【有馬記念2020】追い切り分析完全版※有料PASS必要

Pocket

この度は購入ありがとうございます。

有馬記念:追い切り分析完全版になります。

ページの最後に有馬記念追い切り分析表を載せています。

 

【バビット】

《1週前追い切り》
中村将 栗坂 良 54.5 39.8 25.4 12.4 一杯

《最終追い切り》
助手 栗坂 良 55.6 40.9 26.3 13.1 馬なり

追い切り考察

単走で淡々と乗り込まれて、追い切り水準としても中程度の水準で淡々と、というのがこの馬の追い切りパターンです。

追い切りから好不調の波を読み取る事は難しいというのがこの馬のイメージ。

今回の追い切りもこれまでとは何の変りもなく、淡々と乗り込まれて可もなく不可もなくといったところです。

反面、強調する点もないというところでは、総評としていつも通りという評価です。

 

【ブラストワンピース】

《1週前追い切り》
横山武 美南W 良 82.4 65.7 51.3 38.1 13.2【6】一杯
モエレコネクター(古馬2勝)0.4秒追走0.2秒先着

《最終追い切り》
横山武 美南W 良 69.2 53.0 38.4 12.9【6】強め
ハルサカエ(古馬3勝)0.4秒追走0.2秒先着

追い切り考察

詰めて使うことはなく、ノーザンF天栄経由でトレセン入りするのがこの馬の調整パターン。

そして帰厩後は、美南Wと美浦坂路の併用で6本程度の本数でレースに臨むのが定番化しています。

本追い切りは美南Wが中心で〝1週前美南W6F追い⇒最終美南W4F仕上げ〟がこの馬の追い切りパターンとなっています。

それを踏まえて今回の追い切りを見ていくと、本数はいつも通りの6本の追い切りを消化。

追い切りパターンは〝1週前美南W6F追い⇒最終美南W5F仕上げ〟。

この馬含め、大竹厩舎所属馬のベストパターンは最終追い切り4F追い。

最終追い切りで5F追いというのはベターであってもベストではないというイメージです。

この馬自身は先着を繰り返すパターンが好走パターンとなっており、併せ馬で2週続けて先着できている点は好感が持てます。

追い切りからは前走比上積みありという評価です。

 

【クレッシェンドラヴ】

《1週前追い切り》
伊藤工 美南W 良 68.9 53.7 39.8 13.1【9】馬なり
チュウワジョーダン(古馬1勝)0.8秒追走同入

《最終追い切り》
助手 美南W 良 68.1 53.0 39.4 13.6【8】強め
チュウワジョーダン(古馬1勝)0.4秒追走0.2秒遅れ

追い切り考察

これまで通り美南W中心の追い切りを消化しました。

1週前・最終共に併せ馬で負荷は掛けられており、この辺りもこれまでの追い切りと変わりません。

この馬のベストパターンとしては1週前に6Fの長めを追ってくる事になります。

今回はその追い切りパターンではありませんでした。

それでも近走は年を重ねて長めに追う事はなくとも好走が増えてきています。

5F追い中心の追い切りパターンはいつもと変わりなくという印象です。

そして、もう1つこの馬の追い切りパターンとして外せないのが最終追い切りで「一杯」に負荷を変えられているか。

このパターンは絶対に外せない4戦4勝の超好走パターンとなっています。

今回はこれに該当しておりません。

最終追い切りでは併せ馬で格下に遅れている点も評価は出来ず、ここは追い切り的には推しづらい一頭です。

 

【ラヴズオンリーユー】

《1週前追い切り》
助手 栗CW 良 82.3 66.8 52.1 38.3 12.0【8】馬なり
ダノンファラオ(古馬オープン)0.4秒先行1.2秒先着

《最終追い切り》
助手 栗CW 良 84.6 68.1 52.6 37.5 12.1【8】直強め

追い切り考察

今走は〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東CW仕上げ〟という追い切りパターンを踏んできました。

これまでの追い切りパターンとしては〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東坂路仕上げ〟がデフォルトパターンでした。

この追い切りパターンはこの馬としては2度目になります。

1度目は2走前の府中牝馬ステークス5着。

この当時は休み明けに加えて、追い切り的にチグハグ感が残るものとなっており、凡走仕方なしのイメージ。

それを考えれば今回は一貫性があり、しっかりと時計も出せているので、府中牝馬ステークス時よりは明らかにデキは上と考えられます。

前走は追い切り的には上積みありの内容でしたが、そこと比較しても好調キープという見方で良いでしょう。

 

