【安田記念2020予想】追い切り・調教分析~最終見解

Pocket

今回は安田記念2020予想:追い切り・調教分析~最終見解を中心とした記事を書いていきます。

近年はスプリンターvsマイラーvs中距離馬の一線級が集まる事で好メンバーが集まりやすい安田記念。

そんな中でも、今年は例年以上の好メンバーが集まりました。

その中心にいるのは間違いなくアーモンドアイでしょう。

ここまで12戦9勝でGⅠ・7勝という圧倒的な成績を残している現役最強馬。

迎え撃つのはマイルGⅠ馬6頭に加えて、スプリントGⅠ馬3頭と春のマイル王決定戦にふさわしいメンバーが顔を揃えました。

アーモンドアイがGⅠ勝利を史上初の『8』に伸ばすのか、はたまたそれを阻止する馬が現れるのか。

大注目の一戦を追い切り・調教から検討していきます。

Twitterでは毎週平場の追い切りピックアップ馬を配信中!

先週も7人気1着や11人気2着などの好走馬を輩出。

☟☟フォローお待ちしています☟☟

【安田記念2020予想】追い切り・調教分析~最終見解

 

まずは確定した枠順配置を確認しておきましょう。

安田記念 枠順配置

 1- 1 ダノンプレミアム  牡5 レーン
 2- 2 ダノンキングリー  牡4 戸崎圭太
 3- 3 ノームコア     牝5 横山典弘
 3- 4 クルーガー     牡8 石橋脩
 4- 5 アーモンドアイ   牝5 ルメール
 4- 6 インディチャンプ  牡5 福永祐一
 5- 7 ペルシアンナイト  牡6 田辺裕信
 5- 8 ケイアイノーテック 牡5 津村明秀
 6- 9 アドマイヤマーズ  牡4 川田将雅
 6-10 ミスターメロディ  牡5 北村友一
 7-11 グランアレグリア  牝4 池添謙一
 7-12 セイウンコウセイ  牡7 内田博幸
 8-13 ヴァンドギャルド  牡4 岩田望来
 8-14 ダノンスマッシュ  牡5 三浦皇成

東京芝1600m

2コーナー付近からスタートするコースで、最初のコーナーまでは約600mと非常に長くなっているので枠順による有利不利は少ないコース。

最後の直線も長く、紛れが少ないコースとなっており、純粋な力勝負になるコースです。

スタートから直線が続く影響で他のコースと比べて激しい先行争いにならず、ハイペースになることはほとんどない。

その為、長い直線でも差し・追込み馬よりも逃げ・先行馬の方が好走率が高くなっています。

どの競馬場にも共通しますが、追い込み一手の脚質では厳しい印象で、狙いは自在性のある先行馬という印象です。

スピード・瞬発力はもちろんのこと、2000mを走り切れるようなスタミナのある馬にも注目。

 

過去5年の好走馬の追い切り・調教から見る好走傾向まとめです。

【栗東CW仕上げ】・【栗東坂路仕上げ】は人気で信頼度が低いパターンとなっています。

【栗東坂路仕上げの】からの好走はハロンラップ11秒台を記録するなど、他馬を圧倒する高水準追い切りが必要。

【美南W仕上げ】は毎年のように好走馬を輩出しており、好走率も最も高い注目パターンとなっています。

【その他仕上げ】はGⅠを複数勝利するような力が抜けている馬が好走する傾向になっています。



それでは、有力各馬の最終追い切り・調教を考察していきます。

【アドマイヤマーズ】

《1週前追い切り》
川田 栗CW 良 78.7 64.6 50.6 37.4 12.0【6】強め
アンコールプリュ(古馬オープン)1.0秒先行0.5秒先着

《最終追い切り》
助手 栗CW 良 80.2 64.5 50.0 36.4 11.6【3】G前仕掛け

追い切り考察

今回は〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東CW仕上げ〟という追い切りパターンを踏んできました。

これは2歳時以来の追い切りパターンとなります。

友道厩舎といえば、ワグネリアンのダービー、ワールドプレミアの菊花賞に代表されるように〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東坂路仕上げ〟が勝負パターン。

