【武蔵野ステークス2018予想】1週前追い切り・調教分析

Pocket

今回は武蔵野ステークス2018予想:1週前追い切り・調教分析を中心とした記事を書いていきます。

GⅠチャンピオンズカップへと続くトライアルレース。

この路線は、

先日JBCクラシックを快勝したケイティブレイブ&そこで2着の3歳オメガパフューム。

そして、南部杯を快勝した3歳王者ルヴァンスレーヴ&2着の古馬大将ゴールドドリーム。

という、3強~4強という超ハイレベルダート時代に突入しております。

3歳世代&5歳世代が席巻中のダート中距離路線。

4歳世代からはJBCクラシック3着のサンライズソアなども。

果たしてここに割って入るような新生が誕生するのか!?

要注目の前哨戦。

それでは、武蔵野ステークス2018予想:1週前追い切り・調教分析に入っていきましょう。

 

武蔵野ステークスと言えば、今なお衝撃の伝説として語り継がれるクロフネ。

初ダート戦で記録した1.33.3というスーパーレコード。

今なお破られることなく、東京ダート1600mレコードとして輝きを放っています。

【武蔵野ステークス2018予想】1週前追い切り・調教分析

 

まずは登録馬を確認しておきましょう。

武蔵野ステークス 登録馬
※騎手は現時点の想定

インカンテーション 三浦皇成
イーグルフェザー  北村宏司
ウェスタールンド  オドノヒュー
カゼノコ      ??
カデナ       武藤雅
クインズサターン  四位洋文
クルーガー     石川裕紀人
グレンツェント   内田博幸
ゴールデンバローズ 田辺裕信
サノイチ      ??
サンライズノヴァ  戸崎圭太
ストロングバローズ ??
ダンツゴウユウ   ??
ナムラミラクル   ルメール
バイラ       ??
パルトネルラーフ  江田照男
ブラックスピネル  大野拓弥
マイネルオフィール ??
マインシャッツ   柴田大知
マックスドリーム  ??
マルターズアポジー ??
メイショウウタゲ  酒井学
モルトベーネ    蛯名正義
ユラノト      福永祐一
ラインシュナイダー ??
ルグランフリソン  ??

フルゲート16頭に大挙26頭が登録となっています。

古豪インカンテーション&新生筆頭候補サンライズノヴァ、中心はこの2頭でしょうか。

そして、面白いのが快速馬マルターズアポジーが登録していること。

まぁ福島記念とダブル登録ですので、おそらく福島記念でしょうが、、、

万が一こちらに出てくるようなら、見どころが増えて面白そうですね(´ー`)

続いて、現時点の予想オッズを確認しておきましょう。

武蔵野ステークス 予想オッズ

1 サンライズノヴァ  1.8
2 インカンテーション 3.5
3 ウェスタールンド  5.1
4 ナムラミラクル   12.4
5 ユラノト      21.0
6 グレンツェント   26.0
7 クインズサターン  42.4

ここまでが上位人気推されそうな馬たちです。

10倍以下のオッズは3頭のみと、オッズからは上位勢・下位勢がハッキリと分かれる形になりそうです。

同舞台で行われるGⅠフェブラリーステークス3着&4着の実績が光るインカンテーション&サンライズノヴァは納得のオッズ。

成長期4歳馬ということでサンライズノヴァが抜けた人気の推されるのも納得ですね。

そして10倍を切るオッズに推されそうなもう1頭は、前走シリウスステークスで上がり35.1秒の豪脚を披露したウェスタールンド。

この脚が毎度使えるなら、有力間違いなしと言ったところですね。

それでは、有力各馬の1週前追い切り・調教を確認していきましょう。

 