【ワールドプレミア】

《1週前追い切り》
藤岡康 栗CW 良 84.1 68.5 53.1 39.4 12.6【6】馬なり

《最終追い切り》
武豊 栗CW 良 83.9 68.9 54.1 40.6 12.6【6】G前仕掛け

追い切り考察

この中間は在厩調整で坂路⇒栗東CW⇒栗CW⇒栗CWというパターンで調整されました。

この馬自身、栗東CWで仕上げられるのは初めてのパターンになります。

休み明けで明らかに仕上げ途上にあった前走よりは上向き気配はあるものの、一気に良くなったかと言えばそれはハテナ。

この馬の本調子から考えればまだ仕上げ途上に見えます。

 

【キセキ】

《1週前追い切り》
助手 栗CW 良 71.7 54.9 40.0 11.8【9】馬なり

《最終追い切り》
助手 栗坂 良 52.3 37.3 24.5 12.3 馬なり

追い切り考察

栗東CWと栗東坂路の併用でじっくり乗り込まれてレースに臨むのが追い切りパターン。

4歳春頃の不振時は追い切りもチグハグな感じで、ポリトラック追いやウッドコースでの追い切りでも時計が出ないという内容。

調子を取り戻した4歳秋以降は〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東CW仕上げ〟の一貫性のある追い切りになっていました。

そういうところを踏まえて、まずはこの一貫性のある追い切りを敢行できているかに注目。

次に注目するところは最終追い切りの負荷。

中間は馬なり調整が中心で、最終追い切りで強め以上の負荷を掛けてくると好走率が上がります。

今回の追い切りを見ると、在厩調整で乗り込み量としてはいつも通り多め。

しかし、全て馬なり調整となっている点がマイナスポイントになります。

間隔を考えれば仕方のない面もありますが、、、

ここ最近のMAX仕上げパターンと考えられる宝塚記念と比べても見劣るので追い切りからプラスポイントはありません。

 

【ラッキーライラック】

《1週前追い切り》
助手 栗CW 良 78.9 64.7 51.2 38.0 12.6【6】叩き一杯

《最終追い切り》
福永 栗CW 良 85.3 68.3 52.6 38.4 12.1【6】馬なり

追い切り考察

今走は前走に引き続き〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東CW仕上げ〟という追い切りパターンを踏んできました。

これは昨秋から続く一貫した追い切りパターンになっています。

好走パターンとしては中間に併せ馬を挟んだ方が良い。

その併せ馬がないのはマイナスポイントになります。

追い切り水準としても、年を重ねてそれほど高い水準で来ることはなく、淡々と平均値で来るイメージ。

今回もその辺りは特に変わっていません。

引退レースで渾身の仕上げというよりはいつも通り淡々と、という内容です。

 

【ペルシアンナイト】

《1週前追い切り》
水口 栗CW 良 82.9 67.6 53.8 39.4 12.1【7】馬なり
シロニイ(古馬3勝)1.2秒追走0.5秒先着

《最終追い切り》
水口 栗CW 良 86.9 70.3 54.4 39.9 11.7【7】直強め
クリソベリル(古馬オープン)0.7秒先行0.1秒先着

追い切り考察

栗東CWと坂路の併用で本追い切りは栗東CWがメインという調整でここまで来ています。

池江厩舎ということもあり、勝負パターンは〝1週前栗東CW6F追い⇒最終栗東CW4F仕上げ〟になりますが、今走は〝1週前栗東坂路追い⇒最終栗東CW6F仕上げ〟となりました。

この馬自身勝負仕上げ時の成績は【2-4-1-1】とほぼパーフェクト。

唯一の着外は距離に敗因を求められる日本ダービーとなっています。

このパターンを使ってきた時に狙い撃ちたいですが、最近はこのパターンを使ってきません。

年齢を考えても追い切りからは特に上げ下げはありません。

 

