【東京盃2019予想】追い切り・調教分析~本命は素直に好追い切りの馬から~

Pocket

今回は東京盃2019予想:追い切り・調教~本命は素直に好追い切りの馬から~を中心とした記事を書いていきます。

10/2(水) 大井競馬11R 20:10発走

大井競馬場ダート1200mで行なわれるJpnⅡ戦になります。

JBCスプリントの前哨戦となる一戦。

昨年は地方馬のキタサンミカヅキが優勝したレースで、地方馬の好走も珍しくないレースとなっています。

そして注目すべきは1着キタサンミカヅキ・3着グレイスフルリープ・4着マテラスカイが次走JBCスプリントでワンツースリーを決めた事。

ダートスプリント王を決めるレースに向けて見逃せない一戦となっております。

そんな、東京盃を追い切り・調教観点から検討していきます。

【東京盃2019予想】追い切り・調教分析

 

まずは確定した枠順配置を確認しておきましょう。

東京盃 枠順配置

 1- 1ニホンピロタイド  牡4 幸英明
 2- 2コパノキッキング  セ4 藤田菜七子
 2- 3ポッドギル     牝3 笹川翼
 3- 4ショコラブラン   牡7 吉原寛人
 3- 5イノデライト    牡6 張田昂
 4- 6マッチレスヒーロー 牡8 的場文男
 4- 7キャンドルグラス  牡5 赤岡修次
 5- 8エイシンユニコーン 牡5 東原悠善
 5- 9ヒザクリゲ     牝4 横山典弘
 6-10マイネルルークス  牡9 松崎正泰
 6-11サクセスエナジー  牡5 松山弘平
 7-12ブルドッグボス   牡7 御神本訓史
 7-13グランドボヌール  牡5 和田竜二
 8-14クルセイズスピリツ 牡4 山崎誠士
 8-15ゴーディー     牡11安藤洋一

大井ダート1200m

向正面からスタートする外回りが使用されるコース。

スタートから最初のコーナーまでの距離は長く、枠順による有利不利はないと考えていいコースです。

最後の直線も地方にしては長いので差し馬も通用し、極端な追い込み馬でなければ大きな不利はないコース。

それでもダート戦なので4コーナーで前目に付けている馬が有利。

そこは予想のポイントとして押さえておきたいところです。

 

それでは、有力各馬の最終追い切り・調教を考察していきます。

【ニホンピロタイド】

《1週前追い切り》
助手 栗CW 良 82.9 68.2 53.5 39.9 12.9【7】一杯

《最終追い切り》
助手 栗CW 良 83.4 67.8 53.1 38.9 11.9【9】叩き一杯
レッドアーサー(障害未勝利)0.4秒追走同入

追い切り考察

追い切りパターンとして、坂路中心パターンと栗東CWパターンの2種類持っています。

どちらのパターンでも好走・凡走があり、どちらが好走パターンという事でもないです。

近走は栗東CWパターンが多くなっており、今走も変わらず栗東CW中心の追い切りとなっています。

水準としても特段いつもと変わりなく、という印象です。

追い切りから特筆すべき点はないですね。

骨瘤で出走が半年ぶりという中でも、本数もしっかりこなしていますし、休み明けがマイナスになる事はなさそうではあります。

可もなく不可もなくといったところです。

 

【コパノキッキング】

《1週前追い切り》
助手 栗CW 良 69.8 53.1 38.1 11.8【9】馬なり

《最終追い切り》
助手 栗CW 良 66.7 52.1 38.6 12.2【7】馬なり

追い切り考察

厩舎では栗東CWで乗り込まれてレースに臨むのはこの馬の追い切りパターンとなっています。

今走も変わらず、これまで通り栗東CW中心の追い切りを消化。

その中でこれまでと異なる点があり、それは追い切りのハロン長さ。

これまでは6F追いが中心でしたが、今走は5F追いが中心。

この理由がイマイチ掴み切れないところ。

ここまでの着外2戦の凡走は前走比2F距離延長となった大阪スポーツ杯とGⅠフェブラリーステークスのみ。

状態面というよりは距離という壁に敗因が求められるレースでした。

そういうところで追い切りから好不調の波を読み取るのは難しいですね。

以前は追い切りでも道中行きたがるシーンが目に付きましたが、今ではしっかり我慢して走ることができています。

キャリアを積むにつれて落ち着きが出てきています。

やはり、死角を探すなら追い切りのハロン長さがこれまでと違う、という点になりそう。

追い切りの水準としてはこれまでと大きな変わりなく順調という雰囲気です。

 

