【有馬記念2019予想】サイン・世相馬券〜テーマは令和〜

Pocket

今回は有馬記念2019予想:サイン・世相馬券〜テーマは令和〜を中心とした記事を書いていきます。

有馬記念と言えば、サイン馬券・世相馬券!

競馬初心者さんも多く参戦するレースだけあって、予想というよりは時事ネタから引っ張ってくる買い方ですね。

しかし、これがハマる嘘みたいな本当の話が過去には数多く存在します。

超有名どころでは、アメリカ同時多発テロが発生した2001年。

その年の有馬記念の結果はなんと、1着マンハッタンカフェ(3人気)2着アメリカンボス(最低13人気)で大波乱。

アメリカ同時多発テロに関連した〝マンハッタン〟と〝アメリカ〟が超大万馬券をプレゼントした最大級のサイン馬券でした。

他にもいろいろあるんですよね。(その他は後述します)

こういう楽しみ方も競馬にはあるんですよ〜、という感じで今回はサイン・世相馬券から楽しく予想していきます。

【有馬記念2019予想】サイン・世相馬券〜テーマは令和〜

 

冒頭で述べた、アメリカ同時多発テロ以外で過去にあったサイン馬券と言えば、、、

2008年

37年ぶりの牝馬で優勝した1人気ダイワスカーレット。

ここまではなにもないのですが、2着には最低14番人気のアドマイヤモナークで大波乱に。

これで後に騒がれたサインは、この年に不倫騒動があったタレント:山本モナの存在。

モナ=モナーク

まぁ、こじつけ感はありますが、サインとはこういうものですww

これ以外にもこの年は、北京五輪の開会式が8月8日でしたので枠連8−8のサインという話もありました。

外枠不利が定石の有馬記念において、枠連8-8で決着するというところにサイン馬券の奥深さを感じますね。

 

2012年

この年はオリンピックが開催された年で、〝今年の漢字〟が『金』でした。

この『金』にまつわるゴールドが名前に入った馬が勝利を収めました。

2012年優勝:ゴールドシップ

 

2017年

この年も上に同じく、〝今年の漢字〟から。

この年に選ばれた今年の漢字は『北』。

「北」朝鮮ミサイルの「北」海道沖落下や九州「北」部豪雨などの災害から、この感じが選ばれました。

これ加えて、キタサンブラック(オーナー:北島三郎)。

この「北」も含まれていたという事で、結果的にはこの馬のフラグが立っていましたねww

2017年優勝:キタサンブラック

 

有馬記念ゲストプレゼンター

2010年-当時の横綱白鵬:1枠(白帽)のヴィクトワールピサが優勝。

2016年-田中将大:誕生日が11月1日で、馬単11⇒1で決着。

これはゲストプレゼンターではないですが、、、

2014年-長嶋茂雄氏がプライベートで来賓室から有馬記念を観戦していました。

発走直前にファンに手を振る映像が大型ビジョンなどに映し出されました。

長嶋茂雄氏の誕生日は2月20日。

この年、同じ2月20日生まれのジェンティルドンナが優勝しました。

 

という、過去に数々のサイン・世相馬券が発生しているのが有馬記念の特徴。

こういうオカルト的なことが起こるのが有馬記念なのです。

それでは、今年のサイン・世相馬券はなんなのか!?

それを考えていきましょう。

深く考えずに、ゆる~い気持ちでww

 

まずは、分かりやすいところの〝今年の漢字〟から考えていきましょう。

2019年〝今年の漢字〟は『令』

この漢字が選ばれた理由は、

新しい元号の「令」和に明るい時代を願う国民の思いが集約されており、

さらに法「令」改正による消費増税や芸能界で起きた闇営業、薬物使用などの問題で法「令」順守が重視された事、自然災害で警報や避難勧告の発「令」が相次いだ事も挙げられています。

この『令』から連想されるのは「レイ」デオロになるでしょうか。

過去には『北』という漢字から「キタ」サンブラックが優勝した事もありますし、素直に考えるならこれになりますね。

 

続いて、ゲストプレゼンターから考えていきましょう。

今年のゲストプレゼンターは葵わかなさんと発表されています

一番右の彼女ですね。

葵さんは今年JRAのCMキャラクターを務めており、今年プレゼンターは3度目になります。

1度目は天皇賞春、2度目は小倉記念となっており、いずれも馬券で単勝をゲットしていました。

勝ち馬はそれぞれフィエールマン・メールドグラースとなっており、どちらも1人気。

有馬記念でも1人気の単勝を買うとなれば、アーモンドアイにとっては追い風かもしれませんね。

誕生日:1998年6月30日

ここからは普通に馬番or枠連で〝6-3〟には注意が必要というイメージで。

 

