【福島牝馬ステークス2019予想】追い切り・調教分析~最も良い動きを見せたのは~

Pocket

今回は福島牝馬ステークス2019予想:追い切り・調教分析を中心とした記事を書いていきます。

位置付けとしてはヴィクトリアマイルの前哨戦。

しかし現実はGⅠや牡馬混合重賞では通用しない馬たちの戦いというイメージ。

その為、波乱必死のレースとなっています。

過去10年の3連単配当は全て万馬券、10万超え馬券も4度と、いかにもローカル牝馬限定戦という結果となっています。

今年も低調なメンバー構成で波乱に期待したいところですが、10頭とういう小頭数戦でなんだか物足りないレースにはなりそう、、、

それでも一発狙えそうな馬がいないか!?

追い切りから検討していきます。

それでは、福島牝馬ステークス2019予想:追い切り・調教分析に入っていきましょう。

<第50回 マイラーズカップ>

古馬マイル路線の大目標となる安田記念は中距離路線からの参戦もあり、出走するための賞金ボーダーが上がることが多くなっています。

そのため、前哨戦から有力馬がぶつかることもあり、例年マイラーズカップも本番を占う上で重賞な1戦となる。

今年はダノンプレミアム・モズアスコット・ケイアイノーテックといったマイルGⅠ馬に加えて、インディチャンプ・パクスアメリカーナといった新興勢力の名前も見られ、例年通り注目のレースとなりそう。

しかし、前哨戦はあくまで前哨戦に過ぎず、どこが目標でどこを狙いにしているのかは、各陣営毎に思惑は違います。

だからと言って、陣営が一般マスコミに提供するコメントは『建前』ばかりになり『本音』の部分はまず聞けません。

しかし、シシンクタンクは騎手・厩舎・エージェント・馬主・生産者・外厩などの牧場関係者まで、あらゆる競馬関係者から情報を入手できるような情報収集態勢を構築し、マスコミからは入手できない関係者の『本音』を知ることが出来ます。

そうした情報を元JRA調教師の平井雄二氏が率いる重賞・メイン特捜部が厳選し、会員の皆様に公開しています。

先日も12番人気2着のアマルフィコースト(阪神牝馬S)をズバリと抜擢した情報。

間違いなくチェックしておいて損はないでしょう。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【福島牝馬ステークス2019予想】追い切り・調教分析

 

まずは確定した枠順配置を確認しておきましょう。

福島牝馬ステークス 枠順配置

 1- 1ビスカリア     牝7 西村淳也
 2- 2カレンシリエージョ 牝4 秋山真一郎
 3- 3ランドネ      牝4 戸崎圭太
 4- 4カワキタエンカ   牝5 鮫島克駿
 5- 5デンコウアンジュ  牝6 柴田善臣
 6- 6フローレスマジック 牝5 石橋脩
 7- 7ペルソナリテ    牝6 丹内祐次
 7- 8ウインファビラス  牝6 松岡正海
 8- 9ミッシングリンク  牝5 丸山元気
 8-10ダノングレース   牝4 蛯名正義

福島芝1800m

正面スタンド前からスタートしてコースを1周するコース。

枠順による有利不利は大きくはありません。

重要なのは脚質。

小回りコースで直線も短いので逃げ・先行馬が有利なのは間違いので、狙うは前に行ける馬。

しかし、開催後半になると内側の馬場の痛みが顕著になり、内が伸びずに外差しが決まるというのもこのコースの特徴です。

馬場状態を見極めて狙う馬を決めるのが必要なコースです。

 

それでは、有力各馬の最終追い切り・調教を考察していきます。

ウインファビラス

《1週前追い切り》
松岡 美南W 不 86.3 70.0 54.7 40.3 12.8【5】馬なり
アルママ(3歳500万)0.7秒追走0.3秒遅れ

《最終追い切り》
松岡 美南W 良 70.5 55.4 40.5 13.3【8】馬なり

追い切り考察

これまで通りにウッド中心の追い切り過程。

変わらず松岡騎手が付きっきりで調教を付けています。

この馬の弟ウインブライトにも松岡騎手は付きっきりで調教を付けています。

その点からもこの馬に一定の素質を感じているのかもしれません。

追い切り内容としては特にいつもと変わりなく順調という感じ。

水準としてもいつも通りというのが印象で、追い切りからは良くも悪くも平凡という印象です。

 

