【宝塚記念2020予想】ラッキーライラック他追い切り・調教分析後編

Pocket

今回は宝塚記念2020予想:ラッキーライラック他追い切り・調教分析後編を中心とした記事を書いていきます。

上半期のグランプリとして年末の有馬記念と対をなす存在だが、秋の古馬路線が天皇賞・ジャパンカップ・有馬記念とある程度定まっているのとは対照的に、宝塚記念に至る各馬のローテーションはバラエティに富んでいます。

様々な臨戦過程の馬が一堂に会するのが宝塚記念の華やかなところであり、また難しさでもありますね。

ファン投票1位アーモンドアイの回避は残念であるものの、ファン投票2位ラッキーライラック・3位サートゥルナーリア・6位クロノジェネシスを筆頭に10位以内から6頭が出走。

今年はドバイが中止になった影響もあってか、例年以上のハイレベルメンバーに。

この記事ではラッキーライラック・ブラストワンピースといった有力馬の追い切り・調教を検討していきます。

【宝塚記念2020予想】ラッキーライラック他追い切り・調教分析後編

 

まずは確定した枠順配置を確認しておきましょう。

宝塚記念 枠順配置

 1- 1トーセンカンビーナ 牡4 浜中俊
 1- 2ペルシアンナイト  牡6 和田竜二
 2- 3グローリーヴェイズ 牡5 レーン
 2- 4アフリカンゴールド セ5 藤井勘一郎
 3- 5サートゥルナーリア 牡4 ルメール
 3- 6トーセンスーリヤ  牡5 横山和生
 4- 7ワグネリアン    牡5 福永祐一
 4- 8レッドジェニアル  牡4 酒井学
 5- 9アドマイヤアルバ  セ5 西村淳也
 5-10メイショウテンゲン 牡4 松山弘平
 6-11ラッキーライラック 牝5 デムーロ
 6-12モズベッロ     牡4 池添謙一
 7-13ダンビュライト   セ6 松若風馬
 7-14キセキ       牡6 武豊
 7-15スティッフェリオ  牡6 幸英明
 8-16クロノジェネシス  牝4 北村友一
 8-17カデナ       牡6 鮫島克駿
 8-18ブラストワンピース 牡5 川田将雅

阪神芝2200m

正面スタンド前の4コーナーポケット地点からスタートし、内回りコースが使用されます。

距離ロスの少ない内枠やや有利のコース形態ですが、最初のコーナーまでの距離が長いので枠順による大きな有利不利はないと考えていいでしょう。

スタート後200mほ程で直線の上り坂を迎えるので前半のペースは落ち着きやすく、スローペースになる事が多くハイペースになることはほとんどありません。

スローペース+最後の直線が約357mと短いので、基本的には先行馬が有利なコースです。

それでもゴール前の坂を2回上るタフなコースということもあるので、開催後半になって馬場が荒れだすと差しも届くコースへと変貌します。

この辺りは馬場状態とメンバー構成を見極めて、それに見合った馬をチョイスするのが良さそうです。

 

過去5年の好走馬の追い切り・調教から見る好走傾向まとめです。

【栗東CW仕上げ】は人気で信頼度が低いパターンとなっています。

過去の傾向からはこの仕上げの人気馬が馬券外に敗れて高配当を演出しています。

【栗東坂路仕上げ】からは特に人気薄馬に注目。

上位人気よりも人気薄馬が好走することにより配当妙味が生まれる仕上げパターンです。

そして好走率の高い【美南W仕上げ】。

人気に推されての信頼度が高く、人気薄からの一発もあるこのレースの特注パターンです。



それでは、有力各馬の最終追い切り・調教を考察していきます。

【トーセンスーリヤ】

《1週前追い切り》
助手 美南W 良 63.8 50.4 37.6 12.0【6】G前仕掛け

《最終追い切り》
横山和 美南W 稍 64.7 49.9 37.2 12.3【5】馬なり

追い切り考察

いつも通りの美南W中心の追い切りパターンを消化しています。

元々追い切りでは動く馬。

今回は1週前・最終追い切り共に自己ベストを更新する好時計を記録してきました。

ノーザンファーム生産馬ではないので、厩舎でしっかり負荷を掛けて馬を作るのがパターンですね。

ただ前走は美南Wでラスト1F11.2秒を記録する猛時計を記録していました。

これはなかなかに異次元レベル。

自己ベストを更新している辺りはこの馬自身好調キープといった感じですが、前走ほどのインパクトがないのも事実です。

 

