【有馬記念2019予想】過去傾向・データ分析~ファン投票1位馬の成績とは~

Pocket

今回は有馬記念2019予想:過去傾向・データ分析~ファン投票1位馬の成績とは~を中心とした記事を書いていきます。

過去を振り返ると、配当的には堅く収まることもあれば、大波乱になる年もあるという、なんとも予想のやり甲斐があるレースです。

そして、有馬記念と言えばファン投票によって出走馬が決められるオールスターレースです。

競馬ファンに1位に選ばれるという事は、それだけで人気と実力を兼ね備えた馬と言えるでしょう。

今年のファン投票1位はアーモンドアイ。

人気・実力を兼ね備えているからと言って、必ずしも勝利できるわけでないのも競馬の醍醐味。

過去ファン投票1位に推された馬たちの成績とは!?

それらを含めて、今回は過去傾向・データから好走馬の共通点を探っていきます。

【有馬記念2019予想】過去傾向・データ分析~ファン投票1位馬の成績とは~

 

それでは、過去傾向・データをまとめていきましょう。

過去10年分のデータとなっています。

【枠順傾向】

 1枠【2-2-1-14】複勝率26.3%
 2枠【1-2-0-16】複勝率15.8%
 3枠【1-2-1-14】複勝率22.2%
 4枠【2-2-0-16】複勝率20.0%
 5枠【1-1-3-15】複勝率25.0%
 6枠【2-1-2-15】複勝率25.0%
 7枠【1-0-2-17】複勝率15.0%
 8枠【0-0-1-19】複勝率5.0%

明らかに外枠不利な傾向が残っています。

スタートから最初のコーナーまで距離が短く、小回りが舞台なので内枠が有利なコース。

特に『6月以降GⅠ勝利が無い馬』という縛りを入れると、

1枠~5枠【5-7-4-69】
6枠~8枠【0-0-2-44】

GⅠ実績のない馬が外枠に入ると致命的、という成績になっています。

※過去3年 中山芝2500m成績

 1枠【8-4-4-28】複勝率36.4%
 2枠【2-3-6-33】複勝率25.0%
 3枠【3-3-4-39】複勝率20.4%
 4枠【5-7-5-34】複勝率33.3%
 5枠【3-5-6-43】複勝率24.6%
 6枠【6-8-2-44】複勝率26.7%
 7枠【4-3-8-50】複勝率23.1%
 8枠【6-4-2-53】複勝率18.5%

全体で見ると、1枠が突出した好成績。

逆に、7枠&8枠の好走率が低くなっており、割引きが必要ですね。

 

【人気傾向】

1人気 【5-3-1-1】
2人気 【2-1-2-5】
3人気 【1-0-2-7】
4人気 【1-1-1-7】
5人気 【0-1-0-9】
6~9人気 【1-3-2-34】
10人気以下【0-1-2-63】

1人気の複勝率90%と、馬券圏内という意味では超堅実。

単勝2.9倍以内【5-3-0-0】

特に単勝2.9倍以内に推された馬は、連対率100%。

それでも、単勝6人気以下から9頭馬券内に入線しているように、紐荒れは十分にあるレースです。

この他好走率が高いのが、

単勝オッズ7.0倍~9.9倍【3-2-1-8】複勝率42.9%

となっています。

 

【牡牝データ】

牡・セン【9-7-10-108】複勝率19.4%
牝馬  【1-3-0-18】複勝率18.2%

牝馬は出走頭数が少なく、あまり好走率は高くない傾向となっています。

牝馬で馬券に絡んだのは、4頭。

2017年8人気2着クイーンズリング

2014年4人気1着ジェンティルドンナ

2010年1人気2着ブエナビスタ

2009年1人気2着ブエナビスタ

いずれもGⅠ勝ちがあり、GⅠ勝ちがあるのある牝馬には要注目。

今年はアーモンドアイ・リスグラシュー・アエロリットの3頭が該当します。

 

【所属データ】

栗東 【8-9-8-95】複勝率20.8%
美浦 【2-1-2-30】複勝率14.3%
その他【0-0-0- 1】複勝率 0.0%

栗東所属組が圧倒的な成績。

美浦所属で馬券に絡んだのはのべ5頭。

2019年3人気1着ブラストワンピース

2019年1人気2着レイデオロ

2016年3人気3着ゴールドアクター

2015年8人気1着ゴールドアクター

2009年11人気3着エアシェイディ

中山芝total成績

ブラストワンピース 初中山コース
レイデオロ     【3-1-0-2】複勝率66.7%
ゴールドアクター  【4-1-1-4】複勝率60.0%
エアシェイディ   【2-5-3-5】複勝率66.7%

好走馬の多くは中山巧者と言えそうです。

今年の出走予定の美浦所属馬は、アーモンドアイ・アエロリット・クレッシェンドラヴ・フィエールマンの5頭。

中山芝total成績

アーモンドアイ  初中山コース
アエロリット   【0-3-0-0】複勝率100%
クレッシェンドラヴ【4-1-1-3】複勝率66.7%
フィエールマン  【1-1-0-0】複勝率100%
レイデオロ    【3-1-0-2】複勝率66.7%

