【弥生賞2019予想】最終追い切り・調教分析~追い切りNo.1を見極める~

Pocket

今回は弥生賞2019予想:最終追い切り・調教分析~追い切りNo.1を見極める~を中心とした記事を書いていきます。

皐月賞トライアル第1弾:弥生賞。

過去10年、皐月賞or日本ダービーで少なくとも1頭は、弥生賞の出走馬から3着以内に好走する馬が現れています。

春のクラシックに繋がる大事な一戦という事ですね。

今年は桜花賞馬を母に持ち、すでに重賞タイトルを手にしているラストドラフト。

昨年のダービー馬ワグネリアンの全弟カントル。

この良血2頭に対するのは、重賞2勝馬にして、GⅠホープフルステークスで3着に好走したニシノデイジー。

良血vsマイナー血統。

このクラシックに繋がる一戦を制するのはどちらになるか、検討していきましょう。

それでは、弥生賞2019予想:最終追い切り・調教分析~追い切りNo.1を見極める~に入っていきます。

過去5年の3連単平均は4万円【弥生賞】3連単買目・無料公開

今週は皐月賞トライアル第1弾

第56回 弥生賞 (GⅡ)

過去5年の3連単平均は【4万8130円】

最強の関西情報社チェックメイトが導き出した中山記念の3連単勝負買目

無料入手はコチラ!!↓↓↓↓↓↓↓

3連単&3連複の売上は券種全体の6割超え。

それだけ需要があるにもかかわらず、スポーツ紙や専門紙等の大手メディアは、3連単といえばBOXでお茶を濁しているところがほとんど。
チャンスのある馬を5頭~6頭並べて、後は3連単BOXで競馬ファンにお任せ状態。

なぜか??

フォーメーションや軸1頭マルチのような軸を決める形で予想をすると、外れるリスクが大きくなるのでそこから逃げているのです。

しかし、実際に馬券を買う競馬ファンにとっては、勝馬や上位に割って入る穴馬を最も知りたいところではないでしょうか?

リスクを負っても3連単勝負買い目を提供するのが関西情報社チェックメイトです。

★★★★★★★★★★★★★★★★
的中実績

2/10 小倉3R
3連単【11万8090円】的中

2/3 東京新聞杯
3連単【1万8190円】的中

2/2 アルデバランS
3連単【6万2900円】的中
★★★★★★★★★★★★★★★★

【弥生賞2019予想】最終追い切り・調教分析

 

まずは確定した枠順配置を確認しておきましょう。

弥生賞 枠順配置

 1- 1ラストドラフト   ルメール
 2- 2ニシノデイジー   勝浦正樹
 3- 3カントル      デムーロ
 4- 4サトノラディウス  武豊
 5- 5シュヴァルツリーゼ 石橋脩
 6- 6ヴァンケドミンゴ  ミナリク
 7- 7ラバストーン    江田照男
 7- 8ブレイキングドーン 福永祐一
 8- 9ナイママ      柴田大知
 8-10メイショウテンゲン 池添謙一

中山芝2000m

正面スタンド前の4コーナー付近からスタートするコースで、内回りコースが使用されます。

スタート後の直線は長く、枠順による有利不利はそれほどないコース。

スタートしてから最初のコーナーまでの距離が長いことに加えてスタート直後に急勾配の坂を上ることになるので、ペースが落ち着く傾向にあり、ほぼスローペースになると考えていいでしょう。

スローペース+最後の直線が約310mと短い、ということで先行馬が最も有利。

後方から進める馬は、向正面~4コーナーにかけて捲り気味にあがっていける馬でないと差し届かないコース。

コーナーを4つ回る小回りコースなので、東京競馬などで凡走していた小回り適正のある馬が穴をあける傾向にあります。

 

各追い切り場の馬場状態

続いて、各追い切り場の馬場状態(2/27・28)を考察していきます。

時計が出やすい〝A>B>C〟時計がでにくい

3段階評価でまとめていきます。

《栗東CW 良馬場》【B】

当週1番時計 カツジ(古馬オープン)
松山 栗CW 良 94.5 78.4 64.0 49.9 37.1 12.2【7】一杯

先週と比べるてもさほど変わりない馬場かなという印象です。

力のある馬・調教駆けする馬なら時計は出せるという馬場状態。

当週6F80秒を切った馬は計10頭と、少なからず多からずというイメージ。

この辺りを踏まえても、水準通りの時計の出方という感じですね。

テンの入りがゆっくりであったり、4F追いの馬ならラスト1F11秒台も簡単に出せる、というのも押さえておきたいポイントです。

 

