【日経賞2020予想】追い切り・調教分析~最終見解

Pocket

今回は日経賞2020予想:追い切り・調教分析~最終見解を中心とした記事を書いていきます。

このレースが終われば、翌日には春のGⅠウィークが開幕するということで、否が応でも期待が高まりますね!

というわけで、天皇賞春の前哨戦の位置付けにある日経賞。

先日行われた阪神大賞典は今年飛躍の年にしたい2人気ユーキャンスマイルが勝利して天皇賞春へ向かう事になりました。

このレース人気を集めるのはミッキスワロー・エタリオウ辺りになってくるでしょうか。

GⅠでは力足らずの印象もGⅡ・GⅢ路線では毎度安定して好走しているミッキースワロー。

3歳時には菊花賞2着し、飛躍の年になるかと思われた昨年はイマイチ結果を残せなかったエタリオウ。

この日経賞を制して天皇賞春へ名乗りを挙げるのはどの馬になるか、追い切り・調教から検討していきます。

【日経賞2020予想】追い切り・調教分析~最終見解

 

まずは確定した枠順配置を確認しておきましょう。

日経賞 枠順配置

 1- 1サトノクロニクル  牡6 大野拓弥
 2- 2マイネルカレッツァ 牡8 丹内祐次
 3- 3ポンデザール    牝5 石橋脩
 3- 4レッドレオン    牡5 藤岡佑介
 4- 5ヤマカツライデン  牡8 勝浦正樹
 4- 6ウインイクシード  牡6 横山武史
 5- 7ソウルスターリング 牝6 丸山元気
 5- 8エタリオウ     牡5 岩田康誠
 6- 9ガンコ       牡7 松田大作
 6-10モズベッロ     牡4 池添謙一
 7-11サンアップルトン  牡4 柴田善臣
 7-12スティッフェリオ  牡6 田辺裕信
 8-13アイスバブル    牡5 津村明秀
 8-14ミッキースワロー  牡6 横山典弘

中山芝2500m

内回りで行われる中山芝2500mですが、スタート地点は外回りコースの3コーナー入り口にある珍しいコースです。

内回りを使用するコースでコーナーを6つ回るコースとなっています。

その為、コーナーを回る器用さは好走への重要なファクターとなります。

スタートしてすぐにコーナーを迎えるので、内枠が有利なコース形態となっています。

外枠の先行馬は位置を取りに行くのに脚を使わせる、差し馬は必然的に位置取りが後方になる、というところでは外枠不利と言い換えることもできます。

コーナーを6つ回るコースのでペースは落ち着きやすく、スローペースになる事が多くなっています。

それでいて最後の直線も約310mと短いので逃げ先行馬の前残りが目立ちます。

差し馬・追い込み馬は向正面から捲り気味に進出する等、早めに上がっていかなければ直線一気では届かないコースとなっています。

向正面で捲るような馬が出ると一気にペースが上がり、ロングスパート戦にスタミナ合戦となるので、展開を読むことも予想の重要なファクターとなります。

 

過去5年の好走馬の追い切り・調教から見る好走傾向まとめです。

基本的には栗東CW仕上げの馬の好走率が高く、ここが中心。

栗東坂路仕上げの馬は厩舎仕様の仕上げならOK。

美浦仕上げ(ウッド・坂路・ダート)は中山巧者なら好走可能。

全体を通して、負荷は掛けた方がプラス材料というイメージです。

 

それでは、有力各馬の最終追い切り・調教を考察していきます。

【エタリオウ】

《1週前追い切り》
岩田康 栗CW 良 94.7 79.5 64.7 51.0 37.8 12.5【6】一杯
ノーウェアランド(新馬)2.0秒追走同入

《最終追い切り》
助手 栗坂 良 56.1 41.1 26.5 12.8 馬なり

追い切り考察

ここまでは栗東CWと坂路の併用で馬を作るパターンとなっています。

これまで最も多い仕上げは〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東坂路仕上げ〟。

これは友道厩舎の仕上げパターンとなっており、これが現状ベターという印象ですね。

しかし菊花賞では〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東CW仕上げ〟を取り入れており、必ずしもベストパターンではなさそう。

友道厩舎は1週前&最終追い切りで馬なり調整を挟むことが基本ですが、この馬は1週前&最終追い切り共に負荷を掛けることが多くなっています。

今走は〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東坂路仕上げ〟という追い切りパターンを踏んできました。