【ブラストワンピース】

《1週前追い切り》
川田 美南W 良 79.8 64.8 50.9 36.6 12.0【6】一杯
ヒラボクハーツ(3歳未勝利)1.0秒追走0.6秒先着

《最終追い切り》
助手 美南W 稍 68.1 52.1 37.6 12.1【6】馬なり
ハルサカエ(古馬3勝)0.2秒追走同入

追い切り考察

詰めて使うことはなく、ノーザンF天栄経由でトレセン入りするのがこの馬の調整パターン。

そして帰厩後は、美南Wと美浦坂路の併用で6本程度の本数でレースに臨むのが定番化しています。

本追い切りはウッドが中心で〝1週前美南W6F追い⇒最終美南W4F仕上げ〟がこの馬の追い切りパターンとなっています。

それを踏まえて今回の追い切りを見ていくと、本数はいつも通りの6本の追い切りを消化。

追い切りパターンは〝1週前美南W6F追い⇒最終美南W5F仕上げ〟。

この馬含め、大竹厩舎所属馬のベストパターンは最終追い切り4F追い。

最終追い切りで5F追いというのはベターであってもベストではないというイメージです。

併せ馬では最終追い切り格下相手に同入止まり。

この馬自身は先着を繰り返すパターンが多くなっており、これも少なからずマイナスかなという印象です。

追い切りからはまずまずという感じで、評価を上げる材料としては少ない印象です。

 

【ペルシアンナイト】

《1週前追い切り》
助手 栗坂 良 63.6 46.4 29.6 14.1 馬なり

《最終追い切り》
和田竜 栗CW 良 83.1 66.5 51.1 38.0 11.5【8】末強め
トゥザクラウン(古馬オープン)1.0秒追走0.6秒先着

追い切り考察

栗東CWと坂路の併用で本追い切りは栗東CWがメインという調整でここまで来ています。

池江厩舎ということもあり、勝負パターンは〝1週前栗東CW6F追い⇒最終栗東CW4F仕上げ〟になりますが、今走は〝1週前栗東坂路追い⇒最終栗東CW6F仕上げ〟となりました。

この馬自身勝負仕上げ時の成績は【2-4-1-1】とほぼパーフェクト。

唯一の着外は距離に敗因を求められる日本ダービーとなっています。

今回は間隔が詰まるので追い切りパターンとしてもこれまでと異なります。

やはりこの馬を買いたいのは勝負パターンの時。

追い切りからは強気にはなれない場面です。

 

【メイショウテンゲン】

《1週前追い切り》
松山 栗CW 良 84.4 68.2 53.0 39.0 12.2【7】強め
ショウナンタイガ(古馬3勝)0.7秒先行同入

《最終追い切り》
松山 栗CW 良 82.3 66.5 52.2 38.6 12.2【7】一杯

追い切り考察

栗東CWと坂路の併用で調整されて、本追い切りは栗東CWメインとなっています。

今走もこれまで通り〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東CW仕上げ〟という追い切りパターンを踏んできました。

追い切りでは『一杯』に負荷を掛けられるのがいつものパターンとなっています。

今回も中間はしっかり負荷を掛けて時計も出しています。

追い切りの時計は極端に遅いわけでもなく極端に速いわけでもないのが特徴で、いつも通り淡々と乗り込まれている印象を受けます。

この馬なりに順調という雰囲気です。

 