【クロノジェネシス】

《1週前追い切り》
北村友 栗CW 良 83.3 66.8 51.8 37.9 12.3【6】馬なり
ヴィッセン(古馬3勝)1.3秒追走同入

《最終追い切り》
北村友 栗CW 良 83.8 66.8 51.7 38.1 12.2【7】馬なり
リュヌルージュ(古馬オープン)2.0秒追走同入

追い切り考察

ノーザンFしがらきで調整されて、厩舎では特に負荷を掛けることなく馬なり中心というのがこれまでの追い切りパターンです。

その中で併せ馬で負荷を掛けるというのがこの馬のパターンとなっています。

今走もその辺りは特に変わらず、馬なり中心に併せ馬を行われています。

元々間隔を空けて、しっかり外厩で調整されてレースに臨むのがデフォルトパターンですし、追い切りからはそれほど調子の上げ下げはさほど感じません。

ただし、これまで秋華賞1着・宝塚記念1着・天皇賞秋3着は最終追い切りで格下に遅れるという追い切りを見せていました。

追い切りの水準がレースに直結しないタイプではありますが、GⅠ馬という事を考えると明らかに物足りない水準。

そんな中、今回は大きく追走からしっかりと同入に持ち込んでおり、追い切り的にもケチを付けるところもありません。

順調そのものと考えていいでしょう。

 

【カレンブーケドール】

《1週前追い切り》
助手 美坂 良 52.2 37.8 24.9 12.8 馬なり
サトノエルドール(古馬3勝)0.4秒追走0.1秒先着

《最終追い切り》
池添 美坂 良 51.6 37.4 24.6 12.5 馬なり
サトノエルドール(古馬3勝)0.3秒追走同入

追い切り考察

アーモンドアイに代表される国枝厩舎所属馬ですので、基本的には美南W中心の方が良いイメージはあります。

しかし、この馬の場合は美浦坂路中心の追い切りでも結果を残しています。

美浦坂路でレースに臨んだのは過去3戦。

紫苑ステークス3着・秋華賞2着・オールカマー2着・ジャパンカップ4着となっています。

水準的には前走のジャパンカップが過去最高レベルという雰囲気感があったので、ここではさすがにそれ以上はない印象。

とはいえ、今回もハイレベルにまとめてきており、デキ落ちというのはないので好調キープという見方です。

 

【モズベッロ】

《1週前追い切り》
助手 栗坂 良 55.3 39.3 25.4 13.0 一杯
ダイメイプリンセス(古馬オープン)0.8秒先行0.4秒遅れ

《最終追い切り》
助手 栗坂 良 54.5 39.9 25.9 13.1 一杯
ダイメイフジ(古馬オープン)0.5秒先行クビ遅れ

追い切り考察

中間にプール調整を挟みつつ、栗東坂路中心の追い切りを消化するのがデフォルトパターンになっています。

森田直行厩舎所属馬なのでビシビシと負荷を掛けてくるのが特徴。

中間は『一杯』に負荷を掛ける追い切り+併せ馬を消化してくるのがいつものパターンとなっています。

というところで、いつも通りの追い切りを消化してきたと考えて良さそうです。

併せ馬でも遅れていますが、相手が単距離のスピード馬なので仕方のない面がありつつ、、、

とはいえ、中間の併せ馬はほぼ全て遅れており、仕上がり途上と言わざるを得ない一戦です。

 

【オーソリティ】

《1週前追い切り》
助手 美南W 良い 82.9 66.7 52.5 38.6 13.1【2】一杯
ダーリントンホール(古馬オープン)0.4秒追走0.4秒先着

《最終追い切り》
助手 美南W 良 67.6 52.9 39.1 12.5【2】一杯
レッドヴェロシティ(2歳1勝)0.4秒追走0.3秒先着

追い切り考察

これまでと同じく、美南Wと坂路の併用で調整されています。

本追い切りは美南Wで行われる木村哲也厩舎なりの追い切りパターンを踏まれています。

木村哲也厩舎は中間に6F追いを挟むパターンの方が好走率は上がります。

というところでは、今回は1週前追い切りで6F追いを挟んでいるのでパターンとしては○と言えそうです。

併せ馬で一定の負荷をかけられています。

ノーザンF天栄+美南W併せ馬というの王道パターン。

その割にしっかりと負荷を掛けてきている点が気になります。

これはここがメイチという仕上げなのか、仕上がり切っていないからこその負荷なのかを見極める必要がありそうです。

マイナスポイントとしてはしっかり負荷を掛けて内めを回っているにもかかわらず、イマイチ時計が出なかった点になります。

前走よりも上向き気配はあるものの、一気に良化という雰囲気は感じません。

 