どの馬も好走圏内にありそうです。

 

【年齢傾向】

3歳 【5-2-2-21】複勝率30.0%
4歳 【1-6-2-31】複勝率22.5%
5歳 【4-2-4-37】複勝率21.3%
6歳 【0-0-1-18】複勝率5.3%
7歳上【0-0-1-19】複勝率5.0%

3歳馬が好成績を残しています。

世代のトップクラスが出走してくるという事で、斤量差を活かして古馬相手でも通用するという傾向が残っています。

基本的には6歳以上の高齢馬は軽視でOK。

6歳以上で【0-0-2-37】

馬券に絡んだ2頭は、

2018年9人気3着シュヴァルグラン
2009年11人気3着エアシェイディ

中山芝total成績

シュヴァルグラン 【0-0-2-1】複勝率66.7%
エアシェイディ  【2-5-3-5】複勝率66.7%

中山巧者なら高齢馬でもチャンスあり。

 

脚質傾向

逃げ馬【1-0-1- 9】複勝率18.2%
先行馬【5-3-2-28】複勝率26.3%
差し馬【3-6-4-46】複勝率22.0%
追込馬【0-0-2-42】複勝率4.5%
マクリ【1-1-1- 1】複勝率75.0%

上がり3ハロン

1位   【3-2-0-6】複勝率45.5%
2位   【1-2-3-6】複勝率50.0%
3位   【1-2-1-3】複勝率57.1%
4位~5位【2-2-5-16】複勝率36.0%
6位以下 【3-2-1-94】複勝率6.0%

上がりは使えないよりは使える方が良い印象ではありますが、いかに中段前目からレースを進められるかが重要なレース。

特に過去5年は、

優勝馬は全て4角4番手以内、馬券内15頭の内14頭は4角8番手以内の馬で決着しています。

先行力が重要なレース。

※過去3年 中山芝2500m成績

逃げ馬【 5- 2- 2- 32】複勝率22.0%
先行馬【23-22-17- 70】複勝率47.0%
差し馬【 5- 9-11-110】複勝率18.5%
追込馬【 4- 4- 8-112】複勝率11.8%

コーナーを6回まわるコースでペースが落ち着きやすく、逃げ・先行馬が有利と言えるコースです。

3コーナーからペースが上がる事が多く、マクリ差しも比較的決まる傾向にあるコースです。

 

【前走レース】

ジャパンカップ 【3-5-7-47】複勝率23.0%
天皇賞秋    【1-1-0-10】複勝率16.7%
菊花賞     【4-1-1- 5】複勝率54.5%
エリザベス女王杯【0-2-0-13】複勝率13.3%
AR共和国   【1-0-0- 6】複勝率14.3%

【前走クラス】

GⅠ  【8-8-8-79】複勝率23.3%
GⅡ  【1-2-0-30】複勝率9.1%
GⅢ  【0-0-1-11】複勝率8.3%
OP特別【0-0-0- 1】複勝率0%
海外  【1-0-1- 4】複勝率33.3%

前走GⅠ組が圧倒的な成績。

前走GⅠ+海外【9-8-9-83】複勝率23.9%

前走GⅠ以外【1-2-1-42】複勝率8.7%

前走GⅠ以外から馬券に絡んだ4頭は、

ゴールドアクター・ウインバリアシオン・オーシャンブルー・トゥザグローリー

この4頭はいずれも、前走上がり2位以内でした。

これが取り捨ての材料になってきそうです。

また、前走菊花賞組の3歳馬が好成績を挙げていますが、馬券に絡んだ6頭は、

オルフェーヴル・ゴールドシップ・トゥザワールド・キタサンブラック・サトノダイヤモンド・ブラストワンピース

と、6頭中4頭は菊花賞の勝ち馬。

菊花賞16着と大敗から臨んだトゥザワールドは菊花賞2人気に、菊花賞4着から臨んだブラストワンピースは菊花賞1人気で推されていました。

菊花賞組は菊花賞馬か人気に推されていた馬をチョイス。

 

【前走人気】

1人気 【7-3-1-16】複勝率40.7%
2人気 【0-2-2-12】複勝率25.0%
3人気 【0-0-1-17】複勝率5.6%
4人気 【1-0-0- 8】複勝率11.1%
5人気 【0-2-3- 7】複勝率41.7%
6~9人気 【1-3-1-36】複勝率12.2%
10人気以下【0-0-1-25】複勝率3.8%

前走1人気&2人気【7-5-3-27】複勝率35.7%

馬券内の半数がここからということで、注目データですね。

今年は、アーモンドアイ・ヴェロックス・クレッシェンドラヴ・レイデオロの4頭が該当しています。

 

