【東京新聞杯2019予想】最終追い切り・調教分析

Pocket

今回は東京新聞杯2019予想:最終追い切り・調教分析を中心とした記事を書いていきます。

東京1600mという紛れの少ない実力を発揮しやすい舞台ですが、過去10年1人気が勝ち切れていない一戦。

今年の1人気はタワーオブロンドンか、、、インディチャンプか、、、

ルメール人気も相まってタワーオブロンドンでしょうか。

タワーオブロンドンはこの過去のマイナスデータを覆すして勝利することが出来るのか。

人気は譲っても、春のマイル王に向けて賞金加算必須のインディチャンプも侮れない一頭。

その他にもロジクライ&レイエンダ&サトノアレスなど、GⅢにしては好メンツが揃いましたね。

それでは、東京新聞杯2019予想:最終追い切り・調教分析に入っていきましょう。

 

メールアドレスだけで予想が届く!

元調教師率いる重賞特捜部が

この激走穴馬で

〝万馬券を狙い撃つ〟

好配当を狙い撃つチャンスは☟こちら☟

【東京新聞杯2019予想】最終追い切り・調教分析

 

まずは確定した枠順配置を確認しておきましょう。

東京新聞杯 枠順配置

 1- 1サトノアレス    牡5 柴山雄一
 2- 2インディチャンプ  牡4 福永祐一
 2- 3テトラドラクマ   牝4 田辺裕信
 3- 4ストーミーシー   牡6 杉原誠人
 3- 5タワーオブロンドン 牡4 ルメール
 4- 6レッドオルガ    牝5 北村友一
 4- 7ゴールドサーベラス 牡7 大野拓弥
 5- 8ロードクエスト   牡6 三浦皇成
 5- 9ヤングマンパワー  牡7 ブロンデル
 6-10ロジクライ     牡6 横山典弘
 6-11ジャンダルム    牡4 武豊
 7-12ショウナンアンセム 牡6 ミナリク
 7-13リライアブルエース 牡6 坂井瑠星
 8-14レアリスタ     牡7 石橋脩
 8-15レイエンダ     牡4 北村宏司

向正面の第2コーナー付近からスタートし、スタート後直線が続くため枠順による有利不利は少ないコースです。

ラストは約530mの長い長い直線と坂があるため、タフなコース設定となっています。

マイル戦とは言え、スタミナ必須。

適性としては、マイル以下を主戦場とする馬より、マイル以上を走れる中距離馬が好走するイメージで。

そして脚質面では、スピード豊富なキレ・瞬発力を持つ馬が好走する傾向にあるコースですね。

それでは、有力各馬の最終追い切り・調教を見ていきましょう。

 

サトノアレス

助手 美坂 良 51.8 37.8 24.7 12.3 馬なり

1週前追い切りウッド追い⇒最終追い切り坂路追い。

この追い切り過程は初めての事。

前走こそ坂路中心お追い切りで攻めてきましたが、基本的にはウッドで馬なり調整が中心の馬が追い切り過程を変えてきたことをどう考えるか。

時計面に関しては文句ナシの水準。

美浦坂路で4ハロン目が最速の加速ラップを踏む馬を見れるのは珍しいですからね。

それもラストまで楽な手応えのまま、この時計を計時できたことがさらにプラス評価。

これだけ軽くこの時計が出せるというのは体調の良い証拠でもあるでしょう。

兎に角、ギアチェンジが上手い馬で長い直線がどうかも、状態は◯。

 

