【天皇賞秋2018】無料予想と最終追い切り・調教分析前編

Pocket

今回は天皇賞秋2018の無料予想と最終追い切り・調教分析前編を中心とした記事を書いていきます。

私の天皇賞秋の名場面No.1は2008年ウォッカvsダイワスカーレット。

〝ここからです。残りさあ500と少々。ダイワスカーレット、まだ先頭。

最内、最内キングストレイル。真ん中割ってアサクサキングスがやってこようとしている。

ディープスカイ、ディープスカイ、勝手知ったる府中。

その外に先輩ダービー馬ウオッカ!

残りあと300、坂を上る。新旧ダービー馬の決着になるのか!?

最内ダイワスカーレットは少し苦しくなった。

ウオッカ! ウオッカ! ウオッカ!

ディープスカイ! ディープスカイ! ウオッカ!

内からもう一度ダイワスカーレットも差し返す、ダイワスカーレットも差し返す!

これは大接戦、大接戦のゴール!

ウオッカか、ダイワスカーレットか、真ん中ディープスカイが少々不利か!?

上位人気3頭、牝馬と牝馬と今年のダービー馬。

1分57秒2はレコードの赤い文字です。スゴイ!、、、スゴイ!〟

それでは、天皇賞秋2018の無料予想と最終追い切り・調教分析前編に入っていきましょう。

 

完全にダイワスカーレットは一度手応えが怪しくなって沈みかける。

んですが、、、

〝内からもう一度ダイワスカーレットも差し返す、ダイワスカーレットの差し返す!〟

ここが鳥肌もんなんですよ(*´▽`*)

そして、ウオッカと鼻づら合わせてゴール。

スーパーレコード。

そこから13分の写真判定の末、、、

なんとなんと2cm差でウオッカに軍配。

素晴らしいレースでした。

個人的にこれまでの競馬史上No.1レースかも、、、(^^)v

今見ても感動するレースですね(ノД`)・゜・。

━【PR】━━━━━━━━━━━━━━
利益直結高精度〝的中タイムズ〟
━━━━━━━━━━━━━━━━━
会員限定情報があなたの馬券を変える!
券種適材適所で増やす!資金5倍計画!

これが永久続くので投資0円で回収を量産できる!

さらに❝今❞ご登録の方だけに!!

【3連複勝負馬券】の厳選勝負情報!!
これを推奨コメント付きで完全無料でご提供!!

>>無料登録はこちら<<

更に!今なら無料登録で
【5000円】分のポイントをプレゼント!
期間限定なのでお急ぎください!

【天皇賞秋2018】無料予想と最終追い切り・調教分析

 

それでは早速各馬の追い切り内容を見ていきましょう。

アクションスター

助手 美南W 稍 69.9 54.4 40.0 13.1【7】G前仕掛け

追い切り云々、以前の問題でしょうww

通用しないでしょうww

 

アルアイン

北村友 栗坂 良 51.5 37.5 24.5 12.1 馬なり

サトノノブレス(古馬オープン)0.9秒追走同入

前走と同じく坂路メインでプール調整を織り交ぜてくるという追い切り内容。

最終追い切りは、1週前追い切りでベスト時計を更新してきて、その時計をさらに詰めてくるという超好時計。

ラップとしても加速ラップを踏めていますし、追い切り内容としては抜群。

一叩きした上積みも感じますし、成長も感じる内容となっています。

ただ1つ心配なのは、1週前追い切り分析でもお話しましたが、

〝やはり気になるのは、基本的にウッド調整メインの池江厩舎が坂路中心というところ。

前走の公式発表で、

『4月の香港遠征では調教でごねて乗り手を振り落とすなど気難しさを見せたため、坂路で追い切りを重ねてきた。』

という発表がありました。

前走同様、気性の荒さを押さえるのに努めたという雰囲気で、多少心配は残りますね、、、〟

ここですね。

ただ、前走もこの心配がありながらも2着に好走。

それも勝ち馬レイデオロとはクビ差で、3着以下には3馬身差を付ける内容。

この比較から言えば、レイデオロとのオッズ差を考えると案外狙い目なのかもしれませんね。

追い切りでも折り合いを欠くような素振りは無かったですし、これは杞憂に終わるか。

なんだかんだ、3歳秋以降で崩れたのは距離適性が合わなかった菊花賞&海外レースのみ。

国内の2000m級レースでは崩れ知らず。

意外とワンチャンあるか。

 

