【有馬記念2018予想】出走予定馬-追い切り・調教考察~平成最後のグランプリへ向けて~

Pocket

今回は有馬記念2018予想:出走予定馬-追い切り・調教分析~平成最後のグランプリへ向けて~を中心とした記事を書いていきます。

記事作成段階12/12(水)明朝になりますので、追い切り分析としては2週前追い切りになります。

今年のテーマは〝平成最後のグランプリ〟になるでしょう。

サイン馬券もこれに絡めた予想が横行しそうですねww

というところで、有馬記念まで2週間を切ったここで出走予定馬の確認とこの後の追い切り・調教を考察していきます。

今年最大の注目は何と言っても、歴代最強障害馬と名高いオジュウチョウサンでしょう。

春の中山グランドジャンプを3連覇した後、平地へと矛先を向けて有馬記念目指すという発言がありました。

まさか本当に実現してしまうとは、、、ですね(´ω`*)

前置きはこの辺で、有馬記念2018予想:出走予定馬-追い切り・調教分析~平成最後のグランプリへ向けて~に入っていきましょう。

 

大好評:ライン@

ライン@では、

ブログでは書ききれない好追い切り馬を推奨見解付きで配信しています。

人気馬・穴馬問わず、兎に角追い切りが良い馬をピックアップ。

ライン@実績

11/17・18成績【2-2-1-3】複勝回収率140%

17(土)東京9Rアルドーレ6人気1着単勝1,310円

12/8・9成績【0-4-0-1】複勝回収率142%

追い切り良い=状態が良い

というところでは、能力が足りなくてもデキの良さで好走する馬もいます。

もちろん、能力が高い馬は好走する確率がさらに高まるでしょう。

そういう馬たちを狙い撃ちするのが追い切り予想!

みなさんの予想のプラスαとして、〝追い切り〟を活用してみてください\(^^)/

ライン@では追い切り相談会なるものを開催しており、私と直接やり取りできたりもします。

☟☟友達追加待っています(´▽`*)☟☟

友だち追加

【有馬記念2018予想】出走予定馬-追い切り・調教考察

 

まずは登録馬を確認しておきましょう。

有馬記念 登録馬
※騎手は現時点の想定

オジュウチョウサン 武豊
キセキ       川田将雅
クリンチャー    福永祐一
サウンズオブアース 藤岡佑介
サクラアンプルール 田辺裕信
サトノダイヤモンド アヴドゥラ
シュヴァルグラン  ボウマン
スマートレイアー  ??
ハッピーグリン   服部茂史
パフォーマプロミス Cデムーロ
ブラストワンピース 池添謙一
プラチナムバレット ??
ベイビーステップ  ??
マカヒキ      ??
ミッキースワロー  横山典弘
ミッキーロケット  マーフィー
モズカッチャン   Mデムーロ
リッジマン     蛯名正義
レイデオロ     ルメール

フルゲートは16頭に19頭が登録。

オジュウチョウサンは障害王者でも、平地に戻れば現在条件馬。

しかし、ファン投票3位ということで見事!出走可能となりました!

いやー、冒頭でも述べましたが、まさか本当に有馬記念に出走してくることになろうとは、、、

夢とロマンはありつつも、半信半疑が否めない中、スタートラインに立つことになったのは素晴らしいとしか言いようがないですね。

ここで勝つようなことがあろうものなら、、、

後に破られることはないであろう、大記録とともに、後世に語り継がれる有馬記念になるでしょうね。

楽しみにレースを待ちましょう(*´﹃`*)

現時点、除外対象はハッピーグリン・プラッチナムバレット・ベイビーステップの3頭となっています。

スマートレイアーが東京大賞典に向かう公算が大なので、ハッピーグリンは滑り込みで出走できそうですね。

続いて、ファン投票の最終結果も見ておきましょう。

ファン投票最終結果

1位 レイデオロ     110,293
2位 アーモンドアイ   105,561
3位 オジュウチョウサン 100,382
4位 スワーヴリチャード 89,456
5位 サトノダイヤモンド 78,204
6位 キセキ       75,471
7位 ワグネリアン    68,049
8位 ミッキーロケット  59,595
9位 シュヴァルグラン  55,206
10位エポカドーロ    53,492

意外と言うべきか、、、アーモンドアイさんを抑えてレイデオロさんがファン投票1位に。

これがダービー馬の称号を手に入れた価値の高さでしょうか。

とは言え、ファン投票1位馬の出走は素直に喜びたいですね!

