【大阪杯2020予想】追い切り・調教分析~最終見解

Pocket

今回は大阪杯2020予想:追い切り・調教分析~最終見解を中心とした記事を書いていきます。

今年はGⅠ馬5頭が揃うレースとなった大阪杯。

といっても、直近1年間でGⅠを制した馬に限ると、秋華賞馬クロノジェネシス・エリザベス女王杯馬ラッキーライラックの牝馬2頭のみ。

今年こそ中止になりましたが、ドバイミーティングや香港GⅠと同時期に開催されるという事で、なかなか超好メンバーとはいかないレースですね。

ワグネリアン・ブラストワンピース・マカヒキは3歳以来のGⅠ勝利を目指して。

そこに、昨年クラシックでは惜しくもGⅠ勝利に届かなかったダノンキングリーが初GⅠ勝利を狙って参戦してきます。

春の中距離王の座を手にするのはどの馬になるか、追い切り・調教から検討していきます。

 【大阪杯2020予想】追い切り・調教分析~最終見解

 

まずは確定した枠順配置を確認しておきましょう。

大阪杯 枠順配置

 1- 1ロードマイウェイ  牡4 武豊
 2- 2サトノソルタス   牡5 藤岡康太
 3- 3ブラストワンピース 牡5 川田将雅
 4- 4ワグネリアン    牡5 福永祐一
 5- 5ラッキーライラック 牝5 デムーロ
 5- 6レッドジェニアル  牡4 酒井学
 6- 7ステイフーリッシュ 牡5 岩田康誠
 6- 8ダノンキングリー  牡4 横山典弘
 7- 9マカヒキ      牡7 ヒューイットソン
 7-10ジナンボー     牡5 藤岡佑介
 8-11カデナ       牡6 鮫島克駿
 8-12クロノジェネシス  牝4 北村友一

阪神芝2000m

正面スタンド前の4コーナー寄りからスタートし、内回りコースが使用されます。

距離ロスの少ない内枠やや有利のコース形態ですが、大阪杯では内よりも中枠~外枠が良い傾向となっています。

スタート後すぐに直線の上り坂を迎えるので前半のペースは落ち着きやすく、ほぼスローペースになる事が濃厚のコースとなっています。

スローペース+最後の直線が約357mと短いので、基本的には先行馬が有利なコースです。

それでもゴール前の坂を2回上るタフなコースということもあるので、開催後半になって馬場が荒れだすと差しも届くコースへと変貌します。

この辺りは馬場状態とメンバー構成を見極めてそれに見合った馬をチョイスするのが良いでしょう。

 

過去5年の好走馬の追い切り・調教から見る好走傾向まとめです。

圧倒的に〝栗東CW仕上げ〟の好走率が高くなっています。

中心に据えるならこの仕上げの中から選ぶのがベストでしょう。

〝栗東坂路仕上げ〟からは好走馬が出ているものの、好走率は低くなっています。

勝負パターンや4F目が最速なる加速ラップを踏んだ馬に注目。

〝美浦W仕上げ〟・〝美浦坂路仕上げ〟は基本的にマイナス材料。

押さえまで、という評価がベターです。

 

それでは、有力各馬の最終追い切り・調教を考察していきます。

【ダノンキングリー】

《1週前追い切り》
助手 美南W 良 82.0 66.3 51.5 38.2 12.5【8】一杯
リーヴル(古馬2勝)0.6秒追走0.2秒先着

《最終追い切り》
助手 美南W 稍 65.4 50.3 36.8 12.0【3】馬なり

追い切り考察

これまで通りノーザンF天栄で調整されています。

〝1週前美南W追い⇒最終美南W仕上げ〟という追い切りパターンを踏んできました。

これまでは最終追い切りに美南Pを使うパターンが常ではありましたが、ポリトラックからウッドコースというところではマイナスにはならないでしょう。

むしろ追い切り観点からはより負荷のかかるウッドコースに変えてきたというところでプラスになると考えます。

併せ馬も行われており、1週前にしっかり負荷を掛けるパターンは変わらず、追い切りからは不安はないように見えます。

この馬なりに仕上がりとしては万全といった雰囲気です。

 

【ブラストワンピース】

《1週前追い切り》
助手 美南W 良 81.5 65.9 50.4 36.4 12.5【6】強め
ハルサカエ(古馬3勝)0.4秒追走0.2秒先着

《最終追い切り》
助手 美南W 稍 51.8 37.3 12.3【4】馬なり
ザダル(古馬オープン)0.2秒追走同入

追い切り考察

詰めて使うことはなく、ノーザンF天栄経由でトレセン入りするのがこの馬の調整パターン。

そして帰厩後は、美南Wと美浦坂路の併用で6本程度の本数でレースに臨むのが定番化しています。

本追い切りはウッドコースを中心に〝1週前美南W6F追い⇒最終美南W4F仕上げ〟がこの馬の追い切りパターンとなっています。

負荷としても強めに掛けてくる方が良いイメージです。

ベスト追い切りは〝1週前追い切り美南W6F追い強め以上+併せ馬先着⇒最終追い切り美南W6F追い馬なり+併せ馬先着〟という印象です。

それを踏まえて今回の追い切りを見ていくと、本数はいつも通りの5本の追い切りを消化。

追い切りパターンは〝1週前美南W6F追い強め+併せ馬⇒最終美南W4F追い馬なり+併せ馬〟となっています。

追い切り水準・内容からは特にマイナス材料はありません。

マイナスとなるのは追い切り傾向からマイナスのパターンである美南W仕上げになっているくらいです。

 

