【帝王賞2020予想】追い切り・調教分析~古馬ダート頂上決戦の行方は~

Pocket

今回は帝王賞2020予想:追い切り・調教分析~古馬ダート頂上決戦の行方は~を中心とした記事を書いていきます。

6/24(水)大井競馬11R 20:05発走

大井競馬場ダート2000mで行なわれるJpnⅠになります。

中央競馬では春のグランプリレース宝塚記念でGⅠレースは秋に向けて夏休みに入ります。

地方に目を向けても、夏に向けて残す交流GⅠはこの帝王賞と3歳ダート王を決めるジャパンダートダービーのみとなりました。

クリソベリル・ルヴァンスレーヴ・オメガパフューム・ワイドファラオなどを筆頭に超一流のダート馬が揃った今年の上半期古馬ダート総決算。

地方からもノンコノユメ・生え抜きのモジアナフレイバー、東京ダービー馬ヒカリオーソと素晴らしいメンバーが揃いました。

過去最高の面がーが揃ったとも思われる2020年上半期のダート頂上決戦を制するのはどの馬になるか、追い切り・調教から検討していきます。

【帝王賞2020予想】追い切り・調教分析~古馬ダート頂上決戦の行方は~

 

まずは確定した枠順配置を確認しておきましょう。

帝王賞 枠順配置

 1- 1モジアナフレイバー 牡5 繁田健一
 2- 2ルヴァンスレーヴ  牡5 レーン
 3- 3ミツバ       牡8 和田竜二
 3- 4ワイドファラオ   牡4 福永祐一
 4- 5ストライクイーグル 牡7 御神本訓史
 4- 6チュウワウィザード 牡5 ルメール
 5- 7サブノクロヒョウ  牡7 西啓太
 5- 8クリソベリル    牡4 川田将雅
 6- 9ノンコノユメ    セ8 真島大輔
 6-10フレアリングダイヤ 牡5 楢崎功祐
 7-11オメガパフューム  牡5 デムーロ
 7-12ヒカリオーソ    牡4 山崎誠士
 8-13キャッスルクラウン 牡6 岡村健司
 8-14ケイティブレイブ  牡7 長岡禎仁

大井ダート2000m

帝王賞・東京大賞典・ジャパンダートダービーというJpnⅠが開催される地方においては最も重要視される舞台。

中央競馬でいうところの東京芝2400mのような最高峰の舞台ですね。

その為、2000mを走りきるスタミナはもちろんのことスピードも必要となる、総合力が問われる舞台となっています。

ホームストレッチの4コーナー付近からスタートするコースで、最初のコーナーまでの距離は非常に長くなっています。

先行争いが激化するという事は少なく、枠順による有利不利は少ないコースです。

距離も長くスタートから最初のコーナーまで長いので、流れはスローに落ち着きやすい。

地方競馬場では最後の直線も最も長いので、上がり最速を使える馬は馬券内に突っ込んでくることが多くなっています。

紛れが少なく、力のある馬が力通りに好走出来るコースと考えていいでしょう。

全体を通して見るとやや内枠有利であることが浮かび上がります。



それでは、有力各馬の最終追い切り・調教を考察していきます。

【ルヴァンスレーヴ】

《1週前追い切り》
レーン 美南W 良 67.5 52.8 39.3 12.0【8】馬なり
ホテルカリホルニア(3歳未勝利)0.6秒追走同入

《最終追い切り》
助手 美南W 稍 68.3 52.8 38.7 12.1【7】末強め
フラッフィクラウド(古馬1勝)0.4秒追走同入

追い切り考察

今走は〝1週前美南W追い⇒最終美南W仕上げ〟という追い切りパターンを踏んできました。

前走は脚部不安から約1年半ぶりのレース出走という事もあり、ダートコース主体に追い切りを行われていました。

元々はは美南Wと美浦坂路の併用で、本追い切りは美南W中心に消化するというのがこの馬の追い切りパターン。

それを考えれば、今回中間ウッドコースを使ってきた事は評価できるポイントです。

前走の追い切りは水準としても最低限という感じで、本調子ではないのは間違いないところでした。

今回は前走比で考えれば十分に上積みを感じられる追い切りとなっています。

レースを使ってなお、ウッドコース主体に負荷を掛けられている点を考えても脚元の不安は多少なりとも拭い去られた印象です。

追い切りからは前走とは雲泥の差という感じなので、あとはレース勘だけ。

 

