【日本ダービー2020予想】追い切り・調教から見る好走傾向

Pocket

今回は日本ダービー2020予想:追い切り・調教から見る好走傾向を中心とした記事を書いていきます。

全てのホースマンが夢見る日本ダービーがいよいよ今週末に開催されます。

競走馬にとって一生に一度しか出走できず、勝った馬には「ダービー馬」の称号が与えられます。

このレースを勝利すると、騎手は「ダービージョッキー」、調教師は「ダービートレーナー」、生まれ故郷の牧場は「ダービー馬のふるさと」と言われます。

それだけこのレースを勝つことが大きな栄誉になる事になります。

競馬はダービーを中心に回っているといっても過言ではありません。

そんな年に一度の競馬の祭典日本ダービーを追い切り・調教傾向から検討していきます。

【日本ダービー2020予想】追い切り・調教から見る好走傾向

 

まずは登録馬を確認しておきましょう。

日本ダービー 登録馬
※騎手は現時点の想定

アルジャンナ    浜中俊
ウインカーネリアン 田辺裕信
エヒト       ??
ガロアクリーク   川田将雅
キメラヴェリテ   大野拓弥
コルテジア     松山弘平
コントレイル    福永祐一
サトノインプレッサ 坂井瑠星
サトノフラッグ   武豊
サリオス      レーン
ダノンファラオ   ??
ダーリントンホール デムーロ
ディープボンド   和田竜二
ビターエンダー   津村明秀
ブラックホール   石川裕紀人
ブラックマジック  ??
マイラプソディ   横山典弘
マンオブスピリット 北村友一
メイショウボサツ  吉田豊
レクセランス    石橋脩
ワーケア      ルメール
ヴァルコス     三浦皇成
ヴェルトライゼンデ 池添謙一

フルゲート18頭に23頭が登録。

キメラヴェリテ・ダノンファラオ・ブラックマジック・メイショウボサツ・エヒトの5頭が除外対象となっています。

続いて現時点の予想オッズを確認しておきましょう。

日本ダービー 予想オッズ

1 コントレイル    1.6
2 サリオス      3.2
3 サトノフラッグ   8.4
4 ワーケア      13.3
5 ガロアクリーク   31.1
6 ヴェルトライゼンデ 37.1