この馬自身も朝日杯FS・NHKマイルカップ・香港マイルとGⅠ制覇は全てこのパターンとなっています。

この点を考えるとMAX仕上げではないと考えられます。

1ヶ月前から厩舎で乗り出しを開始されて、乗り込み量は申し分ナシ。

すでに仕上がっているからこその栗東CW仕上げとも考えられる場面ではあります。

追い切りパターンから本命には心許ない印象も押さえは必須というイメージです。

 

【アーモンドアイ】

《1週前追い切り》
助手 美南W 良 73.1 57.2 42.4 13.8【1】馬なり

《最終追い切り》
ルメール 美南W 良 66.5 51.8 37.9 12.4【6】馬なり
サトノラディウス(古馬3勝)0.4秒追走0.3秒先着

追い切り考察

自身初の中2週競馬。

それでも中間の追い切りは3本消化されて心配はなさそう。

初の中2週という事で時計は抑えめ。

軽めのみの追い切りです。

この馬の場合軽めにまとめても時計は出る馬ですが、初めて時計も出さない追い切りとなりました。

粗を探せばこの辺りがレース結果にどう影響を及ぼすか、というところだけ。

 

【インディチャンプ】

《1週前追い切り》
助手 栗坂 良 51.7 37.9 25.0 13.0 一杯
ブラックスピネル(古馬オープン)0.1秒先行0.6秒先着

《最終追い切り》
助手 栗坂 良 51.6 37.4 24.7 12.7 一杯
アメリカズカップ(古馬オープン)0.8秒先着

追い切り考察

いつも通り坂路中心の追い切り過程。

音無厩舎というところで納得の追い切り過程を踏まれています。

これまでは1週前or最終追い切りのどちらかで負荷を掛ける追い切りが多くなっています。

そんな中、今回は1週前・最終追い切り共に一杯に負荷を掛けてきました。

最終追い切りまでしっかり負荷を掛けてくるのはアーリントンカップ4着・東京新聞杯1着・安田記念1着・毎日王冠3着・マイルCS1着・マイラーズカップ1着という事で、不安はなさそうです。

この厩舎はスタートから飛ばして、ラスト1Fでラップを落とすというのが好走の追い切りパターンになっています。

というところではこの馬なりの追い切りパターンを踏まれています。

時計の水準も昨年の同レース1着時と遜色ない追い切りを消化しています。

デキに関しては申し分ナシという雰囲気です。

 

【グランアレグリア】

《1週前追い切り》
杉原 美南W 稍 66.7 51.6 37.9 12.5【7】馬なり
ランフォザローゼス(古馬オープン)1.7秒追走同入

《最終追い切り》
杉原 美南W 良 80.8 64.8 51.1 37.8 12.4【6】馬なり

追い切り考察

この中間も馬なり中心というのはいかにも藤沢和雄厩舎らしい追い切りとなっています。

藤沢和雄厩舎といえば『美南W+併せ馬+馬なり調整』というのがデフォルトパターンとなっています。

以前はこのパターンでしたが、前走からスプリント路線に矛先を向けてからは美浦坂路中心の追い切りを消化しています。

今回は1600m戦に戻るという事もあって、美南Wと坂路の併用で本追い切りは美南Wという追い切りパターンとなっています。

外厩はノーザンF天栄、中間は馬なり調整のみでも追い切り本数は豊富。

最終追い切りはウッドコースを長めに追われて1600m仕様に。

不安材料はレースにいっての折り合いだけ。

 

【ダノンプレミアム】

《1週前追い切り》
助手 栗CW 良 98.0 81.6 65.8 50.9 37.1 11.8【9】一杯

《最終追い切り》
助手 栗阪 良 52.5 37.5 24.3 12.3 馬なり

追い切り考察

これまでは本追い切りは栗東CW中心で、中間に坂路を挟むという追い切りパターンになっています。

その中で今走は〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東坂路仕上げ〟という追い切りパターンを消化しました。

これはマイルCS2着と同じ追い切りパターンとなっています。

ただし、中内田厩舎の坂路仕上げというところではプラスではないイメージです。

また、最終追い切りはジョッキー騎乗が好走率アップの条件。

今回はレースでの初騎乗。

とはいえ、レーン騎手ならさほど心配はないか。

追い切りからは強気にはなれないかな、という印象です。

 

