【神戸新聞杯2020予想】有力各馬追い切り・調教分析

Pocket

今回は神戸新聞杯2020予想:有力各馬追い切り・調教分析を中心とした記事を書いていきます。

クラシック3冠最終戦菊花賞トライアル。

超が付くほど菊花賞とのリンク率が高いレースです。

過去10年中7度で、神戸新聞杯の3着以内馬から菊花賞馬が誕生しています。

今年は無敗の2冠馬コントレイルの参戦で盛り上がりを見せています。

想定単勝オッズは1.1倍となっており、普通に走ればこの馬が勝つと誰もが思っている状況です。

基本的には相手探しの一戦になるでしょう。

注目の菊花賞トライアル・神戸新聞杯を追い切り・調教から検討していきます。

【神戸新聞杯2020予想】有力各馬追い切り・調教分析

 

まずは確定した枠順配置を確認しておきましょう。

神戸新聞杯 枠順配置

 1- 1グランデマーレ   牡3 藤岡佑介
 1- 2コントレイル    牡3 福永祐一
 2- 3ビターエンダー   牡3 吉田隼人
 2- 4レクセランス    牡3 松山弘平
 3- 5ロバートソンキー  牡3 伊藤工真
 3- 6マンオブスピリット 牡3 デムーロ
 4- 7エンデュミオン   牡3 秋山真一郎
 4- 8イロゴトシ     牡3 小崎綾也
 5- 9アイアンバローズ  牡3 北村友一
 5-10パンサラッサ    牡3 坂井瑠星
 6-11ディープボンド   牡3 和田竜二
 6-12メイショウボサツ  牡3 藤岡康太
 7-13ターキッシュパレス 牡3 富田暁
 7-14ディープキング   牡3 岩田望来
 7-15ファルコニア    牡3 川田将雅
 8-16シンボ       牡3 古川吉洋
 8-17マイラプソディ   牡3 武豊
 8-18ヴェルトライゼンデ 牡3 池添謙一

中京芝2200m

正面スタンド前からのスタートするコースで、最初のコーナーまでの距離が長く坂もあるのでペースは落ち着きやすいコースです。

最初の直線は長くなっているので、枠順による有利不利は少ないと考えていいでしょう。

最後の直線には急坂が待ち構えるコースで、直線長い+急坂というタフなコースとなっています。

ペースは速くなることがあっても平均ペースまでで、ハイペースになる事はほとんどないありません。

急坂を2度登る長距離戦という事で、スタミナ・持続力が必要なコースです。

 

それでは、有力各馬の最終追い切り・調教を考察していきます。

【コントレイル】

《1週前追い切り》
福永 栗CW 良 81.2 65.8 51.8 38.8 12.3【7】強め
ステイフーリッシュ(古馬オープン)0.7秒追走0.6秒先着

《最終追い切り》
助手 栗坂 良 51.6 37.3 24.7 12.5 馬なり

追い切り考察

今走は〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東坂路仕上げ〟という追い切りパターンを踏んできました。

これはホープフルステークス⇒皐月賞⇒日本ダービーと変わらない追い切りパターンとなっています。

ビシビシと負荷を掛けて馬を作る矢作厩舎にあって、この馬はそれほど強い負荷を掛けない追い切りが特徴となっています。

それでもしっかり時計を出せるのは能力が高い証拠でしょう。

1週前追い切りではオールカマーに出走するステイフーリッシュを相手にしない併せ馬を披露しており、仕上がりは上々と見えます。

目標は先でここで100%でないのは当たり前ですが、それでも十分動けています。

追い切りからは不安はありません。

 

【ディープボンド】

《1週前追い切り》
和田竜 栗CW 良 82.7 65.5 51.0 38.2 12.0【9】一杯

《最終追い切り》
和田竜 栗CW 良 84.8 67.3 52.7 38.6 12.4【5】馬なり

追い切り考察

この中間は栗東CWを中心に調整されています。

2走前からこのパターンを採用しており、京都新聞杯を勝利しています。

追い切り水準としても京都新聞杯時が最高水準という印象でした。

今回はその水準に負けず劣らず高いものになっています。

菊花賞に向けては賞金を持っているので勝負度合いとしてはそこまで高くなさそうですが、追い切りは上々。

この馬の力は出せそうです。

 

