【皐月賞2019予想】追い切り・調教分析~サートゥルナーリアの相手はこれ!~

Pocket

今回は皐月賞2019予想:追い切り・調教分析を中心とした記事を書いていきます。

先日行われた桜花賞では朝日杯FSからの直行で今年初戦のグランアレグリアが圧勝。

トライアルレースの重要性が薄れていく中で、この皐月賞もホープフルステークスからの直行で年明け初戦となるサートゥルナーリアが中心となる一戦。

迎え撃つは近年皐月賞と相性の良い共同通信杯組のダノンキングリー・アドマイヤマーズ。

そして若葉ステークスからの臨戦になる素質馬ヴェロックス。

王道ローテからは弥生賞を制したメイショウテンゲン、スプリングステークスからはファンタジストなど。

直行組か、素質馬か、王道ローテか、、、追い切り観点から検討していきます。

それでは、皐月賞2019予想:追い切り・調教分析に入っていきましょう。

『競馬は棚ボタのギャンブルではない』

日々研究と修正を欠かささず、堅実に予想を続けているからこそ提供できる予想です。

目指すは日本一の優良予想屋サイトへ
当サイトでは『チームで予想』や『関係者しか知りえない情報』などの予想はいたしません。

予想屋マスターが誰にも頼らず自分で仕上げた予想1本のご提供です。

JRAオッズに影響を与える為、人数限定での募集となっています。

>>登録はこちらから<<

【皐月賞2019予想】追い切り・調教分析

 

まずは確定した枠順配置を確認しておきましょう。

皐月賞 枠順配置

 1- 1 アドマイヤマーズ  デムーロ
 1- 2 サトノルークス    池添謙一
 2- 3 ファンタジスト   武豊
 2- 4 ダノンキングリー  戸崎圭太
 3- 5 ランスオブプラーナ 松山弘平
 3- 6 クラージュゲリエ  横山典弘
 4- 7 ヴェロックス    川田将雅
 4- 8 ニシノデイジー   勝浦正樹
 5- 9 メイショウテンゲン 三浦皇成
 5-10 シュヴァルツリーゼ 石橋脩
 6-11 ラストドラフト   シュタルケ
 6-12 サートゥルナーリア ルメール
 7-13 ブレイキングドーン 福永祐一
 7-14 ダディーズマインド 宮崎北斗
 7-15 クリノガウディー  藤岡佑介
 8-16 タガノディアマンテ 田辺裕信
 8-17 アドマイヤジャスタ 岩田康誠
 8-18 ナイママ       柴田大知

中山芝2000m

正面スタンド前の4コーナー付近からスタートするコースで、内回りコースが使用されます。

スタート後の直線は長く、枠順による有利不利はそれほどないコース。

スタートしてから最初のコーナーまでの距離が長いことに加えてスタート直後に急勾配の坂を上ることになるので、ペースが落ち着く傾向にあり、ほぼスローペースになると考えていいでしょう。

スローペース+最後の直線が約310mと短い、ということで先行馬が最も有利。

後方から進める馬は、向正面~4コーナーにかけて捲り気味にあがっていける馬でないと差し届かないコース。

コーナーを4つ回る小回りコースなので、東京競馬などで凡走していた小回り適正のある馬が穴をあける傾向にあります。

 

過去5年の好走馬の追い切り・調教から見る好走傾向まとめです。

栗東CW・栗東坂路・美浦W仕上げから好走馬が出ています。

やや栗東CW仕上げ馬が優勢というイメージ。

しかし、栗東CW仕上げの人気馬は人気以下になることが多く、逆に人気薄が人気以上に好走してくるパターンが多いです。

妙味を求めるなら人気で嫌って人気薄を拾うというイメージになりますね。

栗東坂路仕上げは厩舎の勝負パターンに該当していればOK。

追い切りパターンの変更からの栗東坂路仕上げは買いづらい印象です。

また、この栗東坂路仕上げから勝ち切るのは難しいという傾向になっています。

美浦W仕上げは共同通信杯が狙い目。

さらに美浦W仕上げからこのレースを好走した馬は日本ダービーでも要注目となっています。

詳しい好走傾向分析は下記の記事をご覧ください☟☟

⇒ 皐月賞 追い切り・調教から見る好走傾向

 

それでは、有力各馬の最終追い切り・調教を考察していきます。

アドマイヤマーズ

《1週前追い切り》
助手 栗CW 96.5 80.5 64.8 50.1 36.8 12.0【6】一杯
ルタンデュボヌール(古馬1600万)1.7秒先行同入

《最終追い切り》
助手 栗坂 重 53.4 38.9 25.8 12.9 末強め

追い切り考察

〝1週前ウッド追い⇒最終坂路仕上げ〟という追い切りパターンは近2戦と同じ追い切りパターンとなっています。

その中で、前走は馬なり中心で明らかに前哨戦仕上げという内容。

それと比べると2週前追い切りからしっかりと負荷を掛けられており、勝負の仕上げを施されてきたという印象です。

友道厩舎という事を考えても勝負仕上げパターンに合致しており、文句なしの仕上げを施されています。

 