カワキタエンカ

《1週前追い切り》
鮫島駿 栗坂 不 53.0 38.7 25.0 12.3 馬なり

《最終追い切り》
助手 栗坂 良 57.7 42.0 26.9 12.8 馬なり

追い切り考察

いつも通り坂路で馬なり中心の追い切り。

追い切りはほとんど動かない馬で、平気で57秒台などの低水準追い切りをこなしてくる馬です。

その割にレースではあっさり好走してくるという、追い切りからはなんとも掴みどころがない馬となっています。

しかし、今走は1週前追い切りでこの馬としては破格の水準で走ってきました。

1週前の坂路と言えば、重賞有力馬でも時計が出せないような極悪馬場。

スタートのラップが早ければ終い1Fは数字を落とすという追い切りになっていました。

それがこの馬はこの極悪馬場で自己ベスト更新。

もうね、、、ハテナですww

しかも14.3-13.7-12.7-12.3という加速ラップのおまけ付き。

よほどこういう馬場が合ったのか、、、

正直何とも言えないというのが本音です。

追い切りの水準としては素晴らしいとしか言えないですねww

 

ダノングレース

《1週前追い切り》
助手 美南W 稍 50.2 36.5 13.0【2】馬なり
ミッキークロス(古馬500万)1.2秒追走同入

《最終追い切り》
蛯名 美南W 良 70.5 54.3 40.0 13.3【9】馬なり

追い切り考察

ここまでは美浦ウッド4F追いを中心とした追い切り過程を踏んでいます。

良くも悪くも特に強弱を付けることなく、ウッド4F追いで馬なり調整というのがこの馬の追い切りパターン。

今走は最終追い切りで久しぶりの5F追いを敢行してきました。

美浦ウッドで5F以上の追い切りを敢行してくるのは3歳アネモネステークス以来。

この追い切りをどう見るか。

と言っても、ノーザンF天栄馬であることを考えると追い切りに関しては順調かどうか見るだけでOK。

まぁ大きな変化はないので順調にきているという判断で良さそうです。

 

デンコウアンジュ

《1週前追い切り》
助手 栗CW 重 86.4 68.8 53.2 39.1 12.2【5】一杯

《最終追い切り》
助手 栗CW 良 84.5 67.7 52.5 38.5 12.0【8】直強め

追い切り考察

ウッド中心の追い切りに変えてきてこれが4走目。

それ以前は坂路中心の追い切りとなっていました。

追い切り過程を変更してからはキャピタルステークス6着⇒ターコイズステークス3着⇒中山牝馬ステークス4着と人気以上の好走を続けています。

この追い切りパターン変更はこの馬にとって良かった印象を受けますね。

この中間もしっかり負荷を掛けられており、デキに関しては全く問題なさそうです。

 

フローレスマジック

《1週前追い切り》
ナシ

《最終追い切り》
石橋脩 美南W 良 53.2 38.3 12.5【4】馬なり
レッドエレノア(古馬1000万)0.2秒追走同入

追い切り考察

短期放牧後、美浦ウッドと坂路での追い切り1本づつの計2本のみでレースに臨んできます。

これでは評価のしようがないというのが正直なところ。

2走前も中5週で短期放牧に出されていますが、当時は美浦ウッド2本と坂路2本の計4本でレースに臨んでいます。

それを考えると今走は明らかに追い切り本数としては少ないですね。

それ以前2018年3月にスピカステークスに出走してきた際は中5週で短期放牧を挟んで追い切り本数2本でレースに臨んでいます。

しかしこの時の追い切りは美浦ウッド2本で、内1本は6Fの長めを追われています。

追い切り内容として軽すぎるのは否めないですね。

しかし、放牧先がノーザンF天栄というところがまた頭を悩ませます。

ここでしっかり乗り込まれてきたという事なのか、、、

それでも、『追い切り』という観点からは評価することは難しいかなという印象です。

 