《栗東坂路 良~稍重馬場》【B】

当週1番時計 グラウクス(3歳未勝利)
助手 栗坂 良 49.7 36.5 24.7 12.6 叩き一杯

今週坂路で50秒を切ったのはこの馬のみ。

未勝利馬でも50秒を切れる馬場と受け取るか、この馬が速すぎたと取るか、、、

これに続く2番時計は3歳新馬。

この2頭はテンから飛ばしてラストは垂れるラップになっていますし、ビッシリ飛ばしていけば時計は出せる馬場と考えられます・

全体時計50秒台を記録したのは9頭。

という事を考えると、ようやく水準通りの時計に戻ってきたかな、という感じですね。

〝先々週が超速馬場>先週が水準よりやや速い馬場>今週が水準通り〟というイメージです。

28日は雨の影響で稍重馬場となり、27日よりも時計が出にくくなっていたこともポイント。

先週同様全体時計よりも、気にするべきは4ハロン目に最速になる加速ラップを踏まえているかに注目。

 

《美浦南W 良~重馬場》【27日B・28日C】

当週1番時計 ノアクリスティン(3歳新馬)
助手 美南W 良 79.1 64.3 51.5 38.9 15.1【2】一杯

テンから飛ばしていった分ラストはバテバテラップになっていますね。

2番時計を出した馬も同じようなラップになっています。

時計の出方としては先週と変わらず、美浦ウッドらしいタフな馬場という印象です。

基準としては、5F66秒台~67秒台~1F12秒台でまとめてくるようなら優秀、ラスト1F13秒前半ならベターというイメージ。

今週のポイントは27日は先週と変わりない馬場ですが、28日は雨の影響で重馬場まで馬場が悪化し、時計は多少出にくくなったこと。

28日に27日の基準時計で走れている馬は評価を上げる材料になります。

 

《美浦坂路 良~稍重馬場》【B】

当週1番時計 ハートトゥハート(3歳新馬)
助手 美坂 良 49.2 36.2 24.3 12.3 末強め

1番時計は3歳新馬で、全体時計で50秒を切ったのはこの馬のみ。

この時計は素直に評価していいかもしれません。

続く馬たちも3歳馬で、古馬の名前が出るのは6番時計から。

ただし、どの馬もテンに飛ばしてラストは脚が上がる、というようなラップになっているのでこの字面上の数字を信頼するには危険な香りも。

美浦坂路らしいのタフな馬場で、ラスト1Fは時計を要す馬が多くなっています。

テンにゆったり入って⇒加速ラップは、それなりに力のある馬なら当然出せるのでそこはそれなりの評価に留めておきたい。

それよりも、52秒台~12秒前半の加速ラップでまとめられている馬がいれば優秀と判断していきたいところ。

ちなみにアーモンドアイは帰厩後初時計。

助手 美坂 良 52.3 37.4 24.1 11.8 馬なり
レッドオルバース(古馬1600万)0.3秒追走0.4秒先着

という、軽めの内容で超絶ラップを叩いていますww

 

