【桜花賞2020予想】追い切り・調教から見る好走傾向

Pocket

今回は桜花賞2020予想:追い切り・調教から見る好走傾向を中心とした記事を書いていきます。

毎年の事ながら今年もこの桜花賞で3歳クラシック戦線がスタートします。

今年も牝馬1冠目を目指して、素質馬が顔を揃えました。

昨年は今ではスプリント路線でも活躍するグランアレグリアが制した桜花賞を今年はどの馬が1冠目を手にするか。

2歳女王レシステンシアを筆頭に、前走チューリップ賞でそれに先着したマルターズディオサ・クラヴァッシュドール。

その他にも巻き返しを期すリアアメリア、別路線組からサンクテュエール・ミヤマザクラといった重賞勝ち馬などが顔を揃える一戦。

牝馬クラシック第1弾桜花賞を追い切り・調教傾向から検討していきます。

【桜花賞2020予想】追い切り・調教から見る好走傾向

 

まずは登録馬を確認しておきましょう。

桜花賞 登録馬
※騎手は現時点の想定

イズジョーノキセキ ??
インターミッション 石川裕紀人
ウインマイティー  ??
ウーマンズハート  藤岡康太
エーポス      岩田康誠
カイトレッド    ??
ギルテッドミラー  ??
クラヴァシュドール デムーロ
ケープコッド    岩田望来
サンクテュエール  ルメール
ジュラペッシュ   ??
スマイルカナ    柴田大知
チェーンオブラブ  石橋脩
デアリングタクト  松山弘平
ナイントゥファイブ 松田大作
ヒルノマリブ    ??
フィオリキアリ   藤井勘一郎
マジックキャッスル 浜中俊
マルターズディオサ 田辺裕信
ミヤマザクラ    福永祐一
ヤマカツマーメイド 池添謙一
リアアメリア    川田将雅
レシステンシア   武豊

フルゲート18頭に23頭が登録。

ウインマイティー・ギルデッドミラー・イズジョーノキセキ・カイトレッド・ジェラペッシュの5頭が除外対象となっています。

続いて現時点の予想オッズを確認しておきましょう。

桜花賞 予想オッズ

1 レシステンシア    2.9
2 デアリングタクト   4.6
3 リアアメリア     5.5
4 サンクテュエール   5.9
5 マルターズディオサ  7.0
6 クラヴァッシュドール 8.0

ここまでが上位に推されそうな馬たちです。

想定1人気は阪神ジュベナイルフィリーズを制して2歳女王に輝いた「レシステンシア」。

前哨戦のチューリップ賞では3着に敗れたもののこれはあくまで前哨戦というところでしょう。

メイチはこの桜花賞になるのは間違いないところ。

想定2人気はトライアルレースを勝ち上がってきた馬を押さえて登録23頭で唯一の無敗馬2戦2勝の「デアリングタクト」。

前走エルフィンステークスでは後方から一気の脚で鮮やかに抜け出し快勝。

勝ちタイム1分33秒6は、2007年ウオッカの1分33秒7を上回るレースレコード。

一線級とは未対戦の為、その実力は未知数も、だからこそ人気にを集めそうな一頭です。

想定3人気は阪神ジュベナイルフィリーズで単勝オッズ1.8倍の断然人気に支持された「リアアメリア」。

素質が一級品なのは周知の事実なので、陣営としてもここは巻き返しを期待しているところでしょう。

その後に続くのはシンザン記念を制した「サンクテュエール」・チューリップ賞1着「マルターズディオサ」・2着「クラヴァッシュドール」などとなっています。

 