【ミツバ】

《1週前追い切り》
和田竜 栗CW 良 81.2 65.5 51.4 38.2 12.3【7】一杯
キングフォルテ(古馬2勝)0.5秒先行0.3秒先着

《最終追い切り》
助手 栗坂 稍 55.2 39.625.8 12.9 馬なり

追い切り考察

追い切りに一貫性がない馬です。

栗東坂路で仕上げられることもあれば、栗東CWで仕上げられることもあります。

さらに1週前追い切りでも栗東坂路or栗東CWが使用されます。

馬自身がムラ駆けタイプで、追い切りにも一貫性ナシ。

なかなか難しい馬となっています。

そんな中、今走は〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東仕上げ〟という追い切りパターンを踏んできました。

この仕上げは近走では、

2020年平安ステークス11着
2020年川崎記念7着
2019年ダイオライト記念4着
2018年チャンピオンズカップ8着
2018年マーキュリーカップ1着
2018年平安ステークス4着
2017年JBCクラシック3着

となっています。

やはり、ムラ駆けタイプらしく好走・凡走の繰り返しとなっていますね。

一昨年川崎記念を制した際は〝1週前栗東坂路追い⇒最終栗東坂路仕上げ〟という追い切りパターンでした。

現状、こちらのパターンの方がこの馬としては良い印象を受けるので、追い切りからは評価を上げるポイントはありません。

 

【ワイドファラオ】

《1週前追い切り》
助手 栗坂 不 53.3 38.3 24.8 12.3 一杯
トーセンカンビーナ(古馬オープン)0.8秒追走0.2秒先着

《最終追い切り》
助手 栗坂 稍 54.0 38.9 25.1 12.5 末強め

追い切り考察

栗東CWと栗東坂路の併用で調整されるこの馬なりの追い切りパターンを踏んでいます。

今回は〝1週前栗東坂路追い⇒最終栗東坂路仕上げ〟という追い切りパターンを踏まれました。

中間に栗東CWを使われていますが、この馬としては現状〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東坂路仕上げ〟がベストパターン。

この追い切りパターンでかしわ記念1着・オーバルスプリント2着・ニュージーランドトロフィー1着などの好走があります。

角居厩舎という事を考えてもこれがベストパターン。

1週前追いきりではしっかりと負荷を掛けられ僚馬をあっさりかわす内容を見せています。

体調は引き続き良さそうです。

追い切りパターンには不満が残るものの、総じて上々の追い切りを消化できたという印象です。

 

【チュウワウィザード】

《1週前追い切り》
ルメール 栗CW 良 83.4 67.6 52.5 38.4 12.1【7】直強め
チュウワノキセキ(古馬2勝)0.9秒追走同入

《最終追い切り》
見習 栗坂 重 53.9 38.7 25.0 12.3 強め

追い切り考察

栗東CWと坂路の併用での調整がメインで〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東坂路仕上げ〟が中心となっています。

今走も変わらずこの追い切りパターンを踏まれました。

ここまで大きな凡走がないので追い切りパターンから好不調を見つけるのは難しいです。

ただ、併せ馬で遅れを見せたときは勝ち切れていないところがポイントとなっています。

今走は1週前追い切りこそ追走同入追い切りとなっていますが、2週前追い切りでは格下に遅れるという内容になっています。

とはいえ、時計面は自己ベストなので僚馬が動きすぎたという面は少なからずありますが。

ただ、遅れたという事実は見逃せません。

レースこそ走っていませんが、ドバイへ輸送しており、そこからの臨戦というのは国内で順調に調整されている馬よりは不安は残ります。

実績・安定感からは人気に推される事は確実でしょうが、ここは取りこぼしを視野に馬券を組みたいところです。

 

