【朝日杯フューチュリティステークス2018予想】1週前追い切り・調教分析

Pocket

今回は朝日杯フューチュリティステークス2018予想:1週前追い切り・調教分析を中心とした記事を書いていきます。

今年の注目は何と言っても牝馬グランアレグリアの参戦でしょう。

先週の牝馬限定戦:阪神ジュベナイルフィリーズを回避しての参戦ということで、期待の高さが窺えます。

と言っても、本音は鞍上ルメールさんを確保するための使い分けでしょうけどもww

それでもサウジアラビアロイヤルカップで牡馬子ども扱いした能力は本物。

あの内容をここでも発揮できるなら十分勝ち負けでしょう。

相手筆頭は初戦から1600mを使って3連勝を決めているアドマイヤマーズ。

みすみす牝馬に2歳王者のタイトルを譲るわけにはいかないでしょう。

というところで、ここでは各馬の状態面を追い切りから確認していきます。

それでは、朝日杯フューチュリティステークス2018予想:1週前追い切り・調教分析に入っていきましょう。

 

大好評:ライン@

ライン@では、

ブログでは書ききれない好追い切り馬を推奨見解付きで配信しています。

人気馬・穴馬問わず、兎に角追い切りが良い馬をピックアップ。

ライン@実績

11/17・18成績【2-2-1-3】複勝回収率140%

17(土)東京9Rアルドーレ6人気1着単勝1,310円

12/8・9成績【0-4-0-1】複勝回収率142%

追い切り良い=状態が良い

というところでは、能力が足りなくてもデキの良さで好走する馬もいます。

もちろん、能力が高い馬は好走する確率がさらに高まるでしょう。

そういう馬たちを狙い撃ちするのが追い切り予想!

みなさんの予想のプラスαとして、〝追い切り〟を活用してみてください\(^^)/

ライン@では追い切り相談会なるものを開催しており、私と直接やり取りできたりもします。

☟☟友達追加待っています(´▽`*)☟☟

友だち追加

【朝日杯フューチュリティステークス2018予想】1週前追い切り・調教分析

 

まずは登録馬を確認しておきましょう。

朝日杯フューチュリティステークス 登録馬
※騎手は現時点の想定

アスターペガサス  福永祐一
アドマイヤマーズ  Mデムーロ
イッツクール    松田大作
エメラルファイト  ビュイック
クリノガウディー  藤岡佑介
グランアレグリア  ルメール
ケイデンスコール  Cデムーロ
コパノマーティン  坂井瑠星
ソルトイブキ    四位洋文
タニノミッション  ??
ディープダイバー  川田将雅
ドゴール      津村明秀
ニホンピロヘンソン 浜中俊
ヒラソール     岩田康誠
ファンタジスト   武豊
マイネルサーパス  丹内祐次

フルゲートは18頭に16頭が登録。

全馬出走可能ですね。

タニノミッションは阪神JFを除外されればこちらに出走予定でしたが、抽選突破して阪神JFに出走。

ということで、現時点では15頭立てのレースになりそうですね。

続いて現時点の予想オッズを確認しておきましょう。

朝日杯フューチュリティステークス 予想オッズ

1 グランアレグリア 1.7
2 アドマイヤマーズ 3.2
3 ファンタジスト  4.4
4 ケイデンスコール 8.6
5 ドゴール     38.8
6 ディープダイバー 53.0

ここまでが上位に推されそうな馬たちです。

オッズ構成的には4頭が1桁人気に推されて、この後がかなり離れる想定となっています。

ここまでオッズが離れることはないでしょうけどww

この4頭が抜けた人気に推されるのは間違いなさそうです。

そして、その中でも想定1倍台の圧倒的人気に推されるのが牝馬グランアレグリア

新馬戦では先日の阪神JF覇者ダノンファンタジーに2馬身差をつける完勝。

次戦のサウジアラビアRCは出遅れ⇒掛かり気味2番手に押し上げ⇒そのまま押し切り3馬身半差の圧勝。

ちょっとモノが違う勝ち方でした。

1980年テンモン以来の38年ぶりの牝馬制覇を成し遂げるか!?

その牝馬に相対するのは、3戦3勝すべてマイル戦を使っているアドマイヤマーズが筆頭候補。

ロードカナロア産駒のファンタジストケイデンスコールの重賞馬2頭にも要注目。

というところで、まずは1週前段階の追い切り過程を見ていきます。

それでは、有力各馬の1週前追い切り・調教を確認していきましょう。

 

利益直結高精度〝的中タイムズ〟

会員限定情報があなたの馬券を変える!
券種適材適所で増やす!資金5倍計画!

