【大阪杯2019予想】追い切り・調教から有力馬を徹底分析

Pocket

今回は大阪杯2019予想:追い切り・調教分析を中心とした記事を書いていきます。

GⅠ8頭が顔を揃える好メンバーが揃った一戦で、各世代の大将格がブツかることとなった大阪杯。

ハイレベルと言われる4歳勢からはGⅠ馬4頭を含む重賞ウィナーが5頭出走。

迎え撃つ脂の乗りきった5歳馬からはGⅠ馬3頭を含む7頭が出走してきます。

6歳勢からは2年前のダービー馬マカヒキ。

昨年のダービー馬ワグネリアンとの2世代ダービー馬対決にも注目が集まる一戦ですね。

この好メンバーの中、春の中距離王の座に輝くのはどの馬になるか、追い切り面から検討していきます。

それでは、大阪杯2019予想:追い切り・調教分析に入っていきましょう。

<第63回 大阪杯>

豪華メンバーが揃う1戦とあれば、当然、競馬新聞やスポーツ紙を始めとしたマスコミの取材も加熱していく。

ただ、ある事情によって、GI競走では陣営が一般マスコミに提供するコメントは『建前』ばかりになり『本音』の部分はまず聞けない。

シンクタンクは騎手・厩舎・エージェント・馬主・生産者・外厩などの牧場関係者まで、あらゆる競馬関係者から情報を入手できるような情報収集態勢を構築し、マスコミからは入手できない関係者の『本音』を知ることが出来ます。

今週の大阪杯についても、全国各地の情報ルートから様々な情報が入ってきており、

「◎○スバリ1点目で2万5340円的中の有馬記念と同等、それ以上かも」との声も。

そこで、今週は大阪杯の【激走穴馬情報】を、シンクタンクを初めてご利用頂く方に限り、特別無料公開することが決定しました。

この【激走穴馬情報】は、高確率で馬券になるだけではなく「馬券になれば好配当間違いなし」と現役関係者もお墨付き。

馬券を買う際には、当社の確かな情報を入手してから購入することをオススメしています!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

LINE@・Twitterでも情報を発信しています。

是非、参考にしてみてください(^^)/

☟☟友達追加待っています☟☟

☟☟フォローよろしくお願いします☟☟

【大阪杯2019予想】追い切り・調教分析

 

まずは確定した枠順配置を確認しておきましょう。

大阪杯 枠順配置

 1- 1マカヒキ      牡6 岩田康誠
 2- 2ワグネリアン    牡4 福永祐一
 3- 3アルアイン     牡5 北村友一
 3- 4エポカドーロ    牡4 戸崎圭太
 4- 5ムイトオブリガード 牡5 横山典弘
 4- 6キセキ       牡5 川田将雅
 5- 7ブラストワンピース 牡4 池添謙一
 5- 8サングレーザー   牡5 ミナリク
 6- 9エアウィンザー   牡5 浜中俊
 6-10ステイフーリッシュ 牡4 藤岡康太
 7-11ペルシアンナイト  牡5 デムーロ
 7-12ステルヴィオ    牡4 丸山元気
 8-13スティッフェリオ  牡5 田辺裕信
 8-14ダンビュライト   牡5 松若風馬

阪神芝2000m

正面スタンド前の4コーナー寄りからスタートし、内回りコースが使用されます。

距離ロスの少ない内枠やや有利のコース形態ですが、大阪杯では内よりも中枠~外枠が良い傾向となっています。

スタート後すぐに直線の上り坂を迎えるので前半のペースは落ち着きやすく、ほぼスローペースになる事が濃厚のコースとなっています。

スローペース+最後の直線が約357mと短いので、基本的には先行馬が有利なコースです。

それでもゴール前の坂を2回上るタフなコースということもあるので、開催後半になって馬場が荒れだすと差しも届くコースへと変貌します。

この辺りは馬場状態とメンバー構成を見極めてそれに見合った馬をチョイスするのが良いでしょう。

その他、詳しいデータ分析は別記事にてまとめています☟☟

⇒ 大阪杯 過去傾向・データ

 

過去5年の好走馬の追い切り・調教から見る好走傾向まとめです。

圧倒的に栗東CW仕上げの好走率が高くなっています。

中心に据えるならこの仕上げの中から選ぶのが定石でしょう。

栗東坂路仕上げからは好走馬が出ているものの、好走率は低くなっています。

勝負仕上げ=坂路仕上げ、という馬なら買える、という印象ですね。

美浦W・坂路仕上げは基本的にマイナス材料。

押さえまで、という評価がベターです。

詳しい好走傾向分析は下記の記事をご覧ください☟☟

⇒ 大阪杯 追い切りから見る好走傾向

 