【モズベッロ】

《1週前追い切り》
助手 栗坂 良 52.9 37.9 24.6 12.5 一杯
ダイメイコリーダ(古馬2勝)1.1秒追走0.2秒先着

《最終追い切り》
助手 栗坂 良 54.5 38.5 24.1 12.1 一杯
ラブスピール(古馬1勝)1.0秒追走アタマ先着

追い切り考察

中間にプール調整を挟みつつ、栗東坂路中心の追い切りを消化するのがデフォルトパターンになっています。

森田直行厩舎所属馬なのでビシビシと負荷を掛けてくるのが特徴。

中間は『一杯』に負荷を掛ける追い切り+併せ馬を消化してくるのがいつものパターンとなっています。

というところで、いつも通りの追い切りを消化してきたと考えて良さそうです。

併せ馬では2週連続の先着。

そして時計面では2週連続ラスト1F12秒台前半でまとめる内容。

オープン昇級後この2点はが揃うのは初めての事で、追い切りの水準としては最も良いと考えられます。

この馬としてはデキは万全なので後は相手関係だけ。



【ラッキーライラック】

《1週前追い切り》
助手 栗CW 良 78.7 63.2 49.6 37.0 11.8【8】一杯

《最終追い切り》
助手 栗CW 良 82.8 66.9 52.1 38.3 11.4【6】直強め

追い切り考察

今走は前走に引き続き〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東CW仕上げ〟という追い切りパターンを踏んできました。

これは昨秋府中牝馬ステークス3着⇒エリザベス女王杯1着⇒中山記念2着と同じ追い切りパターンとなっています。

それ以前の3戦は〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東坂路仕上げ〟という追い切りになっており、好走を続けていた3歳時の追い切りパターンに戻してきた形です。

近走はこれで好結果が出ているので、このパターンは◯と考えて良さそう。

追い切り水準としては好走を続けていた3歳時と比べ負荷を掛けるところもないので、あまり時計は出してこないイメージに変わりました。

これで好結果が出ていますし、年を重ねてビシビシと調教する必要もなくなったというところでしょう。

それでも基本的には1週前追い切りで一杯に負荷を掛ける追い切りが勝負パターンと印象。

今回は1週前に『一杯』に負荷を掛けて、最終追い切りは終い重点という勝負パターンを踏まれており、追い切りからはここに向けて抜かりなしの印象です。

 

【レッドジェニアル】

《1週前追い切り》
助手 栗CW 良 83.7 66.8 51.2 37.6 11.9【7】馬なり
ワンダフルタウン(新馬)0.6秒先行アタマ遅れ

《最終追い切り》
助手 栗CW 良 80.9 65.8 51.3 38.1 12.1【3】馬なり
バルンストック(古馬1勝)0.2秒追走アタマ先着

追い切り考察

ここまでの仕上げパターンとしては、

〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東CW仕上げ〟

〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東坂路仕上げ〟

〝1週前栗東坂路追い⇒最終栗東坂路仕上げ〟

という様々なパターンで追い切りを敢行されています。

その中で今走は〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東CW仕上げ〟という追い切りパターンを踏んできました。

これはこの馬自身4度目の追い切りパターンとなっています。

高橋義忠厩舎の勝負パターンとしては〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東坂路仕上げ〟というイメージを持っています。

そういう面ではこのレースに向けての勝負度は高くないのかもしれません。

内容としても可もなく不可もなくといった感じで順調に追い切りを消化しているというイメージです。

 

【ワグネリアン】

《1週前追い切り》
福永 栗CW 良 81.7 64.0 49.4 36.6 11.7【6】強め
アンコールプリュ(古馬オープン)0.6秒追走アタマ先着

《最終追い切り》
福永 栗芝 稍 66.2 50.5 36.4 11.6【1】馬なり

追い切り考察

友道厩舎で栗東CWと坂路の併用がいつものパターンとなっています。

勝負パターンはハッキリしており〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東坂路仕上げ〟。

この馬自身もこの仕上げでレースに臨むと【4-1-1-1】という成績となっています。

その中で今回は最終追い切りを芝追いで仕上げるパターンを踏まれました。

これはこの馬として初めての事になります。

友道厩舎が芝を使ってくる事はそれなりにあるので大きなマイナスにはならないと考えますが、それでも少なからずはマイナス。

前走の追い切りはポリトラックを挟んでいた事を考えると、前走比上向きの印象ではありますが上昇度は薄いか。

追い切りから評価を上げる材料は少ない印象です。

――――――――――――――――――――

※おすすめサイトの紹介※

新サイト入稿しました!!

