【有馬記念2019予想】追い切り・調教から見る好走傾向

Pocket

今回は有馬記念2019予想:追い切り・調教から見る好走傾向を中心とした記事を書いていきます。

今年一年の競馬を締めくくるこのドリームレース:有馬記念。

年内最後のレースということもあり、各馬渾身の仕上げで臨んでくるでしょう。

ファン投票1位に選出されたアーモンドアイの出走を表明したことで例年以上の盛り上がりに加えて、例年以上の豪華なメンバー構成となりました。

このレースを最後に引退する馬も多く、感慨深いものがありますね。

どの馬が一年を締めくくるドリームレースを制するか、追い切り・調教の傾向から検討していきます。

【有馬記念2019予想】追い切り・調教から見る好走傾向

 

まずは登録馬を確認しておきましょう。

有馬記念 登録馬
※騎手は現時点の想定

アエロリット    津村明秀
アルアイン     松山弘平
アーモンドアイ   ルメール
ウインブライト   松岡正海
エタリオウ     横山典弘
キセキ       ムーア
クレッシェンドラヴ 内田博幸
クロコスミア    藤岡佑介
サートゥルナーリア スミヨン
シュヴァルグラン  福永祐一
スカーレットカラー 岩田康誠
スティッフェリオ  丸山元気
スワーヴリチャード マーフィー
フィエールマン   池添謙一
リスグラシュー   レーン
レイデオロ     ビュイック
ワールドプレミア  武豊
ヴァイスブリッツ  ??
ヴェロックス    川田将雅

フルゲート16頭に19頭が登録。

スカーレットカラー・クレッシェンドラヴ・ヴァイスブリッツが除外対象となっています。

この内、ウインブライトが出走回避を表明しているのでスカーレットカラーは出走可能という状況になっています。

続いて現時点の予想オッズを確認しておきましょう。

有馬記念 予想オッズ

1 アーモンドアイ   2.2
2 リスグラシュー   4.9
3 サートゥルナーリア 7.0
4 ワールドプレミア  7.4
5 フィエールマン   12.8
6 ヴェロックス    13.8
7 スワーヴリチャード 14.9

ここまでが上位に推されそうな馬たちです。

この超好メンバーでも1人気に推されるのは「アーモンドアイ」で確定的でしょう。

海外を含めてGⅠ6勝。

前走天皇賞秋でも好メンバーを相手に3馬身差を付ける圧勝を見せつけました。

現役最強馬が力を見せつけるか、唯一課題を挙げるなら初の中山コースという事になるでしょうか。

2人気想定は昨年エリザベス女王杯を制してから完全本格化の「リスグラシュー」。

エリザベス女王杯までは善戦マンという感じで勝ち切れない競馬が続いていましたが、これを機に本格化。

今年は宝塚記念・豪GⅠコックスプレートを制しています。

牡馬相手・環境の変化にも対応しており、やはり有力の一頭でしょう。

牝馬の2頭が上位を争うオッズというのも例年にない有馬記念ですね。

それ以下もGⅠ馬がズラリと並んでおり、前走ジャパンカップを制したスワーヴリチャードが7人気想定というのもメンバーレベルが高い事を物語っていますね。

それでは、追い切り・調教から見る好走傾向ということで、過去5年の好走馬の最終追い切りを見ていきます。

年内の競馬を締めくくる大一番というところでは、ここを目標に仕上げてきている馬も多いはず。
しかし、逆に春連戦の疲れが溜まっている馬も少なからず、というところでしょうか。