【前走着順】

1着 【4-3-3-25】複勝率28.6%
2着 【1-1-0-11】複勝率15.4%
3着 【2-2-1-13】複勝率27.8%
4着 【2-0-2- 8】複勝率33.3%
5着 【0-1-1- 7】複勝率22.2%
6着~9着【1-2-0-30】複勝率9.1%
10着以下【0-1-3-31】複勝率11.4%

好走率で見ると、さほど大きな差はなく、大敗組からの巻き返しも多数。

ここはさほど気にする必要はないですね。
【種牡馬成績】

※過去3年 中山芝2500m成績

ステイゴールド  【9-11-8-47】複勝率37.3%
ハーツクライ   【3- 4-7-32】複勝率30.4%
ルーラーシップ  【2- 1-0- 7】複勝率30.0%
キングカメハメハ 【2- 5-3-29】複勝率25.6%
ディープインパクト【4- 2-2-30】複勝率21.1%

出走馬の上位種牡馬成績はこのようになっております。

ステイゴールド産駒は出走頭数を考えると破格の数字を叩いています。

逆にディープインパクト産駒は他場に比べると明らかに成績が悪く、苦手コースと言って良いレベルでしょう。

ステイゴールド産駒

エタリオウ・クレッシェンドラヴ・クロコスミア・スティッフェリオ

ハーツクライ産駒

シュヴァルグラン・スワーヴリチャード・リスグラシュー

ルーラーシップ産駒

キセキ

キングカメハメハ産駒

レイデオロ

ディープインパクト産駒

アルアイン・ワールドプレミア

この有馬記念でもステイゴールド産駒は【4-1-2-11】という破格の好成績を残しています。
が!!!

これはオルフェーヴルやゴールドシップなど人気で複数回好走した馬たちも含みます。

ステイゴールド産駒かつ当日4人気以下【0-1-0-10】

これはおいしい穴馬という感じではないですね。

――――――――――――――――――――

※おすすめサイトの紹介※

メールアドレスの登録のみで、無料登録完了です。

【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

【ターフビジョン】
オススメ度★★★★★

「毎週土日計2鞍」の厳選勝負馬券を”完全無料”で提供!

「人気馬の中からの絞り込みもまた必須!」
連を外す5割・馬券対象圏外となる4割の人気馬を排除出来れば
間違いなくあなたの馬券回収率は飛躍的に向上するはず!!

【URL】https://a.tr-vision.net/

――――――――――――――――――――

有馬記念2019 ファン投票1位馬の成績

年の瀬を飾る暮れの大一番。

それなりに、ハッキリとした傾向もありましたね。

付け加えデータとして

生産:ノーザンファーム【3-5-5-51】
生産:社台ファーム  【1-4-1-17】

まぁ、毎度のことながらこの生産は有力。

今年はノーザンファーム生産馬が半数以上の13頭が該当します、、、あまり参考になりませんねww

 

そしてようやくタイトルに戻って、

過去のファン投票1位馬の成績

第64回有馬記念ということで、過去63頭がファン投票1位に選ばれています。

63頭中出走頭数は57頭:出走比率は90.5%

春のグランプリ宝塚記念とは打って変わって、かなりの高出走率を誇っています。

やはりファン投票1位の馬が出走してくるのは盛り上がりますよね。

そしてその成績は、、、

【15-15-7-20】

勝率26.3%-連対率52.6%-複勝率64.9%

これを高いと見るか低いと見るかは意見が分かれそうですが、上々の成績なのではないでしょうか。

2頭に1頭は連対しているわけですからね。

人気とのバランスを考えると、、、まずまずというところでしょうか。

そもそもファン投票1位に選出されるということは、本番でも1人気濃厚~上位人気に推されることは間違いないですからね。

ファン投票1位に選出されたアーモンドアイ。

1人気に推されることが濃厚という事もあり、いつも通りの1人気と同じスタンスで馬券に組み込むのがベターでしょう。

 

それではこれらを踏まえて、データからの推奨馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

今年は3歳馬から3頭の出走があります。

その中でもやはりデータから重視したいのは菊花賞組という事でこの馬をデータからの注目としておきます。

 

最近勢いに乗る口コミで話題沸騰の注目の競馬サイトを紹介!

下記サイトはメールアドレスの登録のみで、見る事が出来るサイトとなっています。
是非参考にしてみて下さい!

【docomo・Softbank・icloud】メールですと届かない可能性がありますので、【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

――――――――――――――――――――

血統ウィナーズ
オススメ度★★★★★

競馬には様々なカテゴリーがありますがそれらの得手不得手を見分ける指標として血統があります。

・芝専用血統
・ダート専用血統
・芝ダート兼用血統
・短距離専用血統
・長距離専用血統
・オールマイティ血統

というように父系、母系の血脈から受け継がれるDNAはそのままその馬自身の得意分野に反映されます。

またこれに加え、その血統がヨーロッパ系なのか?アメリカ系なのか?はたまた品種改良を重ねた日本国内血統なのか?

↓↓↓気になる続きはこちらからの無料登録で↓↓↓
【URL】https://t-winners.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。