【ラッキーライラック】

《1週前追い切り》
助手 栗CW 良 79.9 64.8 51.3 38.0 12.1【8】一杯

《最終追い切り》
助手 栗CW 良 81.6 66.2 51.9 38.7 12.2【7】末強め/span>

追い切り考察

今走は〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東CW仕上げ〟という追い切りパターンを踏んできました。

これは昨秋府中牝馬ステークス3着⇒エリザベス女王杯1着⇒中山記念2着と同じ追い切りパターンとなっています。

それ以前の3戦は〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東坂路仕上げ〟という追い切りになっており、好走を続けていた3歳時の追い切りパターンに戻してきた形です。

ここ3戦は好結果が出ているので、このパターンは◯と考えて良さそう。

追い切り水準としては好走を続けていた3歳時と比べ負荷を掛けるところもないので、あまり時計は出してこないイメージに変わりました。

これで好結果が出ていますし、年を重ねてビシビシと調教する必要もなくなったというところでしょう。

それでも基本的には1週前追い切りで一杯に負荷を掛ける追い切りが勝負パターンと印象。

今回は1週前に『一杯』に負荷を掛けて、最終追い切りは終い重点という勝負パターンを踏まれており、追い切りからはここに向けて抜かりなしの印象です。

 

【ワグネリアン】

《1週前追い切り》
藤岡康 栗P 良 77.3 62.7 48.7 35.7 11.1【7】一杯
ノーウェアランド(3歳未勝利)1.7秒追走0.2秒遅れ

《最終追い切り》
助手 栗坂 良 54.6 39.7 26.0 12.9 馬なり

追い切り考察

友道厩舎で栗東CWと坂路の併用がいつものパターンとなっています。

勝負パターンはハッキリしており〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東坂路仕上げ〟。

この馬自身もこの仕上げでレースに臨むと【4-1-1-1】という成績となっています。

その中で今回は1週前にポリトラックを挟む追い切りパターンを踏んできました。

これはこの馬として初めての事になります。

友道厩舎がポリトラックを挟むパターンは稀にあるので大きなマイナスにはならないと考えますが、それでもマイナスである事に替わりない印象です。

さらにそのポリトラックでの併せ馬は大きく追走したとはいえ、格下馬に遅れるという内容。

これもあまり良い印象は受けません。

上位勢の中では最も追い切りからマイナスが目立つ一頭です。

――――――――――――――――――――

※おすすめサイトの紹介※

メールアドレスの登録のみで、無料登録完了です。

【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

【シンクタンク】
オススメ度★★★★★

陣営が一般マスコミに提供するコメントは『建前』ばかりになり『本音』の部分はまず聞けません。

シシンクタンクでは騎手・厩舎・エージェント・馬主・生産者・外厩などの牧場関係者まで、
あらゆる競馬関係者から情報を入手できるような情報収集態勢を構築し、
マスコミからは入手できない関係者の『本音』を知ることが出来ます。

そうした情報を元JRA調教師の平井雄二氏が率いる重賞・メイン特捜部が厳選し、会員の皆様に公開しています。

無料で見れる情報なのでチェックしておいて損はありません!
【URL】http://www.tkeiba.net/

――――――――――――――――――――

大阪杯2020 最終見解

それでは最後に狙いたい本命馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

《1週前追い切り》
北村友 栗CW 良 96.9 79.7 63.7 49.4 36.6 11.7【6】末強め
ヴィッセン(古馬3勝)追走0.2秒先着

《最終追い切り》
北村友 栗CW 良 68.8 52.2 37.1 11.6【7】馬なり
リュヌルージュ(古馬オープン)0.3秒追走0.1秒先着

追い切り考察

ノーザンFしがらきで調整されて、厩舎では特に負荷を掛けることなく馬なり中心というのがこれまでの追い切りパターンです。

その中で併せ馬で負荷を掛けるというのがこの馬のパターンとなっています。

今走もその辺りは特に変わらず、馬なり中心に併せ馬を行われています。

2週連続ラスト1F11秒台を記録しており、水準に関しても特にケチを付けるところはありません。

元々間隔を空けて、しっかり外厩で調整されてレースに臨むのがデフォルトパターンですし、追い切りからは何の不安もないという事でこの馬を本命に推奨します。

 

※おすすめサイトの紹介※

メールアドレスの登録のみで、無料登録完了です。

【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

【グロリア】
オススメ度★★★★★
限定人数 50人

彗星の如く現れた人気の競馬サイト【グロリア】

高松宮記念/10点で3連複25万1130円的中!

フェブラリーステークス139万円に続きまたGⅠを連勝させました!

名鉄杯/20点で3連単12万9340円的中!
日経賞/10点で3連単33万16000円的中!

リピート率90%というところにこのサイトがいかに有益かを物語っています。

今なら先着50名様、無料登録で厳選買い目情報を毎週提供してくれます。

他サイトで満足できなかった方は試す価値あり!

口コミ情報でも評価の高いグロリアは必見です!
【URL】http://glo-ria.com/







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。