それでは、有力各馬の最終追い切り・調教を考察していきます。

ワグネリアン

《1週前追い切り》
福永 栗芝 稍 78.3 63.1 49.0 35.4 11.2【2】強め
スーパーフェザー(古馬1000万)0.7秒追走アタマ先着

《最終追い切り》
助手 栗坂 良 54.2 39.6 25.5 12.4 馬なり

追い切りパターン

友道厩舎でウッドと坂路の併用がいつものパターン。

勝負パターンはハッキリしており〝1週前ウッド追い⇒最終坂路仕上げ〟。

この馬自身もこの仕上げでレースに臨むと【4-1-0-0】とパーフェクトとなっています。

中でもメイチ仕上げは〝1週前ウッド一杯追い⇒最終坂路馬なり仕上げ〟。

この追い切りパターンなら素直に買いでOK。

追い切り考察

1週前追い切りで芝追いを挟んできたのは新馬戦以来2度目。

この時は勝利していますが、基本的にはこれはマイナス材料。

上で述べたようにメイチ仕上げは〝1週前ウッド一杯追い⇒最終坂路馬なり仕上げ〟。

メイチではないことは明白という感じですね。

友道厩舎は叩いてからの方が好成績を残す厩舎ですし、追い切りから評価は上げられないですね。

 

アルアイン

《1週前追い切り》
助手 栗坂 良 59.1 42.5 27.5 13.7 馬なり

《最終追い切り》
助手 栗坂 良 52.0 37.9 24.6 12.0 馬なり
プロフェット(古馬1600万)0.8秒追走0.1秒先着

追い切りパターン

昨年のオールカマーの追い切りから、坂路とプール調整との併用というのがパターン化しました。

池江厩舎が坂路追いをメインにすることは珍しいこと。

これには理由があり、そのオールカマーの一戦前に香港のクイーンエリザベス2世カップに挑戦したと、芝コースでの最終追いをボイコットして、鞍上を振り落としかけるなど気性難が露呈。

このメンタル面への影響を考慮して、池江調教師からも『調教内容を見直す』という発言があり、追い切り内容が一新される形となりました。

その後は、オールカマー2着⇒天皇賞秋4着⇒マイルCS3着⇒金鯱賞5着と好成績を残しています。

この追い切り内容変更上手くいっている印象で、この先も坂路とプール調整との併用で進めていくことになるでしょう。

追い切り考察

この中間もプール調整を挟みつつ、坂路中心の追い切り過程。

特に調子を崩すことなく、順調な追い切りを踏めているという印象ですね。

最終追い切りで加速ラップを踏めている点は高評価。

坂路中心の追い切りになって最終追い切りを加速ラップでまとめてきたのはオールカマー&天皇賞秋。

追い切り内容としてはこの水準にあるので一叩きした効果はありそうです。

 

キセキ

《1週前追い切り》
助手 栗CW 良 83.7 65.8 51.4 37.5 12.0【9】一杯

《最終追い切り》
助手 栗CW 良 68.2 53.1 39.0 11,7【9】馬なり

追い切りパターン

ウッドと坂路の併用でじっくり乗り込まれてレースに臨むのが追い切りパターン。

昨春の不振時は追い切りもチグハグな感じで、ポリトラック追いやウッドでも時計が出ないという内容。

調子を取り戻した昨秋以降は〝1週前ウッド追い⇒最終ウッド仕上げ〟の一貫性のある追い切りになっていました。

そういうところを踏まえてまずはこの一貫性のある追い切りを敢行で来ているか。

次に注目するところは最終追い切りの負荷。

中間は馬なり調整が中心で、最終追い切りで強め以上の負荷を掛けてくると好走率が上がります。

〝一貫性のある追い切り+最終追い切り強め以上の負荷〟であれば素直に買いで良いかな、という印象です。

追い切り考察

今走も秋4戦と同じく、ウッドと坂路の併用でじっくり乗り込まれてきました。

これまでは最終追い切りでもビッシリ負荷を掛けていたのでその点がどうか。

昨秋の始動戦毎日王冠でも〝1週前ウッド一杯追い⇒最終ウッド一杯仕上げ〟という追い切り過程を踏んでいました。

そういう面ではMAXに仕上げるのは次以降かな、という印象ですね。

 

