【武蔵野ステークス2019予想】穴を狙う!追い切り・調教分析

Pocket

今回は武蔵野ステークス2019予想:穴を狙う!追い切り・調教分析を中心とした記事を書いていきます。

チャンピオンズカップの前哨戦として行われる武蔵野ステークス。

今年はダート転向後3戦3勝と底を見せていないエアアルマスが新興勢力として人気を集めそうです。

その対抗馬としては昨年の覇者にして先日の交流GⅠ南部杯を制した実績馬サンライズノヴァになるでしょう。

しかし、2年前には3連単178万馬券が飛び出す大波乱となっており、人気通りに決まるかどうか。

先日行われたみやこステークスでは7人気ヴェンジェンスが優勝して波乱決着となっており、混沌としているダート路線。

まずはチャンピオンズカップに向けて一歩リードするのはどの馬になるか、追い切り・調教から検討していきます。

【武蔵野ステークス2019予想】追い切り・調教分析

 

まずは確定した枠順配置を確認しておきましょう。

武蔵野ステークス 枠順配置

 1- 1グルーヴィット   牡3 スミヨン
 1- 2ダンツゴウユウ   牡5 北村宏司
 2- 3デュープロセス   牡3 ルメール
 2- 4アードラー     牡5 松若風馬
 3- 5エアアルマス    牡4 川田将雅
 3- 6フェニックスマーク 牡5 吉田豊
 4- 7ワンダーリーデル  牡6 横山典弘
 4- 8ドリームキラリ   牡7 坂井瑠星
 5- 9タイムフライヤー  牡4 藤岡佑介
 5-10マジカルスペル   牡5 内田博幸
 6-11サンライズノヴァ  牡5 森泰斗
 6-12ミキノトランペット 牡5 田中勝春
 7-13スウィングビート  牡4 田辺裕信
 7-14アディラート    牡5 石橋脩
 8-15ダノンフェイス   牡6 大野拓弥
 8-16カフジテイク    牡7 福永祐一

東京ダート1600m

2コーナーの引き込み地点からスタートするコースで、ワンターンのコースとなっています。

芝スタートで、スタート後約150mは芝コースとなっており、芝を長く走れる外枠のほうが有利なコース形態。

内枠に入ってテンのスピードがない馬は、位置取りが悪くなり、苦戦を強いられることになります。

スタート後約400mは下り坂になっているため前半のペースが速くなり、ミドル~ハイペースになる事が大半。

それも相まって、基本的に逃げ先行優位なダート戦ですが、差し・追込もよく決まるコースとなっています。

 

それでは、有力各馬の最終追い切り・調教を考察していきます。

【グルーヴィット】

《1週前追い切り》
助手 栗坂 稍 52.6 38.0 24.5 12.4 馬なり

《最終追い切り》
助手 栗坂 良 53.4 39.1 25.1 12.8 馬なり
シャンティローザ(古馬3勝)0.9秒追走0.4秒先着

追い切り考察

これまで通り坂路中心の追い切り過程を踏んでいます。

最終追い切りまでしっかり時計を出してくるのがこの馬の特徴となっています。

前走は〝1週前栗東CW追い⇒栗東坂路仕上げ〟という追い切りパターンを踏んでの凡走。

というところでは、まず追い切りパターンを戻してきた事が評価できるポイントとなっています。

ただ、気になるポイントとしては1週前・最終追い切り共に加速ラップを踏めなかった事。

1週前追い切り14.6-13.5-12.1-12.4

最終追い切り14.3-14.0-12.3-12.8

というラップ推移。

元々加速ラップを軽く踏んでくるまですが、今回は入りのラップが緩いにもかかわらず、4F目でラップを落とす形に。

これは決して良い追い切りとは言えないものとなっています。

個人的にはあまり評価できない追い切りと考えたいところです。

 

