【小倉記念2019予想】追い切り・調教分析~仕上がり絶好の穴本命馬~

Pocket

今回は小倉記念2019予想:追い切り・調教分析~仕上がり絶好の穴本命馬~を中心とした記事を書いていきます。

昨年トリオンフが優勝するまで1人気が12連敗していた小倉記念。

今年の1人気は重賞を連勝中メールドグラースになるでしょうか。

1人気が2年連続の勝利を掴むことが出来るかどうか。

その他、武豊騎手騎乗で連勝してきた上がり馬アイスストーム、前走目黒記念を2着したアイスバブルが人気を集めそうな一戦。

過去は波乱傾向の強いレースとなっており、追い切り・調教からデキの良さそうな穴馬を見つけたいですね。

それでは、小倉記念2019予想:追い切り・調教分析~仕上がり絶好の穴本命馬~に入っていきましょう。

結果を出し続けて創業22年競馬セブン

中京記念で特大万馬券を的中!!

今週の無料情報はレパードステークス

▼3点勝負買い目を無料公開▼
【URL】http://www.keiba7.net/

【小倉記念2019予想】追い切り・調教分析

 

まずは確定した枠順配置を確認しておきましょう。

小倉記念 枠順配置

 1- 1カフェブリッツ   牡6 藤井勘一郎
 2- 2アイスバブル    牡4 福永祐一
 3- 3タニノフランケル  牡4 松若風馬
 4- 4アウトライアーズ  牡5 丸田恭介
 4- 5アイスストーム   牡4 武豊
 5- 6ノーブルマーズ   牡6 高倉稜
 5- 7レトロロック    牡7 松山弘平
 6- 8メールドグラース  牡4 川田将雅
 6- 9カデナ       牡5 北村友一
 7-10シャイニービーム  牡7 西村淳也
 7-11クリノヤマトノオー 牡5 和田竜二
 8-12アドマイヤアルバ  牡4 幸英明
 8-13ストロングタイタン 牡6 浜中俊

小倉芝2000m

4コーナーのポケット地点からスタートするコースで、最初のコーナーまでが長く枠順による有利不利は少ないコースです。

スタートしてからコーナーまでの距離が長いのでペースとしては流れやすく、前半は速くなりやすいコース。

向こう正面で一度ペースが落ち着き3コーナーから再度ペースが上がりやすくなっています。

小回り・平坦コース・最後の直線は約293mと短い事で、4コーナーで前目に付けている逃げ・先行馬が有利。

差し・追い込み馬は早めに捲っていって行ける馬でないと厳しく、基本的な狙いとしては前々で競馬できる馬を狙うのがセオリーです。

 

追い切り・調教から見る好走傾向

過去5年の好走馬の追い切り・調教から見る好走傾向まとめです。

〝栗東CW仕上げ〟は毎年好走馬を輩出しており、このレースで最も注目の仕上げパターンとなっています。

人気での信頼度も高く、穴馬の好走もあるという、とりあえず押さえておいて損はない仕上げパターンという印象です。

〝栗東坂路仕上げ〟で注目すべきは4F目が最速になる『加速ラップ』を踏めているかどうか。

加速ラップを踏めている馬は買い。

そして、この仕上げパターンで狙うのは穴馬。

ここの穴馬をどう拾うかがこのレースのポイントになりそうですね。

〝小倉ダート仕上げ〟は人気に推されることが多いものの凡走傾向にあります。

早めに小倉入りしているという見方をすれば勝負度合いは高そうですが、意外とそれに結果が伴っていない感じ。

配当妙味を求めるならここを嫌って馬券を組むのも面白いかも。

詳しい好走傾向分析は下記の記事をご覧ください☟☟

⇒ 小倉記念 追い切り・調教から見る好走傾向

 

