【羽田盃2021予想】追い切り・調教分析

Pocket

今回は羽田盃2021予想:追い切り・調教分析を中心とした記事を書いていきます。

4/29(木)大井競馬11R 20:10発走

大井競馬場ダート1800mで行なわれるSⅠになります。

東京ダービー・ジャパンダートダービーへと続く、南関東牡馬3歳クラシック3冠の開幕戦となる羽田盃をデータと追い切りから検討していきます。

☟☟友達追加待っています☟☟

【羽田盃2021予想】追い切り・調教分析

 

まずは確定した枠順配置を確認しておきましょう。

羽田盃 枠順配置

 1- 1ブライトフラッグ  牡3 本橋孝太
 2- 2トーセンブライアン 牡3 張田昂
 2- 3フォルメッシ    牡3 藤田凌
 3- 4アランバローズ   牡3 左海誠二
 3- 5ランリョウオー   牡3 的場文男
 4- 6ノットリグレット  牡3 石崎駿
 4- 7トゥースパークル  牡3 今野忠成
 5- 8イグナイター    牡3 矢野貴之
 5- 9トーセンダーウィン 牡3 藤本現暉
 6-10トランセンデンス  牡3 森泰斗
 6-11チサット      牡3 和田譲治
 7-12マカベウス     牡3 本田正重
 7-13セイカメテオポリス 牡3 御神本訓史
 8-14タブラオ      牡3 真島大輔
 8-15ミラコロカナーレ  牡3 山崎誠士

大井ダート1800m

正面スタンド前の4コーナー付近からスタートするコースで、外回りが使用されるコースです。

最初のコーナーまでの距離は長くなっているので、先行争いが激化するという事は少なく、枠順による有利不利は少ないコースです。

距離も長くスタートから最初のコーナーまで長いので、流れはスローに落ち着きやすい。

地方競馬場では最後の直線も最も長いので、上がり最速を使える馬は馬券内に突っ込んでくる事もあります。

紛れが少なく、力のある馬が力通りに好走出来るコースと考えていいでしょう。

 

まずは過去傾向・データをまとめていきます。

過去10年分のデータとなっています。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【枠順傾向】

 1枠【2-0-0-10】複勝率16.7%
 2枠【0-2-2- 9】複勝率30.8%
 3枠【0-3-1-13】複勝率23.5%
 4枠【2-0-0-15】複勝率11.8%
 5枠【2-0-1-15】複勝率16.7%
 6枠【1-2-3-14】複勝率30.0%
 7枠【3-2-2-13】複勝率35.0%
 8枠【0-1-2-17】複勝率15.0%

 

【人気傾向】

1人気 【6-1-0-3】
2人気 【2-3-1-4】
3人気 【0-4-1-5】
4人気 【1-1-2-6】
5人気 【0-0-0-10】
6人気以下【1-1-7-78】

1~3人気【8-8-2-12】複勝率60.0%となっており、上位人気が圧倒的に強いレースとなっています。

 

【所属データ】

大井【3-4-2-60】複勝率13.0%
船橋【5-6-4-19】複勝率44.1%
川崎【1-0-3-11】複勝率26.7%
浦和【1-0-2-16】複勝率15.8%

 

【前走レース】

京浜盃【6-7-4-40】複勝率29.8%
その他【4-3-6-65】複勝率16.7%

最重要トライアル京浜盃からの臨戦が優勢となっています。

今年の前走京浜盃組は、アランバローズ・ランリョウオー・イグナイター・トランセンデンス・チサット・マカベウス・セイカメテオポリスの7頭。

前走京浜盃1着馬【4-3-1-2】複勝率80.0%
前走京浜盃2着馬【1-1-1-6】複勝率33.3%

特に過去7年に限ると前走京浜盃1着馬【3-3-1-0】複勝率100%とパーフェクトの成績を残しています。

該当馬:チサット

 

【前走人気】

1人気 【6-4-3-15】複勝率46.4%
2人気 【2-1-2-11】複勝率31.3%
3人気 【0-0-2-17】複勝率10.5%
4人気 【0-3-0-13】複勝率18.8%
5人気 【1-1-1-15】複勝率16.7%
6~9人気 【0-1-1-23】複勝率8.0%
10人気以下【1-0-1-11】複勝率15.4%

前走1人気は好走率が高くなっており、注目となっています。

 

【注目データ】

全日本2歳優駿6着以内【3-4-2-9】複勝率52.9%

該当馬:アランバローズ・ランリョウオー・トランセンデンス

 

有力各馬の追い切り・調教考察

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

2枠2番 トーセンブライアン

《1週前追い切り》
ナシ

《最終追い切り》
船橋外 良 64.8 48.9 36.0 強め
ワールドリング(B1)0.1秒先着

年明けから使いつつですが順当に良化気配。

タイムとしては自己ベストが出てこのレースを目標に仕上がる。

総合評価は追い切り分析表にて。

 

3枠4番 アランバローズ

《1週前追い切り》
船橋外 良 68.0 50.6 36.2 馬なり

《最終追い切り》
船橋外 良 66.3 48.9 35.8 稍強め

元々短距離で結果を出していたように、本質はスピードタイプ。

それゆえ、追い切りでも時計は出る馬となっています。

今回もしっかりと時計は出ており、この馬なりに走れる態勢は整うという雰囲気です。

総合評価は追い切り分析表にて。

 