【ヒザクリゲ】

《1週前追い切り》
助手 栗坂 良 55.0 40.6 26.6 12.8 馬なり

《最終追い切り》
助手 栗坂 良 56.9 41.5 27.0 12.9 馬なり

追い切り考察

近走は中間に1本栗東CW追いを挟むというのがこの馬の追い切りパターンでした。

今走は前走に引き続き、中間坂路のみの追い切りパターンとなっています。

この追い切りパターンで前走も好走していますし、特に心配はないか。

内容としては毎度馬なり調整で、特に負荷を掛けることのない追い切りとなっています。

その為、追い切り水準は平凡というのがこの馬の特徴です。

毎度のことながら今走も平凡な追い切り内容ということで、特筆すべき点はなく、いつも通りという印象です。

 

【サクセスエナジー】

《1週前追い切り》
助手 栗CW 良 98.1 82.0 66.8 52.7 39.5 13.5【9】一杯
ヨドノビクトリー(古馬2勝)0.6秒先行0.2秒遅れ

《最終追い切り》
助手 栗坂 良 54.3 38.9 25.1 12.4 馬なり

追い切り考察

坂路で乗り込まれてレースに臨むのがこの馬の追い切りパターン。

好走パターンがはっきりしており、〝最終追い切りでしっかり負荷を掛けてくること+好時計〟を叩いた時は要注目。

特に時計面の好時計は必須。

準ベスト以上の時計を叩いてくれば買い、逆に時計面が見劣るようであれば見送り、という取り捨て基準です。

今走は〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東坂路仕上げ〟という追い切りパターンを踏んできました。

この追い切りパターンを使ってくるのは1年前の当レース以来となります。

この追い切りパターンは北出厩舎の勝負パターンですが、この馬としてはイマイチ結果が伴っておりません。

1週前追い切りでは併せ馬で遅れており、本調子ではない気配も。

前走は追い切り水準の低さから軽視としましたが、ここでも大きな上がり目は感じない内容となっています。

個人的には追い切り水準を上げてきた時に狙い打ちたいです。

 

【グランドボヌール】

《1週前追い切り》
助手 栗坂 良 52.9 38.1 24.8 12.2 一杯
トップウイナー(古馬1勝)0.6秒追走クビ遅れ

《最終追い切り》
助手 栗坂 良 52.7 38.9 25.4 12.4 末一杯
グランドビクトリー(古馬1勝)0.2秒追走0.5秒先着

追い切り考察

以前は栗東CW仕上げという追い切りパターンを踏んでいましたが、近走は栗東坂路中心の追い切りとなっています。

前走サマーチャンピオンでは久しぶりに〝最終栗東CW仕上げ〟という追い切りパターンを踏んで優勝しました。

今走はいつも通りの坂路中心の追い切りで〝栗東坂路仕上げ〟という追い切りパターンを踏んできました。

元々追い切りの水準は高めでまとめてくる馬ですが、今走も変わらず高水準追い切りを消化。

1週前追い切り14.8-13.3-12.6-12.2

最終追い切り13.8-13.5-13.0-12.4

というラップで、2週連続の加速ラップを踏んできました。

2週続けてしっかり負荷を掛けるというのもこの馬なりの追い切り内容となっています。

仕上がり良好と見ていいでしょう。

 

――――――――――――――――――――

※おすすめサイトの紹介※

メールアドレスの登録のみで、無料登録完了です。

【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

【グロリア】
オススメ度★★★★★
限定人数 50人

彗星の如く現れた人気の競馬サイト【グロリア】

夏の重賞は絶好調!毎週点数を絞って高額配当連続的中!
北九州記念/20点で3連単58万9500円的中!
エルムS/24点で3連単42万9000円的中!
レパードS/32点で3連単55万8080円的中!
小倉記念/16点で3連単18万6600円的中!
クイーンS/15点で3連単19万7900円的中!
アイビスSD/10点で3連単27万1000円的中!
函館2歳S/12点で3連単44万1420円的中!
七夕賞/16点で3連単68万9160円的中!
函館記念/9点で3連単52万1400円的中!
CBC賞/10点で3連単13万400円的中!
ラジオNIKKEI賞/30点で3連単56万8560円的中!