追い切り・調教分析

それでは、有力各馬の最終追い切り・調教を考察していきます。

【アイスバブルス】

《1週前追い切り》
水口 栗CW 良 82.9 66.9 52.1 37.8 11.8【6】一杯
アルジャンナ(新馬)0.8秒追走0.4秒遅れ

《最終追い切り》
福永 栗坂 良 53.1 39.2 25.3 12.5 馬なり
ブルーエクセレンス(3歳未勝利)0.3秒追走同入

追い切り考察

今走は〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東坂路仕上げ〟という追い切りパターンを踏んできました。

これは前走と同じ追い切りパターンとなっています。

それ以前は〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東CW仕上げ〟という追い切りパターンが中心になっており、前走から追い切りパターンを変えてきています。

池江厩舎ということを考えれば珍しい追い切りパターンですね。

基本的には〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東CW仕上げ〟が最も多く、馬によっては〝1週前栗東坂路追い⇒最終栗東坂路仕上げ〟があります。

この追い切りパターンは池江厩舎の新しい試みなのかもしれません。

内容に目を向けると、1週前追い切りでは未出走馬相手に遅れるという、一見あまり良く見えない追い切り内容。

しかし、この馬としてはこれが当たり前の水準。

前走の追い切りでは6度併せ馬を行われて全て遅れ。

2走前の追い切りでは3度併せ馬を行われて全て遅れています。

併せ馬で遅れることは気にする必要はないのかもしれません。

最終追い切りでは13.9-13.9-12.8-12.5というラップ。

馬なり調整で軽めにまとめたという内容で、まずまずというところ。

追い切りからは良くも悪くもなく、いつも通りという印象です。

 

【タニノフランケル】

《1週前追い切り》
助手 栗CW 重 69.7 53.4 38.8 11.7【8】引張りきり
ショパン(古馬2勝)0.4秒追走アタマ先着

《最終追い切り》
助手 栗坂 良 53.1 37.9 24.6 12.3 馬なり
ショパン(古馬2勝)0.3秒追走同入

追い切り考察

今走は〝1週前ウッド追い⇒最終坂路仕上げ〟という追い切りパターンを踏んできました。

これは前走・前々走と同じ追い切りパターンです。

好走パターンとしては、強い負荷の追い切りを行うか併せ馬で本数をこなす、このどちらか。

今走は中間馬なり調整のみですが、併せ馬を2本行われています。

この馬の好走パターンとしてはギリギリクリアといったところ。

しかし、強気に推すには中間の負荷の掛けた追い切りか併せ馬の本数は増えてほしいという印象です。

間隔が詰まる中でも追い切りの本数自体は多めにこなしているので、叩き3走目で走り頃といった印象は受けます。

前走と比べると上積みはありそうですが、好走傾向の加速ラップを踏めなかった点はマイナス。

 

【アイスストーム】

《1週前追い切り》
助手 栗坂 良 52.3 37.3 23.7 11.8 末強め

《最終追い切り》
助手 栗坂 良 53.5 37.7 24.1 12.1 強め
セパヌイール(古馬3勝)0.5秒追走0.2秒先着

追い切り考察

以前は〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東坂路仕上げ〟という追い切りパターンになっていました。

その追い切りパターンを崩したのは3走前から。

中間坂路のみで仕上げるという追い切りパターンになっています。

それ以後の成績は【2-0-1-0】となっており、ここまではパーフェクトの成績となっています。

今走もこの好走パターンの追い切りを踏まれており、中間は坂路のみで調整されました。

その中で、1週前追い切りの内容が高水準。

15.0-13.6-11.9-11.8というラップ。

4F目が最速になる加速ラップを踏んだという事もさることながら、ラスト2Fが11秒台ー11秒台でまとめた事が素晴らしい。

ラスト1F11.8秒は当週のNo.1時計。

当週にラスト11秒台を記録した馬は計5頭。

その内、4頭はすでに出走しており3頭が馬券圏内に好走しています。

このことからもこの時計がいかに高水準であるかが分かるかと思います。

最終追い切りでは15.8-13.6-12.0-12.1とこのレースの好走パターンである加速ラップを踏めなかったことがマイナスポイント。

ここ以外は文句なしの追い切り過程ですね。

 