ヴィブロス

助手 栗坂 良 56.4 41.3 26.4 12.9 馬なり

最終追い切りは軽め。

これ自体は特に問題なし。

最終追い切りを軽めにまとめてくるのはこの厩舎ではよくあること。

なんですが!!

それは1週前追い切りウッドで一杯の追い切りを施してきた場合。

今走の1週前追い切りは坂路追い。

そして2週前追い切りでウッド追い。

これがね、、、良く分からないんですよ(・_・;)

この厩舎のメイチ仕上げは、

❝1週前追い切りウッド一杯好時計⇒最終追い切り坂路馬なり調整❞

これで間違いない。

メイチ追いでなくても基本的な追い切り過程としては、

❝1週前追い切りウッド追い⇒最終追い切り坂路or最終追い切りウッド❞

基本的にはこの内容。

今走は、

❝2週前追い切りウッド追い⇒1週前追い切り坂路追い⇒最終追い切り坂路追い❞

というわけで、1週早いんですよねww

1週前追い切りが完了した段階でのレースであれば、いつも通りほぼ完璧な追い切り内容。

ここをどう捉えるか、、、

仕上がっているからこそのこの追い切り過程なのか。

個人的には追い切りから万全!とはいかないかな、というところ。

左回り2000mはベスト舞台であることを考えると、軸には怖いけど押さえておくという、お茶を濁す感じで。

 

キセキ

助手 栗CW 良 67.5 51.7 37.9 11.5【9】一杯

追い切り内容としては良かった時の内容に戻してきたという印象ですね。

この追い切り自体、大外回って好時計からのラスト11.5秒でまとめるという好内容。

昨年の条件戦~一気に菊花賞馬と駆け上がったときにデキにありそう。

体調としては戻ったと考えていいでしょう。

前走はこれまでと打って変わって2番手追走から、上がりも33.9秒まとめる好内容でした。

これを休み明けプラス10kgでこなしたことを考えると、その価値も高い印象。

追い込み一辺倒から脚質の幅が広がった今ならここでもチャンスあり。

 

サクラアンプルール

田辺 美南W 稍 68.5 52.5 38.0 12.2【5】馬なり

ベストインザスカイ(古馬500万)1.0秒追走0.3秒先着

追い切り内容としては上々。

時計的にもベストに肉薄する時計を叩けています。

しかしですね、、、

タイミング的なものもありますが、この馬は併せ馬で遅れたときの方が好走するという傾向がありますww

オープン昇級後は、

前走:札幌記念6着 併せ馬先着

2走前:函館記念2着 併せ馬遅れ

3走前:日経賞3着 併せ馬遅れ

4走前:中山記念4着 併せ馬先着

5走前:有馬記念16着 併せ馬先着

6走前:天皇賞秋8着 併せ馬先着

7走前:札幌記念1着 併せ馬先着×2回

8走前:函館記念9着 併せ馬先着

9走前:大阪杯13着 併せ馬先着

10走前:中山記念2着 併せ馬遅れ

11走前:白富士S2着 併せ馬遅れ

このような成績。

併せ馬で遅れるor先着を繰り返す、どちらかが好走ポイント。

ここでは併せ馬先着していますので凡走タイミングになりますねww

そもそも能力的にも少し足りない印象ですし、相手関係が楽になったときに狙いたいですね。

 