ちなみに春のグランプリ宝塚記念では、

1位 サトノダイヤモンド
2位 スワーヴリチャード
3位 シュヴァルグラン
4位 レイデオロ
5位 サトノクラウン

でした。

レイデオロは4位だったんですね。

まぁ、春時点では噛み合わず敗戦を繰り返していましたから仕方のないところでしょうか。

アーモンドアイという最強牝馬が現れたところで、レイデオロとしては名実ともにここで古馬大将を印象付けておきたいところでしょう。

それでは、各馬の考察を踏まえつつ2週前追い切り・調教を確認していきましょう。

 

夢を叶える3大コンテンツを無料で公開

◆利用者10万人の競馬指数 <うまコラボ>◆

どんな競馬予想にも活用できる
圧倒的精度を誇る競馬指数。

▼近走的中実績の一部がこちら▼

的中事例『東京9R 日野特別』

的中事例『東京12R 3歳上500万』

的中事例『阪神7R 3歳上500万』

これら全てが無料情報での的中実績!

『うまとみらいと』のコンテンツは
全て【無料情報を公開】しています。

無料=無価値ではありません。

有料情報と完全に同レベルの情報です。

リスクなしで、

プロ予想家、他の競馬予想サイトを
凌駕する予想を受け取る事が可能!

是非この機会に無料情報をお受け取り下さい!

⇒ 無料情報はこちら

 

オジュウチョウサン

石神 美南W 良 67.4 52.9 39.1 13.4【6】馬なり

ヴァイトブリック(2歳500万)0.6秒追走

障害を走っていた頃から2週前追い切りからある程度時計を出してくるタイプ。

そして平地に矛先を変えてからも変わらず2週前追い切りで時計をだしていました。

そういうところでは、ここまではいつもと変わらず至って順調という雰囲気。

ここにきて急に追い切り内容を変える方が心配になりますし、追い切りはこれで良いでしょう。

この先は、〝1週前追い切りウッド強め以上の負荷⇒最終追い切りウッド馬なり〟で仕上がるかな、というイメージですね。

ちなみに残り2週も併せ馬を敢行してくれば尚良し。

普通に考えれば、まだ1000万条件を勝っただけの馬ですからね。

基本的には厳しいでしょう。

ただ、この馬には夢とロマンが詰まっています。

馬券とは別に非常に楽しみな一頭ですね。

 

キセキ

助手 栗坂 良 55.5 39.1 25.4 12.7 馬なり

前走後早い段階から時計を出し始め、この時点ですでにある程度時計を出してきました。

これは意外ですね。

前走ジャパンカップは逃げて超速世界レコードを演出。

その反動がないということでしょうか、、、

昨年は菊花賞の極悪馬場で激走した後、その反動の為か、昨年末~今春まで不振に陥っていました。

今回は逆パターンのレコード決着、、、それも普通ではない超速世界レコードで走った反動は気になるところ。

昨年キタサンブラックが天皇賞春でレコードを叩き出した後、宝塚記念で圧倒的人気に推されて凡走。

この時はレコードの反動と騒がれていましたね。

あの超絶タフなキタサンブラックでさえ、反動が出たレコード決着。

しかし、逆も然り。

2005年ジャパンカップ、こちらもレコード決着。

1着アルカセット⇒2着ハーツクライ。

この時の2着ハーツクライが次走有馬記念で、ディープインパクトに国内唯一の土を付けました。

このキセキはどちらに転ぶか!?

この後の追い切り過程としては、1週前追い切り坂路⇒最終追い切りウッドになってくるでしょう。

最終追い切りウッドで強め以上の負荷を掛けてきて、初めて疲れはないと断言できるイメージを持っています。

馬なり調整だと多少心配が残る場面。

 

クリンチャー

助手 栗CW 良 96.8 80.9 66.4 52.9 39.9 13.0【9】追って一杯

2週前追い切りでも目一杯負荷を掛けてきましたね。

凱旋門賞以来のレースで間隔が空くことを考えれば、これくらいやってくれる方が馬券を買う側としては安心できます。

中間はいつも通り、ウッド・坂路・プールを併用されて追い切りを施されています。

これまでの追い切り過程を踏まえれば、〝1週前追い切りウッド強め以上⇒最終追い切り坂路〟という調整過程になるでしょう。

 

サトノダイヤモンド

助手 栗坂 良 59.9 44.4 29.4 14.9 馬なり

前走後、これが1本目。

まだまだこれからという感じですね。

京都大賞典⇒ジャパンカップとメイチで仕上げていた印象があるので、ここではいかにそれをキープ出来るかが注目ポイント。

引退レースですし、悔いのない仕上げで臨んできてほしいところですね。

2年前にはキタサンブラックを破って頂点を極めた舞台。

復活の引退レースとなるか!?