2500mという距離からはウッドを長めに追われる方が良いイメージがありますがどういう傾向がでるか。

して、年内ラストの一戦というところでは厩舎の勝負パターンも考えて検討していきたいですね。

2018年
1着 ブラストワンピース
美南W 51.9-37.4-12.8【5】強め
2着 レイデオロ
美南W 68.8-52.7-39.2-13.0【7】馬なり
3着 シュヴァルグラン
栗坂 53.8-39.7-25.3-12.5 一杯
2017年
1着 キタサンブラック
栗CW 86.1-70.1-54.3-39.8-12.4【7】G前仕掛け
2着 クイーンズリング
栗CW 99.9-83.8-68.2-53.5-39.3-12.0【7】馬なり
3着 シュヴァルグラン
栗坂 54.0-39.5-25.8-12.9 一杯
2016年
1着 サトダイヤモンド
栗CW キリ 直強め
2着 キタサンブラック
栗CW キリ 馬なり
3着 ゴールドアクター
美南W 64.9-50.9-37.3-13.2【7】G前仕掛け
2015年
1着 ゴールドアクター
美南W 69.1-53.8-39.2-12.9【4】G前仕掛け
2着 サウンズオブアース
栗CW 66.9-51.3-37.0-11.8【6】一杯
3着 キタサンブラック
栗CW 83.6-67.5-53.8-39.4-12.5【8】稍一杯
2014年
1着 ジェンティルドンナ
栗坂 54.5-39.8-26.1-13.3 稍一杯
2着 トゥザワールド
栗CW 82.6-66.8-52.7-38.5-11.8【7】一杯
3着 ゴールドシップ
栗CW 97.6-80.9-65.6-51.5-37.8-12.4【5】追って一杯