【ノーブルマーズ】

《1週前追い切り》
助手 栗坂 重 53.1 38.4 25.1 12.4 一杯

《最終追い切り》
高倉 栗坂 良 53.8 39.0 25.4 12.5 馬なり

追い切り考察

中間はプールを挟みつつ、坂路での調整というのがいつも追い切りパターン。

今走はこの馬なりの追い切りパターンを踏んできました。

その中で1週前に負荷を掛けて最終追い切りでは馬なり調整という追い切りパターン。

この馬自身、1週前に負荷を掛けるのは珍しいパターン。

好走パターンとしては最終追い切りに負荷を掛ける方が良い傾向であります。

最終追い切りは14.8-13.6-12.9-12.5というラップ。

水準なりのラップですが、4F目が最速になる加速ラップを踏んでおり、好走傾向に合致します。

本命に推すには心許ないですが、押さえくらいには。

 

【メールドグラース】

《1週前追い切り》
黒岩 栗CW 重 82.2 65.6 51.1 37.8 11.9【8】一杯
サングレデクリスト(2歳未勝利)2.1秒追走クビ遅れ

《最終追い切り》
黒岩 栗CW 良 84.1 67.5 52.2 38.3 12.2【9】直強め
マジックバローズ(古馬2勝)0.4秒追走同入

追い切り考察

ウッド中心に乗り込まれるいつも通りの追い切りパターン。

前走は手控えられた追い切り内容で、併せ馬で遅れる事は少なかった馬ですが、前走時は併せ馬で遅れを2本記録していました。

そこから間隔を空けて臨む今走は、ノーザンFしがらきを挟んで、追い切りでもしっかり時計を出してきています。

1週前追い切りでは格下に遅れましたが、これは大きく追走してのもので仕方なしと言ったところ。

追い切り内容からは前走よりはデキは良い印象を受けます。

好走傾向に合致する栗東CW仕上げ組ですし、特に嫌う材料は少ないですね。

 

【クリノヤマトノオー】

《1週前追い切り》
和田竜 栗CW 重 81.1 65.4 51.1 37.8 11.8【7】一杯

《最終追い切り》
和田竜 栗CW 良 83.6 66.3 51.0 37.6 12.0【8】強め

追い切り考察

これまで通り、〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東CW仕上げ〟という追い切りパターンを踏んでいます。

高橋義忠厩舎ということで、1週前に負荷を掛けて最終追い切りは馬なり調整がベストでしょうか。

実際にこの追い切りパターンで準オープンを勝ち上がっています。

そういう面で見ると勝負パターンは前走の追い切りパターンであった感は否めないですね。

個人的には前走本命に推しましたし。

前走から間隔が詰まるという事もあって、今走は単走での追い切りのみ。

これもこの馬の好走パターンからは外れます。

そろそろ走り頃感はあるものの、追い切りパターンからは推奨しにくい印象です。

このレースの好走傾向に合致する栗東CW仕上げという事を踏まえて、押さえるという評価です。。

 