ランドネ

《1週前追い切り》
助手 栗坂 重 78.3 64.6 51.9 39.7 12.6【9】一杯

《最終追い切り》
助手 栗坂 良 53.4 38.4 25.2 12.8 一杯

追い切り考察

今走は〝1週前ウッド追い⇒最終坂路仕上げ〟という追い切りパターンを踏んできました。

この追い切りパターンは4走前の秋華賞と同じ追い切りパターン。

3歳牝馬としては秋華賞は目標のレースですので、この時が勝負仕上げだったとするならこの追い切りパターンは評価できるものとなります。

その1レース前の紫苑ステークスでも同じ追い切りパターン。

この時も権利取りに勝負仕上げだったと考えられますね。

これらを踏まえるとこの追い切りパターンは高評価。

さらに1週前⇒最終とビッシリ負荷を掛けてきました。

これも紫苑ステークス&秋華賞時と同様の内容です。

今後のレース選択・メンバーレベルを考えてもここは獲りたい一戦。

そういう背景も考えるとここは勝負仕上げ感が漂います。


福島牝馬ステークス まとめ

ローカルの牝馬限定戦でメンバーレベルとしては低調なメンバー構成。

前走中山牝馬ステークス組が半数の5頭を占め、これの再戦といったところでしょう。

前走中山牝馬ステークス組は、4着デンコウアンジュ・5着フローレスマジック・9着ウインファビラス・12着カワキタエンカ・13着ランドネ。

人気を集めるのはこの組になりそうな雰囲気。

そこに割って入るのは、前走準オープンを勝ち上がってきた上がり馬ダノングレース。

叔母に凱旋門賞2着のシーオブクラスがいる良血馬で、重賞でどこまでやれるか。

波乱の期待できるレースではありますが、小頭数戦なのでそこがどうも、、、という感じ。

 

そんな中、追い切りNo.1の本命馬をランキングに載せておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ(ランドネ)

個人的にはこの馬をチョイス( >д<)

 

募集人数を限定されている競馬サイト!

一時、無料登録者数が多くて
無料会員様の募集をストップしていたサイト。

「登録者数が多い=オッズが低下する」

というマイナスの側面もあります。

その為、一時的に登録者の募集をストップしオッズの低下を防ぐという観点から募集をストップするサイト

そんな中、今回は
再募集を掛けている3つのサイトをご紹介します!
いずれのサイトもメールアドレスの登録のみで、見る事が出来るサイトとなっています。
登録のチャンスは4月末まで!
(登録者数によっては早めに締め切る場合もあります)

――――――――――――――――――――

【第1位】万馬券総合研究所
オススメ度★★★★★

人気の理由は、無料コンテンツが充実していること。

重賞レース回顧や、穴馬を導く「穴馬法則」
厳選された軸馬公開など、豊富なラインナップ。

そして、土日対象1レースを永久無料配信!
【URL】http://manbaken-sogou-kenkyujo.jp/

――――――――――――――――――――

【第2位】的中タイムズ
オススメ度★★★★★

無料で土曜1鞍厳選買い目を永久配信!

さらに〝今〟ご登録の方だけに!!

【3連複勝負馬券】の厳選勝負情報
これを推奨コメント付きで完全無料でご提供!
【URL】http://keiba.life/

――――――――――――――――――――

【第3位】匠の万馬券
オススメ度★★★★

情報だけでは勝てない時代。

ではどうすれば勝てるのか!?

匠の万馬券では徹底解析して
厳選した究極の情報を提供しています。

『血統』や『調教』、『騎手』にスポットライトを当て
充実したコンテンツ、競馬初心者にも優しいサービスとなっています。
【URL】http://goldhorse.jp/