1週前追い切りでは7Fの長めを追われて負荷もしっかり掛けられています。

最終追い切りは終い重点でこの馬なりの水準となっています。

これまで併せ馬では遅れる事も多かった馬ですが、今走の中間の併せ馬では4本中3本同入追い切りとなっています。

追い切り水準としてはまずまずというところです。

 

【サトノクロニクル】

《1週前追い切り》
荻野極 栗坂 良 52.0 37.7 24.3 12.1 強め
スティーン(古馬1勝)1.0秒追走0.2秒先着

《最終追い切り》
水口 栗坂 良 52.7 38.1 24.5 12.0 馬なり

追い切り考察

2018年までは池江厩舎の王道パターン栗東CW中心の追い切りを消化していました。

その後脚部不安から約1年半の休養のを経て、栗東坂路中心の追い切りに変更されています。

脚部不安を抱えている馬は負担の少ない坂路を使う事がデフォルトとなっているのでここは致し方なしの印象です。

池江厩舎は栗東CWを勝負パターンとして使っていましたが、近年は坂路での追い切りでも好走する馬が増えてきています。

というところでは、坂路でもさほど心配する必要はないかなという印象です。

水準としては終い重点の追い切りで加速ラップを連発という内容となっています。

前走でも追い切りでは上々の好時計を記録しており、追い切りの水準としては上々というイメージです。

あとは坂路中心の追い切りというところで息が持つか(スタミナ面に)不安が残るところです。

 

【スティッフェリオ】

《1週前追い切り》
助手 栗坂 良 51.6 37.8 24.6 12.6 一杯
モズスーパーフレア(古馬オープン)0.2秒先行0.8秒遅れ

《最終追い切り》
助手 栗坂 良 52.8 38.6 25.2 12.6 一杯
ダノンセレスタ(3歳未勝利)0.2秒先行0.5秒遅れ

追い切り考察

栗東坂路中心にビシビシと負荷を掛けてくるのがこの馬の追い切りパターンです。

音無厩舎らしい調整パターンを踏まれる馬です。

今回も1週前・最終追い切り共に『一杯』に負荷を掛けられており、いつもと変わらず同じ追い切りパターンとなっています。

近走は先行からの併せ馬を行っており、先行競馬を板に付けてきました。

以前は遅れる事も珍しくなかった馬ですが、近走は先行・同入以上を繰り返す併せ馬を続けています。

ところが今回は以前に戻って遅れを連発。

1週前追い切りでのモズスーパーフレアに対しての遅れは仕方ないにしても、最終追い切りで未勝利馬に遅れた事はよくありませんね。

全体時計としては毎度好時計を叩く馬で、今回もまずまずといったところ。

追い切りとしては良くも悪くもこの馬なり、という印象です。

 

【ミッキースワロー】

《1週前追い切り》
調教師 美南W 良 67.2 51.5 38.5 13.3【5】馬なり
ロジポルカ(古馬1勝)1.5秒追走同入

《最終追い切り》
調教師 美南W 良 82.6 66.2 52.1 38.3 12.3【6】馬なり

追い切り考察

6走前からから美南W中心の中に、中間にプール調整を挟むという追い切り内容になっています。

この馬が好走するパターンとしては、中間に併せ馬を3本以上こなしてくることになります。

しかし、近走はこれに該当しなくても好走することが多くなってきており、この辺りは成長もあるのかなという印象です。

今走は中間併せ馬3本となっており、この馬の好走パターンをクリアしてきました。

そして、最終追い切りは美南W6Fの長め追いを敢行してきました。

この馬は最終追い切り5F追いがデフォルト。

6Fの長めを追い切るパターンでの成績はジャパンカップ5着・有馬記念11着・AJCC4着となっており、相手が強いという側面はあるものの3度凡走しています。

あまり好意的にはとらえられない場面です。

少なからず取りこぼしの懸念も十分考えられます。

 

【モズベッロ】

《1週前追い切り》
助手 栗坂 良 53.0 38.7 25.0 12.7 末強め
セヴィルロアー(古馬2勝)0.9秒追走0.2秒先着

《最終追い切り》
助手 栗坂 良 53.5 38.8 25.1 12.5 一杯
ダイメイフジ(古馬オープン)0.4秒先行アタマ遅れ

追い切り考察

中間にプール調整を挟みつつ、栗東坂路中心の追い切りを消化するのがデフォルトパターンになっています。

森田直行厩舎所属馬なのでビシビシと負荷を掛けてくるのが特徴。

中間は『一杯』に負荷を掛ける追い切り+併せ馬を消化してくるのがいつものパターンとなっています。

というところで、いつも通りの追い切りを消化してきたと考えて良さそうです。

気になるポイントとしては最終追い切りの併せ馬で遅れを見せた事になります。

これまでは同入以上、先着を繰り返すのがこの馬のパターンで、併せ馬で遅れを見せたのは初めてになります。

併せた相手がオープン馬というところで仕方ない面がありつつも、少なからず不安もあるという印象です。

 

