【北九州記念2020追い切り・調教傾向】栗東坂路の特注パターン!

Pocket

今回は北九州記念記念2020追い切り・調教傾向:栗東坂路の特注パターン!を中心とした記事を書いていきます。

サマースプリントシリーズの第4戦となる北九州記念。

サマースプリントシリーズにおいては、CBC賞とこの北九州記念のみがハンデ戦。

その為、各陣営ともに色気を持って参戦してくるので、とにかく波乱傾向の強いレースとなっています。

現在、2008年の優勝馬スリープレスナイト以来、1人気は絶賛11連敗中のレースです。

札幌記念の裏開催で注目度は下がりますが、配当妙味は断然こちら。

そんなスプリントハンデ重賞北九州記念を追い切り・調教から検討していきます。

【北九州記念2020追い切り・調教傾向】栗東坂路の特注パターン!

 

まずは登録馬を確認しておきましょう。

北九州記念 登録馬
※騎手は現時点の想定

アウィルアウェイ  川田将雅
アンヴァル     北村友一
イエローマリンバ  ??
エイシンデネブ   幸英明
カリオストロ    酒井学
クライムメジャー  鮫島克駿
ゴールドクイーン  古川吉洋
ジョイフル     川又賢治
ジョーカナチャン  菱田裕二
タイセイアベニール 松山弘平
ダイメイプリンセス 秋山真一郎
トゥラヴェスーラ  武豊
ビアイ       ??
ブライティアレディ 幸英明
プリディカメント  浜中俊
マイネルグリット  国分優作
メイショウカズヒメ 和田竜二
メイショウキョウジ 藤岡康太
メジェールスー   岡田祥嗣
モズスーパーフレア 松若風馬
ラブカンプー    藤田菜七子
レッドアンシェル  福永祐一

フルゲート18頭に22頭が登録。

ブライティアレディ・メイショウカズヒメが1/2の抽選対象、イエローマリンバ・エイシンデネブ・ビアイが除外対象となっています。

続いて現時点の予想オッズを確認しておきましょう。

北九州記念 予想オッズ

1 モズスーパーフレア 2.3
2 ジョーカナチャン  5.1
3 アウィルアウェイ  6.8
4 レッドアンシェル  10.1
5 ダイメイプリンセス 11.9
6 タイセイアベニール 12.0

ここまでが上位に推されそうな馬たちです。

想定1人気は前走高松宮記念で待望のGⅠ勝利を挙げた「モズスーパーフレア」。

1位入線馬の降着による繰り上がりでの優勝ではありますが、しっかりと力は示した一戦。

人気で凡走、人気薄で激走というのは逃げ馬の宿命。

ここは人気に推される場面でどのような競馬を見せてくるかに注目。

想定2人気はアイビスサマーダッシュ優勝馬「ジョーカナチャン」。

ここを勝利するようならサマースプリントシリーズに王手が掛かる一戦で陣営共々気合いの入る一戦でしょう。

想定3人気はシルクロードステークスの勝ち馬「アウィルアウェイ」。

前走CBC賞でも離された7着と、安定感に欠ける部分が目立つも2歳時から重賞で好走を続ける素質馬です。

1200m~1600mまでをこなせる守備範囲の広い馬でマイルではGⅠ朝日杯FS2着の実績があります。

前走は1200mCBC賞で大敗という結果になりましたが、立て直されていれば当然上位争い。

それ以下、「レッドアンシェル」・「ダイメイプリンセス」の重賞勝ち馬、CBC賞好走組の「アンヴァル」・「タイセイアベニール」・「ラブカンプー」などが人気に推される一戦です。



それでは、追い切り・調教から見る好走傾向ということで、過去5年の好走馬の最終追い切りを見ていきます。

サマースプリントシリーズ4戦目で佳境に入りつつあるサマーシリーズ。

各陣営がどのレースに狙いを定めているのかにも注目の一戦で、追い切りから傾向が掴めれば面白いですね。

1200mという距離から坂路でビシッと追われる方が良いイメージがありますがどういう傾向がでるか。

2019年
1着 ダイメイプリンセス
栗坂 55.0-39.2-25.0-12.4 末強め
2着 ディアンドル
栗坂 56.9-39.4-24.9-12.3 馬なり
3着 アンヴァル
栗坂 53.6-39.3-25.3-12.3 馬なり
2018年
1着 アレスバローズ
栗坂 55.7-39.7-25.2-12.0 末強め
2着 ダイメイプリンセス
栗坂 54.3-38.7-24.6-12.2 末強め
3着 ラブカンプー
栗坂 54.2-39.0-25.3-13.0 一杯
2017年
1着 ダイアナヘイロー
小倉芝 77.0-63.3-50.8-38.3-11.6【8】一杯
2着 ナリタスターワン
栗CW 84.7-67.5-51.9-38.1-12.3【6】馬なり
3着 ラインスピリット
栗坂 54.6-39.3-25.2-12.4 馬なり
2016年
1着 バクシンテイオー
小倉ダ 69.1-53.6-38.0-12.3【7】馬なり
2着 ベルカント
栗坂 52.9-37.7-23.9-11.8 強め
3着 オウノミチ
栗坂 53.0-38.7-25.3-12.8 一杯
2015年
1着 ベルカント
栗坂 52.8-37.5-23.7-11.6 末強め
2着 ビッグアーサー
栗坂 53.8-38.6-24.1-11.8 一杯
3着 ベルルミエール
栗CW 70.0-53.8-39.0-11.5【9】馬なり