最終追い切り・調教分析

それでは、有力各馬の最終追い切り・調教を考察していきます。

ラストドラフト

《1週前追い切り》
調教師 美南W 稍 81.4 65.7 51.5 37.8 12.8【4】馬なり
アサクサスポット(古馬500万)0.1秒追走0.4秒先着

《最終追い切り》
調教師 美南P 良 65.5 51.0 38.3 12.1【7】馬なり
アンヴェイルド(古馬1000万)1.7秒追走0.2秒先着

追い切りパターン

全2戦の追い切りパターンとしてはまだ安定しておらず、ポリトラックとウッドとの併用で仕上げています。

初戦はウッド仕上げ、2走目の前走はポリトラック仕上げという内容となっています。

2走目は中6週という間隔でも在厩で調整されており、現代競馬としては珍しいパターンですね。

3走目の今走も中6週という間隔が空きますが、在厩でジックリ調整されています。

ここまでを踏まえると、在厩+馬なり調整で本数をこなす、というのが追い切りパターンではありますね。

併せ馬では先着を繰り返しており、これは最低限の水準になってくるでしょう。

追い切り考察

1週前追い切りでは、自身初の6ハロン追いを敢行してきました。

コースは内目を通ってのものですが時計面も優秀、大きく自己ベストを更新する時計を記録してきました。

一戦ごとに力を付けているのが追い切りからも窺えます。

最終追い切りはポリトラック仕上げでレースに臨むことになりました。

この〝1週前ウッド追い⇒最終ポリトラック仕上げ〟は前走と同じ追い切り過程。

前走と同じく中6週で在厩調整なので、この追い切り過程には納得というイメージですね。

しかし、追い切りの本数は前走8本比べて今走は5本と少なくなっています。

裏を返せば気になるのは追い切り本数が少ないくらいで、その他は順調そのものといった雰囲気です。

 

ニシノデイジー

《1週前追い切り》
勝浦 美南W 重 82.4 66.6 51.6 37.6 12.7【3】直一杯

《最終追い切り》
勝浦 美南W 良 68.8 53.0 37.9 12.7【6】馬なり

追い切りパターン

非社台馬になるので厩舎仕上げメインになりますね。

放牧帰り後、レースの約1ヶ月前から乗り出しを開始して、ウッドと坂路の併用でジックリ乗り込まれています。

これは東京スポーツ杯2歳ステークスと同じパターンとなっています。

この時の追い切りパターンを踏襲するなら、〝1週前追い切りウッド併せ馬⇒最終追い切りウッド併せ馬仕上げ〟。

これがベストになってくると考えます。

追い切り考察

追い切り過程はベストパターンの〝1週前追い切りウッド併せ馬⇒最終追い切りウッド併せ馬仕上げ〟で消化してきました。

この点については◯。

しかいし、気になるところも。

それは1週前追い切りに続き、最終追い切りでも単走で追い切りを消化してきたこと。

ここに至るまで、併せ馬は2週前追い切りの1本のみ。

東京スポーツ杯2歳ステークスでは、最終追い切りまでに合計7本の併せ馬を消化していました。

これは明らかに前哨戦仕上げの雰囲気が漂いますね。

非社台ということ、重賞を2勝しており賞金持ちであること、この2点を踏まえると目先の重賞よりクラシックGⅠを獲りたい場面でしょう。

追い切りの水準はまずまずというところなので力を出せるデキにはありそうですが、7分仕上げというイメージですね。

 

カントル

《1週前追い切り》
デムーロ 栗CW 重 85.2 キリ 11.9【4】馬なり
エイカイボルト(新馬)0.4秒追走同入

《最終追い切り》
荻野極 栗CW 良 83.9 68.0 52.6 38.9 12.1【7】直一杯
ルペールノエル(障害オープン)1.2秒追走0.3秒先着

追い切りパターン

前走はこの馬としては初の〝1週前追い切りウッド⇒最終追い切りウッド仕上げ〟で好走しました。

これまでは〝1週前ウッド⇒最終芝仕上げ〟〝1週前ウッド⇒最終坂路仕上げ〟というパターンでした。

そういうところでは今走は〝1週前ウッド⇒最終ウッド〟で仕上げてきそうな雰囲気は感じますね。

ノーザンFしがらき帰りで、同じくしがらき帰りだった2走前に比べると乗り出しが1週間遅くなっています。

そこは気になるものの、その時は凡走していますからね。

あまり気にする必要はないか。

どのような仕上げになっても、2週前⇒1週前⇒最終と続けて併せ馬を敢行している点は押さえておきたいポイント。

追い切り考察

仕上げパターンは〝1週前ウッド追い⇒最終ウッド仕上げ〟という、前走と同じいり過程を踏んできました。

藤原厩舎であることを加味すれば、これは好評価ポイント。

厩舎の主力メンバーであるエポカドーロやパフォーマプロミス・ギベオンなども〝1週前ウッド追い⇒最終ウッド仕上げ〟で仕上げられていますから。

今走と同じノーザンFしがらき帰りだった2走前に比べると乗り出しが1週間遅くなっていて、併せ馬の本数が少なくなっている点。

これについては、1週前追い切り⇒日曜追い切り⇒最終追い切りで併せ馬を敢行され、一気に仕上げてきた印象は受けますね。

最終追い切りでは、追われてからの反応・加速力・スピード全てにおいて申し分なく、走れる態勢は整ったように見えます。

 