ブラストワンピース

《1週前追い切り》
池添 美南W 良 81.6 65.6 50.9 36.5 12.1【3】一杯
ペルソナデザイン(3歳500万)0.8秒追走同入

《最終追い切り》
池添 美南W 良 49.7 35.7 12.2【4】一杯
ペルソナデザイン(3歳500万)0.6秒追走同入

追い切りパターン

詰めて使うことはなく、ノーザンF天栄経由でトレセン入りするのがこの馬の調整パターン。

そして帰厩後は、ウッドと坂路の併用で6本程度の本数でレースに臨むのが定番化しています。

本追い切りはウッドが中心で〝1週前ウッド6F追い⇒最終ウッド4F仕上げ〟が追い切りパターン。

負荷としても強めに掛けてくる方が良いイメージです。

ベスト追い切りは〝1週前追い切りウッド6ハロン追い強め以上+併せ馬先着⇒最終追い切りウッド半マイル追い馬なり+併せ馬先着〟これかなという印象。

ここまで大敗がなくオール掲示板で7戦5勝という戦績から追い切り傾向は読みづらいですが、まずは順調に来ているかどうかというところに注目ですね。

追い切り考察

今走も変わらず、ノーザンF経由でトレセン入り。

ウッドと坂路の併用で追い切り本数は今までより多い8本を消化。

その中で〝1週前ウッド6F一杯追い⇒最終ウッド4F一杯仕上げ〟というこれまで通りの追い切りパターン。

ここまで見ると、特に抜かりなく仕上げてきている印象はあります。

しかし、併せ馬の内容を見ると、1週前&最終ともに格下相手に同入止まりというのは気になるところ。

大きく追走してのものという面はありつつもここまでは先着を繰り返すパターンが多かったです。

これらを踏まえると、ここでMAXに仕上げているという事はなそうですね。

 

サングレーザー

《1週前追い切り》
助手 栗CW 良 87.6 70.0 53.3 36.8 11.9【9】G前仕掛け

《最終追い切り》
助手 栗坂 50.4 36.6 24.1 12,4 叩き一杯

追い切りパターン

浅見厩舎ということで坂路中心の追い切り。

3歳までは追い切りの動きとしては見栄えしなかった中で、徐々に追い切り内容が良化し、今では追い切りもしっかり動くようになりました。

最終追い切りでしっかり負荷を掛けてくることもこの厩舎の特徴です。

その中で終いどこまで粘り切っているかを見るのがこの馬の好不調を読み取るポイントとなっています。

そしてもう1つこの馬の仕上げパターンがあります。

それは中間にウッド追いを挟んでくること。

この追い切りパターンは過去に2度しかなく、2戦2勝と言う戦績となっており、この追い切りパターンを踏んできた時は要注目となります。

追い切り考察

追い切りパターンとしては〝1週前ウッド追い⇒最終坂路仕上げ〟。

上で述べたように中間にウッド追いを挟んでくることは稀。

そしてその追い切りパターン時は2戦2勝という事を踏まえるとこれは良い仕上げですね。

最終追い切りの坂路は自己ベストを更新する好時計でのラップも申し分ナシ。。

13.8-12.5-11.7-12.4と、3F目が最速の11秒台になって4F目を12秒前半でまとめてきたところに好調さが窺えます。

素直に高評価して良い追い切り内容です。

 

ペルシアンナイト

《1週前追い切り》
助手 栗坂 良 60.7 44.6 29.0 14.8 馬なり

《最終追い切り》
水口 栗CW 良 84.0 66.9 52.6 38.9 11.5【5】馬なり
シルヴァンシャー(古馬1600万)0.5秒追走0.1秒先着

追い切りパターン

ウッドと坂路の併用で本追い切りはウッドがメイン。

池江厩舎ということもあり、勝負パターンは〝1週前ウッド6F追い⇒最終ウッド4F仕上げ〟。

逆に前哨戦仕上げは〝1週前ウッド6F追い⇒最終ウッド6F仕上げ〟となっています。

この馬自身勝負仕上げ時の成績は【2-4-1-1】とほぼパーフェクト。

唯一の着外は距離に敗因を求められる日本ダービーとなっています。

勝負仕上げなら買いでOK。

追い切り考察

今走は中2週になるので今までの勝負パターンとは違う形になりました。

過去中2週はマイルCS⇒香港マイルのみ。

その為、ここは判断が難しい場面ですね。

形としては〝1週前坂路追い⇒最終ウッド6F仕上げ〟という内容。

最終追い切りが4F追いでないというところを見ると、本当の目標は安田記念という可能性も残されていますね。

これまで叩き2戦目のGⅠではしっかり結果を出してきているので、前走より上積みはある場面ではありますが、、、

ベターではあってもベストではない、というイメージです。

 