【マイラプソディ】

《1週前追い切り》
助手 栗坂 良 50.9 37.8 25.4 12.8 強め

《最終追い切り》
助手 栗坂 良 53.3 38.5 25.0 12.6 強め

追い切り考察

今回は〝1週前栗東坂路追い⇒最終栗東坂路仕上げ〟という追い切りパターンを踏んできました。

これはこの馬としては初めてのパターンになります。

これまでの追い切りを振り返ると、必ず1週前追い切りでは併せ馬を行われていました。

この点もこれまでとは異なります。

近走不振が続いているので調整パターンを変えてきたとも考えられますが、あまり好意的にはとらえられません。

2歳時は古馬相手にも先着する好追い切りを見せていましたが、近走は格下相手に遅れることもあります。

今回の2週前追い切りではローズステークスに出走したデゼルと併せ馬を行い遅れています。

これらを見ると精神面に不安がありそうな雰囲気。

追い切りからデキ上昇とは見えず、ここは評価を下げたい一頭です。

 

【ヴェルトライゼンデ】

《1週前追い切り》
水口 栗CW 良 82.1 66.1 51.2 37.7 12.3【7】一杯
プランドラー(古馬2勝)0.6秒追走クビ先着

《最終追い切り》
池添 栗CW 良 84.2 68.6 52.9 38.2 11.9【7】G前気合
シロニイ(古馬3勝)1.0秒追走クビ先着

追い切り考察

今走は栗東CWと栗東坂路の併用で本追い切りは栗東CWという池江厩舎らしい追い切りパターンを使われました。

ただ、気になるのはこの馬が結果を残しているのは〝1週前栗東CW追い⇒最終栗東坂路仕上げ〟という追い切りパターン時。

最終追い切りでの6F追いというのは池江厩舎としても前哨戦仕上げの時に多用するパターンでもあります。

これらを踏まえると、ベターではあってもベストではないというところですね。

目標を次に見据えつつの7割~8割仕上げという見方でいいでしょう。

 

利益未獲得の場合、全額保証の競馬予想サイトを紹介!

この機会に今まで信じていた情報を見直してください!

「保障制度がある=精度が高い予想を提供してくれる」

これに異論はないでしょう。

競馬情報サイトはかなりの数ありますが、ここまで自信をもって情報を出しているサイトは他にないと言っても過言ではありません。

注意書きはあるので、まずは各々のサイトを確認してほしいのですが、

オススメできる保障制度があるのはこの3つのサイトとなっています。

いずれのサイトもメールアドレスの登録のみで、見る事が出来るサイトとなっています。
是非参考にしてみて下さい!

【docomo・Softbank・icloud】メールですと届かない可能性がありますので、【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

――――――――――――――――――――

【第1位】P4

P4だけの無料情報、独占情報で精度の高い小点数の買い目が魅力。

情報の根拠や裏付けを徹底調査しており、「結果」を出す事にこだわって情報を提供しています。

今現在、情報サイトは多数ありますが、その中でも信頼度は高い。

その理由は有料情報に対する、全額分安心保障が付いている事からも見て取れます。

メールアドレスのみで無料情報を閲覧できるので、まずはお試ししてみてはどうでしょう。
【URL】https://research55.tokyo/

――――――――――――――――――――

【第2位】EXTRA

「競馬はギャンブルではなく投資である」

との考えをもとに、勝ち続けるために必要な情報や知識・買い目を一括して提供しています。

まずは、無料の厳選情報+買い目でこのサイトの実力を確認してみてください!

【URL】http://extra-horse.com/

――――――――――――――――――――

【第3位】ダービータイムズ

◯ 高配当を手にした事が無い
◯ 当たってはいるものの少額
◯ 全レースが終わると赤字

そんな方にこそオススメのサイト!

一度で、この一撃の大きさを体感してみてください。
【URL】https://derby-info.net/







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。