サトノラディウス

《1週前追い切り》
助手 美南W 重 67.8 52.3 38.4 13.0【9】馬なり
ボスジラ(3歳500万)0.7秒先行同入

《最終追い切り》
助手 美南W 良 69.5 53.9 38.9 12.5【4】馬なり
ハヤヤッコ(3歳500万)0.4秒追走同入

追い切りパターン

中間に坂路やプール調整を挟むことはありますが、基本的にはウッド中心に仕上げてきています。

外厩経由⇒中間馬なりでじっくり乗り込む、というのがここまでの好走パターンになっています。

追い切り考察

今走は中4週で在厩調整。

中間は5本の追い切りを消化して乗り込みは順調といった雰囲気。

1週前追い切りの水準はコース取りを考えれば優秀と言える部類で、デキに関しても順調でしょう。

最終追い切りを映像で見る限り、追い出されてからの反応に鈍さがある印象。

それを踏まえると、小回りコースと距離短縮はマイナスに作用しそうで、課題があるならそこになりそう。

 

ブレイキングドーン

《1週前追い切り》
助手 栗CW 重 83.5 68.8 54.5 40.6 12.7【8】一杯

《最終追い切り》
助手 栗CW 良 81.0 65.7 51.7 38.4 12.8【7】一杯
イグナーツ(3歳未勝利)1.0秒追走0.9秒先着

追い切りパターン

ここまでの仕上げパターンとしては、

新馬:1週前坂路追い⇒最終坂路仕上げ

萩ステークス:1週前ウッド追い⇒最終坂路仕上げ

京都2歳ステークス:1週前坂路追い⇒最終ウッド仕上げ

ホープフルステークス:1週前ウッド追い⇒最終坂路仕上げ

まだ追い切りパターンが確立されていないですね。

追い切り考察

今走は、〝1週前ウッド追い⇒最終ウッド仕上げ〟とまたしても追い切りパターンを変えてきました。

どれがこの馬に合うのか探っている感じですかね。

最終追い切りの内容としては、追い出されるとスッと反応して僚馬をアッサリ突き放す圧巻のパフォーマンスを披露。

ラストの脚色は鈍ったのは、前半飛ばし過ぎた分もあるでしょう。

最後まで踏ん張り切って12秒台にまとめたことを評価したいですね。

 

<第56回 弥生賞>

1990年以降、無敗で弥生賞を制したのはフジキセキ、アグネスタキオン、ディープインパクト、ロジユニヴァース、サトノクラウン、マカヒキ、ダノンプレミアムの7頭。

今年は京成杯を制したラストドラフト(2戦2勝)が参戦。

前哨戦を制するのは果たして!?

競馬セブンが無料公開する3点勝負買い目は馬券購入前に必ずご確認ください!

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこその極秘情報。

叩き台で使う陣営、ココが目イチ勝負の陣営など、勝負度合いは明白。

競馬セブンでは厩舎・騎手・馬主・生産各方面から各陣営の本音話を独占入手済です。

各陣営の思惑を知っている競馬セブンに買っていい、買ってはいけないのジャッジはお任せ!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

弥生賞2019 追い切りNo.1

人気はラストドラフト&ニシノデイジーが分け合う形になりそうな一戦。

実績から言えば、重賞勝ち馬のこの2頭が抜けている印象もありますね。

ただ、それ以下も大混戦となっており、カントル&サトノラディウス・ブレイキングドーン辺りまでが10倍を切るオッズになりそうな一戦。

オッズとしてはこの5頭の戦いという雰囲気があります。

賞金持ちの重賞馬2頭に対して、賞金加算を目論む馬たちということで、一筋縄ではいかないレースになりそうですね。

それでは最後に、追い切りNo.1馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ(カントル)

賞金加算必須の立場で、騎手配置も勝負気配濃厚。

追い切りも高水準で、ここは勝ち負けを期待( >д<)

 

▼ 今週の特注重賞情報 ▼
〝弥生賞〟

確かな情報筋からの独占情報
独自ルートからの緻密なリサーチ

過去傾向データの徹底調査
最新競馬ロジックの駆使

これら【最高のIT技術】を駆使して

高額配当を量産しているサイト!

先週も高額配当を多数的中しています!

◆◆近走の〝大万馬券〟お届け実績◆◆

2019-2-24
小倉12R[皿倉山特別]
3連単:11-15-10
払戻額:38万7480円

>>無料情報はこちら<<

無料情報受け取りに必要なのはメールアドレスのみで、
yahoo、google等のフリーメールでの登録OKです!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。