【天皇賞秋2019予想】追い切り・調教分析〜現役最強馬決定戦を制するのは〜

Pocket

今回は天皇賞秋2019予想:追い切り・調教分析〜現役最強馬決定戦を制するのは〜を中心とした記事を書いていきます。

現役最強馬決定戦の様相を呈している今年の天皇賞秋。

見どころは何と言っても、現役最強馬と名高いアーモンドアイと3歳馬サートゥルナーリアが激突することでしょう。

ここでサートゥルナーリアがアーモンドアイを押さえて優勝するようなら、サートゥルナーリアの時代が来る事は間違いないでしょう。

しかし、脇を固める馬たちも超精鋭が揃っています。

今年の秋最大の注目レース・天皇賞秋を追い切り・調教観点から検討していきます。

【天皇賞秋2019予想】追い切り・調教分析

 

まずは確定した枠順配置を確認しておきましょう。

天皇賞秋 枠順配置

 1- 1カデナ       牡5 藤岡佑介
 1- 2アーモンドアイ   牝4 ルメール
 2- 3ケイアイノーテック 牡4 幸英明
 2- 4スワーヴリチャード 牡5 横山典弘
 3- 5アエロリット    牝5 戸崎圭太
 3- 6ユーキャンスマイル 牡4 岩田康誠
 4- 7スティッフェリオ  牡5 丸山元気
 4- 8マカヒキ      牡6 武豊
 5- 9ダノンプレミアム  牡4 川田将雅
 5-10サートゥルナーリア 牡3 スミヨン
 6-11ゴーフォザサミット 牡4 北村宏司
 6-12ドレッドノータス  セ6 坂井瑠星
 7-13ランフォザローゼス 牡3 デムーロ
 7-14ワグネリアン    牡4 福永祐一
 8-15ウインブライト   牡5 松岡正海
 8-16アルアイン     牡5 北村友一

東京芝2000m

1コーナー奥からのポケットスタートするコースで、2コーナーまでの距離が非常に短いため外枠が不利なコースとなっています。

外枠に入った逃げ・先行馬は、スタート直後から脚を使わせるので苦戦傾向となっています。

そして最大の特徴は約530mの長い直線。

直線が長いというところで瞬発力は必須になります。

最後の直線には坂もありタフなコースですが、近年は馬場の高速化によりスタミナよりもスピードと瞬発力のある馬が好走しやすいコースとなっています。

 

過去5年の好走馬の追い切り・調教から見る好走傾向まとめです。

〝栗東CW仕上げ〟は人気に推されての信頼度が低い仕上げパターン。

毎日王冠からの臨戦で、最終追い切り『一杯』に負荷を掛けられているのは買いパターンです。

〝美南W仕上げ〟は人気に推されての信頼度が高い仕上げパターン。

〝栗東坂路仕上げ〟・〝美浦坂路仕上げ〟からは目立った共通点はありません。

 

それでは本題、有力各馬の最終追い切り・調教を考察していきます。

【アーモンドアイ】

《1週前追い切り》
ルメール 美南W 良 66.4 51.3 37.6 12.2【5】馬なり
コズミックフォース(古馬オープン)0.4追走0.4秒先着

《最終追い切り》
ルメール 美南W 稍 65.4 50.8 37.3 12.2【3】馬なり
ノチェブランカ(古馬3勝)1.2追走0.6秒先着

追い切り考察

いつも通りノーザンF天栄を経由して美南W中心に乗り込まれています。

併せ馬でも圧巻の動きを見せており、ケチを付けるところもありません。

毎度追い切り水準が高く、ここまで凡走もないので特にコメントすることもないですね。汗

 

【ダノンプレミアム】

《1週前追い切り》
川田 栗CW 良 81.9 65.7 50.9 36.9 11.9【6】強め
ボンディマンシュ(古馬1勝)0.3秒追走アタマ遅れ

《最終追い切り》
川田 栗CW 良 81.9 66.0 51.1 37.3 12.0【8】稍一杯
オメガ(古馬1勝)0.4秒追走1.0秒先着

追い切り考察

これまでは本追い切りは栗東CW中心で、中間に坂路を挟むという追い切りパターンになっています。

今走も中間は栗東CW中心の追い切りを敢行されています。

〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東CW仕上げ〟という追い切りパターンを踏んできました。

いつも通りの追い切りパターンとなっており、この点は特に不安なし。

追い切りの水準は毎度高めで消化してくる馬。

最終追い切りでは終いを伸ばしてラスト1F11秒台を当たり前に記録してくる馬となっており、2走前はラスト1F11.3秒の超好時計を記録していました。

しかし、今走は1F12.0秒とこれまでと比べると、相当軽めにまとめられている事が分かります。

1週前追い切り・最終追い切りどちらともラスト1F11秒前半を記録できなかったのは2歳時以来のことになっています。

この点を考えると少なからず不安を感じる内容となっています。

 