3枠5番 ランリョウオー

《1週前追い切り》
ナシ

《最終追い切り》
浦和調教場 良 52.7 38.5 強め
トランセンデンス(A2)同入

前走は明らかに前哨戦と仕上げという感じ。

連戦になる面があって一度緩められていた雰囲気を感じました。

それを考えれば今回はしっかりと上積みのある追い切りとなっています。

総合評価は追い切り分析表にて。

 

5枠8番 イグナイター

《1週前追い切り》
小林外 稍 84.8 66.3 50.2 37.0 馬なり

《最終追い切り》
小林外 良 65.3 49.9 37.1 馬なり

前走は南関移籍初戦ということでまだ上積みの余地を残した追い切りでした。

それを踏まえて考えても今回はその分の上積みを感じる追い切りです。

それでもまだ転入2戦目なので、さらに上積みの余地は残している印象です。

総合評価は追い切り分析表にて。

 

6枠10番 トランセンデンス

《1週前追い切り》
浦和調教場 良 58.5 43.4 馬なり

《最終追い切り》
浦和調教場 良 52.7 38.5 一杯
ランリョウオー(A1)同入

小久保厩舎は追い切りではさほど時計を出さないのが特徴の厩舎です。

そういう面で追い切りからはなかなか判断が付きにくいところですが、今回は意欲的な追い切りが目を引きます。

自己ベストも出て、ここを目標に仕上がった印象です。

総合評価は追い切り分析表にて。

 

6枠11番 チサット

《1週前追い切り》
小林外 不 64.6 50.8 38.6 馬なり
エバンタイユドール(B1)同入

《最終追い切り》
小林外 良 63.4 49.5 37.4 一杯
エバンタイユドール(B2)0.2秒先着

南関移籍後は追い切りで依然とは別馬のようにハイレベルな追い切りを消化しています。

レースで3戦連続上がり最速で3連勝を決めており、馬自身の成長も相まって一気に浮上してきました。

今回も変わらずハイレベル水準をキープしており、この馬自身好調キープと見ていいでしょう。

総合評価は追い切り分析表にて。

 

7枠12番 マカベウス

《1週前追い切り》
船橋外 良 64.3 48.5 35.6 一杯
アストロローグ(B2)1.0秒先着

《最終追い切り》
船橋外 良 64.7 49.5 36.6 末一杯
キタサンロッキー(C2)1.0秒先着

前走は4ヶ月ぶりの実戦で、まだまだ良化の余地を残す中での一戦。

追い切りとしては使った上積みがある様子で、明らかに素軽さが増している印象です。

併せ馬でも格下とはいえ僚馬をチギっており、上積み十分といった雰囲気です。

総合評価は追い切り分析表にて。

 

7枠13番 セイカメテオポリス

《1週前追い切り》
大井外 重 63.3 50.2 36.5 強め
フリュート(C1)0.3秒先着

《最終追い切り》
大井外 良 68.2 53.7 39.3 馬なり
バリチューロ(3歳)同入

中間は併せ馬で負荷を掛けるこの馬なりの調整となっています。

前走は間隔を空けての一戦という事もあり、一叩きした今回は前走比終いの伸びが良化しています。

順当に良化気配。

総合評価は追い切り分析表にて。

――――――――――――――――――――

※おすすめサイトの紹介※

メールアドレスの登録のみで、無料登録完了です。

【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

一撃万馬王
オススメ度★★★★★

競馬には様々なカテゴリーがありますがそれらの得手不得手を見分ける指標として血統があります。

・芝専用血統
・ダート専用血統
・芝ダート兼用血統
・短距離専用血統
・長距離専用血統
・オールマイティ血統

というように父系、母系の血脈から受け継がれるDNAはそのままその馬自身の得意分野に反映されます。

またこれに加え、その血統がヨーロッパ系なのか?アメリカ系なのか?はたまた品種改良を重ねた日本国内血統なのか?

↓↓↓気になる続きはこちらからの無料登録で↓↓↓
【URL】http://ichigeki-manbaou.jp/

――――――――――――――――――――

羽田盃2021 追い切り分析表

以上を踏まえての最終見解の全頭診断。

『地方版 追い切り分析表』

※追い切り分析表とは…

「買い(〇)」か「ダメ(×)」か「普通(△)」の3段階評価を多方面から分析している表になります。

追い切り水準・好走パターン・ベスト比・前走比から全頭診断しています。

「買い(〇)」が2つ以上になれば好走確率がグッと上がります。

今回は『羽田盃:追い切り分析表』を下記リンクより【330円】で販売しています。

追い切り分析表 購入リンク

※銀行振込・コンビニ決済・キャリア決済・楽天ペイなど対応しています。
ご希望の方はLINEに連絡ください。

LINEアカウント
https://lin.ee/LrKfSct

 

最後に競馬サイトの紹介。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

※新サイト入稿しました!お試し下しさい!※

メールアドレスの登録のみで、無料情報を閲覧できます。

【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。

【宝馬】

今なら、無料登録するだけで5000ポイントをゲットできるお得期間!

宝馬はある一定のファクターに絞った予想スタイルではなく、
競馬の本質を知る全ての分野のスペシャリストが
それぞれで情報を持ち寄った提供を行う情報サイトです。

まずは、無料情報でお得にポイントをゲットしてみてください!
【URL】http://takara-uma.net/







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。