【デュープロセス】

《1週前追い切り》
ルメール 栗CW 稍 82.9 66.8 52.1 38.6 11.9【7】馬なり
ウラヌスチャーム(古馬オープン)アタマ秒遅れ

《最終追い切り》
助手 栗坂 良 54.5 39.3 24.9 11.9 一杯pan>

追い切り考察

今走は〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東坂路仕上げ〟という追い切りパターンを踏んできました。

前走は〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東CW仕上げ〟という追い切りパターンでの凡走。

というところでは、好走を続けてきた追い切りパターンに戻してきた形になります。

安田隆行厩舎所属馬という事を考えても、基本は坂路を挟む追い切りの方が良いです。

前走よりも評価できる追い切りと考えていいでしょう。

そして最終追い切りの坂路追いでは、ラスト1F11.9秒の好時計を記録。

3F目?4F目に懸けて3.0秒も詰めるという極上とも言えるキレ味を発揮してきました。

これは素直に評価して良い水準となっています。

少なくとも2走前のユニコーンステークスと同等以上の追い切り水準で、巻き返し必至という追い切り内容です。

 

【エアアルマス】

《1週前追い切り》
藤懸 栗CW 稍 85.0 67.7 51.8 38.0 11.9【6】馬なり
バンクショット(古馬1勝)1.5秒追走クビ先着

《最終追い切り》
助手 栗坂 良 50.9 37.1 24.0 12.3 強め

追い切り考察

今走は〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東坂路仕上げ〟という追い切りパターンを踏んできました。

これは近2戦とこれまで通り坂路中心の追い切り過程。

追い切り内容からは順調に来ている印象を受けます。

毎度高水準の追い切りを消化する馬ですが、今回も変わらず高水準追い切りを消化。

最終追い切りラップ13.8-13.1-11.7-12.3

という内容。

3F目に11秒台を記録した分ラストはラップを落としましたが、それでも12秒台前半でまとめた点は優秀といえるでしょう。

全体時計でも自己ベストタイを記録しており、仕上がり面に関しては抜かりなしという評価です。

 

【タイムフライヤー】

《1週前追い切り》
助手 栗CW 稍 82.9 67.0 51.8 37.8 11.8【6】一杯
カラクプア(古馬オープン)0.8秒追走1.1秒先着

《最終追い切り》
助手 栗坂 良 53.3 38.8 25.4 12.8 一杯
カラクプア(古馬オープン)0.6秒追走0.6秒先着

追い切り考察

この馬のポイントとしてはとにかく追い切りは抜群に動いてくる馬です。

しかし、それが結果に繋がらない日々。

個人的な印象としては追い切り詐欺馬です。

こういう馬には『追い切り動いている馬は凡走続きでもたまにレースで好走する』という考えを持っています。

取り捨ての考え方としては人気薄なら押さえておく、人気なら軽視、という付き合い方が一番ベターかなと考えています。

その中で今走は芝時代に使っていた〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東坂路仕上げ〟という追い切りパターンを踏んできました。

今走は10/20から乗り出しを開始して中間8本の追い切りを消化しました。

そして、前走に引き続きこれまでのように時計を出してきませんでした。

2戦続けて時計を出してこなかったという点を考えると、追い切りで動かなくなっている可能性も考えられますね。

追い切りからはこの馬として評価を上げる材料はなさそうです。

 

