【桜花賞2020予想】追い切り・調教分析~最終見解

Pocket

今回は桜花賞2020予想:追い切り・調教分析~最終見解を中心とした記事を書いていきます。

近年は臨戦過程が多様化され、力関係の把握が難しくなっていますね。

今年も様々な臨戦過程でこの桜花賞に駒を進めてくる馬たちの戦いになります。

王道チューリップ賞からレシステンシア・マルターズディオサ・クラヴァッシュドール。

エルフィンステークスから唯一の無敗馬2戦2勝のデアリングタクト。

シンザン記念からの直行サンクテュエール、クイーンカップからの直行ミヤマザクラ、そして阪神JFからの直行リアアメリア。

この中からどの馬が春の1冠目を制するか、追い切り・調教から検討してきます。

【桜花賞2020予想】追い切り・調教分析~最終見解

 

まずは確定した枠順配置を確認しておきましょう。

桜花賞 枠順配置

 1- 1ナイントゥファイブ 牝3 松田大作
 1- 2チェーンオブラブ  牝3 石橋脩
 2- 3スマイルカナ    牝3 柴田大知
 2- 4サンクテュエール  牝3 ルメール
 3- 5マルターズディオサ 牝3 田辺裕信
 3- 6ウーマンズハート  牝3 藤岡康太
 4- 7ヒルノマリブ    牝3 北村友一
 4- 8リアアメリア    牝3 川田将雅
 5- 9デアリングタクト  牝3 松山弘平
 5-10フィオリキアリ   牝3 藤井勘一郎
 6-11クラヴァシュドール 牝3 デムーロ
 6-12インターミッション 牝3 石川裕紀人
 7-13マジックキャッスル 牝3 浜中俊
 7-14ミヤマザクラ    牝3 福永祐一
 7-15ヤマカツマーメイド 牝3 池添謙一
 8-16ケープコッド    牝3 岩田望来
 8-17レシステンシア   牝3 武豊
 8-18エーポス      牝3 岩田康誠

阪神芝1600m

向正面からスタートする外回りが使用されるコース。

スタートから最初のコーナーまでの距離は長く、枠順による有利不利はないと考えていいコースです。

開催が進んで内側の馬場が荒れ始めると、内枠不利(外枠有利)と言えるような現象が発生します。

最後の直線の長さが約474mと長く、中山競馬場に次ぐ勾配のキツさを誇る急坂があるのが特徴で、他場に比べて差し・追い込みが決まりやすいコースです。

スタートしてからしばらく直線が続くので先行争いは激しくなりにくく、前半のペースは落ち着きやすいのでスローペースになる事がほとんど。

瞬発力勝負になりやすく、上がり3ハロンのキレが必須となるので、サンデー系が強いコースです。

特に、ディープインパクト産駒が最も得意とするコースの1つとなっています。

 

過去5年の好走馬の追い切り・調教から見る好走傾向まとめです。

近年は〝栗東CW仕上げ〟・〝美南W仕上げ〟が優勢傾向なっています。

特に外厩:ノーザンFしがらき・天栄との相性が良いイメージです。

〝栗東坂路仕上げ〟からは厩舎の勝負パターンにハマっていればOK。

〝美浦坂路仕上げ〟・〝その他仕上げ〟は基本的にマイナスのパターンです。

 

それでは、有力各馬の最終追い切り・調教を考察していきます。

【クラヴァッシュドール】

《1週前追い切り》
助手 栗CW 良 82.0 66.0 50.7 37.2 11.9【6】馬なり
ミッキーメテオ(3歳1勝)0.4秒追走同入

《最終追い切り》
デムーロ 栗CW 良 51.3 38.2 12.1【8】馬なり

追い切り考察

初戦は〝1週前栗東芝追い⇒最終栗東CW仕上げ〟。

2戦目のサウジアラビアロイヤルカップでは坂路中心に中間に栗東CWを挟む調整で〝1週前栗東坂路追い⇒最終栗東坂路仕上げ〟という追い切りパターン。

3戦目の阪神JFは〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東坂路仕上げ〟という追い切りパターン。

4戦目のチューリップ賞は栗東CW中心に中間に栗東坂路を挟む調整で〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東CW仕上げ〟という追い切りパターンを踏んでいました。