メールアドレスの登録のみで、無料登録完了です。

【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

【競馬大陸】
オススメ度★★★★★

今なら、無料登録するだけで3000円分のポイントをゲットできるお得期間!

「競馬情報サイトって怪しいところが多い」これは紛れもない事実です。
しかし、重要なのはどのようなサイトでも「きっちりと予想が当たること」

このサイトの特徴は極めてシンプル。とにかく当たる!!
そもそも競馬サイトにそれ以外の特徴って必要ですか?

競馬大陸では独自のノウハウで当たる予想を提供を提供しています。

まずは、無料情報でこのサイトの実力を確認してみてください!

【URL】https://www.kb-tairiku.net/

――――――――――――――――――――

宝塚記念2020 追い切りまとめ

それでは最後に、全馬の追い切りまとめます。

あくまで追い切りのみの評価となっています。

これがそのまま印に直結するわけではないのであしからず。

追い切り評価は「買い◯>普通△>マイナス✕」という評価です。

好走傾向 評価 前走比 寸  評
トーセンカンビーナ 上昇気配
ペルシアンナイト 好走パターンを踏むまではケン
グローリーヴェイズ ノーザンF天栄馬で特に変わりなく
アフリカンゴールド 特になし
サートゥルナーリア 絶好、死角なしか
トーセンスーリヤ 前走が良過ぎた
ワグネリアン 追い切りパターンがチグハグなのが…
レッドジェニアル 特に変わり身なし
アドマイヤアルバ 相手がここまでハイレベルでなければ
メイショウテンゲン いつも通り
ラッキーライラック 快調
モズベッロ OP昇級後では最も良い
ダンビュライト 追い切りパターンがマイナス要因
キセキ 自身初の厩舎勝負パターン
スティッフェリオ 追い切りは見劣る
クロノジェネシス 併せ馬格下相手に遅れる
カデナ 好走パターンでないのはマイナス
ブラストワンピース ノーザンF天栄馬で特に変わりなく

これを見るとサートゥルナーリアは死角はナシという感じ。

軸には最適になってくるでしょうか。

最後に、中穴クラスで狙いたい馬と上位の中で嫌いたい馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

やはり追い切りから狙えるこの馬には要注目という感じ。

今年の宝塚記念は角居厩舎祭りになるかもしれませんね。

サートゥルナーリア他の詳しい追い切り分析前編⇒こちら

 

本当にできるオススメ競馬予想サイトを紹介!

最近は競馬情報サイトが乱立しすぎて、

「どのサイトを参考にすればいいのかわからない!」
「本当に役立つ競馬予想サイトはどれ?」

という疑問を持たれる方が増えてきています。
確かに無料で使えたとしても予想が当たらなければ意味が無いですよね。
そんな皆様のために、今回は

「しっかりと儲かる情報を提供してくれる!」
「信頼して長く使える!」

おすすめ予想サイトをランキング形式でご紹介します!
いずれのサイトもメールアドレスの登録のみで、見る事が出来るサイトとなっています。
是非参考にしてみて下さい!

【docomo・Softbank・icloud】メールですと届かない可能性がありますので、【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

――――――――――――――――――――

【第1位】競馬報道
オススメ度★★★★★

無料登録で約5万円分のポイント、500ポイントが受け取れます。

今話題沸騰中のサイト!『競馬報道』がアツイ

『血統』や『調教』、『騎手』にスポットライトを当て
コース別徹底分析と充実したコンテンツに注目。

重賞情報も随時更新されるので登録しておいて損はナシ!
【URL】http://keibahoudou.com/

――――――――――――――――――――

【第2位】馬生
オススメ度★★★★

根拠をある極秘情報を無料で届けてくれる競馬予想サイト。

■生情報だからこそどこよりも速く情報を入手し提供できる
■各メディアの注目箇所でも間違えた情報を見極める
■騎手の乗り替わり情報、移動でのコンディションなど

データ派も、本命党も、穴党も、競馬ファンが予想に必要な情報が無料で受け取れます!

無料で競馬のすべてを最初から最後まで全面サポート!
【URL】http://umanama.com/







1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。