【根岸ステークス2019予想】最終追い切り・調教分析

Pocket

今回は根岸ステークス2019予想:最終追い切り・調教分析を中心とした記事を書いていきます。

2月に行われる冬のダートチャンピオン決定戦フェブラリーステークスの前哨戦。

昨年の勝ち馬ノンコノユメは続くフェブラリーステークスも制覇。

2年前の1・2着馬は共にフェブラリーステークスで3着以内入り。

3年前の勝ち馬モーニンは根岸ステークス&フェブラリーステークスを連勝。

このように、本番との直結性が高く、大一番へ向けて見逃すことのできないレースです。

今年も東京ダートのスペシャリスト:サンライズノヴァやダート短距離路線の新生コパノキッキングなど、多彩なメンバーが顔を揃えました。

ダートチャンピオン決定戦を前に、有力候補へ名を挙げるのはどの馬か。

それでは、根岸ステークス2019予想:最終追い切り・調教分析に入っていきましょう。

 

特徴はただ1つ!

とにかくシンプルな

〝1点勝負馬券〟

好配当を狙い撃つチャンスは☟こちら☟

【根岸ステークス2019予想】最終追い切り・調教分析

 

まずは確定した枠順配置を確認しておきましょう。

根岸ステークス 枠順配置

 1- 1クインズサターン  牡6 四位洋文
 1- 2ユラノト      牡5 ルメール
 2- 3サトノファンタシー 牡6 岩田康誠
 2- 4ケイアイノーテック 牡4 藤岡佑介
 3- 5ラブバレット    牡8 大野拓弥
 3- 6モーニン      牡7 和田竜二
 4- 7クロスケ      牡4 田辺裕信
 4- 8ヤマニンアンプリメ 牝5 内田博幸
 5- 9ワンダーリーデル  牡6 柴田大知
 5-10レッドゲルニカ   セ6 蛯名正義
 6-11コパノキッキング  セ4 マーフィー
 6-12サンライズノヴァ  牡5 戸崎圭太
 7-13メイショウウタゲ  牡8 酒井学
 7-14ノボバカラ     牡7 ミナリク
 8-15キタサンミカヅキ  牡9 森泰斗
 8-16マテラスカイ    牡5 武豊

最後の直線の長さは約501mで高低差2.4mの坂がある

スタート後、最初のコーナーまでは約400mで緩い下りのため、前半のペースは速くなる傾向があります。

その為、本来は逃げ・先行が有利なダート短距離戦にもかかわらず、差し・追込も決まるコースになっています。

枠順よりも展開を見極め、それに見合った脚質の馬をチョイスするのが良いレースです。

それでは、有力各馬の最終追い切り・調教を見ていきましょう。

 

クイーンズサターン

四位 栗坂 良 51.7 37.7 24.5 12.2 強め

1週前追い切りまでは軽めの追い切りが続いており、仕上がり途上感がありました。

しかし、最終追い切りの1本で一気に仕上げてきた印象。

体幹がブレずに、真っすぐと坂路をを駆け上がってきました。

促されてからの反応は鈍い面も見せましたが、エンジンが掛かってからの伸び脚は素晴らしいの一言。

時計面にもそれは表れていて、14.0-13.2-12.3-12.2の加速ラップ。

時計面からも文句ナシの水準という感じ。

ここに至るまでが、見劣る内容が続いていたので、この1本での急仕上げ感も残りますが、、、

最終追い切りは文句ナシ。

昨年の武蔵野ステークスではサンライズノヴァの2着に好走しており、地力は十分。

重賞では5戦して4戦で馬券圏内に好走。

差し馬ですが、崩れない安定感は魅力的に映りますね。

 

ユラノト

ルメール 栗坂 良 54.6 39.7 25.9 12.9 馬なり

1週前追い切りでビッシリ追っているので、最終は軽めにまとめてきました。

最終追い切りは自分のリズムを守って走れており、この馬なりの追い切りを消化出来ています。

特に秀逸なのは1週前追い切り。

前走の追い切りでジョッキー騎乗で記録したベスト時計をあっさり更新。

〝1週前追い切り一杯⇒最終追い切り馬なり調整〟

これはトレンド追いに該当。

鞍上にルメールさんを配してきたことを考えてもここは勝負気配濃厚といった雰囲気。

 

ケイアイノーテック

藤岡佑 栗坂 良 53.4 39.2 25.3 12.2 馬なり

サンライズアカシア(3歳未勝利)1.5秒追走1.0秒先着

これまでも追い切りでは抜群の動きを披露してきた馬。

今回もあまり負荷を掛けられていない軽めの追い切りですが、左手前に替えると一気の伸び脚。

ラスト2ハロン13.1-12.2の超加速。

やはりキレ味は相当なものを持っていますね。

ここでも追い切りに関しては申し分なし。

母ケイアイガーベラは、ダートで9勝。

特に1400m戦では重賞プロキオンステークスを含め7勝。

それでも、父ディープインパクトということでダート替わりに不安は残ります。

平田厩舎と言えば、以前にもカレンブラックヒルをダートに挑戦させ、GⅠフェブラリーステークスで1人気15着と失敗を経験しています。

同じNHKマイルカップ優勝馬ということを考えると、このリベンジということが頭をよぎります。

ダートに変わって、芝同様のキレを使えるかどうか。

 