サンライズノヴァ

助手 栗坂 良 52.5 38.6 25.8 13.3 稍一杯

ブラックスピネル(古馬オープン)0.1秒追走0.2秒遅れ

1週前追い切りの水準としてはまずまず。

しかし、併せ馬で遅れた事は良くない。

それも格上馬に遅れるなまだしも、不調期真っ只中のブラックスピネル相手ですからね。

おそらく陣営としてもこの遅れは想定していなかったのでは。

追い切り好評価にするには、最終追い切りで最低限これより時計を詰めてくることが条件ですね。

グリーンチャンネルカップ1着からの臨戦は昨年と同じローテション。

その昨年は、スローの前残り決着という事もあり12着と大敗。

その後は7戦6連対という戦績からも、やはり展開向かずというのが大きな要因だったのでしょう。

今年も展開次第の面は無きにしも非ず。

ですが、近4走連続上がり最速を繰り出しており、展開や相手関係を問わず確実に末脚を出し切れる安定感は、1年の時を経て成長を感じます。

GⅠ獲りへ向けては負けられない戦いになるか。

ノヴァ=新星

ダート路線の新生となるか。

 

インカンテーション

調教師 栗CW 良 70.8 54.5 39.8 12.6【8】末一杯

スズカチャンプ(障害オープン)0.6秒追走0.1秒先着

1週前追い切りとしてはかなりの低水準。

休み明けにも関わらず、5ハロン追いというのはちょっと意図が分からないですね。

過去1週前追い切りで5ハロン追いを施したことは皆無です。

加えて、時計としてもかなりの低水準。

内容は併せ馬で先着と言う内容になっておりますが、格下相手でここもさほど参考にならず。

先着したことがせめてもの救いという感じですね。

2度の骨折を経験し、復活を印象付けた昨年~今年の春ですが、ここで一気に年齢による衰えが来ても不思議ない場面。

積み上げてきた実績・近走成績を加味すればここ流行れて当たり前の場面ですが、、、

最終追い切り次第では、軽視候補。

 

ウェスタールンド

助手 栗坂 55.3 40.7 26.3 13.0 一杯

追い切りの内容としては全く見栄えしないですが、この馬としてはいつも通りの水準。

言葉で言うなら、順調そのものという感じです。

裂蹄の影響で1年5ヶ月の休養を余儀なくされましたが、復帰後の3戦は1000万下1着⇒1600万1着⇒GⅢ2着とステップアップ。

休養前は芝を走っていましたが、脚元の不安からかダートで復帰したことがこの馬を覚醒させるきっかけになりました。

まさに❝禍を転じて福と為す❞ですね。

そしてその3戦の中身もなかなか秀逸。

1000万下1着:追われてからの反応抜群、上がり最速で直線突き抜けました。

1600万下1着:流れがスローと見るや、向こう正面捲り気味に進出、直線逃げう馬をねじ伏せる好内容。

シリウスステークス2着:上がり3ハロン35.1という時点に0.8秒差を付けるダントツの上がり最速を記録。

しかも、このレースの1着は後にJBCクラシック2着のオメガパフューム、さらに3着は後にJBCクラシック3着のサンライズソアであることからも価値が高いですね。

ダートでは底を見せていないことからも、楽しみな一頭。

 

ナムラミラクル

藤懸 栗CW 良 85.6 68.8 53.3 38.8 12.0【6】馬なり

短期放牧帰り。

短期放牧⇒1週前追い切りウッド追い

ここまではここ2戦と全く同じ。

時計の水準も変わりなく。

連戦になりますが、デキは安定して良さそうな雰囲気。

これで最終追い切り坂路追い&加速ラップのおまけが付いてくるようなら万全とみて良いでしょう。

あとは能力が足りるかどうかだけ。

前走は勝ち馬サンライズノヴァの強烈な末脚に屈しましたが、ハイペースの中粘りに粘って2着した内容には見所あり。

特に、4走前1600万を勝ち上がった内容が秀逸。

ハイペースの中、この馬は2番手追走。

逃げ馬・3番手&4番手追走の馬が馬群に飲み込まれる中、ただ一頭最後まで脚色衰えず推し切り勝ち。

馬場が軽い方が良いので一雨降れば尚良し。

 