サングレーザー

助手 栗坂 良 51.6 37.3 24.2 12.3 一杯

スキッピングロック(新馬)0.2秒先行同入

※10/21(日)追いが本追い切りとして取り上げています。

1週前追い切りはベストに肉薄する好時計。

それに続き最終追い切りでもベストタイ時計を計時。

時計の水準としてはここまで文句なしですね。

今年の初戦のマイラーズカップから立て続けに高水準の追い切りをこなせており、馬の成長も感じさせます。

マイラーズカップではレコード決着、前走札幌記念は時計のかかる馬場。

この両方をクリアしており、馬場状態は問わない。

やはり心配事は距離か。

前走の1戦だけで2000mは大丈夫!とするには早計な気もします。

距離に関してはここが試金石。

そして鞍上に関しても福永いっ君と手が合っていたイメージ。

前走にしてもギリギリまで我慢したからこその勝利。

モレイラ人気も被ってきそうな面ではありますが、モレイラさんは早めに動かしていくジョッキー。

これでは距離を持たせることが出来るか怪しい、、、という場面でもあります。

 

スワーヴリチャード

デムーロ 栗CW 良 98.3 82.3 66.8 51.8 38.4 11.9【9】馬なり

アルテヴェルト(2歳未勝利)クビ差遅れ

最終追い切りでは長めをゆったり入って、徐々に加速、ラストにかけてピッチを上げていき好時計を叩いてきました。

1週前追い切りまでに時計も出していますし、本数も11本と豊富にこなしてきました。

特に1週前追い切りではベストに肉薄する時計を出しており、最終追い切りでは馬なり調整という万全の追い切り内容に見えます。

この秋は左回りの天皇賞秋⇒ジャパンカップの連勝を最大目標に置いているでしょう。

その中での初戦としてはベストのデキにありますし、やはり死角は少なそうな一戦。

ここは夏を超えてさらに成長していることを期待した場面ですね。

 

天皇賞秋2018 まとめ

まずは前編として、出走馬7頭を見てきました。

改めてまとめると、

追い切り◯:アルアイン・キセキ・サングレーザー・スワーヴリチャード

可もなく不可もなく:サクラアンプルール・ヴィブロス

追い切り△:アクションスター

追い切り✕:ナシ

※能力・適正・展開無視、あくまで追い切りのみの評価

という印象。

人気どころは軒並み好追い切りでしたね。

やはり中心は4歳勢になることは間違いなさそう。

 

それでは最後に、この4歳勢4頭の中からの最上位馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ(スワーヴリチャード)

最上位馬となればやはりこの馬で仕方ない。

 

天皇賞秋データ分析はこちら☟☟

【天皇賞秋2018】無料予想と過去傾向・データ分析

 

━【PR】━━━━━━━━━━━━━━
凝縮された濃厚な情報公開まで…残り僅か!
━━━━━━━━━━━━━━━━━
少しでも多くの方へ
的中する喜びを届けたい!
沢山の「入会したい!」という声からなんと再募集に踏み切りました!

ただ、上限持ち、、、今月は残り20名様限定での募集となっており
それ以上は自動的にストップされてしまう模様。
早めの登録が必須です!!!

>>【残り20名様限定】無料登録はこちら<<
◆ーーーーーーーーーーーーーーーーー
『血統』や『調教』、『騎手』にスポットライトを当て
コース別徹底分析!
充実したコンテンツ、競馬初心者に優しいサービス。
~鉄板級とも言える極秘情報を無料でお届け~
◆ーーーーーーーーーーーーーーーーー

このサイトの魅力はシンプルに
『とにかく当たること』
そもそも、これ以外の魅力って必要ないでしょう!


高配当の3連単や3連複を少点数で的中させることができる魅力。

今週は【天皇賞秋】の濃厚な情報を公開決定!
無料で登録できるのは今だけ!!
馬券を当てて素敵な週末を過ごしましょう(^^)/

>>無料登録はこちらから<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。