それでは、追い切り・調教から見る好走傾向ということで、過去5年の好走馬の最終追い切りを見ていきます。

牝馬クラシック第1冠目というところで各馬ここに向けての相当な仕上げで臨んできているはず。

ただし、この後に2冠目のオークスが待っているので8割仕上げという馬もいない事もないか。

厩舎の勝負パターンも踏まえてどういう傾向がでるか見ていきます。

2019年
1着 グランアレグリア
美南W 69.0-53.6-40.2-12.7【8】馬なり
2着 シゲルピンクダイヤ
栗坂 53.6-38.4-24.7-12.3 馬なり
3着 クロノジェネシス
栗CW 86.4-69.8-54.1-40.3-11.9【8】馬なり
2018年
1着 アーモンドアイ
美南W キリ不明
2着 ラッキーライラック
栗CW 84.6-67.1-52.3-38.2-11.6【7】直強め
3着 リリーノーブル
栗CW 84.4-66.9-51.3-37.0-11.3【7】末一杯
2017年
1着 レーヌミノル
栗CW 83.2-68.5-52.4-37.8-12.1【5】馬なり
2着 リスグラシュー
栗坂 55.1-39.0-24.6-11.8 強め
3着 ソウルスターリング
美南W 67.5-52.0-38.7-12.5【7】馬なり
2016年
1着 ジュエラー
栗P 63.0-48.5-35.4-11.0【8】強め
2着 シンハライト
栗坂 51.9-37.9-24.5-12.3 一杯
3着 アットザシーサイド
栗坂 59.0-43.0-26.8-12.4 馬なり
2015年
1着 レッツゴードンキ
栗坂 54.8-39.4-25.8-12.3 馬なり
2着 クルミナル
栗坂 53.5-39.1-25.2-12.5 強め
3着 コンテッサトゥーレ
栗坂 55.8-40.1-25.7-12.6 末強め

このような結果になっています。

過去5年totalで見ると、

栗東CW仕上げ:24頭中4頭好走。

栗東坂路仕上げ:39頭中7頭好走。

美南W仕上げ:15頭中3頭好走。

美浦坂路仕上げ:6頭中0頭好走。

その他仕上げ:6頭中1頭好走。

1600m戦ということもあり、どの仕上げからもまんべんなく好走している印象です。

好走率としては、美南W仕上げ>栗東坂路仕上げ>栗東CW仕上げ=その他仕上げとなっています。

まずはざっと見渡すと、2017年以降は栗東CW&美南W仕上げが好走しており、それ以前は栗東坂路&美浦坂路仕上げの好走が目立ちます。

個人的な考えとしては、これには理由があると思います。

それは外厩施設の発達。

これまでは阪神マイルというタフなコースを牝馬が好走するためには、坂路でビシビシ鍛え上げられる方が良かった。

これで足腰を鍛えることによって、直線長い+最後の坂を駆け上がる脚力を身に付けていたからだと思います。

それが外厩施設の発達により、外厩で鍛えて厩舎ではウッドで心肺機能を高めるという方向にシフトしているのかなという考え。

そういうところでは今後ウッドコースでの仕上げで臨んでくる馬の好走が増えてくるんではないかなと考えています。

それを示すように2017年を境に出走頭数がウッドコースからの仕上げの馬が増えている傾向となっています。

近年人気に推されて凡走したのは、

2019年1人気4着ダノンファンタジー(その他仕上げ)

2017年2人気12着アドマイヤミヤビ(栗東坂路仕上げ)

2016年1人気4着メジャーエンブレム(美南W仕上げ)

となっており、栗東CW仕上げは信頼度人気に推されての信頼度は高いと考えられます。

その他に目立つポイントとしては、好走率の最も高い〝美南W仕上げ〟。

そして美浦W仕上げから好走した3頭は、

2019年2人気1着グランアレグリア

2018年2人気1着アーモンドアイ

2017年1人気3着ソウルスターリング

となっており、好走は人気サイドからのみとなっています。

また、アーモンドアイ・ソウルスターリングの2頭は次走オークスを制しています。

美浦W仕上げ+長距離輸送+タフな阪神という厳しい条件の中で好走出来る馬は、長距離輸送のなくなるオークスでさらにパフォーマンスを上げてくる、という事が考えられます。