無料で土曜1鞍厳選買い目を永久配信!

さらに〝今〟ご登録の方だけに!!

【3連複勝負馬券】の厳選勝負情報
これを推奨コメント付きで完全無料でご提供!

⇒ 無料登録はこちら

更に!更に!今なら無料登録で
【5000円】分のポイントをプレゼント!
期間限定でもらえるポイント。登録するなら今がお得です!

 

グランアレグリア

助手 美南P 良 68.9 53.4 39.2 12.8【9】馬なり

アヴニールマルシェ(障オープン)1.7秒追走同入

11/14から追い切りを再開し、8本目。

藤沢厩舎の馬にしてはしっかり乗り込まれています。

2週前追い切りはキリの為、時計が分からず。

この1週前追い切りは軽めに流す程度で、時計の水準としては低めかな、という印象です。

ただ、藤沢さんは、

「世界を見渡しても調教の舞台はポリトラックの坂路。

ウッドチップで負荷をかけるなんて言ってるのは日本だけだ。」

「今のサラブレッドは馬車馬みたいに余計な負荷をかけてビシバシ追わなくても走るんだよ。

鉄下駄履かせた姿三四郎みたいな時代遅れの稽古を無理強いしてると、馬にパワハラで訴えられるぞ。」

というコメントを先週に残しています。

これは、レイデオロが天皇賞秋の1週前追い切りでウッドチップに脚を滑らせるアクシデントがきっかけになった模様。

しかし、そのポリトラック追いを施された、チャレンジカップ:レイエンダ&阪神JF:シェーングランツは馬券外となっています。

このグランアレグリア、有馬記念:レイデオロが本丸でしょうから、ここの結果次第で今後の調整過程に一石を投じることとなりそうです。

そういうところでも注目の一戦ですね。

元々、外厩仕上げから厩舎追いではサラッと仕上げる藤沢厩舎ですからさほど気にする必要はなさそうですが。

能力については、新馬戦で先日の阪神JF覇者ダノンファンタジーに2馬身差をつける完勝。

次戦のサウジアラビアRCは出遅れ⇒掛かり気味2番手に押し上げ⇒そのまま押し切り3馬身半差の圧勝。

東京マイルの新馬戦で驚異の1.33.6のレコードというおまけ付き。

というところでは、後のGⅠ馬相手に完勝していること、牡馬相手にも結果を出していること。

これを踏まえると、言わずもがな有力になってくるのは間違いないですね。

とは言え、2年前には同じく牝馬ながら1番人気に推されたミスエルテが4着に敗れている点は見逃せないポイント。

2013年には3人気推された牝馬ベルカントも10着に敗れています。

この馬が信用に足るかどうか、、、最終予想に向けて検討しておきます。

 

アドマイヤマーズ

Mデム 栗CW 良 84.7 68.5 52.8 38.4 11.4【9】叩き一杯

アンコールプリュ(古馬オープン)0.3秒追走0.2秒遅れ

坂路とウッドの併用でしっかり乗り込まれて、ここまで5本の追い切りを消化しています。

この1週前追い切りは目一杯負荷を掛けられてきました。

時計の水準としては申し分なし。

その中でラスト11.4秒は自身最高の末脚でまとめています。

追い切りとしては申し分なし、、、と言いたいところですが、

僚馬を捉えきれなかったところは多少物足りなさも感じます。

ラスト11.4秒のキレを見せた捉えきれなかったのは、相手が動きすぎたとも取れますが。

それでも、これ以外は特にケチを付けるところもなく。

友道厩舎という事を考えれば、最終追い切りは坂路馬なり調整でまとめてくるか。

これでくれば、追い切り過程としては文句なしでしょう。

初戦で負かした相手は、後に新潟2歳ステークスを制するケイデンスコール。

その後は、中京2歳ステークスを危なげなく3馬身差の圧勝。

前走デイリー杯2歳ステークスは稍詰められる部分はあったものの、3/4馬身差できっちり勝利。

前走のプラス12kgは余裕残しもあるでしょうが成長分も含まれていそうですし、そういうところではただの早熟というわけでもないでしょう。

懸念事項としては、新馬戦から8頭立て⇒7頭立て⇒9頭立てという小頭数戦しか経験がないこと。

揉まれてたときにどうなるか。

ここに一抹の不安は残りますね。

スムーズに先行できるかどうか。

 