リピート率90%というところにこのサイトがいかに有益かを物語っています。

今なら先着50名様、無料登録で厳選買い目情報を毎週提供してくれます。

他サイトで満足できなかった方は試す価値あり!

口コミ情報でも評価の高いグロリアは必見です!
【URL】http://glo-ria.com/

――――――――――――――――――――

 

東京盃2019 最終見解

メンバー構成を見ても断然の1人気に推されそうな「コパノキッキング」。

今冬の根岸ステークスまでは破竹の勢いでしたが、フェブラリーステークス5着⇒東京スプリント2着⇒クラスターカップ3着とその後は勝ち星に見放されています。

フェブラリーステークスは距離+メンバー構成から仕方ないにしても、その後の2戦は不甲斐ない結果に終わりました。

能力的には間違いなくNo.1なので、ここで改めて力を見せつけてほしいところではあります。

続いて人気推されそうなのはサマーチャンピオン1着馬「グランドボヌール」・2着馬「ヒザクリゲ」辺りになるでしょうか。

「グランドボヌール」は前走久々のダートで一気の重賞制覇。

ダート適正をしっかりと示した一戦で、ここではメンバー強化と2kg増がカギになりそうです。

「ヒザクリゲ」は前走、初の重賞挑戦+初の地方ダートという二重苦がありながらも勝ち馬とはハナ差2着まで詰め寄りました。

自力強化を印象付けた一戦で、このレースを好走するようなら本物でしょう。

前走比1kg増という事で、前走の勝ち馬を逆転する計算は十分たちますね。

重賞3勝馬「サクセスエナジー」も人気の一角になりそうですが、個人的には追い切りからまだ上がり目は感じないという印象。

というところで上位3頭は強そうではありますが、地方馬の一発にも警戒しておきたい一戦です。

 

それでは最後に、本命馬と狙ってみたい穴地方馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

本命馬は素直に追い切りが最も良いと感じたこの馬をチョイス。

狙いたい地方馬としては、ブルドックボス・ショコラブランが筆頭にはなってきそうですが、敢えて違う馬を。

前走はキタサンミカヅキとクビ差の競馬。

斤量差があったとは言え、これは評価して良い内容でしょう。

昨年の当レースで5着に好走しており、力を付けた今ならさらに上の着順を目指せてもいい。

 

新サイト入稿しました!!

今回ご紹介するのは「オアシス」と「J.H.A」。

これらのサイトはご存知の方も多いかもしれません。

他のブログでも数多く紹介されているサイトです。

「登録者数が多い=オッズが低下する」という理由から、登録者数が増えすぎて募集人数を制限していたサイト。

そんな中、ようやく再募集がかかり、
この度、当ブログでも紹介することが出来るようになりました。

いずれのサイトも今回は人数限定募集になるので、是非、今のうちに無料登録をオススメします!

いずれのサイトもメールアドレスの登録のみで、無料登録完了です。

【docomo・Softbank・icloud】メールですと届かない可能性がありますので、【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

――――――――――――――――――――

【J.H.A】
オススメ度★★★★★
限定人数 30人

このサイトの特徴は「少点数」で的中を狙うというハイレベルな予想にあります。

的中実績を見ても3連単10点以内というのが数多く見られます。
まさに「ローリスクハイリターン」。

その理由は、
元厩舎関係者や競馬記者など業界関係者が名を連ねているからに他ならないでしょう、
当然、その情報力は他のサイトを凌ぐと言って過言ではないです。

無料登録でその一部を公開しているので、まずは無料登録で参考にしてみては!?
【URL】http://www.j-h-a.net/

――――――――――――――――――――

【オアシス】
オススメ度★★★★★
限定人数 30人

このサイトの特徴は極めてシンプル。とにかく当たる!!
そもそも競馬サイトにそれ以外の特徴って必要ですか?

OASISでは独自ルートから当たる予想を提供を提供しています。
いつも高配当の3連単や3連複を少点数で的中!

まずは、無料情報でこのサイトの実力を確認してみてください!
【URL】http://www.successoasis.net/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。