【皐月賞2020予想】追い切り・調教から見る好走傾向

Pocket

今回は皐月賞2020予想:追い切り・調教から見る好走傾向を中心とした記事を書いていきます。

クラシック3冠開幕戦の皐月賞。

昨年はホープフルステークスからの直行でサートゥルナーリアが1人気に推されてしっかり勝利。

皐月賞始まって以来初めて年明け初戦の馬がクラシック第1弾の皐月賞を制するという結果になりました。

近年ムーヴメントを起こしている「直行ローテ」。

今年も昨年末の2歳GⅠを勝利したサリオス&コントレイル、2頭のGⅠ馬が年明け初戦となる直行ローテ。

そして1人気・2人気を分け合うのもこの2頭になりそうな雰囲気です。

今年も直行ローテ組が勝利するのか、それとも王道ローテ組がそれを阻むのか、注目のクラシック初戦・皐月賞を追い切り・調教傾向から検討してきます。

【皐月賞2020予想】追い切り・調教から見る好走傾向

 

まずは登録馬を確認しておきましょう。

皐月賞 登録馬
※騎手は現時点の想定

アメリカンシード  ??
ウインカーネリアン 三浦皇成
ヴェルトライゼンデ 池添謙一
ガロアクリーク   ヒューイットソン
キメラヴェリテ   藤岡康太
クリスタルブラック 吉田豊
コルテジア     松山弘平
コントレイル    福永祐一
サトノフウジン   石橋脩
サトノフラッグ   ルメール
サリオス      レーン
ダーリントンホール デムーロ
ディープボンド   ??
テンピン      中井裕二
ビターエンダー   津村明秀
ブラックホール   石川裕紀人
マイラプソディ   武豊
ラインベック    岩田康誠
レクセランス    北村友一

フルゲート18頭に19頭が登録。

アメリカンシード・ディープボンド・テンピンの3頭が2/3の抽選対象となっています。

続いて現時点の予想オッズを確認しておきましょう。

皐月賞 予想オッズ

1 コントレイル    2.4
2 サリオス      3.7
3 サトノフラッグ   3.8
4 ヴェルトライゼンデ 10.3
5 マイラプソディ   11.9
6 クリスタルブラック 17.9

ここまでが上位に推されそうな馬たちです。

想定1人気はホープフルステークスを快勝し、2019年最優秀2歳牡馬に輝いた「コントレイル」。

想定2人気は朝日杯FSを快勝した「サリオス」。

2頭共にここまで無敗できており、この2頭の対戦がこのレース最大の注目と言って過言ではありません。

これに割って入るのが、トライアルの弥生賞を制した「サトノフラッグ」。

道悪不問で当舞台は2戦2勝、さらにノーザンファームの主戦ジョッキー・ルメール騎手が跨るというところで2強に割って入る下地はありそうです。

それ以下、ホープフルステークス2着「ヴェルトライゼンデ」、共同通信杯を制した「ダーリントンホール」、 共同通信杯4着で連勝が止まったものの素質は一級品の「マイラプソディ」などが顔を揃えた一戦となっています。

 

