【神戸新聞杯2019予想】追い切り・調教から考える2強以外で狙いたい馬とは!?

Pocket

今回は神戸新聞杯2019予想:追い切り・調教から考える2強以外で狙いたい馬とは!?を中心とした記事を書いていきます。

サートゥルナーリア・ヴェロックスの2強の一騎打ちになるのか!?

今年の焦点はそこになるでしょう。

どちらも菊花賞に向けての仕上げになるところは間違いないはず。

(サートゥルナーリアは菊花賞には向かわないようですが、、、)

この2頭が好走してきたとしても、菊花賞の優先出走権を懸けてはあと1席残っています。

この2頭に割って入る馬はどの馬になるか、追い切り・調教観点から検討していきましょう。

【神戸新聞杯2019予想】追い切り・調教分析

 

まずは確定した枠順配置を確認しておきましょう。

神戸新聞杯 枠順配置

 1- 1ジョウショームード 牡3 小牧太
 2- 2ユニコーンライオン 牡3 岩田康誠
 3- 3サートゥルナーリア 牡3 ルメール
 4- 4レッドジェニアル  牡3 酒井学
 5- 5ヴェロックス    牡3 川田将雅
 6- 6シフルマン     牡3 松山弘平
 7- 7ヴィント      牡3 竹之下智昭
 8- 8ワールドプレミア  牡3 武豊

阪神芝2400m

正面スタンド前4コーナー側からスタートする外回りが使用されるコース。

スタートから最初のコーナーまでの距離は長く、枠順による有利不利はないと考えていいコースです。

開催が進んで内側の馬場が荒れ始めると、内枠不利(外枠有利)と言えるような現象が発生します。

最後の直線の長さが約474mと長く、中山競馬場に次ぐ勾配のキツさを誇る急坂があるのが特徴で、他場に比べて差し・追い込みが決まりやすいコースです。

距離が長いという事とスタートしてすぐに急坂があるという事で、前半のペースは落ち着きやすくスローペースになる事がほとんど。

スローペースからの上がり勝負なるので、上がり3ハロンのキレが必須。

ハナを切ってそのまま押し切る事が至難と言えるコースで、狙いは中段から上がりを使える馬となります。

 

過去5年の好走馬の追い切り・調教から見る好走傾向まとめです。

このレースは〝栗東CW仕上げ〟vs〝栗東坂路仕上げ〟の戦い。

〝栗東CW仕上げ〟からは1週前or最終追い切りで負荷を掛けられた馬に注目。

人気に推されると、堅実な事もこのレースの特徴となっています。

〝栗東坂路仕上げ〟は人気に推されて凡走が目立つ仕上げパターンとなっています。

それでも人気に推されての好走も多く、取り捨てが難しい仕上げパターンです。

 

それでは本題、有力各馬の最終追い切り・調教を考察していきます。

【サートゥルナーリア】

《1週前追い切り》
ルメール 栗CW 良 83.1 66.2 50.4 36.4 11.9【5】馬なり

《最終追い切り》
助手 栗坂 良 52.4 37.4 23.8 12.0 馬なり

追い切り考察

今走は〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東坂路仕上げ〟という追い切りパターンを踏んできました。

前走の皐月賞⇒日本ダービーでは〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東CW仕上げ〟という追い切りパターンでした。

今走の追い切りパターンは荻ステークス⇒ホープフルステークスの2戦で使っていたものになります。

皐月賞⇒ダービーとは追い切りパターンを変えてきたことになります。

これはあくまで前哨戦の位置付けであるからでしょう。

内容に目を向けると、これまで最低2本、平均すると3本以上の併せ馬を行われていましたが、今回は併せ馬ゼロ。

この辺りにもこのレースに向けては仕上げていない雰囲気が漂います。

ただ、外厩はノーザンFを使っており、ここで仕上げてきてる可能性も少なからずありますが、、、

地力上位は間違いなので普通に好走してくるでしょうが、この仕上げ具合を考えると、頭固定に妙味はないかなという印象です。

 

【レッドジェニアル】

《1週前追い切り》
酒井学 栗CW 良 79.8 63.8 49.6 36.9 11.8【7】一杯
ギルマ(古馬2勝)1.8秒追走0.6秒先着

《最終追い切り》
助手 栗坂 良 56.4 40.4 25.8 12.5 馬なり

追い切り考察

ここまでの仕上げパターンとしては、

〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東CW仕上げ〟

〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東坂路仕上げ〟

〝1週前栗東坂路追い⇒最終栗東坂路仕上げ〟

という様々なパターンで追い切りを敢行されています。

その中で今走は〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東坂路仕上げ〟という追い切りパターンを踏んできました。

これは初戦⇒2戦目で施された追い切りパターンとなっています。

高橋義忠厩舎の勝負パターンはこれになるので、特に心配する必要はないでしょう。

重賞勝ちがあり、賞金は持っているのでここでMAX仕上げという事はないでしょうけど、上々の仕上げというイメージ。

1週前追い切りでは当週の10番時計を記録する好時計を叩いている事も後押しにはなります。

ただこの週の上位時計を記録した馬たちはあまり成績が伴っていない点は気になるところ。

諸々踏まえると良くも悪くも感はあり、ここで軸にするまではいかないかなという印象です。

 