ユラノト

助手 栗坂 良 53.6 39.5 26.2 13.4 一杯

マコトサダイジン(障害オープン)0.3秒追走0.4秒先着

1週前追い切りとしてはまずまず。

それでもまだ仕上がり途上という印象を受けます。

前走鼻出血を発症したという事で、これも調整過程に少なからず影響を与えていそうな雰囲気。

現時点では、最終追い切りでどこまで上向くかに注目といったところ。

最終追い切りでもしっかり負荷を掛けてきてほしいですね。

馬なり調整であれば心配が残る場面です。

順調に力を付けてきている印象で、デキさえ良ければ。

 

グレンツェント

内田博 美南W 良 83.7 68.4 53.5 39.1 13.3【8】一杯

ケルフロイデ(古馬1000万)0.8秒追走0.2秒遅れ

脚元不安から出走がここまで延び、9ヶ月半の休み明け。

そういうところでは、1週前追い切りからしっかり負荷を掛けられているのはプラス点。

しかし、格下馬に遅れているところを見るとまだ本調子には無さそう。

この1本でどこまで上向いてくるか。

最終追い切りでは併せ馬で追走から同入以上と追われてからの反応に注視したいです。

3歳時は伸びしろ十分という感じで、どこまで成長するか楽しみな逸材でした。

しかし、4歳初戦の東海ステークスを勝利して以降、パッタリと快進撃終了。

それまで見せていた、豪脚も影を潜め、、、

立て直せれば重賞でもやれる力は十分なだけに、復活を期待したいです。

 

武蔵野ステークス2018 まとめ

サンライズノヴァが中心にになる一戦。

近4戦は上がり最速を使いパーフェクト連対ですが、オープン特別でも取りこぼしていることも事実。

ここで突き抜けられるかは展開に左右されてしまう面もあるでしょう。

それならば頭固定は危険な印象も。

脚質的に相反するインカンテーションは、前々から進められる分有利な印象。

余程のハイペースに巻き込まれない限りは、大崩れは考えにくい場面ですよね。

しかし、追い切りがイマイチだったことが引っ掛かります。

最終追い切り次第ですが、これも個人的には推奨しづらい。

それならば、底を見せていないウェスタールンドに魅力を感じます。

とは言え、これもハマり待ちな面は否めず。

そしてこの馬が伸びてくるならサンライズノヴァも一緒に差してくるだろうと思いますしね(;’∀’)

というところで、どれも一長一短な感じww

 

というわけで最後に、1週前追い切り注目馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ(ナムラミラクル)

能力が足りるか半信半疑な面はありますが、ここまで見せてきたレース内容には見所あり。

立ち回り力も高いですし、後ろは気にせず自分の持ち味を活かせればチャンスはある。

絶好調の鞍上を確保している点も好感が持てますね(´ー`)

 

無料メルマガ情報

先週推奨馬【1-3-4-2】

2週前推奨馬【4-1-0-3】

3週前推奨馬【3-0-1-4】

4週前推奨馬【3-1-2-4】

最近は好調を持続!

先週は京都12R6人気1着アンジュデジール単勝1310円など、中穴クラスもバッチリ推奨しています。

このように好追い切り馬を多数配信していますので是非、予想の参考にしてみてください!!

メルマガ登録はこちら

 

━【PR】━━━━━━━━━━━━━━
利益直結高精度〝的中タイムズ〟
━━━━━━━━━━━━━━━━━
会員限定情報があなたの馬券を変える!
券種適材適所で増やす!資金5倍計画!

これが永久続くので投資0円で回収を量産できる!

さらに❝今❞ご登録の方だけに!!

【3連複勝負馬券】の厳選勝負情報!!
これを推奨コメント付きで完全無料でご提供!!

>>無料登録はこちら<<

更に!今なら無料登録で
【5000円】分のポイントをプレゼント!
期間限定なのでお急ぎください!