それでは、追い切り・調教から見る好走傾向ということで、過去5年の好走馬の最終追い切りを見ていきます。

クラシック第1冠目というところで各馬ここに向けての相当な仕上げで臨んできているはず。

それでもこの後に全てのホースマンの夢とも言われる日本ダービーが控えており、ここは8割仕上げで次が目標という馬もいる事でしょう。

厩舎の勝負パターンも踏まえてどういう傾向がでるか見ていきます。

2019年
1着 サートゥルナーリア
栗CW 87.5-69.6-54.4-39.5-12.0【8】馬なり
2着 ヴェロックス
栗芝 87.5ー70.9ー54.4-38.0-11.7【2】馬なり
3着 ダノンキングリー
美南P 64.5-50.6-37.2-11.6【6】馬なり
2018年
1着 エポカドーロ
栗CW 85.5-68.5-53.1-38.6-11.7【7】馬なり
2着 サンリヴァル
栗CW 82.8-66.0-51.2-37.3-11.7【7】一杯
3着 ジェネラーレウーノ
美南W 53.0-39.0-13.1【7】直一杯
2017年
1着 アルアイン
栗CW 83.9-68.3-53.2-38.8-12.1【7】一杯
2着 ペルシアンナイト
栗CW 52.9-38.1-11.8【5】G前気合
3着 ダンビュライト
栗坂 53.5-39.4-26.4-13.4 一杯
2016年
1着 ディーマジェスティ
美南W 67.4-51.6-37.6-12.3【7】馬なり
2着 マカヒキ
栗坂 52.7-38.6-25.7-13.0 馬なり
3着 サトノダイヤモンド
栗CW 84.2-67.5-53.4-39.6-11.9【6】末一杯
2015年
1着 ドゥラメンテ
美南W 53.1-38.6-12.5【7】馬なり
2着 リアルスティール
栗坂 53.5-39.1-25.2-12.5 強め
3着 キタサンブラック
栗CW 81.6-65.2-50.8-37.6-12.0【9】馬なり

このような結果になっています。

過去5年totalで見ると、

栗東CW仕上げ:30頭中7頭好走。

栗東坂路仕上げ:23頭中3頭好走。

美南W仕上げ:26頭中3頭好走。

美浦坂路仕上げ:2頭中0頭好走。

その他仕上げ:4頭中2頭好走。

栗東CW・栗東坂路・美南W仕上げの馬たちの出走数はほぼ同じ。

その中で好走率としては、その他仕上げ>栗東CW仕上げ>栗東坂路仕上げ>美南W仕上げとなっています。

好走数では栗東CW仕上げが優勢となっているというところを見ると、無難なのは栗東CW仕上げの馬ということになるでしょうか。

〝栗東CW仕上げ〟の成績としては、

2019年1人気1着サートゥルナーリア

2018年7人気1着エポカドーロ・9人気2着サンリヴァル

2017年9人気1着アルアイン・4人気2着ペルシアンナイト

2016年1人気3着サトノダイヤモンド

2015年4人気3着キタサンブラック

となっており、人気の栗東CW仕上げ馬は勝ち切れない傾向となっています。

その他の年でも2018年1人気ワグネリアンは7着、2017年2人気スワーヴリチャードは6着に敗れており、人気の栗東CWは嫌って妙味かもしれませんね。

逆に人気薄からはアルアインやエポカドーロなどの一撃があり、人気薄の栗東CW仕上げ馬には要注目となっています。

〝栗東坂路仕上げ〟からの好走は3頭。

2017年3着ダンビュライト-音無厩舎

2016年2着マカヒキ-友道厩舎

2015年2着リアルスティール-矢作厩舎

いずれの厩舎も坂路を主体としている厩舎であり、勝負仕上げが坂路の厩舎です。

勝負パターンに該当するならOKというイメージ。

ただし、この仕上げでは勝ち切れないというのもポイントで、ここは2000mという距離の影響も少なからずありそうです。

〝美浦W仕上げ〟から馬券に絡んだのは、ジェネラーレウーノ・ディーマジェスティ・ドゥラメンテの3頭。

ここの取り捨てはなかなか難しいですね。

2015年1人気に推されたサトノクラウンは6着に敗退しています。

しかし、この好走した3頭+サトノクラウンの内、ディーマジェスティ・ドゥラメンテ・サトノクラウンは次走の日本ダービーで馬券内に入っています。

日本ダービーで馬券に絡めなかったジェネラーレウーノも秋初戦セントライト記念で快勝していることから、美浦W仕上げ組で好走or人気に推された馬は次走以降注目という印象ですね。

