【天皇賞春2020予想】追い切り・調教から見る好走傾向

Pocket

今回は天皇賞春2020予想:追い切り・調教から見る好走傾向を中心とした記事を書いていきます。

3000m超の国内唯一のGⅠという特殊条件ゆえに、荒れることが多いレース。

歴史的名馬のオルフェーヴルやゴールドシップ、ダービー馬キズナが単勝1倍台で大敗するなど、通常では考えられないことが起こるレースです。

2017年1人気のキタサンブラックが勝利するまで1人気が10連敗で、8年連続で3連単10万超馬券という波乱決着が続いていました。

近年はあまり重視されることのない長距離GⅠという背景もあってか、近年はメンバーレベルが低くなり波乱に繋がるという傾向が強くなっています。

今年はどのような結果となるか、追い切り・調教傾向から検討しています。

【天皇賞春2020予想】追い切り・調教から見る好走傾向

 

まずは登録馬を確認しておきましょう。

天皇賞春 登録馬
※騎手は現時点の想定

エタリオウ     川田将雅
オセアグレイト   ??
キセキ       武豊
シルヴァンシャー  デムーロ
スティッフェリオ  北村友一
タイセイトレイル  ??
ダンビュライト   松若風馬
トーセンカンビーナ 藤岡康太
ハッピーグリン   和田竜二
フィエールマン   ルメール
ミッキースワロー  横山典弘
ミライヘノツバサ  木幡巧也
メイショウテンゲン 松山弘平
メロディーレーン  岩田望来
モズベッロ     池添謙一
ユーキャンスマイル ??

フルゲート18頭に16頭が登録という事で全馬出走可能となっています。

続いて現時点の予想オッズを確認しておきましょう。

天皇賞春 予想オッズ

1 フィエールマン   2.1
2 ユーキャンスマイル 3.6
3 キセキ       5.5
4 ミッキースワロー  11.5
5 メイショウテンゲン 13.9

ここまでが上位に推されそうな馬たちです。

想定1人気は昨年の覇者「フィエールマン」。

前走有馬記念は4着でも2着とは0.3秒差。

海外遠征帰りの休み明けを思えば上出来で、地力の高さを感じさせた。

GⅠ2勝の実績はこのメンバーに入れば断然で、今年の主役になる事は間違いないでしょう。

想定2人気は5歳を迎えて今が充実期の「ユーキャンスマイル」。

昨年5着している舞台で、当時よりも成長した今なら初GⅠ制覇を目指すに値する一頭でしょう。

想定3人気はもう1頭のGⅠ馬「キセキ」。

武豊騎手と初コンビになるという点でも注目の一頭です。

その他、日経賞の覇者「ミッキースワロー」、長距離重賞を大崩れなく走っている「メイショウテンゲン」、阪神大賞典2着「トーセンカンビーナ」、日経賞2着「モズベッロ」などが顔を揃えた一戦となっています。

 

それでは、追い切り・調教から見る好走傾向ということで、過去5年の好走馬の最終追い切りを見ていきます。

ステイヤーの馬にとっては大目標。

宝塚記念の前の一戦と考える陣営にとっては、8~9分仕上げの一戦というイメージですね。

能力がある馬は余力残しでも勝ってしまうのがこのレースでもあります。

また、長距離戦というところではウッドコースを長めを追われている馬の方が良いイメージがありますがどういう傾向果になるでしょうか。

2019年
1着 フィエールマン
美南W 82.2-66.3-51.3-37.5-12.8【7】馬なり
2着 グローリーヴェイズ
美南W 68.4-53.8-39.3-12.7【8】馬なり
3着 パフォーマプロミス
栗P 71.6-54.7-39.2-12.3【7】馬なり
2018年
1着 レインボーライン
栗坂 52.3-37.9-25.5-13.1 一杯
2着 シュヴァルグラン
栗坂 54.6-39.8-25.7-12.8 一杯
3着 クリンチャー
栗坂 54.9-39.9-25.7-12.6 馬なり
2017年
1着 キタサンブラック
栗CW 98.9-82.0-66.4-52.1-39.1-12.1【7】強め
2着 シュヴァルグラン
栗坂 53.5-39.0-25.7-13.1 一杯
3着 サトノダイヤモンド
栗CW 53.2-39.0-12.0【5】馬なり
2016年
1着 キタサンブラック
栗CW 97.3-81.2-65.8-51.6-38.2-12.0【8】G前気合
2着 カレンミロティック
栗坂 53.3-38.6-25.4-12.8 一杯
3着 シュヴァルグラン
栗CW 84.5-68.8-53.2-39.0-12.3【5】馬なり
2015年
1着 ゴールドシップ
栗坂 53.3-38.8-25.3-12.8 末強め
2着 フェイムゲーム
美南W 71.4-55.3-40.6-12.8【7】馬なり
3着 カレンミロティック
栗坂 52.9-38.9-25.7-13.1 一杯