ここまでが上位に推されそうな馬たちです。

想定1人気は4戦4勝の無敗で皐月賞を制した「コントレイル」。

皐月賞ではサリオスとの無敗馬対決を制して無敗を継続。

父ディープインパクト以来の無敗の2冠馬に輝く事ができるか、大注目の一戦。

想定2人気は皐月賞2着の「サリオス」。

コントレイルには後塵を拝したものの、3着ガロアクリークには3馬身半差を付けており、世代No.2の実力は証明しました。

皐月賞と同じくこの2頭が人気を分け合う形に。

そこに皐月賞5着の「サトノフラッグ」が割って入るオッズ構成。

弥生賞ディープインパクト記念まで3連勝は伊達ではないはずですしし、未勝利を2歳コースレコード勝ちしたように東京も合いそうです。

そして、弥生賞ディープインパクト記念2着で皐月賞の出走権を得たものの見送ってダービー1本に絞った「ワーケア」。

東京の新馬で負かしたウインカーネリアンが皐月賞で4着。

アイビーステークスは3馬身差の快勝、2歳GⅠホープフルステークスステークスでは青葉賞を勝ったオーソリティには続けて先着。

この相手でも戦えそうな下地はありそうです。

ここまでが有力馬として人気を集めそうな想定オッズとなっています。



それでは、追い切り・調教から見る好走傾向ということで、過去5年の好走馬の最終追い切りを見ていきます。

全てのホースマンの夢舞台と言われる日本ダービー。

もちろんここに出走してくる各馬はここに向けて渾身の仕上げで臨んでくることでしょう。

2400mという距離からウッドコースを長めに追われる方が良いイメージがありますがどういう傾向がでるか。

そして厩舎の勝負パターンというのも重要な一戦になるのは間違いないので、それも踏まえて考えていきたいところですね。

2019年
1着 ロジャーバローズ
栗坂 52.6-38.1-24.7-12.3 馬なり
2着 ダノンキングリー
美南P 69.6-54.0-39.4-12.8【6】馬なり
3着 ヴェロックス
栗CW 82.9-67.2-52.3-38.4-11.4【9】強め
2018年
1着 ワグネリアン
栗坂 55.2ー40.1ー25.7ー12.4 馬なり
2着 エポカドーロ
栗CW 88.7-73.6-58.0-43.6-12.9【8】馬なり
3着 コズミックフォース
美南W 84.3-67.9-52.7-38.9-12.5【8】馬なり
2017年
1着 レイデオロ
美南W 68.5-52.3-38.1-12.5【7】馬なり
2着 スワーヴリチャード
栗CW 84.2-67.4-52.1-37.6-11.9【5】馬なり
3着 アドミラブル
栗坂 52.9-38.8-25.4-12.5 一杯
2016年
1着 マカヒキ
栗坂 52.9-38.5-24.7-12.1 強め
2着 サトノダイヤモンド
栗CW 97.3-81.2-65.2-51.3-37.4-11.6【6】一杯
3着 ディーマジェスティ
美南W 80.1-64.2-48.8-35.7-11.9【2】G前仕掛け
2015年
1着 ドゥラメンテ
美南W 53.1-38.6-12.5【7】馬なり
2着 サトノラーゼン
栗CW 53.7-40.6-13.1【7】馬なり
3着 サトノクラウン
美南W 54.6-39.6-12.5【4】馬なり

このような結果になっています。

過去5年totalで見ると、

栗東CW仕上げ:34頭中5頭好走。

栗東坂路仕上げ:25頭中4頭好走。

美南W仕上げ:26頭中5頭好走。

美浦坂路仕上げ:2頭中0頭好走。

その他仕上げ:3頭中1頭好走。

日本ダービーということでほぼ全馬、厩舎の勝負パターンを施されています。

好走率としては、その他仕上げ>美南W仕上げ>栗東坂路仕上げ>栗東CW仕上げとなっています。

【栗東CW仕上げ】は好走数が多いものの出走頭数が多い事もあり好走率は低くなっています。

2019年1人気4着サートゥルナーリア

2018年1人気6着ダノンプレミアム

などが凡走しており、人気での信頼度も低くなっています。

【栗東坂路仕上げ】からの好走馬5頭を掘り下げると、

2019年1着ロジャーバローズは角居厩舎。

角居厩舎の勝負パターンは〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東坂路仕上げ〟。

しかしこのロジャーバローズは〝1週前栗東坂路追い⇒栗東坂路仕上げ〟という追い切りパターンを踏まれていました。

これは京都新聞杯からの臨戦で中2週と間隔が短かった事が要因で、イレギュラーであったと考えられます。

2018年1着ワグネリアン&2016年1着マカヒキは共に友道厩舎。

友道厩舎の勝負パターンは〝1週前栗東CW一杯追い⇒最終栗東坂路馬なり仕上げ〟。

どちらもこの勝負パターンを施されていました。

残り2頭は、2017年3着アドミラブル(音無厩舎)2014年1着ワンアンドオンリー(橋口厩舎)。

共に坂路をメイン追い切りとする厩舎でした。

栗東坂路仕上げの馬をチョイスする場合はそれなりの根拠が必要かなというイメージですね。

人気馬では、

2018年3人気12着キタノコマンドール(池江厩舎)〝1週前栗東坂路追い⇒栗東坂路仕上げ〟

2015年2人気4着リアルスティール(矢作厩舎)〝1週前栗東坂路追い⇒栗東坂路仕上げ〟

この2頭が凡走しています。

そして最も注目度の高い【美南W仕上げ】。

この組の好走率が最も高くなっており、かつ穴馬を輩出するならこの仕上げの馬たちです。

2018年16人気3着コズミックフォース

2017年2人気1着レイデオロ

2016年1人気3着ディーマジェスティ

2015年1人気1着ドゥラメンテ・3人気3着サトノクラウン

2014年1人気2着イスラボニータ・12人気3着マイネルフロスト

毎年のように馬券に絡んでいる点も注目ポイントですね。

特に5ハロン以上の長めを追われた馬の好走率はさらに高くなっています。

人気での凡走というのも近5年では2018年2人気5着ブラストワンピースのみ。

この仕上げパターンでレースに臨む馬は無条件で押さえておくというスタンスでも良さそうです。

【その他仕上げ】からは2019年3人気2着ダノンキングリーが好走しています。

この馬の場合。追い切りは一貫して美南P仕上げで、当時は美南Wの代用で美南Pを使っていました。

そういう面から考えると、この馬は【美南W仕上げ】と同様に扱いで考えることが出来ました。

――――――――――――――――――――

※おすすめサイトの紹介※

新サイト入稿しました!!