インディチャンプ

助手 栗坂 良 50.3 36.8 24.4 12.5 一杯

レッドラウダ(古馬1600万)0.2秒先行0.5秒先着

1週前追い切りではサンライズノヴァと併せ馬を行い、遅れはしたものの良い動きを見せていました。

終始手応えは優位で、折り合い専念の追い切りになっており十分すぎるほどの時計を叩いていました。

そこからの最終追い切り。

今度は折り合いを気にしつつも、ラストはビッシリ負荷を掛けた追い切り。

この厩舎らしくしっかり負荷を掛けた追い切り内容で、時計面も文句ナシの超好時計。

ラップとしては13.5-12.4-11.9-12.5と、これだけ入りの速いラップになりましたが、ラスト大きく失速することもなくまとめています。

鞍上がチラチラと横を向き、僚馬の追い出しを待つ余裕がありつつ、仕掛けられると僚馬を置き去り。

追い切り内容としてケチを付けるところはないですね。

昨年は夏以降自己条件からやり直してオープンまで駆け上がってきました。

その為、立場上、上がり馬の立場でレースに挑むことになりますが、昨年春には毎日杯でブラストワンピースの3着した素質馬。

昇級戦の重賞でも全く見劣りは感じられません。

さらに近親馬にはリアルインパクト&ネオリアリズムといったGⅠホースがいる血統背景からも、この馬自身も相当な潜在能力があるはずで一気の重賞制覇の期待十分。

 

タワーオブロンドン

杉原 美坂 良 52.0 37.9 25.0 12.7 馬なり

前走後一度放牧に出されたのち、帰厩後は18本の乗り込みが施され、時間をかけて十分すぎるほど乗り込まれてきました。

全て馬なりで調整してきていますが、藤沢厩舎らしい追い切り内容と言えるでしょう。

坂路での最終追い切りは体幹がしっかりしており、ブレることなく真っすぐ坂路を駆け上がってきました。

時計面も優秀と言える部類で、仕上がり良好といった雰囲気ですね。

一昨年の2歳チャンピオンを決める朝日杯FSでは、ステルヴィオやケイアイノーテックと好勝負の3着。

昨年のアーリントンカップではパクスアメリカーナに先着と、マイル路線では世代トップクラスの能力の持ち主。

ルメールさんへの手戻りも大きなプラスで、春のマイル王決定戦に向けて弾みを付けたいところ。

 

レッドオルガ

助手 栗坂 良 54.6 39.6 25.2 12.3 強め

終始頭が高めで、多少非力な印象を受ける追い切り内容ではありますね。

それでも、攻め駆けする馬ではないところを考えると、気配としてはまずまずといったとろこでしょうか。

牝馬ですし、非力な面もさほどマイナスと考えなくてもいいかも。

ラストに向けてしっかりピッチを上げて、15.0-14.4-13.0-12.3の加速ラップでまとめていますし、追い切り内容としても上々の雰囲気。

前走後はノーザンファームしがらきに放牧に出されていますので、そこを考えればこれで走れる態勢は整ったと考えていいでしょう。

 

ロジクライ

松田 栗坂 良 53.3 38.3 24.6 12.3 馬なり

アディラート(古馬1600万)0.4秒追走クビ先着

1週前追い切りでは坂路50.7秒の超好時計を叩いています。

最終追い切りでは終い重点の追い切り。

僚馬に馬体を併せにいく勝負根性を見せて、目一杯追われる相手に対してこちらは楽な手応え。

それでもラストはスッと前に出て先着を果たしました。

抜群に反応が良かったわけではないですが、今回の追い切りでは勝負根性が目立つ内容でしたね。

1週前追い切りで負荷を掛けて、最終追い切り馬なり調整がこの馬の勝負パターン。

今回は1週前追い切りでも馬なりということですが、時計面に関しては申し分ない時計は出ましたし、それなりに仕上げてきた印象は受けますね。

同舞台で行われた2走前の富士ステークスが圧巻の内容でしたし、4走前の中京記念ではレコード決着の2着。

左回りで高パフォーマンスを見せている内容を考えても、ここは普通に有力か。

 

レイエンダ

北村宏 美坂 良 52.0 37.7 24.8 12.6 馬なり

攻め駆けしない馬に、攻め駆けしない厩舎。

ということで、いつも目立つ時計を出してこなかった馬。

フットワークは素晴らしいものを見せていましたけどね。

それが今回は時計面でもしっかり好時計を叩いてきました。

楽な手応えのまま、しっかりと伸び切った辺りは成長も窺えます。

この馬らしい軽快なフットワークで駆け抜けました。

休養を挟みながらもデビューから3連勝を決めて、重賞初挑戦のセントライト記念で2着と、高い能力を示してきました。

チャレンジカップで初めて連対を外すこととなりましたが、キャリアを考えればこれからの馬。

初のワンターンマイル戦で新味が出れば、というところでしょうか。

 

外厩情報が無料で手に入るサイト

今流行りの〝外厩〟
外厩仕上げ馬を調べたい場合は、このサイトを活用してみてはどうでしょう。

本来なら、一口馬主や有料情報に登録しないと知ることが出来ない情報。
これを無料で閲覧できるというだけで必見のサイトですね。

外厩を知れば、
ノーザンF天栄帰りでワンツーを決めた
有馬記念をズバリと仕留めることが出来る!!

