【札幌2歳ステークス2020追い切り・調教傾向】穴ではダート仕上げに注目!

Pocket

今回は札幌2歳ステークス2020追い切り・調教傾向:穴ではダート仕上げに注目!を中心とした記事を書いていきます。

過去の優勝馬には、後に日本ダービーを制覇するロジユニヴァース・阪神ジュベナイルフィリーズを制するレッドリヴェールなどが名を連ねています。

また、優勝馬以外にも2010年2着のアヴェンチュラは翌年の秋華賞を制し、2011年2着のゴールドシップは翌年のクラシックで皐月賞&菊花賞の2冠馬となっています。

このように、後々のクラシック戦線につながっていく2歳重賞の出世レース。

どの馬が翌年のクラシック戦線に名乗りを挙げてくるか、注目の一戦を追い切り・調教の傾向から検討していきます。

【札幌2歳ステークス2020追い切り・調教傾向】穴ではダート仕上げに注目!

 

まずは登録馬を確認しておきましょう。

札幌2歳ステークス 登録馬
※騎手は現時点の想定

アオイゴールド  団野大成
ウイングリュック 和田竜二
ウインルーア   横山武史
カガフラッシュ  江田照男
コスモアシュラ  丹内祐次
ジオルティ    ルメール
スライリー    石川裕紀人
ソダシ      吉田隼人
バスラットレオン 坂井瑠星
ピンクカメハメハ 武豊
ベストインクラス 水口優也
ユーバーレーベン 戸崎圭太
リキサントライ  ??
ヴィゴーレ    池添謙一
ヴェローチェオロ ??

フルゲート14頭に15頭が登録。

ベストインクラスが除外対象となっています。

続いて現時点の予想オッズを確認しておきましょう。

札幌2歳ステークス 予想オッズ

1 ピンクカメハメハ 2.4
2 ソダシ      4.4
3 バスラットレオン 5.5
4 ウインルーア   6.5
5 ユーバーレーベン 7.5

ここまでが上位に推されそうな馬たちです。

想定1人気は半姉にGⅠ3勝のスイープトウショウがいる良血「ピンクカメハメハ」。

想定2人気は白毛人気も相まって「ソダシ」になりそう。

想定3人気は洋芝で上がり3F33.6秒の末脚を披露した「バスレットレオン」。

2歳の若馬たちの戦いになるので、初戦の勝ちっぷりや良血馬が人気に推されやすい。

その中でも、盲点になる馬を狙いたい一戦です。



それでは、追い切り・調教から見る好走傾向ということで、過去5年の好走馬の最終追い切りを見ていきます。

2歳戦3つ目の重賞という事で、早熟性もカギを握る一戦。

その中で最も距離の長い1800mで行われるレースで、どういう傾向が現れるか注目。

2019年
1着 ブラックホール
札幌芝 72.8-59.4-47.4-35.3-11.7【6】一杯
2着 サトノゴールド
札幌芝 85.5-68.7-53.0-38.5-11.6【6】直強め
3着 ダーリントンホール
札幌芝 67.0-51.7-37.7-12.0【5】馬なり
2018年
1着 ニシノデイジー
札幌ダ 68.4-52.6-38.1-12.4【6】馬なり
2着 ナイママ
門別 74.0-61.4-49.9-37.5-13.3【3】直強め
3着 クラージュゲリエ
札幌ダ 70.3-54.3-38.8-12.1【8】馬なり
2017年
1着 ロックディスタウン
札幌芝 65.3-50.4-35.9-12.1【6】直強め
2着 ファストアプローチ
札幌芝 84.0-67.8-52.4-37.4-12.1【7】馬なり
3着 ダブルシャープ
門別 42.1-27.3-13.8
2016年
1着 トラスト
札幌芝 60.8-46.8-34.0-11.6【5】一杯
2着 ブラックオニキス
札幌芝 45.5-14.3【6】馬なり
3着 アドマイヤウイナー
札幌芝 63.8-50.2-35.9-11.6【6】強め
2015年
1着 アドマイヤエイカン
札幌芝 60.8-46.8-34.0-11.6【5】一杯
2着 プロフェット
札幌芝 53.2-38.8-12.6【7】G前仕掛け
3着 クロコスミア
札幌ダ 69.0-53.4-39.5-12.8【9】馬なり