5戦目の今回は前走と同じく〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東CW仕上げ〟という追い切りパターンを踏んできました。

しかし、前走は「1週前6F追い⇒最終6F追い」であったのが、今回は「1週前6F追い⇒最終4F追い」となっており、厳密には異なる追い切りパターンとなっています。

ここまで全て追い切りパターンが異なっているので、何とも言えないところ。

さらに中内田厩舎という事もあり、追い切りパターンからどれが良いとも言い切れないところです。

特に追い切りの水準が高いという訳でもないですし、良くも悪くもこの馬なりという印象です。

 

【サンクテュエール】

《1週前追い切り》
助手 美南W 稍 82.1 66.3 51.8 38.2 12.3【6】馬なり
レッドサイオン(古馬3勝)1.0秒追走同入

《最終追い切り》
杉原 美坂 良 54.4 39.4 25.5 12.5 馬なり
ヴァンランディ(古馬2勝)0.6秒追走0.2秒先着

追い切り考察

今走は〝1週前美南W追い⇒最終美浦坂路仕上げ〟という追い切りパターンを踏んできました。

これはこの馬としては初めてのパターンになります。

藤沢和雄厩舎といえば『美南W+併せ馬+馬なり調整』というのがデフォルトパターンとなっています。

近2戦はこのパターンでしたが、今回は最終追い切りに美浦坂路を使ってきました。

この点だけがこれまでと異なっており、唯一の不安というイメージです。

とはいえ、併せ馬で馬なり調整といういかにも藤沢和雄厩舎なりの調整を施されており、さほど心配はないと考えます。

ノーザンF天栄+藤沢和雄厩舎+ルメール騎手という王道パターンなら押さえは必須という印象です。

 

【デアリングタクト】

《1週前追い切り》
松山 栗CW 良 98.3 82.5 66.1 51.0 37,6 12.3【6】G前気合
ベレヌス(3歳1勝)0.4秒追走0.3秒遅れ

《最終追い切り》
松山 栗坂 良 53.9 39.5 25.6 12.6 馬なり

追い切り考察

今走は〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東坂路仕上げ〟という追い切りパターンを踏んできました。

杉山厩舎といえばケイティブレイブに代表されるようにこの追い切りパターンが勝負パターンとなっており、この馬自身前走エルフィンステークス1着と同じパターンとなっています。

これは素直に買える追い切りパターンという印象です。

ただし、1週前追い切りで格下馬相手に遅れを見せたのは少なからずマイナス。

追い切りの水準としてもそれほど高いものではなく、まだまだ成長の余地がある印象です。

というところで、追い切りからは可もなく不可もなくといった印象です。

 

【マルターズディオサ】

《1週前追い切り》
藤岡佑 栗CW 重 80.2 65.2 50.3 36.9 12.1【6】馬なり
ライバーバード(古馬2勝)1.4秒追走同入

《最終追い切り》
助手 栗CW 良 82.4 66.3 52.1 38.4 12.2【6】末強め

追い切り考察

今走は〝1週前栗東CWW追い⇒最終栗東CW仕上げ〟という追い切りパターンを踏んできました。

前走チューリップ賞後は栗東に滞在して調整を進められています。

輸送がないというのはそれだけでプラスに考えられる場面です。

元々追い切りではそれなりに動く馬で、追い切り場が栗東に移っても好時計を記録してきました。

追い切りの水準からはデキ落ちはなく、好調キープという雰囲気です。

 

【リアアメリア】

《1週前追い切り》
川田 栗CW 良 98.2 81.7 66.1 51.7 38.3 11.6【8】強め
カペラ(3歳未勝利)0.4秒追走0.4秒先着

《最終追い切り》
川田 栗CW 良 81.0 66.2 51.6 37.2 11.7【7】馬なり
リーガルマナー(3歳1勝)0.6秒追走同入

追い切り考察

初戦新馬戦1着は〝1週前栗東芝追い⇒最終栗東CW仕上げ〟という追い切りパターン。

2走目のアルテミスステークス1着は〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東芝仕上げ〟。

3戦目阪神JF6着は〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東CW仕上げ〟という追い切りパターンを踏んでいました。

初戦からの2連勝は、いずれも中内田厩舎の勝負パターン『芝』を使われていました。

今回は中間に栗東芝追いはなく、前走と同じ〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東CW仕上げ〟という追い切りパターンになっています。