このような結果になっています。

過去5年totalで見ると、

栗東CW仕上げ:34頭中8頭好走。

栗東坂路仕上げ:26頭中3頭好走。

美南W仕上げ:15頭中4頭好走。

美浦坂路仕上げ:2頭中0頭好走。

その他仕上げ:3頭中0頭好走。

想定通り好走率はウッド優勢傾向となっています。

毎年のように好走馬を輩出し、好走数は最多の〝栗東CW仕上げ〟。

その分出走頭数も最も多くなっており、毎年1頭は人気に推された馬から凡走馬が出ています。

2018年2人気5着キセキ

2017年2人気4着スワーヴリチャード

2016年4人気8着サウンズオブアース

2015年2人気5着ラブリーデイ

2014年2人気5着エピファネイア

追い切りの傾向からはこの〝栗東CW仕上げ〟の人気馬が凡走した1枠に穴馬が突っ込んでくるイメージです。

〝栗東坂路仕上げ〟からは出走頭数は多いものの、好走率はかなり低いものとなっています。

人気に推されての凡走が目立つパターンでもあります。

好走した3頭は、

2018年9人気3着シュヴァルグラン

2017年3人気3着シュヴァルグラン

2014年4人気1着ジェンティルドンナ

となっており、全馬はGⅠ馬となっています。

また、2018年・2017年のシュヴァルグランは1週前追い切りで栗東CWを使われていました。

この『1週前栗東CW追い⇒最終栗東坂路仕上げ』は友道厩舎の勝負パターンであり、買えるパターンでした。

というところで、純粋に栗東坂路のみで馬券に絡んだのはジェンティルドンナのみ。

追い切り傾向からは本命に推すには心許ないパターンである事がわかります。

最も好走率が高いのは〝美南W仕上げ〟。

好走した4頭は、

2018年3人気1着ブラストワンピース・1人気2着レイデオロ

2016年3人気3着ゴールドアクター

2015年8人気1着ゴールドアクター

昨年こそワンツー決着をしましたが、それ以前はゴールドアクターのみ。

好走率を押し上げているのはこの2頭になるので、過大評価は禁物というイメージ。

昨年はトレンドになった外厩:ノーザンF天栄馬のワンツーでもあったので、今後の〝美南W仕上げ〟馬はこれもポイントの1つになりそうです。

そして、最後にこのレースにおいて最大の追い切りポイントがあります。

それは『最終追い切りで併せ馬を行われている事』。

馬券内に好走した15頭全てに該当する特注パターンになります。

その内、『1週前・最終追い切り共に併せ馬を行われた馬』は15頭中14頭に該当しています。

最終追い切りを単走でまとめられた馬の中には、

2018年2人気5着キセキ・4人気8着モズカッチャン

2015年2人気5着ラブリーデイ

2014年2人気5着エピファネイア

など、人気に推されて凡走した馬もおり、まずはここを軽視して馬券を組むのが良さそうです。

――――――――――――――――――――

※おすすめサイトの紹介※

メールアドレスの登録のみで、無料登録完了です。

【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

【ターフビジョン】
オススメ度★★★★★

「毎週土日計2鞍」の厳選勝負馬券を”完全無料”で提供!

「人気馬の中からの絞り込みもまた必須!」
連を外す5割・馬券対象圏外となる4割の人気馬を排除出来れば
間違いなくあなたの馬券回収率は飛躍的に向上するはず!!

【URL】https://a.tr-vision.net/

――――――――――――――――――――

有馬記念2019 まとめ

〝栗東CW仕上げ〟はこのレースにおいて最も信頼度が高いパターンとなっています。

〝栗東坂路仕上げ〟馬も1週前に栗東CWを使っている方が良い傾向。

〝美南W仕上げ〟は外厩:ノーザンF天栄というのが今後ポイントになっていきそうな雰囲気です。

そしてこのレースにおいて最大の特注パターンは『最終追い切りで併せ馬を行われている事』になります。

 

「アーモンドアイ」はここまで美南W中心の追い切りを消化しています。

ここでも美南W仕上げが濃厚でしょう。

外厩先はノーザンF天栄ですし、ここも文句ナシか。

「リスグラシュー」はここまで栗東坂路仕上げがメインとなっています。

ここでも栗東坂路仕上げになることが濃厚と考えられます。

基本的に栗東CWを挟む厩舎でもないですし、中間は坂路中心になりそう。

追い切りからは人気どころでは信頼度は高くないパターンです。

「サートゥルナーリア」はここまで栗東CW・栗東坂路仕上げを経験しています。

この馬自身はどちらのパターンでも好走があるのでどちらでも良さそう。

このレースに限って言えば、栗東CW仕上げの方が良さそうです。

「ワールドプレミア」はここまで全て栗東坂路仕上げとなっています。

ここも栗東坂路仕上げが濃厚と考えられます。

1週前に栗東CWを挟むパターンが多いので、好走傾向はクリアしてきそう。

「フィエールマン」はここまで美浦W中心に調整されています。

ここでも最終追い切りは美浦Wになることが濃厚。

外厩先はノーザンF天栄なので好走傾向はクリアしています。

 

それでは最後に、1週前時点の穴注目馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

昨年までは〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東坂路仕上げ〟という仕上げパターンでしたが、今年は最終追い切りで栗東芝を使うパターンが多くなっています。

ですので、昨年の追い切りパターンを踏襲してくる事が条件という感じにはなりますが。

あとは併せ馬も行われるかにもしっかり注目したいところです。

 

最近勢いに乗る口コミで話題沸騰の注目の競馬サイトを紹介!

下記サイトはメールアドレスの登録のみで、見る事が出来るサイトとなっています。
是非参考にしてみて下さい!

【docomo・Softbank・icloud】メールですと届かない可能性がありますので、【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

――――――――――――――――――――

血統ウィナーズ
オススメ度★★★★★

競馬には様々なカテゴリーがありますがそれらの得手不得手を見分ける指標として血統があります。

・芝専用血統
・ダート専用血統
・芝ダート兼用血統
・短距離専用血統
・長距離専用血統
・オールマイティ血統

というように父系、母系の血脈から受け継がれるDNAはそのままその馬自身の得意分野に反映されます。

またこれに加え、その血統がヨーロッパ系なのか?アメリカ系なのか?はたまた品種改良を重ねた日本国内血統なのか?

↓↓↓気になる続きはこちらからの無料登録で↓↓↓
【URL】https://t-winners.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。