【ストロングタイタン】

《1週前追い切り》
助手 栗坂 良 52.9 38.5 24.7 12.3 馬なり

《最終追い切り》
浜中 栗坂 良 51.3 37.1 23.9 11.9 馬なり
カフェブリッツ(古馬オープン)0.4秒追走同入

追い切り考察

ここまでは坂路中心の追い切りになっています。

1週前には負荷を掛けて最終追い切りでは馬なり調整というのがこの馬の追い切りパターン。

ですが、今走は中間馬なり調整が中心となっています。

ここは間隔が詰まる分、多少負荷を弱めてきた印象ですね。

それでも終い重点でラップとしては高水準となっています。

1週前追い切り14.4-13.8-12.4-12.3

最終追い切り14.2-13.2-12.0-11.9

とは言え、元々坂路では超高水準のハイラップを刻める馬ですので過大評価は禁物。

近走は高水準ラップでも結果が伴っていない事もありますし、買いパターンが読みづらいですね。

この馬も追い切り詐欺馬認定してもいいのかもしれません。

追い切り詐欺馬には『追い切り動いている馬は凡走続きでもたまにレースで好走する』という考えを持っています。

取り捨ての考え方としては人気薄なら押さえておく、人気なら軽視、という付き合い方が一番ベターかなと考えています。

まぁ大人気に推されるわけでもないですし、好走傾向に合致する坂路加速ラップ組なので押さえておいても。

 

小倉記念2019 穴本命

それでは最後に穴本命馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

《1週前追い切り》
助手 栗CW 良 81.1 64.3 49.6 36.5 11.7【8】馬なり

《最終追い切り》
松山 栗坂 良 50.5 36.9 24.3 12.2 末強め

追い切り考察

今走は〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東坂路仕上げ〟という追い切りパターンを踏んできました。

これはこの馬の好走パターンで【2-2-1-3】という成績になっています。

凡走は2歳時と3歳時に1度ずつと前走の小倉大賞典となっています。

1週前追い切りでは栗東CW5F時計は当週の9番時計。

4F時計は当週の6番時計となっており、高水準の時計を計時しています。

4F時計はこの馬自身のベスト時計。

そして最終追い切りでは当週の1番時計にして、自己ベストを更新する好時計を叩いています。

ラップ水準としても13.6-12.6-12.1-12.2で、3F目から続けて12秒台を計時する高水準のラップ。

追い切り内容としてもケチの付けようがないですね。

そして小倉芝【4-1-0-2】の小倉巧者。

重賞で勝ち負けするにはここしかない舞台ですし、ここを目標に仕上げてきているのは間違いないでしょう。

 

新サイト入稿しました!!

今回ご紹介するのは「オアシス」と「J.H.A」に続いて「グロリア」というサイト。

これらのサイトはご存知の方も多いかもしれません。

他のブログでも数多く紹介されているサイトです。

「登録者数が多い=オッズが低下する」という理由から、登録者数が増えすぎて募集人数を制限していたサイト。

そんな中、ようやく再募集がかかり、
この度、当ブログでも紹介することが出来るようになりました。

いずれのサイトも今回は人数限定募集になるので、是非、今のうちに無料登録をオススメします!

いずれのサイトもメールアドレスの登録のみで、無料登録完了です。

【docomo・Softbank・icloud】メールですと届かない可能性がありますので、【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

※月変わりでオアシス追加30名募集再開しました!

――――――――――――――――――――

【オアシス】
オススメ度★★★★★
限定人数 30人

このサイトの特徴は極めてシンプル。とにかく当たる!!
そもそも競馬サイトにそれ以外の特徴って必要ですか?

OASISでは独自ルートから当たる予想を提供を提供しています。
いつも高配当の3連単や3連複を少点数で的中!

まずは、無料情報でこのサイトの実力を確認してみてください!
【URL】http://www.successoasis.net/

――――――――――――――――――――

【グロリア】
オススメ度★★★★★
限定人数 50人

投資競馬の最高峰とも言えるサイト。

リピート率90%というところにこのサイトがいかに有益化を物語っています。

今なら無料登録で厳選買い目情報を毎週提供してくれます。

他サイトで満足できなかった方は試す価値あり!

口コミ情報でも評価の高いグロリアは必見です!
【URL】http://glo-ria.com/

――――――――――――――――――――

【J.H.A】
オススメ度★★★★★
限定人数 30人

このサイトの特徴は「少点数」で的中を狙うというハイレベルな予想にあります。

的中実績を見ても3連単10点以内というのが数多く見られます。
まさに「ローリスクハイリターン」。

毎週無料予想が提供されるので参考にしてみては!?
【URL】http://www.j-h-a.net/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。