コパノキッキング

助手 栗CW 良 84.6 67.4 52.4 38.1 12.1【5】強め

キャリアを積むにつれて落ち着きが出てきました。

以前は追い切りでも道中行きたがるシーンが目に付きましたが、今ではしっかり我慢して走ることができています。

そして、適度に気合いが乗って素軽いフットワーク。

ラスト1ハロンの伸びも上々。

使いつつですが、好調キープといった雰囲気。

元々はスピードを生かす競馬で勝ち上がっていましたが、3走前の準オープンで競馬ぶりが一変。

スタート後致命的な不利を受けて最後方からの競馬になり万事休すかと思われたところ、直線では大外一気の差し脚を披露。

これで競馬に幅が広がり差し競馬で3連勝。

見ていて安定しない競馬ぶりは冷や冷やものですが、逃げて良し、控えて良し、なら死角はないか。

課題は距離。

 

サンライズノヴァ

助手 栗坂 良 52.8 38.6 24.8 12.1 一杯

インディチャンプ(古馬オープン)0.2秒先行0.2秒先着

14.2-13.8-12.7-12.1と徐々にピッチを上げて、ラスト1ハロンの伸びも申し分なし。

道中は僚馬の追い出しを待つ余裕もあり、それでいてキッチリ前に出てフィニッシュ。

いつも通りと言えばいつも通りですが、追切に関して特にケチを付けるところもないですね。

とにかく、東京に拘って使われているように、ここがベスト舞台であることは明白。

今年はGⅠ獲りを目論んでいるとすれば、大目標は次でしょうが、大得意舞台で恥ずかしい競馬は出来ないはず。

直線スムーズに外に持ち出すことさえ出来れば結果は自ずとついてくるでしょう。

 

マテラスカイ

助手 栗坂 良 51.7 37.5 24.5 12.1 馬なり

アラウン(古馬500万)0.9秒追走0.2秒先着

同厩舎の坂路番長ネロから、次世代坂路番長の名を継ぐマテラスカイ。

坂路では毎度抜群の動きを見せてきます。

今回も例に漏れず。

頭を低くし、集中力抜群の追い切り。

僚馬も格下で相手にせず。

追い切りに関しては言うことナシですね。

プロキオンステークスではダート1400mの日本レコードをマークしたほどの快速馬。

兎に角、スピード一手のタイプでスピード勝負になれば間違いなくこの馬がNo.1。

しかし、時計を要す形になると、前走・3走前のようにアッサリ凡走してしまうところで安定感のないタイプ。

地方ダートから東京ダートに替わる事はプラスに映りますが、それでも冬場のパサパサダート。

半信半疑な面は否めないか。

 

馬券で勝つためには

『関西馬を軸に馬券を買う事』

が重要です。

なぜなら、
関西馬と関東馬の2018年の成績を比較すると

これだけで『圧倒的に関西馬が優勢』であることがお分かりいただけるはずです。

そして、ここで重要なのは、

『高確率で馬券に絡む関西馬を知る事』

今なら、その情報が無料で手に入る!

勝負の関西馬&人気薄の関西馬で万馬券を狙う!!

>>無料情報はこちら<<

無料情報受け取りに必要なのはメールアドレスのみです。

根岸ステークス2019 まとめ

改めて出走メンバーを見渡すと、超好メンバーが揃いましたね。

東京ダートで重賞2勝&オープン特別3勝を挙げている東京巧者のサンライズノヴァ

全く底を見せずに前走カペラステークスで重賞初制覇したコパノキッキング

プロキオンステークスではダート1400mの日本レコードをマークしたマテラスカイ

鞍上ルメールで過剰人気気味も、オープン特別勝ちに加えて、東京ダート1400mの準オープンを勝利しており、適正面も問題ナシのユラノト

全5勝中4勝を東京ダートで挙げているクイーンズサターン

などなど。

そして、このどれもが好追い切りで仕上げてきている馬ばかりという、、、

何とも難しいレースです(^^;)

 

最後にピックアップしておきたいデータをまとめておきます。

過去10年分のデータとなっています。

年齢傾向

4歳 【2-2-1-10】
5歳 【4-4-2-20】
6歳 【3-2-2-38】
7歳 【1-1-1-27】
8歳上【0-1-4-30】

好走率は4歳&5歳世代がトップ。

8歳以上でも好走は出ていますが、中心は若い馬を選ぶのがベター。

 

脚質傾向

逃げ馬【0-0-0-10】
先行馬【2-3-3-32】
差し馬【3-5-3-47】
追込馬【5-2-4-37】

上がり3ハロン

1位   【5-2-1-2】
2位   【3-2-5-3】
3位   【2-1-0-4】
4位~5位【0-3-3-17】
6位以下 【0-2-1-99】

とにもかくにも、上がりを使える馬が優勢。

前半のペースが速くなりがちで、逃げ馬の好走はゼロ。

上がり1位~3位【10-5-6-9】複勝率70%

つまり、上がりを使える若い馬を選ぶのがベスト。

 

というところで最後に、本命候補馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ(ユラノト&サンライズノヴァ)

この2頭のどちらかでしょうね、、、

あまり面白くない予想です( ̄▽ ̄;)

 

外厩情報が手に入るサイト

今流行りの〝外厩〟
外厩仕上げ馬を調べたい場合は、このサイトを活用してみてはどうでしょう。

本来なら、一口馬主や有料情報に登録しないと知ることが出来ない情報。
これを無料で閲覧できるというだけで必見のサイトですね。

外厩を知れば、
ノーザンF天栄帰りでワンツーを決めた
有馬記念をズバリと仕留めることが出来る!!

試してみる価値有りの情報サイトです!

>>無料情報の受け取り<<

無料情報受け取りに必要なのはメールアドレスのみで、
yahoo、google等のフリーメールでの登録OKです!

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、
公にはならない極秘情報を入手できるチャンスはここだけ!