〝1週前追い切りウッド一杯⇒最終追い切りウッド一杯〟で仕上げてくればベストです。

 

シュヴァルグラン

助手 栗坂 良 55.7 41.2 26.9 13.3 馬なり

前走後すぐに時計を出しており、意外と前走のレコード決着の反動はないか。

今年で引退が既定路線でしたが、ジャパンカップ後に来年も現役を続けることが発表されました。

ここが引退レースで渾身の仕上げ!とくれば買い材料と考えていましたが、これは少し不安な材料。

今秋の究極メイチはジャパンカップで間違いなかったでしょうから、そのデキをいかにキープ出来ているか。

〝1週前追い切り一杯追い⇒最終追い切り坂路馬なり〟がこの馬の好走条件。

そして併せ馬は必須です。

 

ブラストワンピース

助手 美南W 稍 68.8 53.2 38.2 12.8【6】馬なり

無冠の大器と言える3歳ブラストワンピース。

今年の3歳馬はこの馬とハッピーグリンのみ。

勝負になるのはこちらか。

大柄で大トビ、大竹厩舎というのも相まって、結局GⅠのタイトルを取れなかったルージュバックと被りますねww

小回りを上手く立ち回れるタイプではないでしょうから、条件は悪化する印象は受けますが、、、

ただ持っている能力と素質は一級品。

特に秀逸なのはこの馬の2戦目ゆりかもめ賞でしょう。

東京2400mをラスト5ハロンを12.9-12.5-11.9-11.8-11.7という加速ラップを上がり最速で2着以下を4馬身ブッちぎり。

これを見てダービーを意識した人も多いでしょう。

結局ダービーでは2人気に推されるも4コーナーでゴチャ付いたこともあり、追い出しが遅れて差し届かず。

菊花賞では1人気に推されるも、超ドスローの超上がり勝負を位置取りが後方になりすぎて差し届かず。

この雪辱を晴らせるか。

〝1週前追い切りウッド6ハロン追い強め以上⇒最終追い切りウッド半マイル追い馬なり〟で仕上がり万全。

併せ馬先着も必須ですね。

 

マカヒキ

藤岡康 栗芝 稍 80.4 64.1 49.4 35.7 10.9【4】一杯

ブラヴァス(2歳500万)1.3秒追走0.1秒先着

ジャパンカップを疲労が抜けないという事で回避。

結果的にはこれがプラスに働きそうですね。

あの超速レコードではこの馬に出番はなかったでしょうし、すぐにここを目標に変えたのは好感が持てます。

その分、乗り込み量は豊富で、2週前追い切りからしっかり負荷を掛けられて時計を出しています。

芝追いとは言え、ラスト10秒台を記録する破格のキレ。

今はダービーを制したときのようなキレキレのマカヒキではないので、それを思い出させる追い切り内容か。

本来であればこの馬&この厩舎のメイチ追い〝1週前追い切りウッド一杯追い⇒最終追い切り坂路馬なり〟がベスト。

しかし、調整過程の中に芝追いを取り入れている時点でいつもとは違う追い切り過程。

そういうところではどういう追い切り過程で来るかに注目です。

 

ミッキーロケット

助手 栗坂 良 53.2 39.0 25.7 13.0 馬なり

ジャパンカップを右トモの筋肉痛で回避。

この影響がどうか。

2週前段階ではまだ馬なり調整に終始していますので、このあとの追い切り過程に注目。

春秋グランプリ連覇を狙う一戦。

宝塚記念は7人気で制しましたが、ここでも人気薄になりそうな雰囲気。

秋GⅠ3戦の中では、最も適正がある舞台。

状態さえ整っていれば面白い穴馬となりそうですね。

その為にも状態面は気になるところ。

この馬&この厩舎は、一杯に追って時計が出ているかが注目ポイント。

〝1週前追い切り坂路一杯好時計⇒最終追い切り坂路一杯好時計〟これがベスト。

 

