンは読めないですね。

各馬どのような追い切りパターンを踏んでくるか、最終追い切りに注目しましょう。

それでは最後に、1週前時点の注目馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

現2歳世代最速でこの舞台を駆け抜けたというところでは、この馬は外せない一頭になりそう。

 

新サイト入稿しました!!

今回ご紹介するのは「オアシス」と「J.H.A」というサイト。

この2サイトはご存知の方も多いかもしれません。

他のブログでも数多く紹介されているサイトです。

「登録者数が多い=オッズが低下する」という理由から、登録者数が増えすぎて募集人数を制限していたサイト。

そんな中、ようやく再募集がかかり、
この度、当ブログでも紹介することが出来るようになりました。

いずれのサイトも今回は人数限定募集になるので、是非、今のうちに無料登録をオススメします!

いずれのサイトもメールアドレスの登録のみで、無料登録完了です。

※オアシスは早くも人数終了してしまいました。J.H.Aもまもなく募集終了となります。

――――――――――――――――――――

【J.H.A】
オススメ度★★★★★
限定人数 30人

このサイトの特徴は「少点数」で的中を狙うというハイレベルな予想にあります。

的中実績を見ても3連単10点以内というのが数多く見られます。
まさに「ローリスクハイリターン」。

毎週無料予想が提供されるので参考にしてみては!?
【URL】http://www.j-h-a.net/

――――――――――――――――――――

【オアシス】
オススメ度★★★★★
限定人数 50人

このサイトの特徴は極めてシンプル。とにかく当たる!!
そもそも競馬サイトにそれ以外の特徴って必要ですか?

OASISでは独自ルートから当たる予想を提供を提供しています。
いつも高配当の3連単や3連複を少点数で的中!

まずは、無料情報でこのサイトの実力を確認してみてください!
【URL】http://www.successoasis.net/