【東海ステークス2021予想】有力各馬追い切り・調教分析

Pocket

今回は東海ステークス2021予想:有力各馬追い切り・調教分析を中心とした記事を書いていきます。

この記事では追い切り分析表の下調べとして、下記内容をまとめています。

【内容】

①追い切り・調教から見る好走傾向

②有力各馬の追い切り・調教分析

③追い切り分析表の過去実績例

【東海ステークス2021予想】有力各馬追い切り・調教分析

 

まずは、追い切り・調教から見る好走傾向ということで、過去5年の好走馬の追い切りを見ていきます。

2020年
1着 エアアルマス
栗CW(併) 83.8-66.8-51.2-37.9-11.8【8】一杯
栗CW(単) 52.-37.8-24.4-12.0 末強め
2着 ヴェンジェンス
栗坂(単) 52.6-38.1-24.8-12.5 馬なり
栗坂(単) 57.2-40.8-25.9-12.4 馬なり
3着 インティ
栗CW(単) 83.7-68.0-53.8-39.2-11.8【7】強め
栗坂(単) 51.8-38.1-25.1-12.9 一杯
2019年
1着 インティ
栗CW(単) 83.7-66.2-52.1-38.0-12.6【3】強め
栗坂(単) 51.9-37.8-24.6-12.3 強め
2着 チュウワウィザード
栗坂(併) 54.1-39.6-25.9-12.4 一杯
栗坂(併) 53.1-38.5-24.9-12.4 一杯
3着 スマハマ
栗E(併) 90.0-77.1-63.7-50.1-36.7-11.8【6】一杯
栗坂(併) 52.6-38.3-25.0-121.6 末一杯
2018年
1着 テイエムジンソク
栗CW(単) 80.1-65.1-51.8-38.3-13.7【9】一杯
栗CW(単) 83.4-66.4-51.2-38.6-12.8【8】直強め
2着 コスモカナディアン
美北C(単) 67.6-52.5-39.3-13.5【8】馬なり
美北C(単) 67.6-52.4-38.8-12.3【7】馬なり
3着 モルトベーネ
栗CW(併) 80.4-64.7-50.2-37.0-12.9【4】一杯
栗坂(単) 52.8-38.7-25.5-12.9 末強め
2017年
1着 グレンツェント
美南W(単) 69.2-54.6-40.4-13.7【7】馬なり
美南W(併) 68.7-53.7-39.7-13.5【8】末一杯
2着 モルトベーネ
栗坂(単) 54.8-39.3-25.4-12.9 馬なり
栗坂(併) 51.2-37.2-24.6-12.7 一杯
3着 メイショウウタゲ
栗坂(単) 54.3-39.6-25.7-12.8 強め
栗坂(単) 53.8-38.8-24.9-12.6 馬なり
2016年
1着 アスカノロマン
栗CW(単) 97.2-82.9-69.0-55.3-42.0-14.8【6】稍一杯
栗CW(単) 84.3-66.7-52.5-39.-12.9【6】馬なり
2着 モンドクラッセ
美南W(単) 68.6-52.2-38.2-12.1【8】馬なり
美南W(単) 68.9-52.4-38.2-12.2【6】馬なり
3着 ロワジャルダン
美南W(併) 69.1-54.1-40.1-13.5【7】一杯
美南W(併) 69.4-54.2-40.1-13.4【6】馬なり

※上部:1週前追い切り・下部:最終追い切り

このような結果になっています。

過去5年の最終追い切りをトータルで見ると、

栗東CW仕上げ:【3-0-0-14/17】

栗東坂路仕上げ:【1-3-4-25/33】

美南W仕上げ:【1-1-1-6/9】

美浦坂路仕上げ:【0-0-0-4/4】

その他仕上げ:【0-1-0-9/10】

好走率が高い順に、美南W仕上げ>栗東坂路仕上げ>栗東CW仕上げ>その他仕上げ>美浦坂路仕上げとなっています。

まず【栗東CW仕上げ】から好走したのは4頭。

2020年2人気1着エアアルマス

2018年1人気1着テイエムジンソク

2016年4人気1着アスカノロマン

となっており、いずれも人気サイドから好走馬がでています。

2017年2人気8着アスカノロマン・3人気6着ピオネロ

2016年3人気11着インカンテーション

これらが人気に推されて凡走しているので信頼できるパターンではありませんが、好走するのは人気サイド、と絞ってもいいかもしれません。

また、5年間で3勝をを上げているように勝ち切っているという点もポイントの1つです。

近4年連続の好走馬を輩出し、2019年は馬券内を独占した【栗東坂路仕上げ】。

2019年1人気1着インティ・2人気2着チュウワウィザード・4人気3着スマハマ

2018年6人気3着モルトベーネ

2017年12人気2着モルトベーネ・10人気3着メイショウウタゲ

となっており、人気薄からの好走に期待できるパターンとなっています。

ただし、近年は栗東坂路仕上げからの出走馬が増えており、好走馬が多くなっているのはそういう側面もあるかもしれません。

2020年11頭⇒2019年8頭⇒2018年6頭⇒2017年7頭となっています。

このレース最も好走率の高い【美南W仕上げ】。

好走率33.3%を誇る好走パターンで、毎年2〜3頭ほどの出走からの好走馬輩出となっています。

この少ない出走頭数の中からこれだけの好走馬が出ているという点ではベタ買いでも良いレベルです。

特に人気サイドでは信頼できる人気馬という傾向となっています。

そして最後の注目ポイントとしては、これはダート戦の追い切りの共通点になるのですが、好走馬15頭中12頭が1週前追い切りor最終追い切りで強め以上の負荷を掛けられていました。