このような結果になっています。

過去5年totalで見ると、

札幌芝仕上げ:【4-4-2-25/35】

札幌ダート仕上げ:【1-0-2-35/38】

連闘:【0-0-0-1/1】

門別:【0-1-1-6/8】

その他仕上げ:【0-0-0-8/8】

基本的には【札幌芝仕上げ】vs【札幌ダート仕上げ】という構図。

出走頭数は互角でも好走数では【札幌芝仕上げ】が圧倒的に優勢という結果になっています。

人気に推されて凡走した馬たちを見てみると、

【札幌芝仕上げ】

2019年1人気6着ゴルコンダ

2018年2人気7着ウィクトーリア・3人気5着アフランシール

2017年2人気6着クリノクリニーング・3人気10着カレンシリエージョ

2016年1人気8着タガノアシュラ・2人気10着ディープウォーリア・3人気7着インヴィクタ

2014年1人気7着ミッキーユニバース・2人気5着フォワードカフェ

【札幌ダート仕上げ】

2015年3人気5着アラバスター

2014年3人気10着スワーヴジョージ

となっており、【札幌芝仕上げ】の方が人気に推されての凡走が多くなっています。

こうして見ると、期待値としては【札幌ダート仕上げ】の方が期待値が高そうな印象を受けますね。

【札幌ダート仕上げ】から好走した馬たちを見てみると、

2018年6人気1着ニシノデイジー・1人気3着クラージュゲリエ

2015年8人気3着クロコスミア

2014年5人気1着ブライトエンブレム・7人気3着レッツゴードンキ

となっており、人気薄からの好走が目立ちます。

2016年・2019年のように【札幌芝仕上げ】から馬券内を独占されるとどうしようもないですが、【札幌ダート仕上げ】から穴馬を探すのが面白そうなレースですね。

好走馬が出なかった2019年は【札幌芝仕上げ】8頭に対して【札幌ダート仕上げ】が3頭、2016年は【札幌芝仕上げ】10頭に対して【札幌ダート仕上げ】が3頭と、割合いが低かったという理由もあります。

そしてもう1つの注目仕上げパターンは【門別】からの臨戦馬。

そもそも出走頭数が少ないですし、人気になる事もないのでとりあえず押さえておくというスタンスで問題ないでしょう。

札幌2歳ステークス2020 まとめ

基本的には【札幌芝仕上げ】vs【札幌ダート仕上げ】という構図。

その中で配当妙味を狙うなら【札幌ダート仕上げ】からの人気薄馬を狙っていくというレースです。

好走数が多いのは【札幌芝仕上げ】なので、無難にいくならこちらというイメージ。

そして注目は【門別】からの臨戦馬。

そもそも出走頭数が少ないですし、人気になる事もないのでとりあえず押さえておくというスタンスで。

他の根拠があれば軸にしても面白いですね。

 

2歳戦という事で、まだ各馬の最終追い切りパターンは読めないですね。

各馬どのような追い切りパターンを踏んでくるか、最終追い切りに注目しましょう。

それでは最後に、1週前時点の注目馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

 

※新サイト入稿しました!お試し下しさい!

メールアドレスの登録のみで、無料登録完了です。

【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

【EXTRA】

「競馬はギャンブルではなく投資である」

との考えをもとに、勝ち続けるために必要な情報や知識・買い目を一括して提供しています。

まずは、無料の厳選情報+買い目でこのサイトの実力を確認してみてください!

【URL】http://extra-horse.com/