【サンライズノヴァ】

《1週前追い切り》
助手 栗坂 稍 52.1 38.1 25.0 12.9 馬なり
アードラー(古馬オープン)0.1秒先行同入

《最終追い切り》
助手 栗坂 良 51.4 38.5 26.0 13.7 一杯
インディチャンプ(古馬オープン)0.5秒先行0.6秒遅れ

追い切り考察

今走は〝1週前栗東坂路追い⇒最終栗東坂路仕上げ〟という追い切りパターンを踏んできました。

これまで通り坂路中心の追い切り過程を踏んでいます。

音無厩舎所属馬らしく中間もしっかり負荷を掛けられており、時計もしっかり出されています。

この馬としては元々3F目が最速になるラップを踏んで4F目に時計を要す、というのが追い切りパターンになっています。

今回はまさにその追い切りパターンとなっており、

1週前追い切り14.0-13.1-12.1-12.9

最終追い切り12.9-12.5-12.3-13.7

というラップ推移の追い切りを消化しました。

最終追い切りではスタートから飛ばし過ぎた分終い1F13.7秒と3F目?4F目にかけて1.4秒も時計を要す形になりました。

さすがに脚が上がりすぎな印象は受けます。

追い切り水準としては前走の方が高かった印象は受けます。

というところでは、ここはあくまで押さえ候補の一頭という位置づけで、個人的には追い切りからは一枚評価を下げて考えたいところです。

 

武蔵野ステークス2019 穴馬

それでは最後に狙いたい穴馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

《1週前追い切り》
助手 栗CW 良 84.4 67.4 53.0 38.9 12.2【7】直一杯

《最終追い切り》
助手 栗坂 良 53.6 38.8 24.8 11.9 末強め

追い切り考察

元々追い切りでは高水準の追い切りを消化する馬でした。

そして、その馬がオープン昇級後さらに追い切り水準を高めてきています。

坂路で毎度11秒台のラップを刻むようになり、この辺りは成長が窺えます。

元々3歳時にはドバイ遠征するほど期待を寄せられていた馬。

この5歳を迎えて本格化してきた感が漂います。

前走は展開が向いたにせよ、ここに出走して上位人気に推される馬たちを負かしているわけですからここでも通用するはず。

課題は距離になってきそうですが、道中しっかり溜められれば十分圏内でしょう。

 

最近勢いに乗る口コミで話題沸騰の注目の競馬サイトを紹介!

最近は競馬情報サイトが乱立しすぎて、

「どのサイトを参考にすればいいのかわからない!」
「本当に役立つ競馬予想サイトはどれ?」

という疑問を持たれる方が増えてきています。
確かに無料で使えたとしても予想が当たらなければ意味が無いですよね。
そんな皆様のために、今回は

「しっかりと儲かる情報を提供してくれる!」
「信頼して長く使える!」

おすすめ予想サイトをランキング形式でご紹介します!
いずれのサイトもメールアドレスの登録のみで、見る事が出来るサイトとなっています。
是非参考にしてみて下さい!

【docomo・Softbank・icloud】メールですと届かない可能性がありますので、【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

――――――――――――――――――――

【特別オススメ:ダビコレ】
オススメ度★★★★★

このサイトの魅力はお客様の口コミ評価が高い事。

「マイナス収支から抜け出してプラスにしたい!」

「時間があるときだけ参加して副収入を得たい!」

「万馬券を当てて一攫千金を目指したい!」

そう願う会員様必見!

まずは無料予想からお試しください。

毎週無料無料情報として重賞予想がUPされるので登録しておいて損はナシ!

<<重賞情報提供のみ先着順になります>>
【URL】http://www.db-collection.com/

――――――――――――――――――――

【第1位】競馬トップチーム
オススメ度★★★★★

今なら、無料登録するだけで3万円分のポイントをゲットできるお得期間!

競馬トップチームはある一定のファクターに絞った予想スタイルではなく、
競馬の本質を知る全ての分野のスペシャリストが
それぞれで情報を持ち寄った提供を行う情報サイトです。

まずは、無料情報でお得にポイントをゲットしてみてください!
【URL】https://k-topteam.com/

――――――――――――――――――――

【第2位】うまとみらいと
オススメ度★★★★★

3つのコンテンツを集結させた競馬予想サイト。

■競走馬の実力が一瞬でわかる【うまコラボ】
■的中率90%の反則技【競馬の殿堂】
■穴馬一筋15年が魅せる穴馬【ヒットメイク】

データ派も、本命党も、穴党も、競馬ファンが予想に必要な情報が無料で受け取れます!

無料で有益な情報が多いこのサイトがオススメ度No.1。
【URL】https://miraito.collabo-n.com/