ダノンキングリー

《1週前追い切り》
助手 美南W 良 66.0 51.9 37.7 12.5【6】一杯
キャプテンロブロイ(障害未勝利)0.6秒追走0.2秒先着

《最終追い切り》
戸崎 美南P 良 64.5 50.6 37.2 11.6【6】馬なり

追い切り考察

追い切りから見る好走傾向の欄でもお話しましたが、前走共同通信杯の美浦W仕上げ馬は超好成績を残しています。

そういうところで最終追い切りには注目していましたが、ポリトラック追いになりました。

〝1週前ウッド追い⇒最終ポリトラック仕上げ〟は近2戦と同じ追い切りパターン。

最終追い切りのポリトラックではラスト1Fに向けてしっかり加速ラップを踏めていますし、追い切り内容としては問題なさそうです。

この馬なりに好調キープといったところでしょう。

 

ヴェロックス

《1週前追い切り》
助手 栗CW 良 96.0 79.7 64.6 50.5 37.3 12.1【8】一杯

《最終追い切り》
川田 栗芝 重 87.5 70.9 54.4 38.0 11.7【2】馬なり
ピンクブロッサム(3歳未勝利)0.4秒追走0.6秒先着

追い切り考察

中内田厩舎の見せる最終追い切り芝追いはホントに頭を悩ませます。

先週の阪神JFダノンファンタジーは最終追い切りは芝追いで着外。

阪神牝馬ステークスのミッキーチャームは最終追い切り芝追いで1着。

勝負仕上げのパターンとして芝追いを稀に敢行してくるのが中内田厩舎です。

このヴェロックス自身最終追い切りに芝追いを使われるのは初めてのこと。

前走の追い切り内容は7分仕上げというイメージでしたから上積みがあることは間違いない。

ですが、この大一番で追い切りパターンを変更してくることは良くはない。

個人的にはウッド仕上げなら大きく狙いたい一頭でしたが、芝追いに変わって少し悩ましい一頭となりました。

 

サートゥルナーリア

《1週前追い切り》
助手 栗CW 良 81.1 66.0 51.4 37.9 11.7【9】G前仕掛け
レッドウィズダム(古馬1600万)0.5秒追走0.6秒先着

《最終追い切り》
ルメール 栗CW 重 87.5 69.6 54.4 39.5 12.0【8】馬なり
シャケトラ(古馬オープン)1.3秒先行0.1秒先着

追い切り考察

今走は〝1週前ウッド追い⇒最終ウッド仕上げ〟という追い切りパターンを踏んできました。

近2戦は〝1週前ウッド追い⇒最終坂路仕上げ〟であることから追い切りパターンを変更してきたことになります。

ただ、この追い切りパターンは初戦で経験済みの追い切りパターン。

そして追い切りから見る好走傾向ではウッド仕上げ>坂路仕上げとなっており、実はこちらの追い切りパターンの方が良かったということになります。

内容も秀逸で、2週前追い切りでは当週大阪杯に出走するエアウィンザー相手に手応えで圧倒。

間隔が空くことも全く問題にしなさそうな追い切りとなっています。

圧倒的人気でも逆らいづらい一頭です。


皐月賞2019 まとめ

それでは最後に、追い切りから狙いたい穴注目馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

《1週前追い切り》
池添 栗CW 良 82.1 67.5 52.9 39.0 12.1【7】一杯
サトノゲイル(古馬1000万)1.0秒追走同入

《最終追い切り》
池添 栗CW 重 52.1 38.7 12.2【8】末強め
アイスバブル(古馬オープン)0.4秒追走0.1秒先着

追い切り考察

池江厩舎の勝負パターン1週前ウッド6F追い⇒最終4F追いという追い切りパターンを踏んできました。

これで買いでいいかなという評価です。

正直これ以上でもこれ以下でもないんですが、この馬自身この追い切りパターンを踏まれた時は2戦2勝という成績。

さらに今走は1週前一杯に負荷を掛けて、最終終い重点という追い切りのトレンドパターンにも該当しています。

ローテーション的には王道ローテとは言えないですが、前走倒した相手はホープフルステークス2着のアドマイヤジャスタというところを考えても穴として魅力ある一頭( ✧Д✧)

 

馬券購入者必見の【新サイト登場】

キャッチフレーズは〝100%保証対象〟です。

注意書きはあるのでサイト(SWITCH)をまず確認してほしいですが、

もしSWITCHからの情報を利用して、指定期間内に利益未獲得となった場合は〝全額保証対応〟する。

競馬情報サイトはかなりの数ありますが、ここまで自信をもって情報を出しているサイトは他にないと言っても過言ではありません。

実際、近走も帯封決着をはじめ数々の高額配当を出しているからこそ、この言葉にも更に信憑性が湧くというものです。

なんにせよ、無料で入会できるメリット。

そして、情報で利益未獲得となった場合は100%全額保証なのでこれは登録しない理由がないですね。

恐らくこの先SWITCHが競馬情報サイトを引っ張っていくと思いますし、
この機会に是非体感してみてはいかがでしょうか?

>>無料登録ページ<<
※メールアドレスのみの無料登録できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。