【天皇賞春2018】無料予想と過去傾向・データ分析

Pocket

今回は天皇賞春2018の無料予想と過去傾向・データ分析を中心とした記事を書いていきます。

3000m超の国内唯一のGⅠという特殊条件ゆえに、荒れることが多いレース。

一昔前はかための決着が多かったようですが・・・近年はすっかり様相が変わってきましたね。

 

昨年こそ1人⇒4人気⇒2人気決着というガチガチ決着となりましたが、

それ以前は、8年連続で3連単10万超馬券という波乱決着が続いていました。

歴史的名馬のオルフェーヴルやゴールドシップ、ダービー馬キズナが単勝1倍台で大敗するなど、通常では考えられないことが起こるレースです。

今年はどういう決着になるか!?

過去の傾向やデータから検証していきます。

それでは、天皇賞春2018の無料予想と過去傾向・データ分析に入っていきましょう。

 

 

 

 

1週間サボりましたが、1週前注目馬動画作成しました。

こちらもよろしくお願いします(´・ω・`)

 

【天皇賞春2018】無料予想と過去傾向・データ分析

 

それでは、ピックアップしておきたい過去傾向・データをまとめておきます。

過去10年分のデータとなっています。

枠順傾向

 1枠 【5-1-1-12】
 2枠 【1-2-2-14】
 3枠 【1-1-1-17】
 4枠 【1-0-1-18】
 5枠 【0-1-0-19】
 6枠 【1-1-2-16】
 7枠 【0-2-1-24】
 8枠 【1-2-2-24】

傾向上は内枠優勢ですね。

特に1枠は断トツ。

2枠も抜けた成績になっていますね。

 

人気傾向

1人気 【1-0-1-8】
2人気 【4-1-2-3】
3人気 【1-4-1-4】
4人気 【1-3-0-6】
5人気 【0-0-2-8】
6~9人気  【1-1-1-37】
10人気以下 【2-1-3-78】

過去10年の内、8年で3連単10万超馬券という波乱決着が続いている割には、上位人気馬の好走が多い印象です。

兎に角、1人気の成績が悪く、単勝1倍台だったオルフェーヴル・ゴールドシップ・キズナの3頭でさえ馬券に絡むことが出来ず。

昨年1人気で勝利したキタサンブラックは、ディープインパクト以来の1人気での勝利でした。

 

年齢傾向

4歳  【3-1-5-35】
5歳  【4-5-1-39】
6歳  【3-2-2-26】
7歳上 【0-2-2-44】

4歳~6歳馬の複勝率はほぼ変わらず。

軸はおっちゃん馬(7歳上)よりは若い馬の方がベターでしょうww

 

ちなみに7歳以上で複勝圏内に入った4頭は以下の通り。

2016年 13人気2着カレンミロティック
2015年 10人気3着カレンミロティック
2013年  6人気3着レッドカドー
2010年  4人気2着マイネルキッツ

4頭ともにGⅠで連対歴ありでした。

GⅠ連対歴のない7歳以上は【0-0-0-31】

 

脚質傾向

逃げ馬 【2-0-0-10】
先行馬 【3-6-5-20】
差し馬 【4-4-5-67】
追込馬 【0-0-0-45】

 

上がり3ハロン

1位    【3-0-3- 5】
2位    【0-6-0- 6】
3位    【1-2-0-11】
4位~5位 【3-1-4-11】
6位以下  【3-1-3-110】

上がり1位複勝率 54.5%
上がり2位複勝率 50.0%

となっており、上がりが使える馬が優勢。

とは言え、後ろからでは全く届かないので、先行して、ある程度の上がりを使える馬をチョイスしたいですね。

後方からではオルフェーヴルやゴールドシップ・キズナでさえ届かないのがこのレースですから。

 

ちなみに1人気で勝利した昨年のキタサンブラックは4角先頭通過でした。

さらに言えば、キタサンブラック以前に1人気で勝利したのは歴代最強馬と名高いディープインパクトまで遡ります。

ディープインパクトと言えば後方からズドン!のイメージですが、このレースに限っては4角先頭でした。

あのディープインパクトでさえ

4角で前目に付けていないとお話にならないレース、というのがここから読み取ることが出来ますよね。

 