【フィエールマン】

《1週前追い切り》
嶋田 美南W 良 66.7 52.2 38.8 13.0【6】馬なり

《最終追い切り》
嶋田 美南W 良 68.2 52.6 39.3 12.7【8】馬なり

追い切り考察

ノーザンF天栄調整馬らしく厩舎ではほとんど負荷を掛けることのない追い切り内容がこれまでのデフォルト。

というところで追い切りから調子の良し悪しを図るのが非常に難しい馬です。

ここまで国内レースで大凡走というのはないので、そもそも不調ではレースに出していないという事なのかもしれませんが。

今回も水準としてはこれまでとほとんど変わりない追い切りを消化しています。

ただ1つこれまでとは異なる点があります。

それは併せ馬を行われなかった事になります。

ノーザンF天栄経由してくる馬は馬なり調整が中心になる代わりに併せ馬が行われる事がデフォルトパターン。

この馬自身もこれまでのレース全てで中間併せ馬が2本以上行われてレースに臨んでいます。

しかし、今回はなし。

前走天皇賞秋後は全身筋肉痛、右前脚に張りがでたという情報もありますし、疲れが抜けきっていないのかもしれません。

過去、国内では最短ローテというところでは不安も見え隠れします。

 

【サラキア】

《1週前追い切り》
松山 栗CW 良 80.7 64.5 50.1 37.4 12.4【7】G前仕掛け

《最終追い切り》
助手 栗坂 良 52.6 38.1 24.6 12.2 馬なり

追い切り考察

今走は〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東坂路仕上げ〟という追い切りパターンを踏んできました。

近走は一貫してこのパターンを使われています。

元々追い切り水準は高い印象がありましたが、この夏を超えてもう1段階上げてきた印象も受けます。

そういう点で考えると、ここ3戦よりも追い切り水準が見劣る点は気になるところ。

ローテーションと追い切り水準を考えればメイチは前走という点は揺るがないかなという印象です。

 

【オセアグレイト】

《1週前追い切り》
横山典 美南P 良 71.8 56.9 42.3 13.6【7】馬なり

《最終追い切り》
横山典 美南W 良 67.2 53.3 39.9 12.9【5】馬なり

追い切り考察

前走に引き続き美南Wと美南Pの併用というパターンを消化してきました。

それ以前は中間美南Wのみパターンでしたが、前走はこれで好走しているので特に気にする必要はないか。

時計としては軽めに調整されており、特にコメントなし。

気になる点としては中間併せ馬を行われなかった事になります。

間隔が詰まるため、という言い訳が出来そうですが、この馬自身中2週は4度経験していますがその全てで併せ馬を行われています。

この併せ馬なしというのはこのレースにメイチ仕上げでないというところとつながってきそうです。

追い切り面からは割引きが必要な一頭です。

 

【ユーキャンスマイル】

《1週前追い切り》
岩田康 栗CW 良 82.8 67.0 51.8 37.7 11.7【6】強め
アドマイヤポラリス(古馬2勝)1.2秒追走同入

《最終追い切り》
岩田康 栗坂 良 54.4 39.2 25.2 12.5 強め
アドマイヤミモザ(古馬1勝)0.6秒追走0.2秒先着

追い切り考察

今走は〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東坂路仕上げ〟という追い切りパターンを踏んできました。

これは友道厩舎の勝負パターン。

この馬としても好走パターンになっており、【3-1-0-5】という成績になっています。

着外5度の内4度はGⅠでのものなので一定の言い訳が利くものとなっています。

前走ジャパンカップ後はプール調整でじっくり疲れをとりつつ、このレースに向けてピッチを上げてきています。

追い切り水準としてはこの秋1番と言える水準まで上げてきており、デキは良いと言っていいでしょう。

後は相手関係だけ。

これが内枠なら穴筆頭候補でしたが、有馬記念では死に枠ともいえる大外枠、、、

残念過ぎます、、、←これがTwitterで呟いた残念なお知らせです。

 

有馬記念 追い切り分析表

※追い切り分析表とは…

「買い」か「ダメ」か「普通」の3段階評価を多方面から分析している表になります。

「買い」が2つ以上になれば好走資質のある馬になります。

追い切りピックアップシートはPDFファイルになっています。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

有馬記念 追い切り分析表

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。