【クリソベリル】

《1週前追い切り》
助手 栗坂 不 53.0 38.1 24.6 12.2 一杯
サンライズノヴァ(古馬オープン)アタマ遅れ

《最終追い切り》
助手 栗坂 重 52.1 38.3 25.1 12.6 一杯
サンライズノヴァ(古馬オープン)0.1秒先行0.1秒先着

追い切り考察

今走は〝1週前栗東坂路追い⇒最終栗東坂路仕上げ〟という追い切りパターンを踏んできました。

これまで通り坂路中心の追い切り過程を踏んでいます。

音無厩舎所属馬らしく中間もしっかり負荷を掛けられており、時計もしっかり出されています。

この馬としては元々3F目が最速になるラップを踏んで4F目に時計を要す、というのが追い切りパターンになっています。

今回は最終追い切りでこのパターンになっています

1週前追い切り14.9-13.5-12.4-12.2

最終追い切り13.8-13.2-12.5-12.6

というラップ推移の追い切りを消化しました。

1週前追い切りではこの馬としては比較的に軽めに調整されているので4F目が最速になる加速ラップを踏めたという内容です。

今冬はサウジアラビア⇒ドバイと海外輸送が続いての帰国初戦。

やはりこの馬としては仕上げ途上感は否めません。

 

【オメガパフューム】

《1週前追い切り》
調教師 栗坂 不 52.4 38.2 25.1 12.6 末強め

《最終追い切り》
助手 栗CW 重 81.0 65.9 51.2 37.9 12.2【7】馬なり

追い切り考察

基本的にこれまでは坂路中心の追い切り過程になる事が多く、稀に栗東CWを挟んでくるというのがこの馬の追い切りパターンです。

今走は〝1週前栗東坂路追い⇒最終栗東CW仕上げ〟という追い切りパターンを踏んできました。

中間に栗東CWを挟んでくる事自体珍しいパターンですが、今回は最終追い切りを栗東CWでまとめてきました。

これはこの馬としては初めての追い切りパターンになります。

前走は1週前・最終追い切り共に栗東CWを使うパターンで、2走続けて栗東CWで仕上げるパターンを踏んできました。

基本的には好意的ではないですが、前走は叩き台という仕上げの中でも完勝というところでは栗東CWで負荷を掛けられる方がこの馬としては良いのかもしれません。

元々坂路でしっかり動いてくるタイプではないので、これも栗東CWの方が良いという事にもつながります。

今回は1週前・最終追い切り共に時計も出してきており、ここを目標にしっかり仕上げられた印象です。

 

【ケイティブレイブ】

《1週前追い切り》
長岡 栗坂 不 57.6 41.2 25.8 12.6 馬なり
エピキュール(古馬1勝)0.9秒先行同入

《最終追い切り》
長岡 栗CW 良 83.2 67.1 52.1 38.0 12.0【9】一杯

追い切り考察

これまでの追い切りパターンとしては坂路中心が最も多く、1週前に栗東CWを使うパターンが稀に、というイメージです。

今走は1週前に栗東坂路を使って、最終追い切りで栗東CWを使うパターンを踏んできました。

このパターンは前走と同じパターンとなっています。

基本的にはここ2戦好走を続けていますが、追い切りから変わり身があったわけではありません。

結局のところは能力はあるという馬なのですが、引き続き追い切りからは特に大きく変わったところはありません。

良くも悪くもこの馬なりという感じで、評価の難しい一頭です。

――――――――――――――――――――

※おすすめサイトの紹介※

新サイト入稿しました!!

メールアドレスの登録のみで、無料登録完了です。

【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

【グロリア】
オススメ度★★★★★
限定人数 50人

彗星の如く現れた人気の競馬サイト【グロリア】

人気どころ決着の安田記念/9点で3連単13万4880円的中!

波乱の高松宮記念/10点で3連複25万1130円的中!