【ヴェロックス】

《1週前追い切り》
助手 栗CW 良 82.7 65.9 50.7 37.0 11.7【8】一杯
ジェシー(古馬3勝)0.2秒追走0.6秒先着

《最終追い切り》
川田 栗CW 良 83.0 66.5 52.1 38.0 12.3【5】直強め

追い切り考察

栗東CWと坂路の併用で調整される馬です。

今走も変わらず本追い切りでは栗東CWを使用し、中間に坂路を挟む追い切りパターンとなっています。

中内田厩舎という事で、勝負パターンには芝追いを使ってくる事もありますが、今回は栗東CWでフィニッシュ。

前哨戦という位置付けのレースという事で、春の若葉ステークス時の追い切りと見比べると、

若葉ステークス 1着

《1週前追い切り》
助手 栗CW 良 82.6 66.5 51.1 38.6 12.0【7】直強め

《最終追い切り》
助手 栗CW 良 85.9 68.3 52.4 38.5 11.5【8】G前仕掛け

という追い切り内容。

乗り込み量としては10本と十分な量をこなしていましたが中間の併せ馬は1本と、質に不安が残る状況でした。

それに比べると今回は中間の併せ馬は2本、そして『一杯』に負荷を掛けられる追い切りも2本と、当時よりは質の面では上かなと。

まだまだ余力残し感はありますが、前哨戦としては十分な仕上がりであると推測されます。

 

【ワールドプレミア】

《1週前追い切り》
藤岡康 栗CW 良 82.5 66.6 51.8 37.8 11.9【5】一杯
アドマイヤチャチャ(新馬)0.6秒先行0.6秒先着

《最終追い切り》
武豊 栗坂 良 52.7 38.3 24.7 12.4 馬なり
エバービクトリアス(新馬)0.4秒追走0.1秒先着

追い切り考察

今走は〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東坂路仕上げ〟という追い切りパターンを踏んできました。

併せ馬もしっかり行われており、1週前『一杯』に負荷を掛けられて、最終追い切りを『馬なり』調整でまとめられるのは友道厩舎の王道パターン。

ここに懸ける意気込みを感じる内容となっています。

ここで3着以内に入って優先出走権を獲得しないと菊花賞出走が危ぶまれるという点を考えてもほぼMAX仕上げ感も漂います。

正直、この仕上げで2強に割って入れないようだと、GⅠではまだ力足らずでしょう。

ここは要注目の一頭です。

 

神戸新聞杯2019 一発期待の穴馬

追い切り観点からはヴェロックス>サートゥルナーリアという風に考えています。

いずれにせよ、この2頭の実力が圧倒的に抜けているのは間違いないところ。

あと1席をどの馬が奪うかという勝負になりそうです。

最も近い位置にいるのはワールドプレミアになりそうですが、想定3人気ですからね、、、

妙味という点では薄いので敢えて別の馬を狙ってみたいと思います。

それでは最後に、個人的に最も期待している馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

《1週前追い切り》
助手 栗CW 良 82.3 67.0 51.9 37.9 12.0【9】一杯

《最終追い切り》
助手 栗CW 良 81.8 66.2 51.9 38.7 12.5【7】直強め

追い切り考察

今走は〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東CW追い仕上げ〟という追い切りパターンを踏んできました。

これは初戦を除く、2戦目以降で行われているこの馬なりの調整パターンです。

栗東CWでの水準は上々で、毎度〝6F81秒台~4F52秒台~1F12秒前半〟という水準をクリアしてくる馬で素。

そういう面でもこの馬なりの調整過程を踏めていると感じます。

ケチを付けるのであれば併せ馬が中間ゼロというところですが、近2戦は併せ馬ナシで結果を出している事からさほど心配する必要はないか。

そして、この馬が好走するようになった特注パターンがあり、それは1週前追い切りと最終追い切りの間に坂路での追い切りを1本挟む事。

この追い切りパターンに変えてからは【3-1-1-0】となっており、全3勝を挙げる好走パターンとなっています。

今回もこの追い切りパターン踏襲しており、追い切りから不安ナシ。

個人的には上位勢に最も食い込みが期待できる馬と考えています。

 

今だけの特別なお知らせ!!

今、登録するだけで有料ポイントが無料で手に入るお得サイト

無料でも十分な情報量と予想を提供しているサイトですが、
期間限定で本来なら有料でしか手に入らない情報が無料で見ることが出来ます。

もらえる有料ポイントが多い競馬サイトをランキング形式でご紹介します!
いずれのサイトもメールアドレスの登録のみで、見る事が出来るサイトとなっています。
登録するなら今がチャンスです!

【docomo・Softbank・icloud】メールですと届かない可能性がありますので、【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

――――――――――――――――――――

【第1位】キングダム
オススメ度★★★★★
もらえるポイント★★★★★

なんと!!無料登録で
約50万円分のポイント、5000ポイントが受け取れます!!

元JRA厩務員「笹原正行」監修の競馬サイト。

元JRA関係者だからできる情報を提供してくれるサイトです。

いかに勝てるかに重きを置いた情報収集しているおすすめサイトです!
【URL】http://king-dom.net/

――――――――――――――――――――

【第2位】勝馬定石
オススメ度★★★★★
もらえるポイント★★★★

無料登録で約10万円分のポイント、1000ポイントが受け取れます。

無料の3連複情報がどのサイトよりも!強烈!

重賞解析/トレセン生情報/など
勝馬の定石でしか手に入らない
詳細データがよりどりみどり!

無料で有益な情報が手に入るこのサイトはオススメ度No.1
【URL】http://katiuma-no-jyouseki.com/

――――――――――――――――――――

【第3位】競馬報道
オススメ度★★★★
もらえるポイント★★★★

無料登録で約5万円分のポイント、500ポイントが受け取れます。

今話題沸騰中のサイト!『競馬報道』がアツイ

『血統』や『調教』、『騎手』にスポットライトを当て
コース別徹底分析と充実したコンテンツに注目。

重賞情報も随時更新されるので登録しておいて損はナシ!
【URL】http://keibahoudou.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。