【レッドレオン】

《1週前追い切り》
藤岡佑 栗CW 良 85.6 68.5 52.8 38.2 11.8【5】稍一杯
トーセンカンビーナ(古馬オープン)0.5秒追走0.2秒遅れ

《最終追い切り》
助手 栗坂 良い 53.4 38.7 25.0 12.8 叩き一杯
スマートアリエル(3歳未勝利)0.6秒追走0.2秒遅れ

追い切り考察

今走は〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東坂路仕上げ〟という追い切りパターンを踏んできました。

以前は栗東CW仕上げを使う事もありましたが、近2戦は今回と同じ追い切りパターンとなっています。

併せ馬では遅れる事も珍しくなく、遅れてもレースで好走していますし、遅れる事は心配ないでしょう。

いつも通り最終追い切りまでしっかり負荷を掛けられており、好調キープといった印象です。

――――――――――――――――――――

※おすすめサイトの紹介※

メールアドレスの登録のみで、無料登録完了です。

【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

競馬トップチーム

今なら、無料登録するだけで3万円分のポイントをゲットできるお得期間!

競馬トップチームはある一定のファクターに絞った予想スタイルではなく、
競馬の本質を知る全ての分野のスペシャリストが
それぞれで情報を持ち寄った提供を行う情報サイトです。

まずは、無料情報でお得にポイントをゲットしてみてください!
【URL】https://k-topteam.com/

――――――――――――――――――――

日経賞2020 最終見解

それでは最後に狙いたい穴馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

《1週前追い切り》
柴田善 美南W 良 67.5 51.8 38.0 12.0【6】馬なり稍一杯
フォワードアゲン(新馬)0.6秒追走同入

《最終追い切り》
柴田善 美坂 良 54.1 39.1 25.4 12.4 馬なり
コスモセイリュウ(3歳未勝利)0.9秒追走同入

追い切り考察

今走は〝1週前美南W追い⇒最終美浦坂路仕上げ〟という追い切りパターンを踏んできました。

近走の覚醒はこの追い切りパターンに変えてから事になります。

この追い切りパターンでは【4-0-1-0】となっており、全4勝を挙げるパターンとなっています。

一気に相手関係が強くなるので能力面がどうかも、追い切りはいつも通り変わりなくきており、一気の重賞制覇を期待。

 

本当にできるオススメ競馬予想サイトを紹介!

最近は競馬情報サイトが乱立しすぎて、

「どのサイトを参考にすればいいのかわからない!」
「本当に役立つ競馬予想サイトはどれ?」

という疑問を持たれる方が増えてきています。
確かに無料で使えたとしても予想が当たらなければ意味が無いですよね。
そんな皆様のために、今回は

「しっかりと儲かる情報を提供してくれる!」
「信頼して長く使える!」

おすすめ予想サイトをランキング形式でご紹介します!
いずれのサイトもメールアドレスの登録のみで、見る事が出来るサイトとなっています。
是非参考にしてみて下さい!

【docomo・Softbank・icloud】メールですと届かない可能性がありますので、【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

――――――――――――――――――――

【第1位】競馬報道
オススメ度★★★★★

無料登録で約5万円分のポイント、500ポイントが受け取れます。

今話題沸騰中のサイト!『競馬報道』がアツイ

『血統』や『調教』、『騎手』にスポットライトを当て
コース別徹底分析と充実したコンテンツに注目。

重賞情報も随時更新されるので登録しておいて損はナシ!
【URL】http://keibahoudou.com/

――――――――――――――――――――

【第2位】馬生
オススメ度★★★★

根拠をある極秘情報を無料で届けてくれる競馬予想サイト。

■生情報だからこそどこよりも速く情報を入手し提供できる
■各メディアの注目箇所でも間違えた情報を見極める
■騎手の乗り替わり情報、移動でのコンディションなど

データ派も、本命党も、穴党も、競馬ファンが予想に必要な情報が無料で受け取れます!

無料で競馬のすべてを最初から最後まで全面サポート!
【URL】http://umanama.com/







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。