メールアドレスの登録のみで、無料登録完了です。

【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

【HORIZON】

毎週無料で買い目を提供中!

元厩舎関係者・元調教師・元トラックマンなど知識豊富なベテラン競馬関係者と契約し、様々な角度から鮮度の高いデータ収集を行っています。

情報精査に関しても専属の馬券師がそれぞれ独自の方法で丁寧に精査。

だからこそ「投資」するに値する本物の情報を提供できるという徹底ぶりです。

まずは高評価の口コミが多い「無料予想」から試してみてはいかがでしょう。
【URL】http://ho-rizon.net/

――――――――――――――――――――

日本ダービー2020 まとめ

好走数・好走率共に【美浦W仕上げ】が多くなっており、まずはここが中心になってききそうです。

特に5F追い&6F追いを敢行されている馬は特注パターンと考えていいでしょう。

【栗東CW仕上げ】は無難に評価できる追い切りパターンではありますが、人気での信頼度は高くありません。

【栗東坂路仕上げ】は厩舎の勝負パターンに該当していればOK。

追い切りパターンの変更からの栗東坂路仕上げは買いづらい印象です。



「コントレイル」はここまで全て1週前栗東CW追い⇒最終栗東坂路仕上げとなっています。

ここでもこの仕上げパターンになる事が濃厚と考えられます。

矢作厩舎の栗東坂路仕上げなので好走傾向からは問題ないでしょう。

「サリオス」はここまで美南Wと美浦坂路の併用で調整されています。

本追い切りは美南Wが中心で、ここでも美南W仕上げが濃厚と考えられます。

ここまで5F追いがメインとなっており、特注パターンに該当するというところでは逆転の目も。

「サトノフラッグ」は美南W仕上げ・美浦坂路仕上げの両パターンを経験しています。

今回はどちらのパターンでくるか。

好走傾向からは美南W仕上げがベストパターンになるので最終追い切りに注目。

「ワーケア」はここまで美南Wと美浦坂路の併用で本追い切りは美南Wというパターンになっています。

ここでも美南W仕上げになることが濃厚と考えられます。

ここまで5F追いがメインとなっており、特注パターンに該当するなら注目の一頭です。

「ガロアクリーク」はここまで美南W中心の追い切りを消化しています。

ここでも美南W仕上げになることが濃厚と考えられます。

ここまで5F追いがメインとなっており、特注パターンに該当するなら注目の一頭です。

「ヴァルトライゼンデ」はここまで1週前栗東CW追い⇒最終栗東坂路仕上げがメイン。

前走で初めて栗東CW仕上げを施されました。

今回はどちらのパターンでくるか。

池江厩舎の栗東坂路仕上げは勝負パターンではないという点では好走傾向からは栗東CW仕上げがベターになりそうです。

 

それでは最後に、1週前時点の注目馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

好走傾向からは長め追いの美南W仕上げになりそうなこの馬に注目。

 

あの有名サイトがリニューアル!

「保障制度がある=精度が高い予想を提供してくれる」

これに異論はないでしょう。

競馬情報サイトはかなりの数ありますが、ここまで自信をもって情報を出しているサイトは他にないと言っても過言ではありません。

いずれのサイトもメールアドレスの登録のみで、見る事が出来るサイトとなっています。
是非参考にしてみて下さい!

【docomo・Softbank・icloud】メールですと届かない可能性がありますので、【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

――――――――――――――――――――

【オアシス】

的中率と回収率のバランスを徹底的に考え、「リスク管理型投資競馬」を確立。

OASISでは独自ルートから当たる予想を提供しています。

恒久的に投資として競馬を継続していくことをお考えなら是非登録してみてほしいサイトです。

いつも高配当の3連単や3連複を少点数で的中!

毎週無料予想を提供しており、まずは、無料情報でこのサイトの実力を確認してみてください!
【URL】http://successoasis.net/

――――――――――――――――――――







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。