【ノームコア】

《1週前追い切り》
助手 美南W 良 54.2 39.7 12.1【9】馬なり

《最終追い切り》
助手 美南W 良 65.7 51.1 37.8 12.6【9】直強め

追い切り考察

基本的にはノーザンF天栄経由で、厩舎での乗り込み量は少なめ。

ノーザンF天栄経由で3本~5本の追い切りを消化してレースに臨むのがこの馬のパターンです。

今回は間隔が詰まるので在厩調整で中間の追い切りは2本でフィニッシュ。

元々レースまでの乗り込み量が少ないタイプなので特に気にする必要はないでしょう。

最終追い切りでも終いは負荷を掛けられましたし、間隔が詰まる故の不安というのはなさそうです。

この馬なりに順調という印象です。



――――――――――――――――――――

※おすすめサイトの紹介※

メールアドレスの登録のみで、無料登録完了です。

【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

結果を出し続けて創業23年競馬セブン
オススメ度★★★★★

競馬セブンは常日頃から東西トレセンで密な情報収集を行っており、そのジャッジの正確性は業界内でも随一。

紙面上には載らない競馬セブン独占の関係者情報がウリ。

超有名サイトですが、このサイトは本当に馬券に役立つ情報を提供してくれます。

今、話題の外厩情報が無料で見られる唯一のサイトです!
【URL】http://www.keiba7.net/

――――――――――――――――――――

安田記念2020 最終見解

無理矢理粗を探せばない事もないですが、やはり中心はアーモンドアイで良いでしょう。

あとは残り2席を探すレース。

それでは最後に、その筆頭候補馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

《1週前追い切り》
助手 美南W 稍 67.2 52.2 38.5 12.5【7】一杯
リングアベル(3歳未勝利)0.6秒追走同入

《最終追い切り》
戸崎 美南W 良 81.3 64.9 50.7 37.4 12.2【8】馬なり

追い切り考察

これまで通りノーザンF天栄で調整されています。

〝1週前美南W追い⇒最終美南W仕上げ〟という追い切りパターンを踏んできました。

これまでは最終追い切りに美南Pを使うパターンが常ではありましたが、ポリトラックからウッドコースというところではマイナスにはならないでしょう。

むしろ追い切り観点からはより負荷のかかるウッドコースに変えてきたというところでプラスになると考えます。

併せ馬も行われており、1週前にしっかり負荷を掛けるパターンは変わらず、追い切りからは不安はないように見えます。

この馬なりに仕上がりとしては万全といった雰囲気です。

 

今だけの特別なお知らせ!!

今、登録するだけで有料ポイントが無料で手に入るお得サイト

無料でも十分な情報量と予想を提供しているサイトですが、
期間限定で本来なら有料でしか手に入らない情報が無料で見ることが出来ます。

もらえる有料ポイントが多い競馬サイトをランキング形式でご紹介します!
いずれのサイトもメールアドレスの登録のみで、見る事が出来るサイトとなっています。
登録するなら今がチャンスです!

【docomo・Softbank・icloud】メールですと届かない可能性がありますので、【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

――――――――――――――――――――

【第1位】勝馬定石
オススメ度★★★★★
もらえるポイント★★★★★

無料登録で約8万円分のポイント、1000ポイントが受け取れます。

無料の3連複情報がどのサイトよりも!強烈!

過去の実績では「3連複15点」で何度も万馬券的中に成功。
中には100万円を越えた結果も。

先ずは「無料」の3連複情報:勝負馬券で、「他社との違い」をご体感下さい。

無料で有益な情報が手に入るこのサイトはオススメ度No.1
【URL】http://katiuma-no-jyouseki.com/

――――――――――――――――――――

【第2位】競馬報道
オススメ度★★★★
もらえるポイント★★★★

無料登録で約5万円分のポイント、500ポイントが受け取れます。

今話題沸騰中のサイト!『競馬報道』がアツイ

『血統』や『調教』、『騎手』にスポットライトを当て
コース別徹底分析と充実したコンテンツに注目。

重賞情報も随時更新されるので登録しておいて損はナシ!
【URL】http://keibahoudou.com/

――――――――――――――――――――

【第3位】キングダム
オススメ度★★★
もらえるポイント★★★★★

無料登録で5000ポイントが受け取れます!!

元JRA厩務員「笹原正行」監修の競馬サイト。

元JRA関係者だからできる情報を提供してくれるサイトです。

いかに勝てるかに重きを置いた情報収集しているおすすめサイトです!
【URL】http://king-dom.net/







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。