試してみる価値有りの情報サイトです!

>>無料情報の受け取り<<

無料情報受け取りに必要なのはメールアドレスのみで、
yahoo、google等のフリーメールでの登録OKです!

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、
公にはならない極秘情報を入手できるチャンスはここだけ!

東京新聞杯2019 まとめ

印象としては上位勢の追い切り◯、下位勢の追い切りがイマイチ、という印象の内容でした。

これを踏まえて考えると、今年は上位勢の決着が濃厚かも、、、

と言っても、上位勢に不安が見え隠れするのも事実。

タワーオブロンドン&インディチャンプ共に、適正距離としてはマイル以下。

コース適正からはマイナス面が浮かび上がります。

インディチャンプは2枠2番鞍上福永いっくんということを考えると、前が詰まる懸念もww

 

最後にピックアップしておきたいデータをまとめておきます。

過去10年分のデータとなっています。

枠順傾向

 1枠【1-1-3-13】
 2枠【1-3-0-13】
 3枠【4-2-0-13】
 4枠【3-0-2-14】
 5枠【0-1-1-17】
 6枠【0-1-2-16】
 7枠【0-2-1-17】
 8枠【1-0-1-17】

舞台設定としては枠順による有利不利は少ないコースですが、このレースに限っては内枠優勢傾向にあります。

1~4枠【9-6-5-40】
5~8枠【1-4-5-50】

開幕週ということも影響しているでしょうか。

人気傾向

1人気 【0-1-2-7】
2人気 【2-0-2-6】
3人気 【3-1-0-6】
4人気 【0-1-1-8】
5人気 【3-3-1-3】
6~9人気 【2-3-3-32】
10人気以下【0-1-1-58】

冒頭でも述べましたが、過去10年1人気が勝ち切れていません。

おそらく1人気はタワーオブロンドンでしょうか。

牡牝データ

牡・セン【7-10-10-110】複勝率19.7%
牝馬  【3-0-0-10】複勝率23.1%

年齢傾向

4歳 【4-4-4-23】
5歳 【2-3-5-31】
6歳 【4-2-0-29】
7歳 【0-1-1-26】
8歳上【0-0-0-10】

好走率は4歳世代がトップ。

特に2018年&2017年の近2年は4歳世代のワンツースリー決着。

今年の4歳世代はハイレベルと言われていますからね。

今年もワンツースリー決着まで十分考えられますね。

脚質傾向

逃げ馬【2-1-0- 7】
先行馬【3-2-4-26】
差し馬【5-3-4-45】
追込馬【0-4-2-42】

上がり3ハロン

1位   【1-4-0-7】
2位   【2-2-2-5】
3位   【0-0-3-8】
4位~5位【5-2-1-10】
6位以下 【2-2-4-89】

直線の長い東京コースで行われるレースですが、上がり上位勢の好走率が意外と低め。

開幕週ということもあり、立ち回り勝負になりやすい面も秘めています。

注目データとしてはここまで。

 

それでは最後に、追い切りNo.1馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ(インディチャンプ)

個人的にはこの馬をチョイス( >д<)

ここまで全レース単勝2.1倍以下の馬が乗り替わりによって人気急落のレイエンダも捨てがたかったんですが、、、

大外枠ということで、傾向上多少割引が必要かなと。

 

馬券で勝つためには

『関西馬を軸に馬券を買う事』

が重要です。

なぜなら、
関西馬と関東馬の2018年の成績を比較すると

これだけで『圧倒的に関西馬が優勢』であることがお分かりいただけるはずです。

そして、ここで重要なのは、

『高確率で馬券に絡む関西馬を知る事』

今なら、その情報が無料で手に入る!

勝負の関西馬&人気薄の関西馬で万馬券を狙う!!

>>無料情報はこちら<<

無料情報受け取りに必要なのはメールアドレスのみです。