皐月賞目線で考えると、好走した4頭の内、ジェネラーレウーノを除く3頭は共同通信杯をステップにしていました。

これを取り捨ての判断基準としてもいいかもしれません。

〝その他仕上げ〟から好走したのは2019年2着ヴェロックス・3着ダノンキングリーとなっています。

ヴェロックス-中内田厩舎で勝負パターンに栗東芝追いを使ってくる厩舎です。

ダノンキングリー-萩原厩舎で美南Wの代替えとして美南Pを使ってくる厩舎となっています。

そういう点で美南W仕上げと同等と考えることが出来ます。

ダノンキングリーは共同通信杯をステップにしており、次走日本ダービーでも2着に食い込んでいました。

――――――――――――――――――――

※おすすめサイトの紹介※

メールアドレスの登録のみで、無料登録完了です。

【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

【シンクタンク】
オススメ度★★★★★

陣営が一般マスコミに提供するコメントは『建前』ばかりになり『本音』の部分はまず聞けません。

シシンクタンクでは騎手・厩舎・エージェント・馬主・生産者・外厩などの牧場関係者まで、
あらゆる競馬関係者から情報を入手できるような情報収集態勢を構築し、
マスコミからは入手できない関係者の『本音』を知ることが出来ます。

そうした情報を元JRA調教師の平井雄二氏が率いる重賞・メイン特捜部が厳選し、会員の皆様に公開しています。

無料で見れる情報なのでチェックしておいて損はありません!
【URL】http://www.tkeiba.net/

――――――――――――――――――――

皐月賞2020 まとめ

どの仕上げからもまんべんなく好走馬を輩出しています。

その中で、〝栗東CW仕上げ〟が優勢というイメージ。

しかし、栗東CW仕上げの人気馬は人気以下になることが多く、逆に人気薄が人気以上に好走してくるパターンが多くなっています。

妙味を求めるなら人気で嫌って人気薄を拾うというイメージ。

〝栗東坂路仕上げ〟は厩舎の勝負パターンに該当していればOK。

追い切りパターンの変更からの栗東坂路仕上げは買いづらい印象です。

また、この栗東坂路仕上げから勝ち切るのは難しいという傾向になっています。

〝美浦W仕上げ〟は共同通信杯からのステップが狙い目。

さらに美浦W仕上げからこのレースを好走した馬は日本ダービーでも要注目となっています。

 

「コントレイル」はここまで全て1週前栗東CW追い⇒最終栗東坂路仕上げとなっています。

ここでもこの仕上げパターンになる事が濃厚と考えられます。

矢作厩舎の栗東坂路仕上げなので好走傾向からは問題なし。

ただし、勝ち切れない栗東坂路仕上げというのは気になるところ。

「サリオス」はここまで美南Wと美浦坂路の併用で調整されています。

本追い切りは美南Wが中心で、ここでも美南W仕上げが濃厚と考えられます。

共同通信杯組ではない美南W仕上げというところでは、近年にはないパターンになりそうです。

「サトノフラッグ」は美南W仕上げ・美浦坂路仕上げの両パターンを経験しています。

どちらのパターンでも好走傾向からは特に強調材料はないパターンです。

「ヴァルトライゼンデ」はここまで1週前栗東CW追い⇒最終栗東坂路仕上げという追い切りパターンを踏まれています。

ここでも同じパターンが予想されます。

池江厩舎の栗東坂路仕上げは勝負パターンではないという点では好走傾向からはマイナスに映ります。

「マイラプソディ」はここまで栗東CW・栗東坂路・栗東芝など様々な追い切りパターンを経験しています。

友道厩舎の勝負パターンは1週前栗東CW追い⇒最終栗東坂路仕上げ。

このパターンなら買えるパターンなので、最終追い切りに注目。

 

それでは最後に、1週前時点の穴注目馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

今年の共同通信杯からの美南W仕上げになりそうなのはこの馬。

人気もなさそうですし、押さえておいても損はなさそうな一頭です。

 

※おすすめサイトの紹介※

メールアドレスの登録のみで、無料登録完了です。

【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

【グロリア】
オススメ度★★★★★
限定人数 50人

彗星の如く現れた人気の競馬サイト【グロリア】

高松宮記念/10点で3連複25万1130円的中!

フェブラリーステークス139万円に続きまたGⅠを連勝させました!

名鉄杯/20点で3連単12万9340円的中!
日経賞/10点で3連単33万16000円的中!

リピート率90%というところにこのサイトがいかに有益かを物語っています。

今なら先着50名様、無料登録で厳選買い目情報を毎週提供してくれます。

他サイトで満足できなかった方は試す価値あり!

口コミ情報でも評価の高いグロリアは必見です!
【URL】http://glo-ria.com/







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。