その中で前走は身近距離をサッと流す追い切りでしたが、今回は6F以上の長めを追う追い切りを消化してきました。

前走と比べると追い切りの内容は良化していると考えられます。

中内田厩舎所属馬は追い切りで好時計を叩く馬が多いのが特徴。

この馬自身もラスト1F11秒台を3週続けており、優秀な追い切りを消化しています。

追い切りからは順調さが窺えます。

 

【レシステンシア】

《1週前追い切り》
武豊 栗坂 重 56.0 40.8 26.3 13.0 馬なり

《最終追い切り》
武豊 栗坂 良 49.5 36.2 23.8 12.1 馬なり

追い切り考察

これまで中間坂路のみの調整を行われており、今走も変わらず中間坂路のみで調整を進められました。

元々追い切りの水準が高い馬でしたが、阪神JFの追い切りで一気に追い切りの水準を高めてきていました。

前走のチューリップ賞も変わらず高水準追い切りを消化し、今走も変わらず高水準追い切りを消化しています。

1週前追い切りでは馬場が重かった面もあり、軽めの調整に終始しましたが、2週前追い切りではラスト1F11秒台を記録。

最終追い切りでは4F49.5秒の自己ベストを大幅に更新する超好時計を叩き出しました。

個人的な印象としては坂路でここまでの好時計を記録できるというところではスプリント色が強いイメージですが、3歳のこの時期ならマイルでもというところでしょう。

追い切りは文句なく高水準という評価です。

――――――――――――――――――――

※おすすめサイトの紹介※

メールアドレスの登録のみで、無料登録完了です。

【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

【シンクタンク】
オススメ度★★★★★

陣営が一般マスコミに提供するコメントは『建前』ばかりになり『本音』の部分はまず聞けません。

シシンクタンクでは騎手・厩舎・エージェント・馬主・生産者・外厩などの牧場関係者まで、
あらゆる競馬関係者から情報を入手できるような情報収集態勢を構築し、
マスコミからは入手できない関係者の『本音』を知ることが出来ます。

そうした情報を元JRA調教師の平井雄二氏が率いる重賞・メイン特捜部が厳選し、会員の皆様に公開しています。

無料で見れる情報なのでチェックしておいて損はありません!
【URL】http://www.tkeiba.net/

――――――――――――――――――――

桜花賞2020 最終見解

それでは最後に狙いたい穴馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

《1週前追い切り》
福永 栗CW 良 81.9 65.4 50.5 37.2 11.7【7】末強め
マテンロウヴァモス(3歳未勝利)0.6秒追走0.4秒先着

《最終追い切り》
助手 栗坂 良 52.8 38.3 24.4 12.0 馬なり
マジカルスペル(古馬オープン)1.2秒追走0.2秒遅れ

追い切り考察

前走と同じく〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東坂路仕上げ〟という追い切りパターンを踏んできました。

外厩はノーザンFしがらき。

早めに帰厩して乗り込み量は豊富。

このレースまでに10本を乗り込まれています。

2週前追い切りの坂路での追い切りで4F53.2秒の好時計を記録しており、この時点ですでにレースに向けての仕上がっている印象。

1週前追い切りでは終いを伸ばしてラスト1F11秒台を記録。

最終追い切りは古馬相手に遅れは見せたものの、時計面に関しては加速ラップを踏めており特にケチを付けるところはありません。

仕上がりは万全という印象で、人気も被らないのであれば狙ってみたい一頭です。

 

※おすすめサイトの紹介※

メールアドレスの登録のみで、無料登録完了です。

【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

【グロリア】
オススメ度★★★★★
限定人数 50人

彗星の如く現れた人気の競馬サイト【グロリア】

高松宮記念/10点で3連複25万1130円的中!

フェブラリーステークス139万円に続きまたGⅠを連勝させました!

名鉄杯/20点で3連単12万9340円的中!
日経賞/10点で3連単33万16000円的中!

リピート率90%というところにこのサイトがいかに有益かを物語っています。

今なら先着50名様、無料登録で厳選買い目情報を毎週提供してくれます。

他サイトで満足できなかった方は試す価値あり!

口コミ情報でも評価の高いグロリアは必見です!
【URL】http://glo-ria.com/







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。