このような結果になっています。

過去5年totalで見ると、

栗東CW仕上げ:【0-1-1-16/18】

栗東坂路仕上げ:【3-4-4-43/54】

小倉芝仕上げ:【1-0-0-3/3】

小倉ダート仕上げ:【1-0-0-6/7】

その他仕上げ:【0-0-0-1/1】

ご覧の通り、基本的には栗東坂路組の戦いです。

まずは【栗東CW仕上げ】から。

好走した2頭に特に共通点は見当たりません。

この好走した年を見ると栗東CW仕上げ馬が共に4頭出走していました。

これは年毎で見ると最も多い出走頭数で、出走頭数が多い年は注意が必要というイメージです。

そして最も出走頭数が多く、好走馬も最も多い【栗東坂路仕上げ】。

この仕上げの注目ポイントは『4F目が最速になる加速ラップを踏んだ馬』。

好走馬11頭の内、9頭がこの注目ポイントに該当していました。

出走頭数が多い分、人気に推されて凡走が多いのもこの仕上げパターンの特徴です。

2019年2人気4着モズスーパーフレア

2018年1人気7着ダイアナヘイロー

2017年1人気5着ファインニードル

2014年1人気7着エピセアローム・2人気6着ベルカント・3人気14着ニンジャ

などが人気に推されて凡走しています。

波乱傾向の強いレースでもありますし、思い切って人気の栗東坂路仕上げ馬を軽視して馬券を組むのも面白いかもしれません。

【小倉芝仕上げ】・【小倉ダート仕上げ】。

この仕上げパターンの取り捨ては明確。

好走パターンは2週前以前に小倉に乗り込んで、1週前追い切りから小倉で行われている馬。

この仕上げパターンで人気で凡走した馬には、

2018年2人気6着アサクサゲンキ・3人気16着ゴールドクイーン

2017年2人気4着キングハート

2016年2人気11着ラヴァーズポイント

2015年3人気11着サドンストーム

などがいますが、この全馬1週前に小倉に乗り込み、1週前追い切りは厩舎で行われていました。

ここはハッキリと分かれているので、取り捨て選択としては1週前追い切りに注目して決めていきたいです。



北九州記念2020 まとめ

【栗東CW仕上げ】は出走頭数が多い場合には注意が必要という程度で基本的には軽視。

【栗東坂路仕上げ】は最も好走馬を輩出しており、4F目が加速ラップを踏んだ馬に注目。

これがこのレースの特注パターンとなっています。

そして、人気に推された馬で加速ラップを踏めなかった馬は凡走傾向にあり、一枚評価を下げて配当妙味を求めても面白いレースです。

上位人気よりも人気薄馬が好走することにより配当妙味が生まれる仕上げパターンです。

【小倉芝仕上げ】・【小倉ダート仕上げ】は2週前以前に小倉に乗り込んで、1週前追い切りから小倉で行われている馬に注目。

1週前追い切りを厩舎で行われていた場合は人気に推されても全凡走となっていることからも、1週前追い切りには要注目です。

 

「モズスーパーフレア」はここまで栗東坂路を中心に追い切りを敢行されています。

ここも栗東坂路仕上げが濃厚でしょう。

自己ベストに4F49.2秒を持つ馬で、毎度4F50秒を切るような超好時計を叩く馬。

その中で、4F目が最速になる加速ラップを踏めるかどうかに注目です。

「ジョーカナチャン」はここまで栗東坂路仕上げが中心。

ここでも栗東坂路仕上げが濃厚と考えられます。

4F目が最速になる加速ラップを踏めるかどうかに注目です。

「アウィルアウェイ」はここまで栗東坂路中心の追い切りを消化しています。

ここでも栗東坂路仕上げになることが濃厚と考えられます。

4F目が最速になる加速ラップを踏めるかどうかに注目です。

「レッドアンシェル」は一時栗東CW仕上げになる事もありましたが、近走は栗東坂路仕上げが中心。

ここでも栗東坂路上げになることが濃厚と考えられます。

4F目が最速になる加速ラップを踏めるかどうかに注目です。

「ダイメイプリンセス」はここまで栗東坂路仕上げが中心。

ここでも栗東坂路仕上げが濃厚と考えられます。

4F目が最速になる加速ラップを踏めるかどうかに注目です。

 

それでは最後に、1週前時点の注目馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

上位勢どの馬も栗東坂路中心の追い切りを消化してきそうで、好走傾向からは特に不安がない馬が多くなりそうな一戦。

そんな中、注目したいのは坂路で1F11秒台を記録してくる馬ですね。

 

※おすすめ新サイトの紹介※

メールアドレスの登録のみで、無料情報を閲覧できます。

【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

【ゴールデン☆スターズ】

土日はもちろん、平日も厳選情報無料公開中!

このサイトの特徴は他のサイトには真似できない「3大特典」

1.的中補償情報付き
2.返金保証
3.無料登録で10000円分のポイントをプレゼント!

無料登録でもらえるポイントで有料情報を閲覧できるのでお気軽に始められます。

詳しくは下記URL内をチェック!!
【URL】https://g-stars.net/







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。