モズカッチャン

助手 栗坂 良 53.3 38.8 25.2 12.7 馬なり

今年1年を振り返れば、順調に使えない1年だったというところでしょう。

結局これが今年5戦目。

それでも大きく崩れず走っているのは能力の証でしょう。

叩き良化型の馬が今年初めての叩き2戦目(海外競馬を除く)。

これはこの馬にとっては大きなプラス材料ですね。

前走の追い切りを振り返っても最終追い切りの1本で急浮上の仕上げという感じがありました。

そういうところでは、叩いた上積みもあるここは楽しみですね。

元々追い切りは動かない馬で、追い切り内容が良くなくてもレースにいって走る馬。

そういうところでは追い切りからの判断が難しいですね(^^;)

それでもこれまでの水準を踏まえると、〝1週前追い切り坂路一杯併せ馬⇒最終追い切り馬なり併せ馬〟は敢行してきてほしいですね。

好時計を叩いてくれば尚良し。

 

レイデオロ

五十嵐 美南P 良 70.2 54.2 40.3 13.6【7】馬なり

ファン投票1位馬にして、昨年のダービー馬&天皇賞秋の優勝馬。

堂々の主役としてこのレースに臨んできます。

天皇賞秋の競馬っぷりを見る限り、能力はこのメンツでも1枚抜けている感は受けました。

春先はチグハグ感があり、京都記念⇒ドバイシーマクラシックを敗戦しましたが、秋はしっかり立て直してきましたね。

で、追い切り過程なんですが、、、

先日、藤沢調教師からこんな発言がありました。

『世界を見渡しても調教の舞台はポリトラックの坂路。

ウッドチップで負荷をかけるなんて言ってるのは日本だけだ。

今のサラブレッドは馬車馬みたいに余計な負荷をかけてビシバシ追わなくても走るんだよ。

鉄下駄履かせた姿三四郎みたいな時代遅れの稽古を無理強いしてると、馬にパワハラで訴えられるぞ。』

元々、ウッドでも軽めでまとめるのが主流でしたが、ここにきてポリトラックに変更。

きっかけは、レイデオロが天皇賞秋の1週前追い切りでウッドチップに脚を滑らせるアクシデント見舞われたことが要因のようですが、、、

ホントかよ!?

というのが本音です。

見返すと、11/28以降の追い切りはほぼ所属馬全頭ポリトラックをメインに追い切りを施されています。

その中で重賞に出走した馬は、チャレンジカップ:レイエンダ&阪神JF:シェーングランツの2頭ですが、これらはともに馬券外となっています。

果たして本丸のレイデオロはどうなるか。

この馬がここで馬券外なんてことになれば、この調整過程にはやはり問題もあるかも!?と言いたくなりますねww

 

有馬記念2018 まとめ

年末の総決算。

夢とロマンを乗せてオジュウチョウサン。

名実ともに古馬大将を印象付けるレイデオロ。

アーモンドアイの強さをさらに上積みさせるか、キセキ。

未完の大器がタイトルを目指すブラストワンピース。

引退レースでもう1度輝くか!?サトノダイヤモンド。

春秋グランプリ追王座を狙うミッキーロケット。

どの馬にもキャッチフレーズがありますねww

ワクワクが止まりませんが、レースを楽しみに待ちましょう( >д<)

 

というところで最後に、現時点の注目馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ(サクラアンプルール)

この馬から大穴狙いやーーー

という思いで今はいますww

レースが近付くにつれて変わる可能性はありますが、、、

とは言え、有馬記念は1年の総決算。

好きな馬を買って応援するのが一番良いでしょうね(ノ≧ڡ≦)

 

今なら新規登録してされた方限定で安心の1ヶ月間保証サービス!

ちなみに、先週の最大利益は・・・

44万5150円 です。

『伸るか』『反るか』選択は2つです。

「競馬情報サイトって怪しい」、、、そんな風に思う方も少なくないでしょう。
だからこその1ヶ月の保証サービス。

下記のような結果を毎週のように出しています。

〝稼げる競馬予想〟

本当にこの言葉が似合うサイト『競馬予想ルクリウス』

大事なことなのでもう1度言います!

今なら新規登録してされた方限定で安心の1ヶ月間保証を行っています。

登録するなら今が間違いなくお得でしょう!
まずは無料登録から試してみてはどうでしょう?

>>無料登録はこちらから<<