ステルヴィオ

《1週前追い切り》
助手 美南W 良 78.6 68.3 49.3 35.7 12.5【2】直一杯
ヴェラヴァルスター(障害オープン)2.4秒追走0.8秒先着

《最終追い切り》
助手 美南W 良 53.3 38.5 12.3【4】馬なり
フレッチア(古馬1600万)0,3秒先行同入

追い切りパターン

これまで中3週の皐月賞を除く全てのレースでノーザンF天栄を経由。

その為、追い切りで負荷を掛けてくることは少なく、馬なりor終い重点中心の追い切り過程となっています。

本追い切りはウッドがメインで〝1週前ウッド6F追い⇒最終ウッド5For4F仕上げ〟がこの馬の追い切りパターン。

時計が出にくいタフな美浦Wでも終い1F12.5秒を切ってくる脚力を持っており、この時計が見られたときは買いでOKというイメージです。

追い切り考察

今走もノーザンF天栄を経由してトレセン入り。

追い切りパターン通り、この中間もビッシリ負荷を掛けてくることもなく、終い重点の追い切りがメインとなっています。

〝1週前ウッド6F追い⇒最終ウッド4F仕上げ〟を敢行されているところを見ても、仕上がりに抜かりはないかなという印象ですね。


大阪杯2019 まとめ

それでは最後に、追い切りからの本命馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ(エアウィンザー)

《1週前追い切り》
助手 栗坂 良 55.0 39.7 25.1 12.5 馬なり

《最終追い切り》
浜中 栗CW 良 85.8 69.4 53.9 38.8 11.4【7】馬なり
サートゥルナーリア(3歳オープン)0,5秒追走同入

追い切りパターン

基本的にはウッドと坂路の併用で仕上げてくるのがこの馬の追い切り過程になっています。

中間にプール調整を挟むこともありますね。

2018年は5戦4勝2着1回というパーフェクトな成績で本格化したと考えられます。

その本格化して以降の追い切りパターンとしては、

〝1週前ウッド追い⇒最終坂路仕上げ〟が3戦。

〝1週前ウッド追い⇒最終ウッド仕上げ〟が3戦。

この2パターンで、近3戦が〝1週前ウッド追い⇒最終ウッド仕上げ〟このパターンになっています。

終いのキレは重要で渾身の仕上げという条件ならば、ラスト11秒台は必須というイメージですね。

追い切り考察

金鯱賞から中2週。

その為、追い切りパターンとしてはこれまでと違い、〝1週前坂路追い⇒最終ウッド仕上げ〟となりました。

本格化後初の追い切りパターンですが、これは中2週になったので仕方ないところ。

それよりも最終追い切りでウッド6F追いからの終い11秒台を叩いてきたことを評価したいですね。

中間にプール調整を挟んでリフレッシュもされており、ここは仕上がり万全。

 

最近勢いに乗る口コミで話題沸騰のオススメ競馬予想サイトを紹介!

最近は競馬情報サイトが乱立しすぎて、

「どのサイトを参考にすればいいのかわからない!」
「本当に役立つ競馬予想サイトはどれ?」

という疑問を持たれる方が増えてきています。
確かに無料で使えたとしても予想が当たらなければ意味が無いですよね。
そんな皆様のために、今回は

「しっかりと儲かる情報を提供してくれる!」
「信頼して長く使える!」

おすすめ予想サイトをランキング形式でご紹介します!
いずれのサイトもメールアドレスの登録のみで、見る事が出来るサイトとなっています。
是非参考にしてみて下さい!

――――――――――――――――――――

【第1位】うまとみらいと
オススメ度★★★★★

3つのコンテンツを集結させた競馬予想サイト。

■競走馬の実力が一瞬でわかる【うまコラボ】
■的中率90%の反則技【競馬の殿堂】
■穴馬一筋15年が魅せる穴馬【ヒットメイク】

データ派も、本命党も、穴党も、競馬ファンが予想に必要な情報が無料で受け取れます!

無料で有益な情報が多いこのサイトがオススメ度No.1。
【URL】https://miraito.collabo-n.com/

――――――――――――――――――――

【第2位】ギャロップジャパン
オススメ度★★★★

このサイトの魅力は無料コンテンツが充実していることに尽きます。

開催レースから勝負の1鞍❝鉄板レース❞
開催レースから勝負の1鞍❝穴超注目馬❞

この2コンテンツは要注目!

重賞情報も随時更新されるので登録しておいて損はナシ!

<<重賞情報提供のみ先着順になります>>
【URL】http://gallopjapan.jp/

――――――――――――――――――――

【第3位】キメルケイバ
オススメ度★★★★

【当てるため・稼ぐため・勝つため】の競馬サイト。

元馬主、元厩務員、元騎手、元調教師、現役トラックマン
など、数々の情報元と独自の繋がりを持っています。

だからこそ当たる情報を無料で提供してくれるサイトです。

◯ 競馬初心者でもOK
◯ 競馬の知識が無くてもOK

指定の買い目通りに買うだけで、的中を目指せるので初心者に特にオススメです!
【URL】http://kimerukeiba.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。