堅い決着・波乱決着どちらにも対応!

リピート率90%というところにこのサイトがいかに有益かを物語っています。

今なら先着50名様、無料登録で厳選買い目情報を毎週提供してくれます。

他サイトで満足できなかった方は試す価値あり!

口コミ情報でも評価の高いグロリアは必見です!
【URL】http://glo-ria.com/

――――――――――――――――――――

帝王賞2020 最終見解

今年はメンバー的には過去最高ともいえるメンバーが揃いました。

しかし、その中でも順調さを欠く馬もそれなりにいるという雰囲気。

それはドバイへのカラ輸送が要因の一つでしょう。

この憂き目にあったのは「チュウワウィザード」・「クリソベリル」のJRA勢に加えて大井の生え抜き「モジアナフレイバー」もその一頭。

地方から海外遠征する馬というのは珍しいという事を考えても並々ならぬ思いがあったと考えられます。

そういうところでは、地方馬の筆頭でしたが少し難が付く調整過程になっているのは気掛かりです。

そして、もう1点は「ルヴァンスレーヴ」の復活はあるのか、というところがポイント。

この舞台では3歳時にオメガパフュームを下しており、南部杯では全盛期のゴールドドリームを押さえて優勝しています。

復活すればNo.1は間違いなく、そこの取り捨てというのもポイントになってくるでしょう。

そういう上位勢を尻目に最も順調にきているのが「オメガパフューム」。

この舞台では全てGⅠ・JpnⅠを走って3勝2着1回と、この舞台の鬼。

春はここを目標に据えていたでしょうし、最も死角の少ない馬に見えます。

とはいえ、国内無敗の2019年ダート王者「クリソベリル」はやはりはずせないか。

ハイレベルがゆえに意外と難しい一戦になりそうです。

 

それでは最後に、本命馬と対抗馬と穴馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

本命は素直にこの馬から。

それに続くのはかしわ記念組のこれ。

そして、穴では地方馬からこの馬の食い込みに期待。

 

今だけの特別なお知らせ!!

今、登録するだけで有料ポイントが無料で手に入るお得サイト

無料でも十分な情報量と予想を提供しているサイトですが、
期間限定で本来なら有料でしか手に入らない情報が無料で見ることが出来ます。

もらえる有料ポイントが多い競馬サイトをランキング形式でご紹介します!
いずれのサイトもメールアドレスの登録のみで、見る事が出来るサイトとなっています。
登録するなら今がチャンスです!

【docomo・Softbank・icloud】メールですと届かない可能性がありますので、【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

――――――――――――――――――――

【第1位】勝馬定石
オススメ度★★★★★
もらえるポイント★★★★★

無料登録で約8万円分のポイント、1000ポイントが受け取れます。

無料の3連複情報がどのサイトよりも!強烈!

過去の実績では「3連複15点」で何度も万馬券的中に成功。
中には100万円を越えた結果も。

先ずは「無料」の3連複情報:勝負馬券で、「他社との違い」をご体感下さい。

無料で有益な情報が手に入るこのサイトはオススメ度No.1
【URL】http://katiuma-no-jyouseki.com/

――――――――――――――――――――

【第2位】競馬報道
オススメ度★★★★
もらえるポイント★★★★

無料登録で約5万円分のポイント、500ポイントが受け取れます。

今話題沸騰中のサイト!『競馬報道』がアツイ

『血統』や『調教』、『騎手』にスポットライトを当て
コース別徹底分析と充実したコンテンツに注目。

重賞情報も随時更新されるので登録しておいて損はナシ!
【URL】http://keibahoudou.com/

――――――――――――――――――――

【第3位】キングダム
オススメ度★★★
もらえるポイント★★★★★

無料登録で5000ポイントが受け取れます!!

元JRA厩務員「笹原正行」監修の競馬サイト。

元JRA関係者だからできる情報を提供してくれるサイトです。

いかに勝てるかに重きを置いた情報収集しているおすすめサイトです!
【URL】http://king-dom.net/