他にも2016年断然人気に推された美浦W仕上げのメジャーエンブレムは4着に敗れましたが、次走NHKマイルカップでキッチリ巻き返して優勝しています。

2015年にも断然人気に推された美浦W仕上げのルージュバックが9着に敗れましたが、次走オークスでキッチリ巻き返して2着と好走しています。

このことからも美浦W仕上げでこの桜花賞を好走する馬は次走大注目ということになりますね。

――――――――――――――――――――

※おすすめサイトの紹介※

メールアドレスの登録のみで、無料登録完了です。

【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

【シンクタンク】
オススメ度★★★★★

陣営が一般マスコミに提供するコメントは『建前』ばかりになり『本音』の部分はまず聞けません。

シシンクタンクでは騎手・厩舎・エージェント・馬主・生産者・外厩などの牧場関係者まで、
あらゆる競馬関係者から情報を入手できるような情報収集態勢を構築し、
マスコミからは入手できない関係者の『本音』を知ることが出来ます。

そうした情報を元JRA調教師の平井雄二氏が率いる重賞・メイン特捜部が厳選し、会員の皆様に公開しています。

無料で見れる情報なのでチェックしておいて損はありません!
【URL】http://www.tkeiba.net/

――――――――――――――――――――

桜花賞2020 まとめ

近年は〝栗東CW仕上げ〟・〝美南W仕上げ〟が優勢傾向なっています。

特に外厩:ノーザンFしがらき・天栄との相性が良いイメージです。

〝栗東坂路仕上げ〟からは厩舎の勝負パターンにハマっていればOK。

〝美浦坂路仕上げ〟・〝その他仕上げ〟は基本的にマイナスのパターンです。

 

「レシステンシア」はここまで栗東坂路仕上げとなっています。

ここでも栗東坂路仕上げになることが濃厚と考えられます。

追い切り傾向からは少なからずマイナスというところでしょう。

「デアリングタクト」は栗東CW仕上げ、栗東坂路仕上げを経験しています。

今回はどちらのパターンで来るか。

追い切り傾向からは栗東CW仕上げが良い印象ではある者の、杉山厩舎の勝負パターンとして〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東坂路仕上げ〟というパターンがあります。

「リアアメリア」はここまで栗東CW仕上げと栗東芝仕上げを経験しています。

中内田厩舎は勝負パターンとして芝を使ってくるのでこのレースでどの仕上げでくるか。

追い切り傾向から考えれば栗東CW仕上げがベストの印象です。

「サンクテュエール」はここまで美南W仕上げと美浦坂路仕上げを経験しています。

藤沢和雄厩舎+ルメール騎手+美南W仕上げ+外厩:ノーザンF天栄というのは現代競馬の王道パターンです。

追い切り傾向からも特に不安はないでしょう。

「マルターズディオサ」は美南P仕上げ・美浦坂路仕上げのパターンを経験しています。

今回前走後栗東滞在しており、栗東CW中心の追い切りを消化しています。

となれば、追い切り傾向からは特に不安はないと考えられます。

「クラヴァッシュドール」の栗東CW仕上げ、栗東坂路仕上げを経験しています。

今回はどちらのパターンで来るか。

追い切り傾向からは栗東CW仕上げがベターな印象です。

 

それでは最後に、1週前時点の穴注目馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

個人的に期待している馬で、オークスまではこの馬を買い続けると決めていたのでここでもこの馬に注目。

 

※おすすめサイトの紹介※

メールアドレスの登録のみで、無料登録完了です。

【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

【グロリア】
オススメ度★★★★★
限定人数 50人

彗星の如く現れた人気の競馬サイト【グロリア】

高松宮記念/10点で3連複25万1130円的中!

フェブラリーステークス139万円に続きまたGⅠを連勝させました!

名鉄杯/20点で3連単12万9340円的中!
日経賞/10点で3連単33万16000円的中!

リピート率90%というところにこのサイトがいかに有益かを物語っています。

今なら先着50名様、無料登録で厳選買い目情報を毎週提供してくれます。

他サイトで満足できなかった方は試す価値あり!

口コミ情報でも評価の高いグロリアは必見です!
【URL】http://glo-ria.com/







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。