 

続いて、有力各馬の最終追い切り・調教を考察していきます。

【アナザートゥルース】

《1週前追い切り》
助手 美南W 良 69.3 54.2 40.0 12.8【7】一杯
ハイオプターレ(新馬)0.4秒追走同入

《最終追い切り》
助手 美南W 良 67.7 52.1 38.3 13.2【4】一杯
ニシノデイジー(古馬オープン)0.6秒先行同入

追い切り考察

今回は美南W中心の追い切りパターンを踏まれました。

追い切りパターンとしては様々で、それぞれ好走があるので特にパターンから言える事はありません。

その中で、中間併せ馬を行う【3-6-2-5】という好走パターンが踏まれた事はプラスポイントでしょう。

前走は近走の中では最も意欲的に乗り込まれていましたが、それもこれもGⅠだったからこそでしょう。

そこと比べると幾分見劣る面もあるものの、この馬としては十分意欲的な乗り込みに見えます。

総合評価は追い切り分析表にて。

 

【インティ】

《1週前追い切り》
助手 栗CW 良 82.2 66.8 52.5 39.0 12.8【6】馬なり

《最終追い切り》
助手 栗CW 良 83.2 67.3 51.9 38.2 12.4【5】G前仕掛け

追い切り考察

今走は11/27から乗り込みを開始し、total9本の追い切りを消化しています。

この馬としては本数をこなして状態を上げてくるという点では乗り込み量は合格という印象です。

今走は〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東CW仕上げ〟でレースに臨むことになりました。

このパターンは前走と同じパターンです。

近走は結果が伴っていない中、前走で調整パターンを変更して好走したので引き続き、という感じでしょうか。

水準としては単走で淡々と、という感じで特に高いわけでもなく、低いわけでもなく、という印象です。

総合評価は追い切り分析表にて。

 

【オーヴェルニュ】

《1週前追い切り》
助手 栗CW 良 86.0 69.3 55.0 41.4 13.6【5】馬なり
ヴァンヌ(3歳未勝利)同入

《最終追い切り》
助手 栗坂 良 56.3 39.5 25.3 12.5 強め

追い切り考察

これまでの追い切りを振り返ると、追い切りの水準はそれほど高くないイメージ。

オープン馬とすれば並という追い切りが続いています。

今回も追い切りの水準としては高くありません。

中4週とそれなりに間隔が空く場面ですが、負荷を弱められている点も気になります。

総合評価は追い切り分析表にて。

 

【ダノンスプレンダー】

《1週前追い切り》
ナシ

《最終追い切り》
岩田 栗坂 良 57.0 41.0 26.4 12.8 末強め
ミステリーウェイ(3歳未勝利)0.1秒追走0.8秒先着

追い切り考察

中1週で軽めの追い切り1本のみ。

特に追い切りからコメントできるものはありません。

総合評価は追い切り分析表にて。

 

【ハヤヤッコ】

《1週前追い切り》
助手 美南W 良 65.3 51.0 37.8 12.2【2】一杯
サトノラディウス(古馬3勝)0.8秒追走同入

《最終追い切り》
田辺 美南W 良 67.4 53.0 38.9 12.5【4】馬なり
ミッキーパンチ(古馬1勝)0.6秒追走同入

追い切り考察

今回は美南W中心にじっくりと乗り込まれています。

間隔は空きますが、短期放牧を挟んで乗り込み量は十分すぎるほど。

美南Wで好時計もでており、休み明けでも走れる態勢は整っている印象です。

併せ馬でも追走から前をとらえる追い切りが施されており、馬の走る気も十分といった雰囲気を感じます。

総合評価は追い切り分析表にて。

東海ステークス2021 追い切り分析表

好走傾向を踏まえて、全馬を分析しているのが追い切り分析表。

「買い」か「ダメ」か「普通」の3段階評価を多方面から分析している表になります。

外厩・追い切り傾向・追い切り水準・厩舎勝負パターンから狙える馬をピックアップ。

「買い」が2つ以上になれば好走資質のある馬になります。

追い切り評価の高い馬のみを参考にしてもらってもOK、活用方法は様々です。

※直近実績例

【カーバンクルステークス】
10人気1着レジェーロ
6人気2着ダイメイフジ

【フェアリーステークス】
8人気2着ホウオウイクセル

【シンザン記念】
4人気1着ピクシーナイト
8人気2着ルークズネスト

【京都金杯】
14人気3着エントシャイデン

【中山金杯】
1人気1着ヒシイグアス
5人気2着ココロノトウダイ
など好走歴多数です。

※追い切り分析表の販売ついて

3年間の集大成として完成したシートです。

興味がある方は完全版を下記リンクより購入お願いします。

追い切り分析表 購入リンク(リンク開放は当日0時頃)

※銀行振込・コンビニ決済・キャリア決済・楽天ペイなど対応しています。
ご希望の方はLINEに連絡ください。

LINEアカウント
https://lin.ee/LrKfSct

 

最後に競馬サイトの紹介。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

※新サイト入稿しました!お試し下しさい!※

メールアドレスの登録のみで、無料情報を閲覧できます。

【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

【Carry Over】

無料登録で毎週4鞍分の予想が無料提供されます!
今なら毎日南関競馬1レースを無料提供中!

さらに加えて、今だけの特典付き!!

1.毎週重賞情報無料
2.特別保証
3.豪華特典

詳しくは下記URL内をチェック!!
【URL】https://keibaover.jp/