ファンタジスト

助手 栗坂 良 49.5 36.5 24.1 - 一杯

アドマイヤナイト(古馬1600万)0.1秒0.6秒先着

追い切りの本数としてはこれが4本目。

追い切り再開後しっかり時計を出したのがこれが1本目ですが、これが超ハイ水準。

ベスト時計を大幅に更新、文句なしの超好時計ですね。

これは当週の1番時計。

僚馬の古馬もブッちぎっており、いかにこの馬がハイ水準であるかを物語っています。

脚力は申し分なし。

これだけのスピード能力があるという事は、短距離馬の可能性も否定できませんが、、、

ここまでは万全。

最終追い切りも楽しみですね。

ここまで3戦3勝で重賞2勝馬という実績はNo.1。

ただ、その重賞2勝は短距離戦でのもの。

小倉2歳ステークスでは勝ち時計1.08.9という、レベルが高いと言える一戦ではないのは気になるところ。

距離延長が心配された前走京王杯2歳ステークスは、超ドスローからの極端な上がり勝負。

その超ドスローでも先行して折り合いに全く問題を見せなかったのは評価できますね。

しかし、前走の一戦で距離を克服したと言えることはないので、そこが死角になってくるでしょうか。

ロードカナロア産駒で母父ディープインパクトということを考えれば、一介の短距離馬ということもないでしょうけど。

 

ケイデンスコール

Cデム 栗CW 良 81.3 65.6 51.3 37.9 11.8【7】一杯

ファッショニスタ(古馬1600万)0.4秒追走同入

ここまで6本の追い切りを消化しており、坂路とウッドの併用で仕上げています。

これまで通り、この馬なりの仕上げですね。

違うのはGⅠ前という事でしっかり負荷を掛けてきて、あっさりベスト時計を更新してきました。

この辺りは成長もあると考えて良いでしょうね。

全体時計も好時計でまとめていながらラストまで脚色衰えずに伸び切ったことは高ポイントですね。

2週前追い切りでは未勝利馬と併せ馬を敢行され、遅れをとっていました。

その追い切りまでは仕上がり途上感は否めなかったですが、ここにきて急浮上。

この2本の一杯に負荷を掛けた追い切りで仕上がってきましたね。

3ヶ月の休み明けということで仕上がり具合には注目したい場面です。

最終追い切りどれくらいの水準でくるか。

ここまで唯一の敗戦は、ここにも出走してくるアドマイヤマーズに新馬戦で敗戦したのみ。

それもハナ差ですから、能力で劣るという事は全くないでしょう。

ここまで3戦して全て上がり最速。

それもすべて33秒台。

これはなかなかできる芸当ではないですね。

末脚の爆発力はメンツでもNo.1。

期待十分の一頭でしょう。

 

朝日杯フューチュリティステークス2018 まとめ

まずは、上位4頭についての追い切りを見てきました。

この年末の大一番に向けてどの馬もしっかり仕上げてきていますね。

やはり気になるのは、グランアレグリアのポリトラック追い。

良くも悪くも藤沢厩舎のゆとり調教が施されており、どこまで上積みがあるのか。

モノは違う印象があるので、上手く成長していてもらいたいという期待もありますね。

その他アドマイヤマーズ・ファンタジスト・ケイデンスコールは順調な仕上げ。

ここまでは特にケチを付けるところもなく、という印象ですね。

実際、他の馬たちの追い切りを見渡しても、この牡馬3頭が抜けて好追い切りの印象を受けます。

 

というところで最後に、現時点の注目馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ(ケイデンスコール)

個人的にはこの馬に注目。

やはり、この爆発力のある末脚は魅力的。

まとめて負かすならこの馬か( ✧Д✧)

 

無料の3連複情報がどのサイトよりも!強烈!

まずは無料の3連複勝負馬券を試してみて下さい。

きっと他サイトとの違いに気付くはずです。

重賞解析/トレセン生情報/など
勝馬の定石でしか手に入らない
詳細データがよりどりみどり!

〝充実の無料のコンテンツ〟

☆┳☆━━━━━━━━━━━━━━━
┣■┫先週も的中の数々!帯封越えも!
☆┻☆━━━━━━━━━━━━━━━

▼先週の主な成績がこちら▼

2018/12/2
中山3R 2歳未勝利
三連複 11-10-03
配当:152,700円 的中

会員様の中には更に上の230万円の的中を出された方も!

無料で出すにはさすがに精度が高すぎるかなと、、、
だからこそ限定で無料会員様を募集!!

正直、この機会を逃すともったいなさすぎる気がします、、、
【ご自身で体感してみてください!】

>>無料情報を受取る<<