【サートゥルナーリア】

《1週前追い切り》
西村淳 栗CW 良 84.0 67.5 52.3 38.3 12.0【6】馬なり

《最終追い切り》
スミヨン 栗CW 良 82.0 66.8 51.7 37.5 11.7【6】馬なり

追い切り考察

今走は〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東CW仕上げ〟という追い切りパターンを踏んできました。

これは皐月賞⇒日本ダービーで使用された追い切りパターンで、これがこの馬の王道パターンです。

内容に目を向けると、これまで最低2本、平均すると3本以上の併せ馬を行われていましたが、前走に続き併せ馬ゼロ。

テンションが上がらないようにという思惑が見え隠れしています。

最終追い切りでも道中行きたがるような面を見せましたが、スミヨン騎手がしっかり制御しました。

その点で騎手込みで折り合いの不安はないと判断したいですね。

やはり打倒アーモンドアイの筆頭で間違いないでしょう。

 

【ワグネリアン】

《1週前追い切り》
福永 栗CW 良 97.7 82.2 66.6 51.8 38.1 12.1【7】強め
トリコロールブルー(古馬オープン)0.5秒先着

《最終追い切り》
助手 栗坂 良 53.8 39.3 25.5 12.8 馬なり

追い切り考察

友道厩舎で栗東CWと坂路の併用がいつものパターンとなっています。

勝負パターンはハッキリしており〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東坂路仕上げ〟。

この馬自身もこの仕上げでレースに臨むと【4-1-0-0】とパーフェクトとなっています。

今回はこの勝負パターンの追い切りパターンを踏んできました。

追い切り内容という面も特にマイナス面はなく、素直に買いでOKという印象を受けます。

 

天皇賞秋2019 穴馬

それでは最後に狙いたい穴馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

《1週前追い切り》
横山典 栗CW 良 82.2 65.6 50.6 36.7 11.7【7】馬なり
スワーヴアーサー(古馬3勝)0.3秒追走0.2秒先着

《最終追い切り》
助手 栗CW 良 82.9 66.4 50.8 37.7 12.2【5】馬なり
トゥルーハート(障オープン)0.7秒追走0.4秒先着

追い切り考察

栗東CWと栗東坂路の併用で本追い切りは栗東CW中心というのがこの馬の追い切りパターン。

主戦ジョッキーがデムーロ騎手になった一昨年のアルゼンチン共和国杯以降、ほぼ全てでデムーロ騎手が1週前・最終共に追い切りで跨っています。

基本的には追い切りで負荷を掛けることは少なく、馬なり調整が中心で併せ馬の本数をこなすのがこの馬の追い切りパターンです。

今走は〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東CW仕上げ〟という追い切りパターンを踏んできました。

今走は国内では約2年ぶりに乗り替わり。

1週前追い切りで横山典騎手が跨っての追い切りとなっています。

4F51秒以下〜1F11秒台の水準をクリアするのは2走前のドバイ遠征前の追い切りや昨年安田記念の水準。

この馬としては追い切り水準が高いものとなっており、仕上がりに関しては良いという評価です。

 

新サイト入稿しました!!

今回ご紹介するのは「オアシス」と「J.H.A」。

これらのサイトはご存知の方も多いかもしれません。

他のブログでも数多く紹介されているサイトです。

「登録者数が多い=オッズが低下する」という理由から、登録者数が増えすぎて募集人数を制限していたサイト。

そんな中、ようやく再募集がかかり、
この度、当ブログでも紹介することが出来るようになりました。

いずれのサイトも今回は人数限定募集になるので、是非、今のうちに無料登録をオススメします!

いずれのサイトもメールアドレスの登録のみで、無料登録完了です。

【docomo・Softbank・icloud】メールですと届かない可能性がありますので、【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

――――――――――――――――――――

【オアシス】
オススメ度★★★★★
限定人数 30人

このサイトの特徴は極めてシンプル。とにかく当たる!!
そもそも競馬サイトにそれ以外の特徴って必要ですか?

OASISでは独自ルートから当たる予想を提供を提供しています。
いつも高配当の3連単や3連複を少点数で的中!

まずは、無料情報でこのサイトの実力を確認してみてください!
【URL】http://www.successoasis.net/

――――――――――――――――――――

【J.H.A】
オススメ度★★★★★
限定人数 30人

このサイトの特徴は「少点数」で的中を狙うというハイレベルな予想にあります。

的中実績を見ても3連単10点以内というのが数多く見られます。
まさに「ローリスクハイリターン」。

その理由は、
元厩舎関係者や競馬記者など業界関係者が名を連ねているからに他ならないでしょう、
当然、その情報力は他のサイトを凌ぐと言って過言ではないです。

無料登録でその一部を公開しているので、まずは無料登録で参考にしてみては!?
【URL】http://www.j-h-a.net/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。