今年の一大トピックといえばラグビーワルドカップ

自国開催で日本が見事にベスト8に輝き、非常に盛り上がりを見せました。

「ONE TEAM」という言葉も流行語大賞に選ばれました。

そんな日本代表をキャプテンとしてチームを牽引したのがリーチマイケル選手。

背番号が「6」という事で6番枠に入った馬には注目ですね。

――――――――――――――――――――

※おすすめサイトの紹介※

メールアドレスの登録のみで、無料登録完了です。

【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

血統ウィナーズ

競馬には様々なカテゴリーがありますがそれらの得手不得手を見分ける指標として血統があります。

・芝専用血統
・ダート専用血統
・芝ダート兼用血統
・短距離専用血統
・長距離専用血統
・オールマイティ血統

というように父系、母系の血脈から受け継がれるDNAはそのままその馬自身の得意分野に反映されます。

またこれに加え、その血統がヨーロッパ系なのか?アメリカ系なのか?はたまた品種改良を重ねた日本国内血統なのか?

↓↓↓気になる続きはこちらからの無料登録で↓↓↓
【URL】https://t-winners.jp/

――――――――――――――――――――

有馬記念2019 まとめ

今年、競馬界の最大のトピックといえば、「ディープインパクト」・「キングカメハメハ」の2大種牡馬が死去した事でしょう。

2011年〜2018年まで種牡馬リーディングをワンツーしており、間違いなく近代競馬を引っ張った2大巨頭と言えるでしょう。

第71代ダービー馬・キングカメハメハ 。

第72代ダービー馬・ディープインパクト。

リーディングサイアーでありながら、日本ダービーを勝利する実力も持ち合わせていた究極のサラブレッド2頭。

その「ディープインパクト」と「キングカメハメハ」の共通点は、

1.生産がノーザンファーム

2.セレクトセール出身馬

セリ取引価格はキングカメハメハが8190万円でディープインパクトが7350万と似通っていました。

3.オーナーが金子真人氏(金子真人ホールディングス)

4.国内での敗北は1度のみ

などがあります。

そしてなんとなんと、この2頭のダービー制覇時のタイムはどちらも2:23:3と当時のレコードタイムで同タイムで制覇しています。

というところで、これらに共通する馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

素直にディープインパクト産駒・キングカメハメハ産駒を狙うという事もできますが、敢えてこちらをチョイス。

ノーザンファーム生産・オーナー金子真人氏・セレクトセール5184万で落札されたこの馬。

 

新サイト入稿しました!!

今回ご紹介するのは「オアシス」と「J.H.A」。

これらのサイトはご存知の方も多いかもしれません。

他のブログでも数多く紹介されているサイトです。

「登録者数が多い=オッズが低下する」という理由から、登録者数が増えすぎて募集人数を制限していたサイト。

そんな中、ようやく再募集がかかり、
この度、当ブログでも紹介することが出来るようになりました。

いずれのサイトも今回は人数限定募集になるので、是非、今のうちに無料登録をオススメします!

いずれのサイトもメールアドレスの登録のみで、無料登録完了です。

【docomo・Softbank・icloud】メールですと届かない可能性がありますので、【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

――――――――――――――――――――

【J.H.A】
オススメ度★★★★★
限定人数 30人

このサイトの特徴は「少点数」で的中を狙うというハイレベルな予想にあります。

的中実績を見ても3連単10点以内というのが数多く見られます。
まさに「ローリスクハイリターン」。

その理由は、
元厩舎関係者や競馬記者など業界関係者が名を連ねているからに他ならないでしょう、
当然、その情報力は他のサイトを凌ぐと言って過言ではないです。

無料登録でその一部を公開しているので、まずは無料登録で参考にしてみては!?
【URL】http://www.j-h-a.net/

――――――――――――――――――――

【オアシス】
オススメ度★★★★★
限定人数 30人

このサイトの特徴は極めてシンプル。とにかく当たる!!
そもそも競馬サイトにそれ以外の特徴って必要ですか?

OASISでは独自ルートから当たる予想を提供を提供しています。
いつも高配当の3連単や3連複を少点数で的中!

まずは、無料情報でこのサイトの実力を確認してみてください!
【URL】http://www.successoasis.net/







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。