このような結果になっています。

過去5年totalで見ると、

栗東CW仕上げ:24頭中4頭好走。

栗東坂路仕上げ:36頭中7頭好走。

美南W仕上げ:18頭中3頭好走。

美浦坂路仕上げ:0頭中0頭好走。

その他仕上げ:4頭中1頭好走。

好走率としては、その他仕上げ>栗東坂路仕上げ>栗東CW仕上げ=美南W仕上げとなっています。

〝栗東CW仕上げ〟から好走したのは4頭。

2017年1人気1着キタサンブラック・2人気3着サトノダイヤモンド

2016年2人気1着キタサンブラック・3人気2着シュヴァルグラン

となっており、栗東CWで仕上げてきた馬は人気で無難に好走してくるという印象です。

人気に推されての凡走は2017年3人気9着シャケトラのみとなっており、人気に推されての信頼度も高くなっています。

〝美南W仕上げ〟から好走したのは3頭。

2019年1人気1着フィエールマン・6人気2着グローリーヴェイズ

2015年7人気2着フェイムゲーム

人気薄からの好走に期待できるパターンと言えそうです。

フィエールマンは前年菊花賞馬。

グローリーヴェイズは同年日経新春杯勝ち馬。

フェイムゲームはこのレースまでに2400m以上の重賞を3勝の実績馬。

というところで、〝美南W仕上げ〟からは長距離戦で抜けた能力を持っていないと厳しい印象です。

2016年1人気12着に敗れたゴールドアクターは美南W仕上げで凡走しています。

そして意外にも最も好走率の高い〝栗東坂路仕上げ〟。

好走数も最も多くなっており、穴を狙うなら栗東坂路仕上げの馬というイメージです。

この〝栗東坂路仕上げ〟でも取り捨てポイントがあります。

それは1週前追い切りで『栗東CW』を使っているかどうか。

この坂路仕上げで好走した7頭の内6頭はこの「1週前栗東CW追い⇒最終栗東坂路仕上げ」という追い切りパターンを踏んでいます。

この追い切りパターンの馬は過去5年で19頭中6頭好走と、好走率が高くなっています。

2019年4頭中0頭好走
2018年6頭中2頭好走
2017年2頭中1頭好走
2016年3頭中1頭好走
2015年4頭中2頭好走

裏を返せば、1週前に栗東CWを使っていない栗東坂路仕上げの馬は好走率が格段に下がるという事。

唯一中間栗東坂路のみで好走したのは2018年2人気1着レインボーライン。

浅見厩舎所属馬で、基本的に坂路しか使わない厩舎となっています。

そういう厩舎ならOKというイメージですね。

――――――――――――――――――――

※おすすめサイトの紹介※

新サイト入稿しました!!

メールアドレスの登録のみで、無料登録完了です。

【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

【競馬大陸】
オススメ度★★★★★

今なら、無料登録するだけで3000円分のポイントをゲットできるお得期間!

「競馬情報サイトって怪しいところが多い」これは紛れもない事実です。
しかし、重要なのはどのようなサイトでも「きっちりと予想が当たること」

このサイトの特徴は極めてシンプル。とにかく当たる!!
そもそも競馬サイトにそれ以外の特徴って必要ですか?

競馬大陸では独自のノウハウで当たる予想を提供を提供しています。

まずは、無料情報でこのサイトの実力を確認してみてください!

【URL】https://www.kb-tairiku.net/

――――――――――――――――――――

天皇賞春2020 まとめ

〝栗東CW仕上げ〟は人気馬が無難に好走してくるイメージ。

〝栗東坂路仕上げ〟は1週前追い切りで『栗東CW』を使っているかどうか。

「1週前栗東CW追い⇒最終栗東坂路仕上げ」というパターンを踏んでいる馬は買いという判断。

これが天皇賞春の追い切り傾向特注パターンとなります。

〝美南W仕上げ〟は長距離適性のある重賞実績馬のみ押さえるというスタンスで。

 

「フィエールマン」はここまで美浦W中心に調整されています。

ここでも最終追い切りは美浦Wになることが濃厚。

昨年の覇者でもありますし、好走傾向はクリア。

「ユーキャンスマイル」はここまで栗東坂路仕上げ・栗東CW仕上げどちらのパターンも経験しています。

さらに栗東芝仕上げというパターンもあるので仕上げパターンは読みづらい馬です。

友道厩舎という事を踏まえても〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東坂路仕上げ〟がベストという印象です。

「キセキ」はここまで栗東CW仕上げが中心。

ここでも栗東CW仕上げになることが濃厚と考えられます。

好走傾向からはまずまずといったっところです。

「ミッキースワロー」はここまで美南W仕上げが中心。

ここでも美南W仕上げになることが濃厚と考えられます。

重賞3勝というところでは重賞実績は問題なさそうではあります。

とはいえ、長距離実績が不足している感も否めません。

「メイショウテンゲン」はここまで栗東CW仕上げが中心。

ここでも栗東CW仕上げになることが濃厚と考えられます。

好走傾向からは可もなく不可もなくといったところです。

 

それでは最後に、1週前時点の穴注目馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

血統的な魅力もあり、好走傾向をクリアしてきそうなこの馬に注目。

 

※おすすめサイトの紹介※

メールアドレスの登録のみで、無料登録完了です。

【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

【シンクタンク】
オススメ度★★★★★

陣営が一般マスコミに提供するコメントは『建前』ばかりになり『本音』の部分はまず聞けません。

シシンクタンクでは騎手・厩舎・エージェント・馬主・生産者・外厩などの牧場関係者まで、
あらゆる競馬関係者から情報を入手できるような情報収集態勢を構築し、
マスコミからは入手できない関係者の『本音』を知ることが出来ます。

そうした情報を元JRA調教師の平井雄二氏が率いる重賞・メイン特捜部が厳選し、会員の皆様に公開しています。

無料で見れる情報なのでチェックしておいて損はありません!
【URL】http://www.tkeiba.net/







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。