前走レース

大阪杯    【3-3-2-10】
阪神大賞典  【3-2-4-48】
日経賞    【3-3-2-44】
京都記念   【1-1-0- 3】
その他のレース【0-1-2-39】

大阪杯はGⅡ時代も含めての結果ですが、好走率で見れば断然。

あとは、日経賞・阪神大賞典の王道路線から。

ちなみにその他のレースからの好走は3頭のレースは、

ダイヤモンドステークス・大阪ハンブルクC・ドバイWCの3レースからのみとなっております。

 

消しデータとしては、

前走阪神大賞典5着以下【1-1-0-22】
前走日経賞  3着以下【1-0-0-35】

大阪杯・阪神大賞典・日経賞以外の3着以下
【0-0-1-19】

 

前走人気

1人気 【4-2-2-21】
2人気 【1-3-1-15】
3人気 【1-1-2-20】
4人気 【1-1-1-17】
5人気 【1-1-1-13】
6~9人気  【2-2-1-40】
10人気以下 【0-0-1-15】

前走1・2着馬が中心になっていますね。

 

前走着順

1着 【5-5-4-27】
2着 【3-1-3-22】
3着 【0-2-1-19】
4着 【0-0-1-14】
5着 【1-0-0-13】
6~9着  【0-2-0-34】
10着以下 【1-0-1-15】

ここは前走1・2着馬が断然の成績。

前走オープン以上で1着or2着で【8-6-7-45】と馬券内の半分以上はここから。

 

種牡馬成績

ステイゴールド   【3-0-1-12】
ディープインパクト 【0-1-1-11】
ハーツクライ    【0-4-3- 9】

 

レーティング

シュヴァルグラン  123
レインボーライン  118
クリンチャー    116
トーセンバジル   115
アルバート     115
ガンコ       114
ミッキーロケット  114
サトノクロニクル  113
チェスナットコート 112
スマートレイアー  110
ソールインパクト  104
ヤマカツライデン  103

レーティングではシュヴァルグランが図抜けていますね。

メンバー唯一のGⅠ馬ですし、当たり前と言えば当たり前か。

レーティング通りいくならシュヴァルグランの圧勝なんですけどね...

というか、能力的にも圧勝しても当たり前なんですがねo(-ε´- *)

さぁ、結果はどうなるでしょうか!?

 

天皇賞春2018 まとめ

ここまでのデータを見ていると、阪神大賞典組の1~3着馬と日経賞の1・2着が優勢傾向ですね。

レインボーライン・サトノクロニクル・クリンチャー・ガンコ・チェスナットコート

5頭ともに4歳or5歳と年齢傾向にもマッチしていますし。

過去傾向・データからはこの5頭のBOX馬券で良いんじゃないかと思いますねww

 

それでも、この中から本命候補をピックアップするならこの馬かな ٩(๑´3`๑)۶

この馬⇒ 人気ブログランキングへ(ガンコ)

 

⇓⇓⇓ Twitterもよろしくです ⇓⇓⇓

 

 

―【PR】―――――――――――――――

業界屈指!断トツの”的中実績!”

━━━━━━━━━━━━━━━━━

本物の情報だけに拘る”厳選勝負馬券”

■先日も【中京07R 4歳上500万】にて

「129万8400円」の払い戻し!

一般には出回らない厳選された情報が
今ご登録頂くと完全無料で受け取れる!

「天皇賞春」

【3連複7点勝負】の厳選勝負情報!

>>無料登録はこちら!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■近走の的中実績も確かなもの!

04/14・中山06R   5万5750円的中
04/14・阪神11R   9万6900円的中
04/08・福島12R   49万4000円的中
03/31・阪神09R   2万5500円的中
03/28・大井12R   10万4000円的中
03/25・阪神10R   47万4900円的中
03/25・阪神07R   30万9500円的中

その他HIGH VOLTAGEの的中実績はこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■完全無料で厳選勝負情報を公開!■■

今週の厳選勝負レースは「天皇賞春」

無料で公開することが決定しています!

今週末の特選レース情報を受取る